« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

ピー三郎散歩

 与党系、野党系どちらも自滅の挙げ句、どうやら小池都知事誕生のようですね。さて、また、直ぐに50億かかることにならなければ良いですが。
 さて、昨日、相方が美容院にいっている間にAWでお散歩と思ったのですが、考えたらピー三郎も約一ヶ月動いていませんでした。休暇をとってお山に行くつもりでしたが、仕事の都合で3度中止したせいです。AWは先週散歩させているので、ピー三郎を宮ヶ瀬までお散歩させてきました。
1607301
暑かったですね。ピー三郎のエアコンも負け気味。(^^;でも、シートベンチレーションのおかげで耐えられます。ピー太郎、ピー次郎じゃこうはいきません。しかし、サイドブレーキがないのはいらつきます。毎回言っていますが、とにかくいらつきます。981はやはり2ペダルが基本なんでしょうねえ。それと1速からシフトアップする時にクラッチ切るとなんがガコンときれるんですよね。なんでだろう?2速以上だとしないんですが。
 お散歩なので良いのですけど、ピー三郎の能力はこんなところでは発揮出来ません。まあ、当然ですけど。ただ、全開走行などせずとも、ある程度踏めば良い音は楽しめます。まあ、なので、お散歩程度ならまあそれなりに楽しめます。走っていれば(止まらなければ)サイドブレーキは使わないのでいらつかないで済みますし(笑)。
 なお、宮ヶ瀬ダムの水位は低めでしたね。利根川水系ほどではないにせよ、今年の梅雨は雨が少なめでしたからね。
1607302

 今日は雨が降る予報だったのでフィエスタで出かけました。夏の旅行から帰ってきたら走行距離5000km超えそうだ、と思っていましたが4800km超えてしました(苦笑)。
1607314800
いやはや、旅行に行く前に5000km超えるの確実です。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年はパレスホテル

 凄惨な事件が続きますが、気晴らしもかねて行ってきました。

072816

 なお、原因不明ですが、写真がうまく貼り付けられないので、暫定的に1枚だけです。後で修正します。 =>7/31/16 写真が貼れるようになったので追加しました。 

 ポルシェのホテルショーは、例年、ウェスティンなんですが、今年は事情により会場が変更されパレスホテルで開催されました。まあ、今の勤務場所から近いからいいかな?駅から歩く距離も短くなったし。ただ、駐車場に色々な車が並んでいるのが見られなくなったのが残念です。
 従来よりもちょっと狭いかな?夕方だから人は多かったです。718ボクスターは既に見ているのですが、この色は良い色ですね。

072816718 ]

赤は嫌いですが、オレンジは好きなのでこの色なら大丈夫です。919も展示されていましたがモックアップでした。
 で、今回一番良かったのがこのカイエンGTSです。
072816cayen072816cayen2072816cayen5
この色!あるんですね!!ペリドットメタリック!良い色です。お値段も43.3万円と良いお値段でしたが(苦笑)。

072816cayen6

内装もレザーとなかなか良かったです。

072816cayen4072816cayen3

 外にあった991のカレラSカブリオレは、グラファイトブルーメタリックという色でこれまた良い色でした。

07281699120728169912r

こっちは21.4万円、車はオプションこみで2215.2万円でした(苦笑)。明るい内装もいいですね。

0728169912inte

 お茶とお菓子をいただきました。

072816cake

なんか座って話をしていた時間が一番長かった気がします。昨年が出し物満載だったのと比べるとちょっと寂しかった気もします。来年はどうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴルフバリアント Alltrack試乗

 なんとなく久しぶりにVWに寄ってみました。ゴルフバリアントのAlltrackというのが展示されていました。簡単に言えば、ゴルフのワゴンを四駆にして少し車高を上げた(25mmかな?)車です。展示車は18インチでしたがこれはオプションで標準は205/55R17とまずまず大人しいサイズです。電動レザーシートもオプション。
 エンジンは1.8LターボでポロGTiと同じものです。新しいエンジンだそうで、今後採用するモデルは増えるのでしょうね。ミッションは6速乾式DSG。
 後部座席から座ってみました。ゴルフ(ハッチバック)よりも広く感じますね。もちろん、頭上の余裕はあるのですが、足元の空間も広がっている気がします。クーガみたいに座席そのものは高くないので車高が少し上がったこともあり、サイドシルをまたいで乗り込む感じで、義父にはちょっと乗りにくいかもしれません。クーガはよじ登る感じで大変は大変なんですが、座面も高いのでそのまま腰かけられます。結果的にはクーガの方が喜ばれるかもしれません。
 前部座席(運転席)に座ってみたら・・・あれ?なんかおかしいですね。ペダルは右側へオフセット(外側を向いている)しているのにステアリングは左側へオフセット(内側を向いている)しています。手足バラバラですよ、これじゃあ。両方内側はへっちゃらですし、ステアリングとペダルで角度が違う位も平気ですが、左右ばらばらはさすがに困ります。おかしいなあ、ゴルフ7に試乗した時は気にならなかったのだけど。何故でしょう?あ、四駆だからペダルが外側へ追いやられた?いやしかし、後から無理やり四駆にした訳ではないでしょうから、最初から考慮されていますよね。当日、ゴルフやFFのバリアントと直接比較しそこなったので Alltrackだけか、ゴルフ7系共通の問題かはわかりません。その後、試乗車があることが分かって試乗してしまったので、比較しそこないました。
 内装の質感は良いと思います。もちろん、インテリアの下側はゴルフ5からずっと同じようなものですが、上側は良いです。ゴルフ7ってこんなによかったかなと思った位。なんかA3よりも印象が良いのは何故でしょう?
 リアサスを覗き込むとやはり車高あげ状態でロアアームが下向いています。どうでしょうね?

Vwalltracksus

ま、乗ってみないとわかりませんね。まあ、これで369万ならまずまずじゃないですか?ただ、普通のバリアントと違いが多いからこれそのものに試乗出来ないと良いかどうかわからないけど、これそのものの試乗車はそうそうないよねと対応してくれた営業氏と会話していたら調べてきますといって少ししてありましたと。あらま。(^^)

 という訳で試乗させてもらいました。試乗車は17インチにファブリックシートでもし買うとしたらこの仕様。ラッキー。タイヤはミシュランのプライマシー3でした。Vwalltrackt

乗り込んだらシート調整は手動。まあ、別に問題はないです。メモリーない電動だったらそう大きな差はないですから(どうせ相方はまず運転しないし)。ポジションはやはり違和感あります。ステアリングにあわせると大げさに言えばアクセルペダルがあって欲しいところにブレーキペダルがあります。大げさに言えば、ですが。後は視界含めて問題は感じません。
 エンジンかけるとやや振動を感じます。はて?音はまずまず静かですが。パドルがありますのでマニュアルモードで発進・・・あ、ステアリンが駄目だあ。展示車に座った時には気がつきませんでしたが、所謂、D型です。そういえば、最近のVWはパドル付きだとこいうのでしたっけ?しかし、何故、真円じゃないステアリングを使うのでしょうね。
 敷地から外に出るととりあえず乗り心地は悪くないです。ちょっと柔らかいかなあ?それよりも気になったのはステアリング。異常に軽いです。A4よりも軽いです。昔はともかく、今のVWはステアリングはまともだったんですけどね。ところが、その先、曲がりながら下る場所があったのですが、そこでは今度は手応えが強くなり、妙にねばっこくなりました。なんだこれ?速度はそう出ていないので舵角のせい??
 動力性能はもちろん十分です。2000回転弱でシフトアップすれば普通に走ります。まあ、当然でしょうけどね。でも、1速と2速の間が離れていますね。間違えて2速から1速にシフトダウンしたら回転が跳ね上がりました。6速でもこんなものかなあ?少し回したらまずまずの音がしました。
 マニュアルモードで走っていたせいか、アイドリングストップはしませんでした。ゴルフなのでブレーキホールドがあるいので、アイドリングストップしてもホールド機能を使えばブレーキから足を話せます。
 路面が荒れるとそれに応じて車の動きは大きくなりますが、比較的脚が柔らかいので衝撃は少なめです。ただ、後ろの動きが大きい気がします。まあ、頭が重く、空荷のワゴンなので後ろは軽いでしょうから、こんなものかな?もう少し動きを抑えて欲しいですが。
 オフセットはやはり気になりますね。まあ、RX-8なんかと比べると程度は軽いですが。A4と比べるとオフセットの角度そのものは小さいと思いますが手足がばらばらというのはやはり違和感あります。それとステアフィールが変なことは気になります。なので、運転するといまいち。助手席に乗っていれば良いんじゃないでしょうか?総合的にみてA4アバンテよりは良いように思います。値段も安いですしね。
 が、しかし、試乗を終えて戻ってきて車から降りたら体が揺れています。うーん、ちょっと柔らかいかな?ちょっと動きが大きいかなと思った程度でしたが・・・どんどん気持ち悪くなってきました(苦笑)。駄目ですね。この車は私には合わないです。うーん、残念。という訳で、気持ち悪くなってしまったので、Alltrack以外のゴルフ系の車に座ってオフセットがどうだったかを確認出来なかったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウディA4アヴァント試乗

 ちょっと忙しくて書き込み出来ませんでしたが、車の話。評価が分かれているA4ですが、一応、将来のクーガ後継車候補にならなくもないので、ワゴンのアヴァント(でいいのかな?カタカナ表記は)を見てきました。展示車はクワトロのベースモデル。
070316a4qrear
タイヤは225/50R17と今時のこのクラスの車としては厚めです。ミシュランのプライマシー3でした。
070316a4qtire
 今のアウディはこの横線というか、切れ込みがデザインの特徴ですね。
070316a4qrearend
フロントはグリルの大きさが目立たなくなった気がしますが、単に見慣れただけかもしれません。リアはセダンよりも私は好きです。ヘッドライトはオプションのLED。
070316a4qlight
 この明るいレザー内装は良いなと思いましたが、パッケージオプションで45万(苦笑)。
070316a4qinte070316a4qsheet
レザーが良いのではなく、明るい内装が良いと思っただけなので遠慮しておきます。ファブリックでこういう色合いの内装はまずないのですが、せめて明るいベージュでもあれば良いですが・・・黒だけでした。
 先に後部座席に座ってみました。シートも良いですし、空間も十分あります。セダンよりも頭上の余裕はあります。義父を乗せるにはこれなら十分でしょう。乗り降りは本人に実際に乗ってみてもらわないと判断難しい部分もありますが。クーガだとよじ登る感じですが、これだと今度は落ち込む感じになるかもしれません。まあ、落ち込むは言い過ぎかな。エアコンの吹き出し口もついています。
070316a4rac
まあ、このクラスなら当然かな?
 運転席へ。う、なんだこれ。まるでフロントミッドシップのFRのように足元が外側(右ハンドルなので右側)へオフセットしています。
070316a4qpedal
ああ、そうか、こいつはエンジン縦置きのクワトロだから、FRと同じような構造になっていますね。減点2位。私はAWで運転を始めたので足元は左へオフセットしている車に慣れており、右へオフセットしていると非常に違和感があって運転しにくいのです。シートはなんか後ろの方が良かった気がします。駄目じゃないですけれど。
 メーターはLCDパネルに置き換わっています。
070316a4qmeter
ナビの地図も表示出来ますが横長なので余り意味はないですね。ナビの地図を表示させるならもう少し縦方向がないと。質感は良好。メモリー付きの電動シートですが、メモリーはレザーとセットのオプション。まあ、シートヒーターもついてきますが。ファブリックシートだとメモリーはつかないようです。シートヒーターは?一応オプションになっていますが?
 ドアミラーの内側に出っ張りがあるのは空力でしょうか?
070316a4qdoormirror
 カーゴルームは広さは十分。
070316a4qcargo
まあ、このサイズですからね。意外なことにテンパータイヤが床に積まれていました。125/70R19というちょっと変わったサイズです。
070316a4qtemper
ちょっと細すぎるような?
 サスペンション。
070316a4qfrf070316a4qflf070316a4qfrupper070316a4qrl070316a4qcentre070316a4qrr
 R8も展示されていました。
070316r8070316r8rear
V10ですね。顔はちょっとレクサス風?内装は質感は高いのですけど、ある意味普通のアウディで特別感はないですね。Audi Sportというブランドを展開するそうですが、ここもその一つかな?

 さて、試乗です。試乗車はFFのS-Line。
070316a4test
タイヤは245/40R18。ピレリでした。
070316a4testt
S-Lineなのでスポーツシートです。ファブリックなので座った感じはレザーよりもやはり良いですね。ポジション調整。視界などは特に問題を感じませんが、足元がやはり右へオフセットしているので、左足でブレーキは踏みにくいですし、体も右側を向いてしまいます。長時間運転したら疲れるかもしれません。
 エンジンは既にかかっていましたが、意外なことにアイドリング状態で明確な振動が伝わってきます。ディーゼルではなくガソリンエンジンのDセグでこういうのは珍しいですね。Cセグでもまずありませんし、Bセグですらここまで振動が感じられるのはありません。A4全部がそうなのかこの個体の問題なのかはわかりません。他の試乗車で確認してみたいです。
 パドルがついているので操作して発進。とりあえず乗り心地は良好ですね。タイヤのわりに当たりは柔らかいです。ただし、時々、ブルブルっという動きを感じます。もっと路面が荒れたり、高速道路のジョイントなどを乗り越えた時に収まりが心配です。とりあえず、街中で乗っている限りは乗り心地は良いと思います。Q3なんかよりはずっと良いです(ほぼ同じ試乗コースです)。
 動力性能はパワーが無い方ですが(FF:140kW=190PS:320Nm、クワトロ:185kW=262PS:370Nm)、それでも、2Lターボでトルクは320Nmもありますから、動力性能は十分です。2000回転程度でシフトアップしていって普通に走れます。ただ、エンジン音は意外と大きく、回すと結構音量は増えます。Dセグということを考えたらもっと静かでエンジンの存在を感じさせない車ではないかと思っていました。音質は回して聞いて楽しむというものではありません(個人的な好み)。
 走っていると車は軽く感じます。FFでも1580kgなので決して軽い車ではないのですけれど。ただ、これは善し悪しで、軽快と言えば軽快なのですけれど、Dセグということを考えると重厚感も欲しい気はします。それからパワステが軽すぎます。同乗の営業氏が設定を変えてくれましたが残念ながら余り変わりませんでした。アウディでステアフィールが良かったという記憶は過去ほとんどありませんが、その中でも一番軽いです。
 そうそう、足元のオフセットはやはり気になります。左足ブレーキも実際やってみてやはりやりにくいです。体の向きが違うので走っていてやはり違和感があります。まあ、これは人により違うでしょうね。私には合わないというだけです。
 ブレーキホールドはついているので便利です。ただし、マニュアルモードにするとアイドリングストップは無効にされてしまいました。なので、もし、A4が我が家にやってきたら私が運転しているとアイドリングストップはしないです(苦笑)。暑かったですが、エアコンの効きは良好でした。オーディオの音質はちょっと独特。何故か高音が強調されている気がしました。
 総じて街中での乗り心地は良好です。FFのベースモデルだとタイヤは205/60R16と大人しいものですから、もっと良いでしょうね。気になるのは、オフセットと停止時の振動です。それからエンジン音もこのクラスにしてはうるさく感じます。アウティとしては3シリーズと勝負だ!という車ですが、3シリーズよりは乗り心地は良いように思います。ただ、ディーゼルは別にしてガソリンだと3シリーズの方が静かで振動もありませんね。この振動は前述の通り、個体の問題かもしれませんが。

 オフセットはどうにもならないとしても、振動やら音はクワトロだとまた違うかもしれませんが気になります。セダンでも良いので同じエンジン搭載した他の個体で振動や音がどうかを確認してみたいです。とまっていればオフセットを除けばよかったので、そのうち相方も連れて試してもらおうかな?その時は営業氏に運転してもらって私は後ろに乗ってみましょう。後部座席の乗り心地を確認してみたいですから。問題はありますが、少なくとも教祖様が言うほど悪い車ではないです。A3以下と比べると、A4は違うなあと感じます。3シリーズと1シリーズの差よりも大きいです(ま、3シリーズと1シリーズは元々プラットフォームは同じみたいですが)。

 ただ値段が・・・。まあ、3シリーズやらCクラスも似たようなものですが、FFのベースモデルで547万、クワトロだと626万もします(苦笑)。気になる部分があると買えない価格ですね。ワゴンではないですが、この価格帯ならやはりGS250が優れています(我が家にあっている)。ただ、GS250は全長が4.8mを超えて我が家には収まりませんが(苦笑)。       

 このティーラーは本当に対応が良くて、車を買いたいと思えます。今回は担当営業氏が掛け持ち状態になってしまったのですが、合間に店長がやってきて名刺を渡して、掛け持ちになってすみませんといいつつ、色々会話してくれました。ボクスターを見て、内装はあれで注文したのですか、いいですねから始まって。ほぼ同世代と思える方でしたが、AWにずっと乗っているというとAWが欲しかったのだけれど、親にスキーに行けるのか?と言われてCRーXにしたとか(東北だそうです)。そのCRーXでジムカーナしたりしたそうです。軽いけど本当にボディはやわだったとかしばらく楽しく会話出来ました。いつ行っても気持ちよく過ごせます。
 ですが、肝心の車が・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMWの営業氏退職

 対応してくれていたBMWの営業氏が退職したとの連絡を受けました。あーあ、残念だなあ。良い人だったんだけどな。結局、車を買うことなく終わってしまいました。通勤時間が長かったから近いところへ転職したのかもしれませんが。良い営業氏のところには好みに合う車ががなく、好みに合いそうな車があるところには良い営業氏との出会いがありません。何故でしょうね。

 さて、三連休結局、雨はほとんど降らずに終わりました。今日は午後、上りが渋滞するのは必至だったので、遠出はせず、買い物やらお昼やら食べて、夕方前にAWをお散歩させました。窓を開けて音を聞きながら走っていると気持ちよいのですけれど、夕方とはいえ今日は暑く、余り長時間走らせられませんでした。まあ、帰ってきたのが思ったよりも遅くなったせいもありますが。夏場は辛いですね。エアコンの効きは良いのですけど、体に密着するフルバケが暑いです(苦笑)。それでエアコンとめて窓を開けて走るのはちょっと無謀。(^^;でも、時々お散歩させないと。

 そろそろタイヤを交換するかな?でも、まだ、普通に走れるし、悩ましいです。ゴムの劣化はどんどん進んでいるはずですので。

 さて、連休終わって、また仕事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりにクーガでお出かけ

 一ヶ月半ぶりにクーガでそこそこ長時間走らせてきました。フィエスタでも良かったのですけれど、フィエスタばかりなのと今日はほぼ高速道路なのでクーガの方が向いているからです。三連休の中日ですが、方向を選んだせいで渋滞にはほとんど遭遇しませんでした。
 最初、なんだか動きが重たい気がしました。まあ、フィエスタと比べると当然車が重たいのですけどね。フィエスタと同じ調子でアクセルを軽く踏んだだけだとトルクが不足して加速が遅いです。ただ、それも体が慣れる前です。フィエスタの感覚が離れれば違和感なく前の通りに走れるようになりましたが。
 片道100kmちょっと二時間弱ずつの走行でしたが、フィエスタのように腕は疲れませんでした。ステアフィールはやはりクーガの方が良いですね。車の動きはやはり大きいですが、まあ、これはこれで。ただし、暑いとレザーシートはやはり暑いですね。クーガはエアコンが弱いというのもありますが、ファブリックシートと比べると通気がないので暑いですね。ぴー三郎にはシートベンチレーションがついているので平気ですが、やはりシートはファブリックがいいですね。
 ようやく走行距離が3万kmを超えました。
Kg30000
一時期はクーガでばかり出かけていて走行距離がどんどん伸びていましたが、最近は逆に出番が減ったので(苦笑)。
 そうそう、休日はやはり事故が多いですね。3件見かけました。うち反対車線で2件だったので影響は余りありませんでしたが。いずれも追突事故でした。
 明日はAWを散歩させるかな?天気はどうでしょう?、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いったいどうなってんだか

 今度はトルコでクーデター未遂。
http://this.kiji.is/126966475659429364?c=39546741839462401
 民間人47人含む194人が死亡とのこと。クーデターを企てた側が104人とあるので、政府軍側が43人。

 エルドアン大統領への反発は大きいのでしょうが、民意はまだ大統領支持のようです。クーデターで市民の協力を得られることはそう多くは無いでしょうが(エジプトは例外でしょう)、今回は大統領が大統領なのでもしかしてと思いましたが逆でした。犠牲は多く出たものの事態が沈静化したのは良かったとは思います。もし、クーデター側(反乱軍)がもっと勢力があればしばらく内戦状態になっていた可能性もありますから。

 しかし、最近、色々なことが起きます。どうなっているんだか・・・・。ま、都知事選はまたあほな展開になっていますが、日本は平和だとは言えますね(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トゥインゴが突然発表された

 ニュースの事件は子供を含む少なくとも84人が死亡とのこと。悲惨です・・・。テロと断言して良いかわかりませんが、テロだとするとやはり防げませんね。

 そういう時になんですが、クルマは話です。年末か、もしかして来年と言われていたトゥインゴが7月13日に突然発表されてました。
http://www.renault.jp/information/news/news-twingo/twingo-reserve.html
 9月15日から発売だそうです。ベースモデル(本国仕様では上位グレードでしょうが)のインテンスが189万、キャンバストップが199万。TMS2015の展示車と異なり、15インチ(=スマートと同じ)です。やった!また、50台ずつの限定車も発売され、16インチのパックスポーツが199万と5MTのサンクSが169万!この2台は7月いっぱい予約受付(標準モデルは8月から)だそうです。そしてこの5MTだけは0.9Lターボではなく、1LのNA!!つまり、スマートフォーフォーと同じです。
 我が家が求める装備のうち、クルコンとバックソナーは標準。オートライト(とオートワイパー)は現状、ルノーのサイトを見る限り、限定車にのみ装着されています(ミスでなければ)。ヘッドライトはハロゲンですが。色はそれほど多くはないですが、水色、黄色、それと茶色は我が家好みですね。内装を考えたらやはり水色かな?限定車は色が限られます。

 フォードの撤退が無ければ、ルーテシアからトゥインゴで決まり、だったでしょうね。結果的にはそれでクーガとトゥインゴで棲み分け出来て良かったでしょう。勿論、フィエスタとトゥインゴを比較すれば、小回りが利くこととより小さいことを除けば、フィエスタが全てにわたって勝っているでしょうから、もはや、我が家にはトゥインゴは不要ではあります。絶対的に見ればフィエスタがで正解です。ただ、フィエスタに乗らなければ、トゥインゴ+クーガも最適解に近かったでしょう。

 相方号としてはフィエスタに何かない限りもはやトゥインゴはありえません。が、しかし・・・MTが1L NAでくるとは!やられたなあ。え?何がかって?だって、RRといっても実質MRです。これがRRなら横置きMRのかなりのものはRRになってしまいます。MR、NA、MT。ほら、私の車の条件を2点除けば満たしています。一つは7500回転は回せないことです。ただし、スマートの試乗結果から言えば、音は好みです。もう一つはパワステがついていることですが、これはもうだいぶ前に崩れています(諦めています)。問題はステアフィールでしょう。スマートフォーツーは普通でしたが、何故かフォーフォーは異常に軽かったので、トゥインゴはどうか、です。基本は同じとはいえ、味付けに差はある可能性は残ります。これは試乗しないとわからないのですが、限定車だけに無理ですね。後はペダルレイアウトがどうかですが・・・まあ、ルノーは通常問題ないですし、FRではありませんから、多分平気でしょう。

 今、「新車」を前提にしたら、トゥインゴよりも条件を満たせる車はMRだとエリーゼしかありません。後はターボばかりです。FRならNDと86がパワステがついていること以外は満たせますが、やはりMRが良いです。

 ま、とは言っても、現実には、我が家にトゥインゴの居場所はありませんが。あー、まあ、出番が無くなっているクーガと入れ替えならありか。(^O^)ただ、クーガの下取り額だとお金がかなり足らないや。(^^;ピー三郎と入れ替え?車庫は楽になりますね。まあ、MTだしあり得なくもないでしょう。こっちはお釣りが来ます。まあ、値落ち分はトゥインゴ一台分は軽くいきますが(苦笑)。パワーは少ないので使い切れるでしょうね。まあ、限界は低く、ボクスターやらエリーゼ、MR-Sと比べると重心も高そうなので調子に乗っているとこけそうですが(苦笑)。冗談抜きに、今の私にはその位の方が良いのでしょうね。普段街乗り、たまにお山で遊ぶ程度ならこれで十分でしょう。
 まあ、でも、まだ早いかなあ。今後MTがまったく導入されないということはないと思いたいですが、どうでしょう?ただ、ターボで入ってこられても困るしなあ。先日の111S(S1)よりは現実味あります(さすがにS1はもう無理です。欲しいけれど。)。フォーカス1と比べると車の出来はフォーカス1ですが、MTですからね。
 クーガと入れ替えなら、お金の問題だけなんだよなあ。冬はフィエスタ+スタッドレスでなんとかなるし。クーガはクーガで好きだし、良い車ですが、何せ出番がありません。ただ、お金の問題は別にしてもクーガをトゥインゴと入れ替えたら車庫の中の2台がますます動かなくなるでしょうね(苦笑)。あ、そういえば、そろそろAWを散歩させなくっちゃ。

 限定車でなく、最廉価グレードとして1L NA MTだったら、時間もあるし、そのうち試乗の機会もあるかもしれませんので慌てることはないのですが・・・。あー、まずい、真面目に悩んできた(苦笑)。

 と思ったら、どちらの限定車も完売と(苦笑)。
http://www.renault.jp/information/news/news-twingo/twingo-reserve.html
 MTは2017年に導入するとあるので、悩みは一気に解消しました。もうしばらくピー三郎とクーガに乗って、MTが通常モデルで導入されてから考えましょう。一件落着。(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

届いたような届かなかったような?

 自公で2/3には届かず。お維とこころを合わせてもまだ届かず。改憲に積極的な無所属を加えてやっと2/3超過。さて、これは届いたのでしょうか?届かなかったのでしょうか?微妙ですね。少なくとも安倍首相の思い通りの改憲案での発議は無理でしょう。世論調査でも反対の方が賛成を上回っているようです。護憲派は2/3を取らせると直ぐに時代錯誤な憲法になってしまうようなことを言っていましたが、それが正しくないことはこれを見ても明らかでしょう。改憲隠しという批判もありましたが、隠さないといけないのは、それを表に出して選挙を戦うと負けることを安部首相が理解しているからでしょう?

 野党共闘はある程度成功したようですね。民進党は数を減らしたものの前回の参議院選挙よりは増えています。わりをくったのは共産党かもしれません。増えたとはいえ、前回ほどは増えていませんから。
 逆に与党もお維はともかく、こころを巻き込んでいれば、北海道で自民党でもう1人当選していた可能性もあります。こころ候補に入った票が半分ずつ自民党候補に入っていれば、逆転していますから。そうなると無所属を巻き込まずに2/3に到達しています。こころは政党要件満たさないでしょうから、もう自民党に復帰すれば?安倍総裁なら受け入れてくれるでしょう。

 さっそく憲法違反だと訴えたグループがいるようですが、抜本的な制度改革を行わない限りはこのような訴えは続くでしょう。実際、選挙区で一番得票が少なくて当選したのは山梨で約17万票。逆に48-49万票獲得して落選という候補もいます。単純に定数一人当たりの人口だけではなく、当選者の得票でもこれだけ違いがあります。最小得票当選者よりも多く得票して落選したのは45人もいました。さすがにこれは問題でしょう。

 解決策はいくつか考えられます。

1.極力一票の格差がないように定数を配分する
 本来あるべき姿ですね。現在行われようとしている是正はこの方向です(合区もこのため)。ただし、これをやると人口の多い地域(主に「都市部」の議員は増え、人口が少ない地域(主に「地方」)の議員は減ります。合区も不評のようです。

2.都道府県そのものを再編成して、人口の偏りを減らす。
 選挙区ではなく、都道府県に区割りそのものを変えるという方法もあると思います。人口の少ない場合は合併することになるでしょうし、多い場合は分割もあり得るでしょう。とはいえ、これも不評でしょうね。選挙区の合区だけでなく、知事の数も減るでしょうし、市町村合併よりも抵抗は大きいでしょう。

3.一票の格差を容認するように憲法を改正する
 憲法違反だと訴えられる訳ですから、憲法を現状に合わせてしまえば、合憲です。現状、憲法には選挙区についての記述はなく、法の下の平等が一票の格差の根拠になっていると理解します。ですので、憲法に国会議員選挙は例外と明記するか、憲法違反かどうかを司法で判断しないで良いようにもう少し具体的に憲法に記述すれば良いのです。
 もちろん、どのようにするかは国民の合意が必要ですから、しっかり国会で議論した上で発議して国民投票の結果を持って決める必要があります。これが否決された場合には1.をやれという意思が示されたと考えられますので、一票の格差を極力減らすように区割りを変える必要があります。

 個人的には衆議院と参議院では大きく制度を変えても良いと思います。衆議院は元々選挙区が多いので、こちらは完全に人口比例で定数を決め、参議院は地域代表を中心にします。具体的に言えば、憲法第46条で半数改選と定められていますから、各都道府県に二人ずつ配分し、毎回、各都道府県代表一人を選びます。憲法にも参議院は都道府県の代表二人ずつとその他の代表からなる、とか明記すれば良いでしょう。「その多の代表」は法律で決めれば良いと思います。うーん、でも、これだけだと法の下の平等に反するとまだ言われるかもしれないなあ。参議院選挙は例外よと書いてしまうのも手でしょうが・・・。
 憲法にどう記述するかはとりあえずおいといて、私の試案は毎回都道府県から一人ずつで47人、飯水改選なので合計94人が基本です。現在の定数と比べると半分以下ですが、残りをどうするか?比例代表?いえいえ。残りは敗者復活です。各選挙区での最低得票当選者よりも多くの得票を得た候補者も当選とします。定数は定めません。法律で定めると憲法に書かれているので、法律で決めれば良いのであって、毎回同じである必要はありません。
 今回の参議院選挙で言えば、選挙区の定数が違うのでそのまま適用する訳にはいきませんが、45人が当選します。合計92人が半数改選の当選者です。この方式にすれば当然ながら東京、神奈川、名古屋、大阪、兵庫、福岡、北海道などの人口が多い選挙区に立候補する人は増えるでしょう。その前の選挙の最低得票当選者が当選の目安になります。人口が少ない県で激戦になれば当選ラインは下がります。逆に一方的な選挙になれば当選ラインが上がります。蓋を開けてみないとわかりません。立候補者が増えるであろう都市圏で最低得票当選者が出るかもしれません。
 反面、そういう例レベルの激戦になれば、都市圏で死に票は増えるかもしれません。例えば、東京で15万票がトップで、後は14万票以下に多数いたとします。人口が少ない選挙区では激戦はなく、東京の15万票が最低得票当選者になれば、東京の落選者は敗者復活出来ません。反面、他の選挙区では敗者復活しやすくなるでしょう。極端に人口の多い選挙区へ候補者が集中すればそういうことは起こりえます。なので、政党のどこに何人立候補させるか、その戦略が重要です。当然、党首が比例代表でのほんとした選挙をすることは出来なくなります。
 結果的には今と余り変わらない結果になるのではないかと考えています。違うがあると今の一人区で当選者と落選者の差が少ない激戦の場合には両方が当選する可能性が高くなるということです。敗者復活は得票が多いほど可能性が上がるのですから、投票率が高い人口の多い選挙区からより多く当選するでしょう。とはいえ、多数が乱立すると確率は下がります。
 結果的に当選者の得票数差は今よりも公平(多く得票したのに落選することがなくなる)になるでしょう。

 これはあくまで私案にすぎませんが、選挙区の定数での一票の格差の呪縛から抜け出せば色々な選挙制度が考えられると思います。

 衆議院でも比例代表を削減してこの敗者復活を導入しても良いと思います。その代わり、重複は禁止しましょう。僅差で落選した場合には比例代表ではなく、敗者復活で当選です。

 このように憲法改正は現実から乖離している部分、憲法違反だと訴訟が起こされることが多い条項を改正すべきだと思います。中学生の時から9条2項は現実にあっていないから削除すべきだと考えていました。9条だけ見れば自衛隊は違憲なのは明らかです。しかし、これだけ解釈で無理やり合憲にしてしまうことを考えたら、何かしらの歯止めは必要ではないかと思うようにもなりました。許される上限か禁止事項を2項に記述すべきでしょう。数で規定するのは難しいから禁止事項かなあ?まあ、とはいえ憲法ですからね、「射程300kmを超える長距離ミサイル」「固定翼機を多数搭載するCTOL空母」というような書き方はなじまないですね。かといって「大量破壊兵器」というだけでは解釈でどうにもなりそうです。必須なのは「核生物化学兵器」でしょう。「徴兵制の禁止」も明記しても良いでしょうね。「先制攻撃不可」は1項っぽい気もしますが・・・。今、うまく思いつきませんが、拡大解釈されない何かしらの記述が必要だと思います。逆に自衛隊に拘る必要はないと思います。「軍」という名称に反射的に反対する人は少なくないようですが、今の自衛隊を「国防軍」と看板付け替えてもなんら実態はわかりません。名称は名称に過ぎませんから。諸外国との関係を考えれば、意味不明な「自衛隊」よりも「国防軍」の方が分かりやすくて良いかもしれません。ただし、憲法に明記する必要はないでしょう。『陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない」を削除するだけで十分です。自衛隊ですら「戦力」なのは明らかです。「国の交戦権はこれを認めない、自衛権のみが認められる」とか書いてもいいでしょうね。集団的自衛権も「自衛権」ですから。

 ま、9条は個人的には問題ありですが、概ね世論は拡大解釈で良しとしているようなので、やはりまず最初にやるとしたら一票の格差の是正からでしょう。選挙が憲法違反だと訴えられる状況でその他のことはすべきではないでしょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史的な日になるのかどうか

 開票はまだ完了していませんが、終わるまで起きていられないのでこの段階で。改憲勢力が2/3に迫る勢いです。まだ確定していませんし、届くかどうか微妙ですが、が、もし、そうなったとしたら、歴史的な日になったという人もいるでしょう。本当にそうかもしれませんし、そうでないかもしれません。それは後世の歴史家が決めるでしょう。

 与党がこそくなこと阿漕なことをしていると言う批判もありますが(報道へ圧力をかけて与党へ有利な報道をさせたり、NHKに選挙の報道をほとんどさせなかったり、投票日に自民党の広告が掲載されたり)、果たしてそれは本当に与党有利になったのでしょうか?そんなことで本来野党へ投票するはずだった人が与党に投票したり、興味を失って棄権するのでしょうか?与党のやっていることは問題はあり、批判されるべきですが、批判が「国民はバカだから、与党の工作で与党が有利になった」と聞こえてなりません。それがむしろ、野党から離れる要因になっていないでしょうか?
 改憲勢力が2/3を超えた=安部首相が思う通りの憲法改正が直ちに出来る、ではないでしょう。改憲賛成派の議員といっても様々です。そして改正内容を国民が同意しない限りは否決されます。自分の不利益になる改憲をすんなり受け入れるでしょうか?護憲はは発議されればすぐ改憲と言っていますが、これも国民をバカにしているとしか思えません。

 そもそも、安部首相以下、与党はバカばっかりやっていて自爆ばかりしています。それでも与党が勝つのなら、それは野党へ期待出来ない、野党の方が酷いと思う人が少なくないからでしょう。もしかしたら、国民が本当に右傾化しているのかもしれませんが・・・。いや、野党は安部首相に感謝すべきかもしれません。もし、自民党総裁=首相がもっとまともな人だったら与党の議席はもっと多く、野党はもっと少なかったかもしれませんよ。

 与党、特に安部首相は自分たちが積極的に支持されたと考えるべきではありません。どっちがましか・・・というよりもどっちが酷いかを考えて、野党の方がより酷いと判断しただけでしょう。2現役閣僚落選。しかも、沖縄で沖縄担当相が落選というのは与党が支持された訳では無いということを明確に表しているでしょう。

 直接関係ありませんが同時に行われた鹿児島県知事選挙で現職落選し、原発停止の新人が当選したのも、安倍首相は重く受け止める必要があるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もろもろ続報

 ナイジェル・ファラージ英独立党党首が辞意を表明。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00010000-aptsushinv-eurp
 目的は達成された、職業的政治家にはなりたくない、後は自分の生活を大事にすると。またまた無責任な。だったら、最初から党首になるべきではないでしょう!でたらめをいって離脱に誘導して、面倒くさい実際の離脱手続きや離脱した後の後始末は他人任せですか!ボリス・ジョンソン前ロンドン市長もそうですが、彼はゴーブ法相に裏切られて勝ち目が無くなったという理由があるにはありますが、ひどい話です。
 そのボリスくんは、レッドソムエネルギー閣外相を支持だそうです。あなたにはもう口を出す権利はないですが?その保守党の党首選挙は裏切りものゴーブ法相脱落し、メイ内相とレッドソムエネルギー閣外相の争いでメイ内相が優勢。まあ、離脱派のメイ内相がやりよりもレッドソムエネルギー閣外相がやるのが妥当だとは思いますが。 

 日本の政治の劣化は見るに堪えませんが、海外ももっとひどいです。米大統領選挙もそうですが・・・・。トランプ大統領よりもクリントン大統領の方がましですが、メール事件によりクリントン氏は安全保障にかかわる資格がないことを自ら暴露してしまいました。つまり米大統領の資格がないということを意味します。

 やはりフレアはまいた?
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016070400819&g=pol
 中国側から、Su-30 2機が空自機からレーダー照射を受けて、その後フレアをまいて逃げて行ったと発表したと。中国側は「通常のパトロール」をしていたと主張。中国側が何をしたかは具体的には言っていない訳ですが、いずれにしても、元空将がいう防御装置は「フレア」だったようです。日中両方からそういう話が出てきた訳ですから。
 日本側はロックオンなどはしていないと反論。まあ、「レーダー照射」と「ロックオン」は必ずしも同一ではないですが。位置を探るのにレーダーは使えますし、そうすると照射されることにはなりますね。
 まあ、ともかく、「フレア」は使われたのでしょう。そして、やはり前か後ろかは別にしてやり合いはあったのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のクルマの話題

自動運転で死亡事故
 テスラ モデルSを自動運転モードで走らせていて死亡事故が発生したとのこと。
http://response.jp/article/2016/07/01/277782.html
 この記事からするとトレーラーが急に前に出てきてぶつかっているので、まあ、自動運転でなくても死亡事故になって可能性はありますね。ちょっと不思議なのは白いトレーラーで光の反射で運転者も車もわからなかったとされている点です。テスラはカメラだけなんでしょうか?レーダーやレーザーによる自動ブレーキがあれば回避は無理でも被害をおさえられたと思いますが、さて?
 それよりも驚きは、USではこのレベルの自動運転が既に認められているのですね。クルーズコントロール扱いでしょうか?運転者はDVDを見ていたという報道もありますが。
 なお、死亡者は元・米海軍特殊部隊 SEAL 隊員という話が出ていますが、はっきりしないので、直接引用はしません。

718ケイマンは売れ行き好調
 http://response.jp/article/2016/07/01/277802.html
 ボクスターよりも安くなったせいか、従来、ケイマンは月30台くらいだったのが約3倍になっているとか。ボクスターは約1.5倍だそうで。まあ、新型出たばかりだから、ボクスターは新型効果でしょうね。ケイマンも新型効果が同じ程度あるとしても倍になっていると言えます。
 もっともMY16で価格の逆転は既に起きていたので、値段だけが原因ではないかもしれません。もっともほぼ半々だったというのはMY16のケイマン値段据え置き効果かもしれませんね。それと、まあ、ボクスターに割高感が出て、だったらケイマンという人もいるかもしれませんが、本来、別のジャンルの車ですからね。さて、本当のところはどうでしょう?そういう私もどっちがいいか考えてボクスターを選んだので、まあ、両方検討する人は少なくはないのかな?ああ、そうか、ポルシェのスポーツカーが欲しい、でも、予算が限られるから一番安いのに、という理屈だと従来はボクスター、718だとケイマンになりますね。

 ところで、ポルシェジャパンの社長の苗字変わっていますね。七五三木だそうで、初めて見ました。

MMC軽自動車の生産再開
 測定のし直しで型式取り消しはなく、再開。
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1008251.html
当然ながら、エコカー減税の類の基準から外れたのはあります(対象外になった訳ではないけれど)。型式認定取り消されなかったのは色々裏もあるようですが、前例がなかったというのもありそうですね。地方の雇用を守るという意味もあるにはあるのでしょうが、本当にこれで良かったのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

718ボクスターデビューフェア

 フェイスリフトですが、新型デビューはお祭りなので、行ってきました。お昼時なら空いていると思って行ったら・・・予測的中。空いていました。もっとも試乗車はぶんまわっていましたが(笑)。黄色でした。(^^)070316718testdrive

 ボクスターSが1階に展示されていました。シルバーです。
070316718070316718rearside
オプション満載で904.4万円。(^O^;
タイヤは19インチ。前235/40R19、後265/40R19。
070316718sft070316718srt
銘柄はAdvan Sport。リアフェンダーにモールがついてます。
070316718moul
従来はなかったんですけどね。
 前から見ると余り変わりませんが、リアはがらっと変わりました。
070316718rear
981は寸胴なんですが、982は見た目はリアの方が幅広く、中央部が絞れてみます。でも、これはデザインによるものでしょう。全幅は1825mmになっていますが、これはリアフェンダーのモールの分で、それを除けば981と変わらないでしょう。ラッパはまあちょっとかわったかなあ?
070316718wrappa
内装はベージュ。
070316inte070316718up

 2階にボクスターが展示されていてこちらは黒メタ。
070316718basefront070316718baserearside
タイヤは同じ19インチ。こちらはピレリのP ZERO。
070316718ft070316718rt
併用のようです。どれが来るかは納車されないとわからない、ということですね。ラッパはまたちょっと違うかな?
070316718basewrappa
この車はエンブレムをボクスター無しの718にしていました。
070316718base

 まあ、こんなものかな?後はエンジン含めて、乗ってみないとわからないですね。試乗はそのうち。

 なお、行こうとしたら右前のエアの警告が。
070316tire
あれ?写真は撮り忘れましたが、空気圧の表示は正常。タイヤも見る限り正常。走ってみましたが問題ないので誤検知でしょう。走行中にももう一度表示されました。
070316tire2
で、ついて見てもらったら、全体的にややエアが低かったので入れたのでしばらく様子を見てくださいと。黄色だったら単に基準値を下回っただけだそうですが、赤だと急に下がったことを意味するらしいです。なので、やはり誤検知かなあ?だからTPMは要らない(苦笑)。まあ、再発したら交換かな?

 なお、ようやく3000kmになったので、3000kmの任意の点検をそろそろと思ったら、今年から無くなったそうで(苦笑)。まあ、もう12ヶ月点検だからいいですけどね。

 今日は暑かったですね。しかーし、シートベンチレーションのおかげで平気でした。エアコンの効きがいまいちだなあと思ったのですが、外気温はべらぼうに高かったんですね。外気温計を見ると40.5度(爆)。
07031640c
車から外にでてその暑さに驚きました(苦笑)。987だと背中が熱くてへばっていたことでしょう。つけて良かったシートベンチレーション。(^^)なお、ついでにいうと今日は渋滞やら一般道を走ることが多かったこともあり、今日の燃費は8km/L台に落ち込みました(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピー三郎慣らし運転終了

 今日もバングラディシュでテロ事件も起きてしまい、事件だらけですが・・・ちょっと久しぶりに車の話です。EU離脱騒ぎのせいで書き込むのが遅れましたが先週の金曜日に休暇を取ってピー三郎で走ってきました。

 ただ、残念ながら、雨こそ降っていないものお天気は良いとは言えず、山の上は霧がかかっていました。
06241610624160
NDがやってきてとまったのですが、レカロシートがついています。
0624163
ドライバーが戻ってきてから声をかけたら、RSではなく、NRAでシートを交換してそうです。
0624162
ほう、NRA!どうですか?と聞いたら、硬めなので路面が悪いとややがたがたするそうですが、良く曲がって良いとのこと。なるほど、いいなあ、これ。しばらく話し込みましたが、和歌山から来たそうです。はっきり聞きませんでしたが仕事の関係で時々こっちにくることがあるような感じでした(単に休暇できただけかもしれませんが)。木曜日は富士山にいってひどい霧だったと。いやあ、この季節は霧が多いのですよというと知らなかったと(苦笑)。なお、同世代とおぼしき男性でした。

 その後はしばらく走りましたがお天気が悪いので、引き上げました(で、帰りにEU離脱派勝利を知って茫然としたのですが)。それでも、ボクスターの慣らし運転がようやく終わりました。納車されてから8ヶ月弱かかったので、過去最長です(苦笑)。最短は一ヶ月未満ですから、えらい差です。まあ、今時の車なので余り気にしなくても平気だとは思いますが、一応マニュアルにも3000km位までは控えめにとあるので従いました。
 写真はちょうどとまれなかったので3001kmになってしまいましたが。
0624163001

 慣らしが終わった後、踏んで上まで回してみました。ちょっと不思議なことが起きました。まず、上り坂でアクセル踏み込んでみましたが、頭で思っていたほどは加速しません。普通に走っている時にそれほどアクセルを踏まない状態でもすいすい走っていくのですが(十分トルクが出ている)、そこから踏み込んでも余り変わりません。もちろん、それまでよりは加速しますが、ちょっと踏んだ程度であれだけ走るのなら、踏み込めばもっと、こう、ぐっとトルクが出てきて加速しそうなものですが、そうではありません。正直パワー不足を感じます。ですが、そのまま回転が上がると上でパワーが出てきます。ということはトルクはちゃんと出ていて回転が上昇して理屈通りパワー(馬力)が出ているということです。何故でしょう?大人しく走っている時には中低速トルクは十分に思えたのにアクセル踏み込んだら不足しているように感じます。991ターボと似ていますね。このスペックなら踏めばこうなるだろうという想像よりもパワーが出ないので、なんだか遅く感じてしまいます。
 ところが回転が上がると今度は逆に突然パワーが出てくる感じがします。ケイマンと比べると上での伸びは抑えられているはずのボクスターですが、それは感じません。同じようにアクセル踏んでいても高回転になると急にパワーが出てきて加速していく感じがします。まるで高回転型エンジン。2ZZに近いですが、2ZZは中低速でもトルクは十分でした(ただし、エリーゼで車はボクスターよりはるかに軽い)。うーん、どっかんNA?そんな言葉はないぞ(笑)。
 スポーツモードも試してみました。PASMはついていないので、スロットル特性とスタビリティコントロールの制御が変わる程度ですが、これが結構違います。今度は中速からちゃんとトルクが感じられ、上でだけパワーが出るのではなく、その手前からちゃんとパワーが出てくる感じがします。これなら期待通りです。それでもやはり高回転でのパワーがより出てくる感じがします。スペック上はトルクは落ちていくはずなんですが、体感的には上で更にトルクがでてきている感じがします。
 踏んで走るのなら、スポーツモードの方が自然で走りやすいです。普通に考えるとスポーツモードだとちょっとアクセル踏んだだけでがばっとスロットルが開く感じですが、これはもしかするとノーマルモードは燃費対策で(エコモードなどは無いので)、アクセルを踏み込んでもどこかで制限されて余りスロットルが開かないのかもしれません。で、回転が上がればそれに応じてパワーが出てくるし、またある程度以上の高回転だとその制限が解除されているのではないでしょうか?そうであれば、スポーツモードは自然でノーマルモードは不自然というのは理解出来ます。
 987はピー太郎もピー次郎もそういう感じはなく自然でした。カタログスペック通り、パワーはピー三郎の方が上だと思います(最大パワーを発揮する高回転領域においては)。なので、スペック通り、987よりも高回転型エンジンになって上で伸びるようになったということでしょう。ケイマンならまだ伸びるということですね。

 まあ、パワーがなんか足らない、思ったほどトルクが出ないと感じるといってもノーマルモードでも十分速いですけどね。ギヤ比が比較的高いので(最近、ギヤ比が明記されていないので回転と速度から推測するしかないですが)、お山で走っているとずっと2速に入れたままです。3速には入りません。まあ、これは5速ミッションだった987も同じですが。1速でレブリミットまで回して70km/h程度まで伸びますので、一般道ではレブリミットまで回せません(合法的には)。高速道路ですら2速でレブリミットまで回せないギヤ比です(125km/hを超える)。6速なんだから、もう少し2速、3速低くてもいいいと思いますが、まあ、アウトバーン用のギヤ比なんでしょうね。2速でAWの3速に近いギヤ比ですが。AWは2速レブリミットで100km/h弱、3速で約135km/hです。

 音ですが、普通に走ってちょっと踏みこんだらなかなか良い音がすると述べてきましたが、じゃあ、踏んで上まで回したらどうなるか?悪い音ではないのですけれど、普通です。いや、6気筒の水平対向エンジンらしい音はします。ただ、中低速での音の演出が無くなり、素の音になるように思います。言い換えると、良い音の演出は中低速用なのでしょう。普通に走って3速で(回転を上げず)ちょっと踏み込んだ時になかなか良い感じなので、まあ、普通に走るのはこれが正解なのでしょうね。前述のようにギヤ比が高いので高回転の音を楽しむのは難しいです。

 なお、回していたら油温は116度位まで上がりました。油温計はついていると良いですが、反面、心臓に悪いですね(笑)。

  コーナー自体は同じ。ステアリングを切ったらそのまま曲がっていきます。良く曲がりますが、面白味がないと言えなくもありません。ただ、ちょっと不思議なことにノーマルモードで走っていたら何故か車の動きが大きい気がしました。スポーツモードだと落ち着きましたが。PASMがないので、滑り出さない限り、挙動は変わらないはずなのですが、何故でしょう?まあ、段々慣れて負荷はあがっていったので、そのせいかなあ。987もゆっくり走っていた砲が

 後、やっぱり直線は速いので上りでも結構ブレーキ踏みます。こんな走りばかりしていたらブレーキパッドががんがん減りそうです。ま、年に大した距離走らないのでパッドは当分もちますが。

 ただ、現状、踏み切れないこともあり、多分、同じコースをMR-Sで走った方が速く走れそうです。車の性能ははるかに上ですが、その性能を使い切れないので。予想通りですが、サーキットにでもいかないと駄目ですね。それも日光位だとまだ狭くて、筑波位でないと駄目かも・・・。
 だから、楽しいのはMR-S位まで。エリーゼでもちょっと速すぎますからね。S1は?さて、今更ABS無しで走れるでしょうか?ちょっと自信ないです(苦笑)。ああ、例のS1はまだ残っているようですね。あっちの方が好きですが・・・・やはり、今は無理です、残念ながら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フレアだった?

 今朝の読売新聞の朝刊一面に中国機へのスクランブルが増加という記事があります。
web版
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160630-OYT1T50171.html
には触れられていませんが、朝刊では最後の部分に先日に事件(6月17日)についても触れられています。政府関係者によると複数回お互いが正面から向かい合う形になり、危険を感じた空自機がフレアを放出して離脱したと。うーむ、ECMではなく、本当にフレア?後ろの取り合いではなく、正面から突っ込んできてすれ違ってまた突っ込んできてというのを繰り返した?でも、それだったら、ミサイル攻撃の可能性は低いし、フレアをまく必要はないでしょうが・・・そういう状況なので、離脱する際に怖くなって・・・・言い方が悪いかもしれませんね、リスクを感じてにしておきましょうか、フレアをまいたということでしょうか?更に防衛省幹部によるとこうした事案は過去にも複数回起きていると。おいおいスクランブルした機がフレアまいて離脱したことが過去にあるの?それで「今回は特異な行動とは判断していない」といえるの?。

 時事通信は後ろを取り合って、ECM効かせて離脱と報道しています。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062900660&g=pol
 どれが正しいのかはわかりません。お互いのソースである政府関係者が異なっているのではないでしょうか?その人物がどれだけ正確に知っているかわかりません。聞き方によっても答えが違うかもしれませんね。「防御装置を作動させたというのはフレアを散布したということでしょうか?」「まあ、そいうことがあったと聞いている」、「防御装置を作動させたというのはECMでジャミングかけたということでしょうか?」「まあ、そいうことがあったと聞いている」というやり取りが「政府関係者」とあったら、記者の聞き方により答えが変わってしまいます。聞かれた人は「防御装置」が何かわかっていないこともあります。

 いずれにしても、正式に政府なり防衛省から詳細な状況が発表されないと確定はしないでしょう。とはいえ、何かしら、やりあったのは事実なのでしょう。前からなのか、後ろからなのかは別にして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »