« フレアだった? | トップページ | 718ボクスターデビューフェア »

ピー三郎慣らし運転終了

 今日もバングラディシュでテロ事件も起きてしまい、事件だらけですが・・・ちょっと久しぶりに車の話です。EU離脱騒ぎのせいで書き込むのが遅れましたが先週の金曜日に休暇を取ってピー三郎で走ってきました。

 ただ、残念ながら、雨こそ降っていないものお天気は良いとは言えず、山の上は霧がかかっていました。
06241610624160
NDがやってきてとまったのですが、レカロシートがついています。
0624163
ドライバーが戻ってきてから声をかけたら、RSではなく、NRAでシートを交換してそうです。
0624162
ほう、NRA!どうですか?と聞いたら、硬めなので路面が悪いとややがたがたするそうですが、良く曲がって良いとのこと。なるほど、いいなあ、これ。しばらく話し込みましたが、和歌山から来たそうです。はっきり聞きませんでしたが仕事の関係で時々こっちにくることがあるような感じでした(単に休暇できただけかもしれませんが)。木曜日は富士山にいってひどい霧だったと。いやあ、この季節は霧が多いのですよというと知らなかったと(苦笑)。なお、同世代とおぼしき男性でした。

 その後はしばらく走りましたがお天気が悪いので、引き上げました(で、帰りにEU離脱派勝利を知って茫然としたのですが)。それでも、ボクスターの慣らし運転がようやく終わりました。納車されてから8ヶ月弱かかったので、過去最長です(苦笑)。最短は一ヶ月未満ですから、えらい差です。まあ、今時の車なので余り気にしなくても平気だとは思いますが、一応マニュアルにも3000km位までは控えめにとあるので従いました。
 写真はちょうどとまれなかったので3001kmになってしまいましたが。
0624163001

 慣らしが終わった後、踏んで上まで回してみました。ちょっと不思議なことが起きました。まず、上り坂でアクセル踏み込んでみましたが、頭で思っていたほどは加速しません。普通に走っている時にそれほどアクセルを踏まない状態でもすいすい走っていくのですが(十分トルクが出ている)、そこから踏み込んでも余り変わりません。もちろん、それまでよりは加速しますが、ちょっと踏んだ程度であれだけ走るのなら、踏み込めばもっと、こう、ぐっとトルクが出てきて加速しそうなものですが、そうではありません。正直パワー不足を感じます。ですが、そのまま回転が上がると上でパワーが出てきます。ということはトルクはちゃんと出ていて回転が上昇して理屈通りパワー(馬力)が出ているということです。何故でしょう?大人しく走っている時には中低速トルクは十分に思えたのにアクセル踏み込んだら不足しているように感じます。991ターボと似ていますね。このスペックなら踏めばこうなるだろうという想像よりもパワーが出ないので、なんだか遅く感じてしまいます。
 ところが回転が上がると今度は逆に突然パワーが出てくる感じがします。ケイマンと比べると上での伸びは抑えられているはずのボクスターですが、それは感じません。同じようにアクセル踏んでいても高回転になると急にパワーが出てきて加速していく感じがします。まるで高回転型エンジン。2ZZに近いですが、2ZZは中低速でもトルクは十分でした(ただし、エリーゼで車はボクスターよりはるかに軽い)。うーん、どっかんNA?そんな言葉はないぞ(笑)。
 スポーツモードも試してみました。PASMはついていないので、スロットル特性とスタビリティコントロールの制御が変わる程度ですが、これが結構違います。今度は中速からちゃんとトルクが感じられ、上でだけパワーが出るのではなく、その手前からちゃんとパワーが出てくる感じがします。これなら期待通りです。それでもやはり高回転でのパワーがより出てくる感じがします。スペック上はトルクは落ちていくはずなんですが、体感的には上で更にトルクがでてきている感じがします。
 踏んで走るのなら、スポーツモードの方が自然で走りやすいです。普通に考えるとスポーツモードだとちょっとアクセル踏んだだけでがばっとスロットルが開く感じですが、これはもしかするとノーマルモードは燃費対策で(エコモードなどは無いので)、アクセルを踏み込んでもどこかで制限されて余りスロットルが開かないのかもしれません。で、回転が上がればそれに応じてパワーが出てくるし、またある程度以上の高回転だとその制限が解除されているのではないでしょうか?そうであれば、スポーツモードは自然でノーマルモードは不自然というのは理解出来ます。
 987はピー太郎もピー次郎もそういう感じはなく自然でした。カタログスペック通り、パワーはピー三郎の方が上だと思います(最大パワーを発揮する高回転領域においては)。なので、スペック通り、987よりも高回転型エンジンになって上で伸びるようになったということでしょう。ケイマンならまだ伸びるということですね。

 まあ、パワーがなんか足らない、思ったほどトルクが出ないと感じるといってもノーマルモードでも十分速いですけどね。ギヤ比が比較的高いので(最近、ギヤ比が明記されていないので回転と速度から推測するしかないですが)、お山で走っているとずっと2速に入れたままです。3速には入りません。まあ、これは5速ミッションだった987も同じですが。1速でレブリミットまで回して70km/h程度まで伸びますので、一般道ではレブリミットまで回せません(合法的には)。高速道路ですら2速でレブリミットまで回せないギヤ比です(125km/hを超える)。6速なんだから、もう少し2速、3速低くてもいいいと思いますが、まあ、アウトバーン用のギヤ比なんでしょうね。2速でAWの3速に近いギヤ比ですが。AWは2速レブリミットで100km/h弱、3速で約135km/hです。

 音ですが、普通に走ってちょっと踏みこんだらなかなか良い音がすると述べてきましたが、じゃあ、踏んで上まで回したらどうなるか?悪い音ではないのですけれど、普通です。いや、6気筒の水平対向エンジンらしい音はします。ただ、中低速での音の演出が無くなり、素の音になるように思います。言い換えると、良い音の演出は中低速用なのでしょう。普通に走って3速で(回転を上げず)ちょっと踏み込んだ時になかなか良い感じなので、まあ、普通に走るのはこれが正解なのでしょうね。前述のようにギヤ比が高いので高回転の音を楽しむのは難しいです。

 なお、回していたら油温は116度位まで上がりました。油温計はついていると良いですが、反面、心臓に悪いですね(笑)。

  コーナー自体は同じ。ステアリングを切ったらそのまま曲がっていきます。良く曲がりますが、面白味がないと言えなくもありません。ただ、ちょっと不思議なことにノーマルモードで走っていたら何故か車の動きが大きい気がしました。スポーツモードだと落ち着きましたが。PASMがないので、滑り出さない限り、挙動は変わらないはずなのですが、何故でしょう?まあ、段々慣れて負荷はあがっていったので、そのせいかなあ。987もゆっくり走っていた砲が

 後、やっぱり直線は速いので上りでも結構ブレーキ踏みます。こんな走りばかりしていたらブレーキパッドががんがん減りそうです。ま、年に大した距離走らないのでパッドは当分もちますが。

 ただ、現状、踏み切れないこともあり、多分、同じコースをMR-Sで走った方が速く走れそうです。車の性能ははるかに上ですが、その性能を使い切れないので。予想通りですが、サーキットにでもいかないと駄目ですね。それも日光位だとまだ狭くて、筑波位でないと駄目かも・・・。
 だから、楽しいのはMR-S位まで。エリーゼでもちょっと速すぎますからね。S1は?さて、今更ABS無しで走れるでしょうか?ちょっと自信ないです(苦笑)。ああ、例のS1はまだ残っているようですね。あっちの方が好きですが・・・・やはり、今は無理です、残念ながら。

|

« フレアだった? | トップページ | 718ボクスターデビューフェア »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

私も素のボクスターに乗る者です。
オーナーになったのは、つい最近の事ですけれども。

もうご存知かも知れませんが、素の2.7Lは(ボクスターSの3.4Lも、GTSの3.4Lも…というべきでしょうか。)
2600rpmくらいにひとつのトルクピークがあり、通常の走行であればそのあたりを意識して3000rpmシフトで
違和感のない、快適な走りを堪能できます。

3000rpmくらいにトルクの谷があり(早めにハイカム側に切り替わる?)そこから4000rpmあたりまでは
2600rpm付近と比べて、少しダルイ加速をする領域があります。
エンジン性能曲線を見ると4000rpm付近で十分なトルクは出てますが、人間の体感って不思議です。

MAXトルクは4500~しばらく続きますが、体感的に「速い!」と感じるのははっきりと5500rpmより上です。
スポーツ走行をする際は、5500rpm付近から上のみを使う走り方をすると痛快です。
また、スポーツ走行をする際はスポーツモードボタンを押す方が「デフォルト」です。
スポーツモード押しっぱなしでも楽しんでみてください。
(水温・油温にも変化が現れます)

ちなみに、30000kmに近づく、超えるあたりでより一層エンジンの回り方が痛快になります。
それまでじっくりと慣らし運転を楽しんでください。
(労りすぎる必要は無いとは思いますが、意識を少ししつつ乗ると良いと思います)

また、先輩ボクスター乗りの方から教えていただいたのですけれども、電動パーキングブレーキは
自動で解除してくれますが、あれの自動解除を繰り返し使っていると、電動パーキングブレーキ用の
シューの減りがとても早くなり、要らぬメンテ代がかかるそうです。
電動パーキングブレーキは面倒でも手動解除をおススメします。

投稿: radius | 2016年7月19日 (火) 18時52分

radiusさん、
 コメントありがとうございます。あのトルクの落ち込みは謎です。ただ、そこの問題というよりもスロットル開度と体感加速度の間に差があるのですよね。まあ、おっしゃる通り、上まで回していれば良いのですけれど。電動パーキングブレーキはとにかくめんどくさいですねえ。普通のサイドブレーキだったらどれだけ楽なことか。

投稿: MOY | 2016年7月23日 (土) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピー三郎慣らし運転終了:

« フレアだった? | トップページ | 718ボクスターデビューフェア »