« クーガにやはり存在価値あり! | トップページ | アバルト124スパイダー試乗 »

86後期型試乗

 フェイスリフトされた86に試乗させてもらってきました。前に行ったエリア86に何故か試乗車がなく、トヨタのサイトで検索したら二番目に近いネッツ店にあることがわかりました。ここは大昔、AWを買う時に展示車があって見に行ったところです(販売会社は付き合うのあるネッツと同じ)。28年ぶり?そういえば、あの時、何故ここに展示車があるとわかったのだったかなあ?当時はネットで検索なんて出来なかったし。電話して聞いたのだったかな?何故か思い出せません。そういえばバスで行ったのだったかなあ?電車だったかなあ?当時は車を持っていませんでしたからね(AWが自分で買った最初の車)。
 それはさておき、86。試乗車はGT LimitedのMTです。もちろん後期型。
86k1
外観は結構変わりましたね。好みもあると思いますが、この顔は私はわりと好きです。
86k4
フェンダーの86マークも引っ越ししています。
86k3
ただ、残念ながらグリル風の飾りは残ったままですが。何故これやめないかなあ。リアスポイラーも変わりました。
86k2
この辺の変更は見た目を変えるという目的もあるでしょうが、空力的に意味がある変更だそうです。
 内装も細かい部分が結構変わっています。質感は全体的に上がって良くなったと思います。シートも変わりました。ドアの内張りも変わっていますし、前期型で嫌いだったTをモチーフにしたカーボン調みたいな柄がなくなっています。
86k6ac
メーターナセルの上にもアルカンタラのような素材が貼られていますし。ステアリングは少し小さくなり、そしてスイッチが付きました。このスイッチは付けないで欲しかったですが・・・まあ、実用上問題はありません。
 メーターも左側がLCDパネルになって、水温油温電圧やら色々と表示出来ます。
86k5meter
ただ、ここのところトヨタはずっとそうですが、ODOとトリップが同時に表示されません。何故態々ボタンおして切り替えないといけないのでしょう?不便です。タコメーターは7400から赤になっているように見えます。
 乗り込んだ時にトヨタの新車の香りがしたのですが、下ろしたてでまだ走行距離は61kmでした。シートに座ってポジション調整。問題はありません。ま、相変わらずメーターの上がステアリングで隠れて見えなくなってしまいますが(私のポジションがおかしいため)。シートは座ると前期型の方が良かったような気がします。少しなにかしっくりきません。なんだろう?まあ、腰が痛くなるとかそいうことはありませんが。
 エンジンをかけて、クラッチを踏むと軽いです。前期型も軽かったのでこれは同じかな?1速に入れてクラッチだけつないで発進。特に問題なく出来ます。低速トルクは普通に走る分には十分ですね。2000回転シフトアップでするする走ります。シフトフィールは前と同じようなものだと思いますが、少し動きが渋いです。まだ油温が上がっていないせいかなあと思っていましたが、走行距離がまだ少ないせいかもしれません。
 乗り心地は試乗コースが違うので前期型と直接比較しにくいですが、後ろがやはりドタバタする感じはあります。路面からの突き上げが後ろだけ大きい、そういう感じです。乗っていて辛いとか気持ち悪くなるということはありませんが、街中を走っている限り、乗り心地は良いと評価出来る車ではないです。一言で言えば、やや硬め、かな?ああ、ダンパーはノーマル、タイヤも17インチのプライマシーのままです。
 ステアフィールは良好です。パワステ付きのFRとしては上々でしょう。前期型の印象とほぼ同じです。ブレーキもこういう走りでは問題はありません。意外とたらたら街中走っている時に違和感を覚える車もありますが。操作性全般特に問題はありません。
 ちょっと踏んでみましたが、動力性能は不満はありません。十分なトルクがあります。まあ、前期型と比べてパワーアップした分、体感できるかというとこれは両方同じ時に同じコースで乗り比べないとわからないでしょうが。元々前期型でも不満はありませんでしたから。
 ハンドリングうんぬんを評価出来る試乗コースではないのですが、雰囲気、良さそうです。前期型同様に頭の重さは感じません。この辺の感じはNDを含むロードスターよりも良いです(実はステアフィールを除けばばアルテッツァも良かったです)。
 見た目は前期型よりかなり良くなり、内装の質感も良くなり、装備も向上し、乗り心地は良いとは言えないものの、まあ、前期型と比べれば良くなっているでしょう。でも、私がこの車を買うことは絶対ないでしょう。気が付いたと思いますが、いつも触れているあることにここまで触れていません。はい、「音」です。一言で言えば。「酷い」です(苦笑)。718とおんなじです(前に分は実は718の時のコピペ(笑))。。
 エンジンをかけるとやや振動を感じて音量も大き目でした。以前はアイドリング中は静かだったような気がしましたが・・・。まあ、あの頃はAWとエリーゼとどちらもうるさい車だったのでそのせいかもしれません(苦笑)。では、回すとどうなるか?更にうるさいです。2000回転程度でも酷いざらざらした音が結構な音量で聞こえてきます。ほぼ新車なので余り回しませんでしたが、ある程度回してもそのまま音量が大きくなるだけです。サウンドエンハンサーの効果は控えめに変更されたのかどうかわかりませんが、余りアクセル踏まなかったこともあり、前期型のように音を響かせたりはしませんでした。前期型も音は良いとは言えませんが、ここまでひどくなかったように思います。昔、3S-GEの音が酷いといって、4AGがサラサラの砂なら3S-GEは砂利だと言いましたが、これは更に粒の荒い砂利か岩を砕いた破片がこすれ合う音でしょう。718と比べてどう?いい勝負ですねえ(苦笑)。まあ、718はエンジン以外にも色々な音がしましたが、86はとりあえず今回の試乗ではエンジンそのものの音が主に聞こえていました。何で前期型よりも悪化したんでしょう?個体の問題か、それともまだおろしたてだったせいか?相応に走った別個体と比較してみないとなんとも言えませんが・・・とはいえそれで、音が良くなるとは思えません。多少ましになる程度でしょうね。
 乗り心地は許容範囲内ですし、ザックスのダンパーを選べば良くなるかもしれません。ですが、この音は厳しいです。2000回転でもうるさいので高速巡航も厳しいでしょう。
 サーキット走行するになら良い車かもしれません。お山を走りだけならまずまずかもしれません。でも、楽しんで走れるかというと?タイム詰める走りを楽しむのなら良いかもしれませんが、この音だと気持ちよくワインディングを走る、という訳にはいきません。
 もちろん、音は好みもあるとは思います。なので、私には合わなくても他の人は平気かもしれません(718はエンジン以外の音もうるさかったのでさすがにあれで良い音だと言える人は少ないのではないかと思いますが)。 でも、私には無理です。レンタカーを一日借りて乗る程度が限界でしょう。これを買って乗っても半年持たないのではないでしょうか(苦笑)。
 極めて残念です。色々な意味で・・・。

|

« クーガにやはり存在価値あり! | トップページ | アバルト124スパイダー試乗 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 86後期型試乗:

« クーガにやはり存在価値あり! | トップページ | アバルト124スパイダー試乗 »