« もろもろ続報 | トップページ | 届いたような届かなかったような? »

歴史的な日になるのかどうか

 開票はまだ完了していませんが、終わるまで起きていられないのでこの段階で。改憲勢力が2/3に迫る勢いです。まだ確定していませんし、届くかどうか微妙ですが、が、もし、そうなったとしたら、歴史的な日になったという人もいるでしょう。本当にそうかもしれませんし、そうでないかもしれません。それは後世の歴史家が決めるでしょう。

 与党がこそくなこと阿漕なことをしていると言う批判もありますが(報道へ圧力をかけて与党へ有利な報道をさせたり、NHKに選挙の報道をほとんどさせなかったり、投票日に自民党の広告が掲載されたり)、果たしてそれは本当に与党有利になったのでしょうか?そんなことで本来野党へ投票するはずだった人が与党に投票したり、興味を失って棄権するのでしょうか?与党のやっていることは問題はあり、批判されるべきですが、批判が「国民はバカだから、与党の工作で与党が有利になった」と聞こえてなりません。それがむしろ、野党から離れる要因になっていないでしょうか?
 改憲勢力が2/3を超えた=安部首相が思う通りの憲法改正が直ちに出来る、ではないでしょう。改憲賛成派の議員といっても様々です。そして改正内容を国民が同意しない限りは否決されます。自分の不利益になる改憲をすんなり受け入れるでしょうか?護憲はは発議されればすぐ改憲と言っていますが、これも国民をバカにしているとしか思えません。

 そもそも、安部首相以下、与党はバカばっかりやっていて自爆ばかりしています。それでも与党が勝つのなら、それは野党へ期待出来ない、野党の方が酷いと思う人が少なくないからでしょう。もしかしたら、国民が本当に右傾化しているのかもしれませんが・・・。いや、野党は安部首相に感謝すべきかもしれません。もし、自民党総裁=首相がもっとまともな人だったら与党の議席はもっと多く、野党はもっと少なかったかもしれませんよ。

 与党、特に安部首相は自分たちが積極的に支持されたと考えるべきではありません。どっちがましか・・・というよりもどっちが酷いかを考えて、野党の方がより酷いと判断しただけでしょう。2現役閣僚落選。しかも、沖縄で沖縄担当相が落選というのは与党が支持された訳では無いということを明確に表しているでしょう。

 直接関係ありませんが同時に行われた鹿児島県知事選挙で現職落選し、原発停止の新人が当選したのも、安倍首相は重く受け止める必要があるでしょう。

|

« もろもろ続報 | トップページ | 届いたような届かなかったような? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史的な日になるのかどうか:

« もろもろ続報 | トップページ | 届いたような届かなかったような? »