« 国のために死ねるか | トップページ | アルファロメオ4Cスパイダー »

ピー三郎12ヶ月点検終了

 引き取ってきました。点検そのものは問題なく終了。何か気になった点はないかと言われたので以下の2点を伝えておきました。
・幌とピラーの結合部からきしみ音がする
 路面が荒れていたり段差を乗り越えると、「みしみし」と音が良くします。987では感じた記憶がありません。異常ではなく、「そういうもの」だそうです。かなり気にはなりませんが、まあ、仕方ないかなあ。987とロックの方法が変わったせいかもしれません。

・ブレーキを踏んだ時にたまに異音がする
 異音といっても普段しない音がするという程度です。文字にすると難しいですが、「しゃー」というかそんな感じ。路面にもよるようです。これは再現せずで終わりました。

 後はエンジンオイル交換しただけです。距離からすると交換の必要はまだありませんが、年に一度は交換推奨(メーカーはそう言っていない気がしますが)ということと、まあ、それなりに回したので交換しました。来年また3、4000km程度しか走らなかった時にどうするかは悩ましいです。何せ、相変わらず半油冷エンジンでオイル交換に必要なオイル量は多く、費用も安くはありません(オイル交換だけで、AWの12ヶ月点検+オイル交換よりもずっと高い)。あまり劣化はしていなかったせいか、オイル交換した後、違いは体感出来ませんでした。出来ることもあるのですけどね。

 で、それは良かったのですが、いくつか事件がありました。一つはクレームつけています。これは先が見えてきたらまた報告します。ネガティブな話なので円満に解決出来れば、申し訳ありませんがここでは詳細は述べません。決裂した場合には経過含めて詳細を報告することになるでしょう。

|

« 国のために死ねるか | トップページ | アルファロメオ4Cスパイダー »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピー三郎12ヶ月点検終了:

« 国のために死ねるか | トップページ | アルファロメオ4Cスパイダー »