« マセラティ レヴァンテ | トップページ | パインの火事 »

アルピナD3とB3試乗

 土曜日は相方が同僚の結婚式に参列したので送っていって昼間は都内でうろうろしていました(で、相方を拾って帰りにレヴァンテを見て帰ったのですが)。青山にアルピナのディーラーがあるので行ってみました。

Alpinashop
中に入るのは初めてです。駐車場の入り口がかなりきつい坂で、バックで入れたら苦戦してしまいました。
Alpina
サイドブレーキがあればなんら問題ないのですけれど、どうにもサイドブレーキがないマニュアルは。ヒルホールド機能はあるものの、うまく使えないのですよね。
 さて、中はB3のツーリングとB6が展示されていましたが、当然見るのはB3です。
Alpinab3Alpinab3rear

と言っても、3シリーズのワゴンと見た目はそう変わりません。フロントバンパー回りが冷却重視だとかで変わっているの、当然、あちこちにALPINAと書かれていること位です。しかし、エンジンは3LのN55をツインターボ化し、トランスミッションも700Nmに対応しているものになっています。301kW=410PS、600Nm。
 タイヤはミシュランのパイロットスーパースポーツ。前245/30ZR20、後265/30ZR20。
Aplipnab3ftAplipnab3rt
うへ。薄い。(^^;ブレーキは前4ポット、後2ポット。意外にもドリルドローターではありません。サスペンションも変わっていますけれど、それは見た目じゃわかりません。ホイールにバルブはなく、ホイール・センターキャップの奥についています。これはアルピナでしか見たことありません。バランスは良いとは思いますが、ホイールのスポークの中に空気が通り経路があるのでどうなんでしょうね?
 B3はレザーシート、ウッドパネル付き。パドルはありませんが、ステアリングの裏に変速スイッチがついています。これはこれで使いやすいです。製造ナンバーのプレートもついています。
 さて、営業氏と会話していて、B3とD3を比較試乗してみたはと提案されたので乗せてもらいました。D3が外に出ていたので先にD3からです。D3とB3の違いはまずはエンジン。当然、ディーゼルで3L直六。257kW=350PS、700Nm!ディーゼルで350Psって、なんじゃそれ。シートはファブリックとレザーのコンビシート。そしてタイヤは前245/35ZR19、後265/35ZR19のパイロットスポーツ2。

Aplipnad3ftAplipnad3rt
レブリミットはメーター上で5200回転かな?
Aplipnad3meterAlpinad3plate
ディーゼルなのでこんなものでしょうか。
 エンジン音は外で聞いているとやはりディーゼルですね。乗り込みとまあ3シリーズと同じです。中でもやはりディーゼルの音ですね。さて、発進。うぉ!35の19インチタイヤでこれ?凄いわ、これ。乗り心地が素晴らしいです。もちろん、この辺の道路は路面は悪くはないのですけれど、とはいえ、決して柔らかくない脚に19インチタイヤでこの乗り心地は。ああ、M4と同様にコンフォート、スポーツ、スポーツプラスの選択が出来ます。エンジン・ミッションとサスペンション(ダンパー)はやろうと思えば別々に設定出来ます。コンフォートの方が動きが大きくて、スポーツの方が結果的には快適な気がします。試乗コースの途中にマンホールがいくつかありましたが、あえて踏んでみたものの何も起きません。後半、ダンダンダンの対策舗装が施されている部分があり、ここではさすがに突き上げられますが、うまく吸収されすぐに収束します。いやいや、素晴らしい。
 エンジンは十分な動力性能・・・って当たり前ですね。じわっと軽く踏んでいるだけで当然十分で、踏んでみると突進します。低いギヤで回してみましたが、高回転(といっても4000位)まで回すと結構良い音がします。普通は2000回転未満でシフトアップしましたが。低いギヤだとさすがにディーゼルっぽいですけれど。
 ステアリングのシフトスイッチは見た目はしょぼい(失礼)ですが、操作性は悪くないです。別にパドルじゃなくてもいいです。ただし、ステアフィールだけはいまいちです。パワステは軽いですし、フィードバックも余り感じられません。問題はそこだけですね。

 戻って今度はB3です。
Alpinaplate
レザーシートで30の20インチ(苦笑)。エンジンは全然違いますね。当然、静かですし、やっぱりガソリンエンジンが良いです。走り出すと・・・おや、意外と平気。というか平気?おっと。アルピナマジック!?マンホールをまた踏んでみますが、タイヤが薄い分ややきついですが、その程度。コンフォートとスポーツはやはりコンフォートの方が動きが出ますね。ただ、さすがにスポーツだと突き上げは強めですね。対策塗装部分は20インチだとさすがにきついかな?でも、30の20インチタイヤとは思えませんね。D3と比べると乗り心地はD3の方が良いですが、B3でも普通に乗る分には問題ないでしょう。いやはや凄い。
 さて、エンジンですが、これまたじわっと軽く踏んでいるだけで十分です。ただ、同じように走ったらD3よりもB3の方が速い(トルクが出ている)気がします。そして低いギヤで踏んでみたらいやあ六発らしい良い音ですね。そして、踏んだ突進は同じ。やはりD3よりもB3の方が速く感じますね。M4と比べたら?レブリミットはB3の方が低いものの音はB3の方が良い気がします。降りてから少し体に来ていたので、B3+スポーツはやはりちょっと硬かったようです。それでもM4よりは良いかな?ただ、試乗コースが違うので本当にM4よりも乗り心地が良いとは言い切れません。でも、印象だとM4には感動を覚えませんでしたが、B3/D3は走り出してすぐに感動を覚えましたから。

 いやいや、凄いです。確かに高いです。右ハンドルのリムジン、B3で1127万円、D3で1027万円は高いです。M4のDCTで1126万円。ほぼ同じです。ですが、MTが選べることを除いたら、B3の方が良いです。B3のこの出来ならこの値段は納得出来ます。ぼったくりかもしれませんが、納得してぼたくられることが出来ます。ただ、乗り心地シートを考えるとD3の方が良いのですよね。でも、エンジンはやはりB3。B3でD3と同じ仕様があれば最良。いや、出来たら、18インチにしたいですが、入らないかな?お金の問題は別にして、実際に買うのなら、D3かなあ。まあ、B3買ってタイヤホイールを19インチに交換という手もあるか。どうせ高いんだから(笑)。

 いやいや、アルピナはアルピナでした。(^^)

|

« マセラティ レヴァンテ | トップページ | パインの火事 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルピナD3とB3試乗:

« マセラティ レヴァンテ | トップページ | パインの火事 »