« フィエスタ5000km突破 | トップページ | 尖閣諸島状況 »

やはりライトウェイトスポーツがいいなあ

 久しぶりに休暇が取れたのでピー三郎でお山に行ってきました。慣らし終わって2回目です。前回よりも更に車には慣れてきたと思います。エンジン特性もわかってきました。ただ、やはりあんまり楽しくはないです。エンジンの音は良いですし、音は楽しめます。ただ、走って楽しいかというと・・・・。
 問題はまずはギヤ比です。ずっと2速になってしまいますが、普通に走っているとトルクの谷近辺を使うことが増えます。ギヤ比が低ければ2速、3速使い分けることが出来ますがそうもいきません。かといってさすがに1速は使いにくいです。いっそ、2速、3速で上まで回さないで走った方が良いのかもしれませんね。
 もう一つは車の動きが大きいことです。重さを感じますし、サスペンションも柔らかく感じます。遅い訳ではありませんし、コーナーの限界が低い訳でもありません。ただ、イメージ、期待ほどではない気がします。もし、私が二人いて同時にMR-Sと981に乗って競争したら、場所によってはMR-Sがついていくか、下手すると前で走りきるかもしれません。まあ、慣れの問題は当然あるとは思います。MR-Sは所有していた期間のわりには良く「お山」を走りましたので。
 もちろん長所もあります。まずはシートベンチレーションのおかげで夏でも暑くありません。これはエリーゼとは比べものになりませんし、987とも大違いです。外気温35度だ36度だとエアコンは負け気味ですが、背中はわりあい涼しいので耐えられます。荷物も積めますし、走りながら幌の開け閉めも出来ます。でも、それってスポーツカーとしてではなく、GTとしての長所ですね。
 じゃあGTとして使うと・・・今度は高速巡航時の乗り心地が気になります。何度も述べているように上下の動きが大きめで、乗り心地が良いとは言えません。フィエスタの方が良いです。まあ、エリーゼやMR-Sよりは良いですが・・・いや、エリーゼは微妙だな。首都高のように連続ジョイント攻撃が無ければエリーゼの方がいいかもしれません。MR-Sはお山以外は乗り心地悪いですが。
 今はフィエスタがいるのでGT性能を私の遊び車に求める必要は余りありません。そういう意味では余り981はあっているとは言い難いです。
 ホイールの汚れ方を見るとやはりブレーキパッドの消耗は早そうです。また、タイヤもまだ溝がどうこうということはありませんが、トレッド表面を見るとやはり負担は車重なりに大きく、真面目に走っているとこれまたは消耗は早そうです。エリーゼではブレーキパッドやタイヤはほとんど減りませんでした。おかげでタイヤが古くなってしまった位(笑)。それでも走れましたからね。MR-Sも似たようなものです。やはり軽いのは良いですね。
 好み、性格からいえば、動力性能は低くて良いから、やはりライトウェイトスポーツが向いていますね。981も重量級では決しなく、現代のスポーツカーとしては重いか軽いかと言えばこれでもまだ軽い方だとは思いますが・・・。

 ただし、エンジンは良いです。今の時代にこれだけ回せてこの音を聞かせてくれるエンジンは早々ありません。NDのエンジンもマツダ4気筒史上最高と褒めたように良いですが、981には負けます。86/BRZの水平対向4気筒エンジンの音は好みとちょっと違います(マイナーチェンジして音も変わったらしいですが)。今、NAで7500回転程度回せるエンジンというとこんなものです。981ももう新車は無くなってしまいました。音、フィーリングで比較すれば、今、新車で買えることを前提にするとこの981のエンジンに勝てるものはありません(少なくとも私は知らない)。ケイマンのエンジンだともっと上が伸びて良いのでしょうけど、ギヤ比の問題でなかなかそこまで回せないのでボクスターのでも十分です。

 条件で比較すれば、NDが最適かなあ、私には。ただ、上は良いのですが、中低速領域での音は981が上ですね。今のエリーゼは音、回転共にNDに負けます。ああ、エキシージのV6の音はどうだろう?SC付きですけれど。レブリミットは7000回転程度ですけれど。

 まあ、豪華?装備がついていて電動幌で、エンジン音が良いことを考えれば981を責めるのは間違いでしょうね。車に合わないコースで楽しくないといっているだけですから。でも、エンジンが回せて音が良くて、中低速コースで楽しくて、夏、暑くても乗れる、出来たら高速巡航も得意、そういう車がもしあるならそれが一番良いです。ああ、勿論サイドブレーキもついているMTで!まあ、無いか(苦笑)。それに一番近い車が981だったのですからね。高速巡航が得意とは言えなかったのは予定外でしたが。

 そういえば、アバルト124スパイダーが発表されましたが、MTで388.8万円。まあ、1.4Lターボで脚も違い、フロントブレーキはブレンボの4ポットと違いはあるので一概に高いとは言い切れませんが、でも、だったらNDかなあ?まあ、あの1.4Lターボは音は結構良かったので、乗って乗り心地が良ければ、ターボは忘れて・・・というのもあり得なくはないかな?元ルノーの営業氏から買える車ですし。205/45R17のタイヤはどうかなあ?RE050Aだそうですが・・・・。まあ、秋には試乗出来るのではないかと思います。
  ロードスターのRFも年内には発売されるそうですが、2Lエンジンらしいのでパスかなあ。

|

« フィエスタ5000km突破 | トップページ | 尖閣諸島状況 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはりライトウェイトスポーツがいいなあ:

« フィエスタ5000km突破 | トップページ | 尖閣諸島状況 »