« フィエスタの乗り心地が気になる | トップページ | 高齢者の運転免許 »

幻の二代目エラン(M100)導入計画

 オーセンさんにかなり前からM100と呼ばれることが多い二代目エランがあります。いすゞ製エンジンを搭載したFF。日本では流通しているのは左ハンドルのターボが多いように思えますが、これは右ハンドルでなんとNAの初期型。英国仕様の並行輸入車です。なのでエアコンがついていません。
 価格は諸般の事象により応相談ですが、話を聞いたら、安いです。これより安く買えるロータスはまずないでしょう。もちろん、色々手直しは必要でしょうが、リフレッシュ費用を含めても国産スポーツカーを新車で買うよりずっと安いと思います。

 ピー三郎がお山でいまいち楽しくなかったり、期待通りに高速巡航が得意と言えなかったり、いっそ、このエランにしてしまえば、と考えました(その後更に先日の工場の事件があって嫌になった)。

 難点はいくつかあります。まず、エアコンが無いので夏場は乗れません。ピー三郎なら夏の昼間ですら快適に乗れます。エアコンはありますし、秘密兵器のシートベンチレーションのおかげで、ピー太郎、ピー次郎と大違いで我が家で夏一番涼しい車でしょう。
 新しい車ではなく、元々必ずしも品質が高いと言えないエリーゼよりも前のロータス(エリーゼはなんだかんだ言って品質はそれまでよりもずっと向上していると思います)です。立てつけが悪かったり、分割式のFRPの皮のチリがあっていなかったり、サイドガラスの角度がおかしく、幌をしても隙間が出来たり、ゴムが劣化してたりと。まあ、色々あります(笑)。
 最大の問題はFFだということです。自分の趣味車は基本MR、少なくとも前輪を駆動しないという条件は外せません。これまでもそうでした。だからインテRやルーテシアRS、スイスポなどには踏み切れませんでした。FFらしからぬFFという評判ではありますが、とはいえ、FFには違いありません。
 シートがちょっとあいません。それとヘッドレスとの高さが低すぎて頭をささえてくれません。ロールバーもありませんし、もし、ひっくり返ったら死ねるでしょう(笑)。
 昔懐かしいバックボーンフレーム+FRP(しかも分割式)なので、ボディ剛性は低いでしょう。まあ、乗り心地はそれなりに良いかもしれませんが(柔らかい系で)。

 スポーツカーではありますが、古さもあり、エリーゼやMR-Sみたいにガンガンお山を走るという訳にはいかないでしょう。かといってエアコンもありませんし、週末相方を乗せて出かける車でもありません。MR-Sやピー三郎以上に乗る用途が限られます。ほとんどAWと同じで、時々お散歩、たまーにお山です。ピー三郎から乗り換えたら、AWが2台になるのと同じです(苦笑)。

 しかし、ふと思いました。フィエスタのせいでクーガの出番は減ってます。雪道を除けばフィエスタでクーガは置き換えられます。大雪でなければスタッドレスをフィエスタに履かせれば問題なく乗れるでしょう。で、あれば、ピー三郎とクーガの両方を別の車に乗り換えるという手もあります。勿論、2台を1台にまとめられれば一番良いですが、車庫に収められる最良の車は981ボクスターだったので、それは無理です。車庫はAWにして外に置く手もありますが、その車はお花見車でなければなりません。オープンカーを外に置く趣味はありませんから、グラスルーフが大きめのサンルーフの類で我慢するしかないでしょう。

 では、車庫にエラン、外に86ならどうでしょう?お花見シーズンなら冷房はいりません。基本オープンなのでエランで問題はありません。86ならお山で遊ぶのは問題ないでしょう。少なくともピー三郎よりは適しています。MRではなくFRというのは難点ですが、FFよりは良いです。また、週末のお出かけ車にもまずまずつかえるでしょう。
 雑誌等では後期型は評価高いです。この手はありだ、とそう思って試乗させてもらったのですが・・・・音が・・・。これでは無理です。

 86の代わりになる車は?NDという手はあります。そろそろRHTも出ますから、それなら外においても平気でしょう。私が気にするだけで幌のNDでも平気でしょうが、幌車が2台ではエランの導入を正当化出来ません(苦笑)。あ、RHTでも同じか(苦笑)。また、クーガはクーガで存在価値を再認識したのでNDならピー三郎と置き換えでクーガ残留でしょうね。まあ、それもありと言えばありなんですが、両者比較するとお山以外はピー三郎かなあ。

 憧れのE46 M3という手もありますが、これもお山向きとは言えませんね。それにだいぶ古くなっているのでやはり車庫に入れるべきでしょう。
 先日試乗して面白かったアバルト595は?あのドラポジだと私はちょっとお山ではありません。アバルト500という手もあるかもしれませんが。でも、FFが二台はねえ。124はNDと同じ問題を抱えますし、お山用なら124よりもNDです。来年になればトゥインゴのMTがまた入りそうですが、ノーマルでお山は難しいそうです。

 それに出番が減ったと書いたクーガですが、涼しくなったら大活躍しています。やはり長距離巡航はフィエスタよりも良いです。
 更にZENOSの影響が・・・。ZENOSを買わないにしても、あの乗り心地が忘れられません。エランは乗り心地は悪くないかもしれませんが柔らかい系ですし。。。。正直、エアコン無しの車に乗るならZENOSの方が・・・。

 という訳で、現段階でのエラン導入は幻となりました。オーセンさん、ごめんなさい。その子をうちで引き取るのは今は無理です。

|

« フィエスタの乗り心地が気になる | トップページ | 高齢者の運転免許 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幻の二代目エラン(M100)導入計画:

« フィエスタの乗り心地が気になる | トップページ | 高齢者の運転免許 »