« スタッドレスに交換 | トップページ | この世界の片隅に »

クーガ vs インプレッサ SPORT

 何故、インプレッサがクーガvsシリーズに登場するのか?と思われるでしょうが、義父を乗せられる車ではあります。最低地上高が130mmしかないので大雪は駄目でしょうが、四駆ありますし、普通の雪なら良いでしょう。まあ、評判が良かったので本当に良いのか興味があった、というのが本音ですが。

 行ったら人が出てきて誘導してくれました。車から降りたら営業氏がやってきて、名刺を差し出して名乗ってくれました。いいですね!いや、これって、当然の行為なんですが、滅多にないんですよね。帰るまで名刺を出さず、名乗らず、あなたはだあれ?ってこともあります。比較的トヨタ系ではきちんとやってくれますが、輸入車系は意外と駄目です。
 さて、展示車は最上級グレードの2.0i-S EyeSightの4WD。なんと18インチタイヤ!
1611916imp01t
横浜のADVAN Sport 225/40R18。オプションではなく、このグレードではこれが標準。真ん中の2.0i-L EyeSightは17インチ、1.6i-L EyeSightは16インチだそうです。ベースグレードで16インチって・・・。個人的には14/15/17で18インチがオプションが妥当だと思います。なんちゅう時代でしょうね。インプレッサって普通のファミリーカーのはずですが(苦笑)。
 乗り込んで・・びっくり!!!サイドブレーキがありません!!
1611916imp02inte
えー!インプレッサで電動パーキングブレーキ!!嘘!!この段階で正直、インプレッサは無いかなと思いました。(^^;
 ナビはオプションなので展示車はその分は何もついておらず穴があいたままです。装備は最上級グレードだけあって充実しています。シートは電動の革。メモリーはありませんでしたが。グレード通りアイサイトが当然ついていて追従式クルコンなどもあります。ヘッドライトはLED。オートマチックハイビームもついています。まあ、内装の質感はそれなり。Cセグ平均というところでしょうか。シートそのものは悪くはないです。
 後部座席に座ると広さは十分、乗り降りも問題ないでしょう。ハッチバックのSPORTとセダンのG4を比べるとやはりSportの方が頭上に余裕がありますね。私はどっちが好きかというとセダンが好きなのですが、クーガ後継だとするとSPORTでしょう。

 さて、試乗です。試乗車は真ん中の2.0i-L EyeSightのFF。
1611916imp1
タイヤは205/50R17のBS TRUNZA。
1611916imp2tire
エンジンは当然ながらスタートボタン。エンジンかけても当然静か。振動もありません。シート手動のファブリック。ポジションは、まあ、大丈夫ですが、縦置きミッションのせいか、ややペダルは右によっており、左足ブレーキはやややりにくいです。許容範囲内ですが。色々メーターついていますね。今どきの車です。CVTですが疑似マニュアルモードがあり、パドルもついていません。当然、マニュアルモードにセットし、同乗の営業氏にMT乗りなのでと説明。先に言わないと間違えたと思われてDレンジに引き戻されることが多いので(苦笑)。そうすると久しぶりにそういう人を見ましたと。あれ?じゃあ、私以外にもマニュアル運転する人は世の中にいるんだ!!!
 さて、発進。この日は雨で、リアワイパーの操作だけちょっとやりにくく、間違えて、ウォッシャーを出してしまいました。(^^;敷地から出る時は普通でした。感動は無し。しかし、走り出すと滑らかです。ボディ剛性も高く感じられます。ほう!評判通りの車のようですね!!ある程度路面が荒れていてもうまくいなしますし、車の動きも大きくありません。乗り心地良いです。
 動力性能はまあ普通。ちょっと車が重たい感じがします。エンジン音は悪くありません。まあ、高回転まで回したりはしませんでしたので上の音はわかりませんが、普通に走っている時、少し踏み込んだ時位の音は結構良いです。絶対的に音量が小さいかと言われるとそうでも無いでしょうが、耳障りではない、という意味で静かです。
 ハンドリングうんぬんはわかりませんが、元々ファミリカー候補なので気にしません(本当に?(^^;フィエスタはBセグの普通(RSとかRとかつかないの)の車最強だと思うし、クーガも普通のSUVでは屈指のハンドリングですが。(^O^)))。まあ、この乗り心地、ボディ剛感なら大丈夫じゃないでしょうか。86/BRZのような重心の低さは感じませんし、むしろやや頭が重たく感じます(構造からすれば当然)。ただし、ステアフィールはいまいちです。軽る過ぎるし、手応えも希薄。当然のように電動パワステでした。電動でもましなのもありますが・・・
 路面が酷く荒れているとさすがに上下の動きも出てきて、少しリアの動きが大きい気がしますが、それほど酷くはありません。これで酷いというとほとんどの車はもっと酷いです。横に盛り上がっている速度抑制の対策塗装が施されている場所を通過した時はもう少し車の動きを抑えて欲しいとは感じました。少し脚が柔らかく感じます。でも、普通から少し荒れている位なら良いです。
 途中、上り坂を通過した際には踏んでみましたが期待ほど加速せず、トルク不足を感じます。1320kg、113kW=154PS、196NMというスペックよりはトルクが出てない感じもしますが・・・・まあ、最近この手の車でNAは珍しく、ほとんどがターボなのでそれに慣れたせいでしょう。私は気にしませんが、ターボを欲しがる人はいるでしょうね。
 マニュアル変速は、シフトアップは良いのですが、シフトダウンはいまいちです。構造上仕方ないとは思いますが、なんか、ぬめぇっと変速します。変速速度そのものが遅いというよりも間の感触が気持ち悪いです。「ファン」とシフトダウンしません。仕方ないですけどね。アイドリングストップはついていますが、パーキングブレーキをオンにしてブレーキペダルから足を話すとエンジンはかかってしまいます。電動式パーキングブレーキだったら、ブレーキホールド機能をつけて欲しいです。せっかくのアイドリングストップなんですから。なお、「ブレーキホールド」は同乗の営業氏には通じませんでした。まだ、マイナーな機能なんですね。ああ、発進時は当然、そのままアクセルを踏めば解除されます。
 シートはちょっと途中で合わない感じがしましたが、例の腰裏の圧迫感はなく、調整不足なだけだったと思います。シート自体はなかなか良いと感じました。SI-DRIVEついていますが、操作しませんでした。あ、ブレーキは特に印象に残っていません。普通に走るには問題はなかったということです。
 試乗を終えて、気持ち悪くなることも腰が痛くなることもありません。やや柔らかめに感じますが、乗り心地は実用車としては素晴らしいと思います。問題点はトランスミッションとステアフィールが良く無いこと位です。サイドブレーキも欲しいですが、まあ、アイドリングストップを忘れればMTじゃないのでなんとかなるでしょう。トランスミッションはCVTなのでどうにもなりませんが、CVTの中ではましな方です。
 戻ってきたら見積もりどうですかと。これもなんか久しぶり。昔は国産ディーラーでは普通だったんですけどね。最近は余りなくて。カタログ見つつ待っていましたが、ワイパーディアイサーってなんだろう?フロントガラスのワイパー部分だけの熱線が入っていました。スバルでは普通だそうです。ここに雪がたまるからついているのだとか。へー。18インチはいらないのと4WDはあのエンジンと合わせるといらないかあなと思って、試乗車と同じ2.0i-L EyeSightのFF。LEDヘッドライト、クリアービューパック、アドバンストセーフティーパッケージ、ナビ、コーティングに愛車キットのおまけみたいなの、延長保証、更にJAFまで!懐かしいなあ、こういう見積もり(笑)。なんやかんやで300万弱。意外と高い(苦笑)。
 まあ、以前はインプレッサのローエンドモデルはスバルの中では価格的にはBセグ的扱いでしたが、今は完全にCセグ(グローバル基準の)ですし、質感などもCセグ相応になってはいます。
 帰り際に転じされていたBRZを見つつ、エンジン音がねえ。そういえばWRX STIはどうなんでしょうねと聞いたら、乗ってみますかと?という訳で試乗させてもらいました。
1611916imp4sti
タイヤは245/40R18。ダンロップのSPORTMAXX。
1611916imp3tire
安心のサイドブレーキ付きMT。
1611916imp5sti
レブリミットは8000!
1611916imp6sti
STIらしいメーターもついてます。
1611916imp7sti
ポジションはインプレッサと同じような感じで、ペダルはやはりやや右寄り。一度合わせたのですが、シフトレバーが遠くシートをワンノッチ前に出しました。これでOK。
 さて、エンジンをかけて、さて、発進。クラッチは重たくはないです。2Lターボで、227kW=308馬力、422Nm。うほ。化け物ですね。アクセル踏まずにクラッチだけで発進しようとしたら思ったよりも低速トルクありませんね。まあ、過給かかっていないとこんなものまな?1500kg弱ありますしね(WRXも重たくなりましたねえ)。
 走り出せばもちろん、動力性能には不満はありません。踏めば速いです。敷地から出るとボディは良いですね。インプレッサも良いと思いましたが、さすがWRXですね。乗り心地はやはり硬め。ただ、不快というほどではありません。路面が荒れていると揺れますが、前だけとか後だけではなく、すっきり同時に揺れる感じです。タイヤの薄さは感じません。まあ、245の40だから、極薄ではありませんが。突き上げは結構きますが、収まりは良いので気持ち悪くはありません。
 問題の音ですが、普通に走っていると悪くはありません。回して見ると、うーん、良い音とは言いがたいですね。とはいえ、86のように嫌な音ではありません。ただ、まあ、音で選ぶエンジンではないですね。まあ、フィーリングよりは動力性能重視のエンジンでしょう。EJ20なので、8000回転まで回せますので、上まで回したらまた違う音がするかもしれません。試乗でそこまでは回せませんでした。やはりもう少し回せる場所で乗ってみたい車ですね。まあ、普通に乗るならインプレッサの方が音は良いです。ただし、前述の通り、86よりは良いと思います。
 そうそう、ステアフィールは良好です。聞いて見たらやはりこれは油圧パワステ。電動だから全部駄目とは思いませんが、平均するとまだ油圧パワステにはかないませんね。ハンドリングうんうんはこの試乗コースではわかりませんが、良さそうです。ただしこれも重心の低さは感じません。ブレーキも違和感特にありません。
 戻ってきたら、別に身体は辛くありません。降りて身体が揺れる感じもしません。MTだし、サイドブレーキだし、ボディ剛性も高いし、良い車だと思います。とはいえ、これをファミリーカーにするのは無理でしょうね(苦笑)。自分の遊び車にするのは918よりもでかいし、おもいし、速い過ぎますね。

 さて、クーガと比べてどうでしょうか?乗り心地はインプレッサの方が良いです。燃費もインプレッサが良いでしょう。しかし、サイドブレーキがないことと、CVTは・・・。雪を忘れれば、インプレッサはクーガにも優るかもしれません。ステアフォールはクーガ圧勝。もちろん、雪は最低地上高の高いクーガの圧勝。それと後部座席の視界も当然クーガの勝ちです。トランスミッションはやはり疑似MTは疑似MTです。SUVと長めのハッチバック(ワゴンまではいかないと思います)というジャンルの違いがある訳ですので、雪は忘れて評価します。総合評価は・・・クーガの勝利。ただし、サイドブレーキ付きのMTがあったら。。。インプレッサ良いかもしれません。無理でしょうけど。ああ、パワステも油圧にして欲しいなあ・・・だったら、WRXかえ?(^^;;

|

« スタッドレスに交換 | トップページ | この世界の片隅に »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クーガ vs インプレッサ SPORT:

« スタッドレスに交換 | トップページ | この世界の片隅に »