« トライスター版GODZILLA(1998) | トップページ | 86後期型試乗 »

クーガにやはり存在価値あり!

 フィエスタがやってきてから出番が減って存在価値が無くなってきたように思われていたクーガですが、長距離巡航にはやはり適していました。
 先日、会津へ小旅行に行ってきました。フィエスタの距離が伸びすぎている(8000km超えました)のと暑さも収まってきたのでクーガにしました。片道330kmほどですが、途中で渋滞が無く、トイレに行きたくならなければ、我が家から一気に会津まで行けたことでしょう(実際にはトイレに寄りました)。それだけ長距離巡航をしやすく、疲労も少ないです。
 雨も多かったですが、雨でも安心感があります。実際にウェットでクーガとフィエスタとどちらが限界が高いかはわかりませんが、乗っている感じだとやはりクーガの方が安心出来ます。それから舗装されていない駐車場もありますが、雨の日に気にせずそういうところにとめられます。最低地高があるので多少でこぼこしていても気にしなくて良いです。もちろん、車が大きい分、荷物の搭載力も大きいです。
 フィエスタとの違いはなんでしょう。個人的にはやはりステアフィールではないかと思います。そして前にも述べたようにフィエスタで高速巡航するとやや腕が疲れます。クーガにはこれはありません。ただ、シートそのものは私はクーガよりもフィエスタの方が好きですけれど。
 フィエスタも先日の九州旅行を問題なくこなしたので、大雪でなければフィエスタでも良いのですけれど、フェリーに乗らないならやはりクーガで出かけたいです。次に小旅行に行くのは12月の予定なので、これはクーガ+スタッドレスの出番です。

 一時期すっかり出番が無くなって存在価値が無いのではないかと思いかけたクーガですが、暑くなければやはり旅行向きです。暑いと厳しいですが(苦笑)。

|

« トライスター版GODZILLA(1998) | トップページ | 86後期型試乗 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クーガにやはり存在価値あり!:

« トライスター版GODZILLA(1998) | トップページ | 86後期型試乗 »