« そんな前から | トップページ | クーガにやはり存在価値あり! »

トライスター版GODZILLA(1998)

  しばらく前にTVで放送されたので録画しておいて初めて見ました。評判は悪いですが、前半は言われているほど悪くはないと思いました。ただ、後半は・・・突っ込みどころが多いですね。(^^;まあ、映画としてはそんなに悪くはないかな?見て楽しめました。これは生存者の日本人漁師が「ゴジラ」と口走ったせいで、「ゴジラ」と認識されたものの実際には別の生物の映画、ですが(笑)。そう考えれば問題は減ります。最後に倒されたのもこれはゴジラではなく単なる巨大生物だからでしょう。
 ただ、米軍の協力が得られなかったのか変な戦車や装甲車が出てきますね。PT-76のような戦車はなんだろう?それとハドソン川はSSNが行動出来る位広くて深いのですね。さすがアメリカ!スケールが違います!AH-64の飛び方はなんか変。予算が少なかったかな??
 攻撃が外れてビルが壊れまくるのは良かったですね。それと時代的にまだCG多用されていないのも良いです。怪獣映画というか、巨大生物が暴れまくる映画としてはまずまずだと思いました。70点くらい。ゴジラ映画としては、そもそもゴジラじゅないので0点ですが(苦笑)。

 ああ、別の映画を見に行って、やっとシンゴジラのプログラムを買うことが出来ました。(^^)

|

« そんな前から | トップページ | クーガにやはり存在価値あり! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トライスター版GODZILLA(1998):

« そんな前から | トップページ | クーガにやはり存在価値あり! »