« JA2016 | トップページ | Brexitとは違う? »

自分一人位は

 Brexitの時もそうではないかと思いました。離脱はまずいと頭では理解しても現状に不満がある人が直前の予想は残留なので、残留に投票=現状支持だから、自分一人が離脱に投じても大勢に影響はないだろうと思って投票、そういう人が多く、離脱決定、という構図ではなかったでしょうか?今回の米大統領選挙も同じではないでしょうか?トランプ氏はめちゃめちゃで大統領にふさわしいとは思えないが、クリントン氏に投票もしたくない、FBIがメール問題で訴追しないといったし、クリントン氏でほぼ決まり、だったら、自分一人トランプ氏に投票しても平気だろう、とそう考えた人が多かったのではないでしょうか。

 しかし、ここまで不人気とはね。もちろん、メール問題で、私はヒラリー・クリントン氏は大統領失格だと思いますが、二人のうちどちらか選べと言われたらクリントン氏を選びます。資質の問題はあるにせよ、初の女性大統領というのは大きな武器だと思ったんですけどね。

 まあ、実際に大統領になった後、トランプ氏はそれほどひどくはないかもしれません。数々の暴言はそれが自分への支持を集めると考えての行動でしょう。なので、暴言をそのまま実行するとは思いません。ま、そう思って、トランプ氏でもいいかと思った人もいたかなあ・・・・。

 人道的見地から言えば、このような発言をすべきではありませんし、民主主義にも反しますが、こうなったらトランプ大統領には早々に死んでもらう他ありません(苦笑)。

 なお、ロシアは歓迎、という話ですが、本当にそうかはわかりません。また、中国はむしろ、クリントン大統領の方が良かったかもしれません。トランプ大統領は敵を作って人気取りする人物ですから、中国が雇用を奪っているということを言いだす可能性は高いと私は思います。

 日本は?まあ、どちらも余り違いはないかもしれませんね。在日米軍の費用負担の増額を求められるでしょうが、撤退はあり得ないでしょう。経済面ではクリントン大統領でも要求は厳しいと思われます。まあ、一時的に円高へふれたから、それだけ見ればクリントン大統領が良かったとは思いますが。

 しかし、こんな選挙を半年未満で三回も見ることになるとは。もちろん、最初はBrexit。二回目は?都知事選ですよ。保守分裂、野党統一候補が普通にやれば勝てる選挙で自公の支持がない小池都知事が誕生しました。だから、少なくとも都民はアメリカ人をバカに出来ませんよ。そしてトランプ大統領。何がなんだか。

|

« JA2016 | トップページ | Brexitとは違う? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分一人位は:

« JA2016 | トップページ | Brexitとは違う? »