« 982 | トップページ | フィエスタ1000km点検終了:補足 »

フィエスタ1000km点検終了

 ようやく最初の点検終了。一ヶ月または1000kmの点検ですが、納車されてから二ヶ月半、3300kmで点検になってしまいました。(^O^;担当営業氏がぼけで案内が遅かったためです。一ヶ月点検があるメーカーと無いメーカーがあるのでどっちだっけけ?まあ案内あるかと気にしていなかった我が家にも問題はありましたけれど、二ヶ月経過して一ヶ月点検お案内はがきを寄越すかあ?電話も無し。更にいうとその案内はがきの宛先名は私。相方の車なんですけど?契約書の名前も名義も相方なんですけれど?ふざけていません?
 という訳で、ぶちきれた我が家は旧フォード現プジョー店にいる前担当営業氏に連絡してそっちに持って行きました。秋以降、実際に点検整備はプジョーの店舗でやることになるそうですし、元々フォード車の整備もやってくれていましたし。現担当営業氏は問題が多すぎて今回のことで愛想が尽きました。もう顔も見たくもありません。フォードの看板が出ている間にもう一度位行っておきたいとは思いますが・・・前を通るだけになるかも。
 点検そのものは何も異常はなく、エンジンオイルとエレメント交換しておしまい。その間に前担当営業氏に色々不満をぶちまけ。その中の一つに燃料タンクいったいどれ位?と質問して回答が無かった(はぐらかせされた)というのがありました。これは42Lタンクなのに37L給油出来ても警告が出なかったり、出た直後に給油して37Lだったりしてなんか変だよなあと思って質問したのに明確な回答はないし、調べて答えますともってくれなかったのです。そういう話をしたら、もうプジョー営業なのに後で電話をくれて、42Lだけれど、走行可能距離60kmで警告が出る、だからそれまでの燃費により警告が出るタイミングが違うというのをわざわざ調べて教えてくれました。さすが!

 さて、フィエスタの感想のまとめです。乗り心地は良好です。リアはトーションビームですが、それを感じることはほとんどありません。やたら路面が荒れていてしかも左右で違うような時位です。ただし、タイヤの薄さと硬さは感じます。まあ、195/45R16のスポーツ系タイヤなので仕方ないでそう。総じて、フォーカス1には負けますが、我が家では総合的に見て最良です、現在新車で購入出来る車でフィエスタを超える乗り心地の車はどれだけであるでしょう?GSだけかも?
 エンジンも性能は十分です。普段は2000回転でシフトアップしています(それ以下だとシフトアップ出来ない)。音もなかなか良いです。回すとポルシェっぽい音なんですよね。何度か書いたよう水平対向6気筒の片バンクみたいなものですから音質が似ているのは不思議ありません。引っ張ってみたら、レッドゾーンは6500からですが、6200から6300位でシフトアップしてしまいます。Sモードでマニュアルモードなんですけどね。まあ、仕方ないかな?例の変速スイッチは残念ながら?慣れました。最初は自作パドルでもつけるかと思っていましたが・・。燃費は街乗りだけだと10km/L位。高速巡航だと一気に伸びます。高速巡航だけなら18km/L位はいくでしょう。現代の車としては特別良くはないと思いますが、アイドリングストップがなく、またアイドル回転数が1200回転位と高いというのもあるでしょう。でも、我が家では画期的に良いです。
 ハンドリングも良好です。ま、フォードですから。(^^)そこらのスポーツカーは蹴散らしていけます。そのうち「お山」に連れて行って、そういう走りをしたどうなるかを試して見ましょう。ブレーキは並です。フォーカス1はえらくフィーリングが良かったですが、それと比べると普通です。リアがドラムなのは現段階では問題を感じません。リアホイールが汚れなくて良い位です。
 シートは座り方が悪いといまいちなのですが、キチンと座れば体も動かず疲れません。フロントガラスの熱線は便利です。エアコンの効きは良好ですが、左右独立ではないので、相方が寒い、私が暑い時にはちょっと悩みます。まあ、これはBセグなので仕方ないでしょう。ガイド付きのバックカメラも便利ですし、パーキングセンサーもついているのでいいですね。
 総じて素晴らしく、車で出かける時には基本的にはフィエスタです。3月20日に納車されたので二ヶ月半で3300km。大阪往復を除いても二ヶ月半で2200kmだから、ペースは結構速いですね。何せ、万能でとりあえずフィエスタになってしまいます。フォード撤退で仮に乗り換えるとしても下取りなんか気にする必要もない(元々我が家は気にしないけれど)ので過走行も怖くないです。おかげでクーガの出番がめっきり減っています。義父を乗せたらアシストグリップがないことを除けば不満も出ませんでしたし。

 問題点が無い訳ではないです。まずはタイヤのロードノイズ。路面にもよりますが、うるさいです。これはタイヤの問題でしょう。最大の問題はステアフィールです。フォードらしくなく、いまいち。ぐにゃっとしていてフォーカス1やクーガからかなり落ちます。まあ、電動パワステのせいもあるでしょうし、タイヤの影響もあるかもしれません。それから長時間高速巡航すると腕が疲れました。タイヤの影響もあるかもしれませんが、広義の意味ではこれもステアフィールの問題に属するでしょう。DCTのため時々ぎくしゃくします。例えば、信号が赤なので停止しようとしてとまったと思ったら青になって発進しょうとするとクラッチのつなぎが変です。また、アクセルオンでスムーズに発進出来ない時もあります。ただ、もしかするとミッションではなく、エンジンかもしれません。ほぼ無敵のエコブーストですが、回転落ちは余り良くありません。また、シフトダウンしてのエンジンブレーキが余り効きません。ま、ルーテシアが4ATで回転差が大きく、やたら良く効いたというのもあるでしょう。後は既に述べたようにスポイラーに水が溜まります(苦笑)。それとちらっと書きましたが、アシストグリップがついていません。ルーテシアにはあったのでこれは数少ないルーテシアに劣る点ですね。義父の乗り降りや乗っている時につかまれるのであった方が良いです。些細な点ですが、同時に表示させられる情報が少ないです。ODOとトリップは同時に表示出来ませんし、外気温も燃費やらと切り替えるしかありません。これもまあBセグのせいかな?

 細かい点を除けば難点はステアフィールとタイヤだけ。タイヤを交換したら両方とも解消するかもしれません。ああ、後、自動ブレーキがついていますが作動したことはありません。VWのなんかだと試乗していてちょっと前の車に接近すると警告ブザーがなりましたがそういうこともありません。ちゃんと機能しているのか不安になる位です(苦笑)。
 相方は気にいていて、トゥインゴが出ても乗り換えはなさそうです。ほぼ万能なので壊れて走れなくならない限り、乗り換えは無いかもしれません。ああ、そういう意味では、クーガの仕事を奪ってしまったのが最大の問題かもしれませんね(笑)。

|

« 982 | トップページ | フィエスタ1000km点検終了:補足 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィエスタ1000km点検終了:

« 982 | トップページ | フィエスタ1000km点検終了:補足 »