« フィエスタ西へ | トップページ | 別府から阿蘇経由で熊本へ »

宇佐海軍航空隊跡地

 前から行きたかったのですが、ようやく一部ですが行ってみることが出来ました。 城井1号掩体壕を見ました。
1608150016081501160815021608151en160815101608154en
駐車場やトイレなども整備されて史跡公園になっています。
1608150
慰霊碑なども設置されています。
1608152
特攻隊がここからも多数飛び立って帰ってきませんでした。
1608153
 掩体壕の中には複列星形十四気筒エンジンがプロペラ付きで展示されていました。
1608155enge1608156enge16081512enge
栄のようです(調べたら零戦のプロペラとエンジンでした)。航空機のシルエットも描かれていましたが、戦闘機に見えます(翼に20mmクラスの機銃らしい線がつきだしていたし)。
1608158
ただ、ここは艦爆、艦攻の基地だったのですけれど・・・・わかりやすさ重視かな。暑かったのですが、掩体壕の中は涼しいです。そのせいか小さな茶色い蛙がたくさんいました。
1608157flog
戦争中に突貫工事で作ったであろう掩体壕ですが、予想よりもずっとしっかりしていて70年以上経過していますが痛みは余りありません。部分的にはありますが。
1608159
 掩体壕は周囲にまだたくさん残っていますが、それらは納屋として使われています。すぐそばにも農耕機具が収められた別の掩体壕がありました。
16081511
 飛行場は田んぼや畑になっていて、滑走路の中心部?は道路になっています。
16081513road
その道路を走るとあちこちに掩体壕が見えます。近くの宇佐市平和資料館へ。
16081514
近くといっても車で10分以上かかった(道路が混雑していたり、ナビの誘導がアホだったりしたせいもありますが)ので歩いて行くのは難しそうです。エアコンはついていますが、建物に断熱性が無いのでとても暑かったです。エアコンの吹き出し口の前は涼しいですが。
 中に入るとどんと零戦が!
1608151801
でも、これは映画(永遠の0)の撮影用に作られたものです。
1608151800
なかなか良く出来ています。でも、塗装の汚しはちょっと極端過ぎませんかね?
160815180516081518031608151807cok1608151806cok
なお、タイヤは疾風の実物を流用したものだとか。
1608151802tire
撮影用と思われるコクピットもあり中に座れます。
1608151804cok
私でも狭いですね。これに慣れたら幅の広い雷電だと広く感じるでしょうね。視界は良いですが、風防の枠が意外と気になります。
 桜花も実物大模型も展示されています。
16081519baka
別府湾で引き上げられた97艦攻のプロペラ。
1608152497p
無線機やら13mm機銃やら椅子やら。色々と展示されています。
16081522tr16081522trp 16081520meter1608152313mm
機銃弾が突き刺さったままの黒板も。
16081526
ガンカメラの実物は珍しいと思います。
16081515guncamera16081516guncamera
それと城井1号掩体壕から出土した零戦用20mm機銃弾って、あれ?じゃあ、零戦も配備されていたの?

1608152520mm  空襲と桜花についての映像が流されています。句集はこのやられているのはダミーじゃないの?と思う位エプロンに並んだまま銃撃やロケット弾攻撃を受けています。いくら元々練習航空隊とはいえダミーでないとしたらちょっとひどすぎますね。昭和20年ですから!!

16081517bomb

 行ったのはちょうど8月15日だったため、子供連れの来館者は多かったです。まあ、平和うんたらというよりも、「飛行機だあ」というお子様がほとんどでしたが(苦笑)。
 パネル展示も多く、規模のわりには充実しています。

16081521map

無料ですし、宇佐市近辺にくることがあったら立ち寄られることをお勧めします。城井1号掩体壕もね。他にも遺跡はあるのですが、相方と一緒でかつ暑かったので断念しました。次回、また行ってみたいと思います。

|

« フィエスタ西へ | トップページ | 別府から阿蘇経由で熊本へ »

戦史・軍事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇佐海軍航空隊跡地:

« フィエスタ西へ | トップページ | 別府から阿蘇経由で熊本へ »