« フィエスタその後 | トップページ | 資本主義の極意 »

クーガ vs Q3

 時間が取れたのでアウディにQ3を見に行ってきました。展示車は1.4LターボのFFでした。
Q3
青メタリックはなかなか良い色なんですが、現行モデルではこれ以外、我が家で買える色がありません(苦笑)。もし、クーガをQ3に乗り換えたら、青メタ系の車が二台並んでしまいますので、まず減点1です。ま、白黒赤銀だけよりはましですが。下側のいんちきグリル風樹脂パーツは嫌ですね。ついでにいえば出口だけ二本出しマフラーも。ま、これはクーガにもあるし、クーガなんか意味のない左右二本出しなので人のことは言えませんが。
 前席シートはまずまず。内装は典型的なアウディというところでしょうか?質感は低くはないのですが、反面、どれも余り変わらない印象を受けます。なので、結果的に一番安いA1の質感が相対的に高く感じますね(Bセグの他の車と比較した際に)。Q3のメーターはまだアナログです。TT以降(A4/Q7)はLCDパネルにアナログ風メーターが表示されるようになっていますが。
 残念ながら1.4Lターボにはパドルはありません。2LターボのクワトロにS lineパッケージをつけないとパドルは設定されません。パドル位標準装備にしてくれればいいのね。更に言うと結構色々なものがオプションでした。FFだとマニュアルエアコンです。クルーズコントロールはクワトロでもセットオプション。自動ブレーキ(設定がまったくないみたい)の類もついていません。VWだと装備満載ですが、高い(よりプレミアムな)アウディだとオプションになる装備が増えます。ま、ご存じの通り、更にプレミアムなブランドであるポルシェになるともっと標準装備が減りますが(笑)。
 我が家的に欲しい装備は、オートライト、クルコン、シートヒーター、リアパーパーキングソナー(またはリアカメラ)、パドル、左右独立エアコンですが、オートライトは標準ですが、クルコンはオプション!(ポルシェじゃないのに!!!)、FFだとパドルと左右独立エアコンは選べませんので、クワトロ+オプションになってしまいます。更にシートヒーターはレザーパッケージに含まれていますが、これはS lineパッケージと排他オプションです(苦笑)。S lineパッケージを選ぶとパドルの他にハーフレザーのシート、タイヤが235/55R17から235/50R18へ薄くなり、スポーツサスペンションと他にかざりがいくつかついてきます。パドル以外要りません。この辺の装備の話は試乗した後に気が付いたのですが、ちょっとなえますねえ。 まあ、ともかく、それは車そのものの良し悪しとはまた別の話です。乗り味が良ければ装備は後で考えれば(お財布と相談して)良いですから。 
 話を戻して、後部座席は広さは十分。FFだと後部座席用のエアコンの吹き出し口はありません。座席も悪くはないですし、クーガほどではないですが、後部座席は高めになっていて見晴らしも悪くはありません。乗り降りはクーガよりも低いので、義父も踏み台無しでも出来るでしょう。トランクは十分な広さがあります。スペアタイヤはありません。オプションで電動で開閉出来ます。

 試乗させてもらいました。試乗車は1.4LターボのFF。タイヤは235/55R17 Dunlop SPORTMAXXでした。
Q3ffft
シートは手動式です。ポジションはまあまあ。視界もまあまあ。パドルはありませんから、シフトレバーで変速しますが、残念ながら押してシフトアップです。
 エンジンはVW系お馴染みの1.4Lターボですが、アイドリングでゴルフと比べるとややうるさい気がします。何故でしょう?エンジンの型式を見るとCZDで、ゴルフはCPT。気筒休止も無いので、最新の1.4Lターボではなく、一世代前のようです。そういえば、展示されていた車の中でこのQ3だけがアクセルペダルがオルガン式でした。ゴルフ6時代のプラットフォームということでしょうか?MBQって、吊り下げ式になったのだったかなあ?
 まあ、ともかく、さて、発進。FFなので1470kgとゴルフやA3と比べれば重たいもののクワトロと比べると150kg軽量ですので、1.4Lターボでも問題なく普通にするっと走り出します。トランスミッションは6速DSG。ミッションはVWよりも普通(トルコンっぽい)ですが、SUVだから設定変えているのかもしれません。
 動力性能に不満はありませんが、音はいまいちです。まあ、音だけは1.2Lの方が良かったですからね。というか、ゴルフ6の1.2L(ポロのマイナー前のエンジンも)だけがエンジン音が良かったというべきかもしれません。別に際立ってうるさいとか目障りという訳では無く、「エンジン音が良い」と感じるものではないということですが。ただ、ゴルフと比べて全体的にうるさい気がするのは何故でしょうね?こっちの方が対策(防音、吸音)施されていそうなものですが。
 問題の乗り心地ですが、はっきり言えばいまいちです。硬いというか、どたばたしています。収まりも良いとは思えません。まあ、SUV系はこういう風になりがちで、それは仕方ないとは思いますが、乗り心地が良いと評価出来るものではありません。この手の車としては、普通、でしょうか?降りてから体が疲れたとか腰が痛いとか気持ち悪いとかそういうことはありませんが。もちろん、SUV乗り心地最強のイヴォークとは比べものになりませんし、クーガにも劣るでしょう。X1の4WDと似たようなものでしょうか?あっちの試乗コースの方が路面が悪いので直接比較しにくいですが。シートそのものは良かったと思います。
 パワステは妙に軽く、ステアフィールはスカスカです。クーガとは比べものになりません。全体的に車が軽いのですが、これは軽快という意味ではなく、なんかスカスカした感じです。重厚感は感じられません。ドアの開け閉めは、どしっとして「バム」と閉まりますけれど。ボディ剛感?うーん、印象に残っていないです。街中をそれほど速度上げずに走っただけなので、よくわからないというのもありますが、ボディが強い!という感じもしません。
 悪い意味で、「車高を上げた普通のCセグハッチバック」でしょうか?この車の成り立ちそのものですが(苦笑)。まあ、でも、クーガ含めて、ライバルもほとんどそういう成り立ちですね。例外はイヴォーク位かな?装備の話は別にして駄目なところはないのですが、この車でなければならない、この車が欲しい、と思う部分がありません。X1の4WDに似ていますが、比較すると・・・うーん、X1の方がまだいいかなあ?
 ああ、Q3は最小回転半径が5.7mで、クーガの5.8mと余り変わりません。小回り効かないのがクーガの弱点の一つなのでその点でもQ3は不利ですね。

 時間も無くなったのでとりあえず検討しますと伝えて帰りました(土曜日)。クーガの査定をさせて欲しいので、次回は是非クーガで来てください、奥様もご一緒にと言われました。この辺はこの営業氏良いですね。売る気があるんだかないんだかわからない営業も良く見かけますが。
 帰ったら、試乗した時に上着を脱いでそのまま試乗車の中に忘れてきたことを思い出しました。それで連絡して翌日(日曜日)の夕方に取りに行きました。1時間位は時間とれたので、一応、査定するだけしてもらおうかなと思ってクーガで行ってきました。
 あいにく担当営業氏は先客対応中で別の人が査定してくれて、しばらく他の車を色々見たりしていたら、店長が出てきて、お待たせしています、Q3はいかがでしたかとか話しかけてくれました。良いですね、この販売店。その時に聞いたのですが、VWと比べるとアウディは影響は少ないそうです。この販売店は昨年秋にVWスキャンダル発覚後にオープンしたのですが、店長は直前までVWの販売店にいたそうで、かなりひどい状態だったとか。(^^;一般のお客だとVWとアウディが同じとは気がつかない(特に考えない)ことも多いのだそうです。それで、試乗しますかというので比較のためにQ3のクワトロをお願いしました。
 あいにく試乗車が無くて(前日、営業氏はあるようなことを言っていたので出払っていたのかも)、認定中古車であるのでそれを是非試乗してみてくださいと、というので、乗せてもらいました。今度はS lineパッケージ。タイヤはタイヤは235/50R18 BRIDGESTONE DUELER H/P SPORT。
Q34wdft
走行距離は2.5万kmほどでしたが、タイヤ途中で交換されたのかそれほど劣化していませんでした。
 同乗は別の営業氏です。今度はパドルがついていますので、パドルを操作して発進。あれ?なんか1.4Lと体感的には変わりませんね。
 1.4L:1470kg、150ps、250Nm:9.8kg/ps、5.9kg/Nm
 2.0L(180):1620kg、180ps、320Nm:9kg/ps、5.1kg/Nm
あー、なんだ、数字通りだ。クワトロは150kg重たいので、馬力荷重、トルク荷重はFFとそれほど変わらないのですね。一番高い220馬力モデルだと
 2.0L(220):1620kg、220ps、350Nm:7.4kg/ps、4.6kg/Nm
だから、まあ、それなりに余裕は出るかな?まあ、クーガも180馬力のQ3とほぼ同じですが。
 アイドリング含めてやっぱり音量が大きめ。まあ、こっちは2.5万km走っている車なのでその辺も考慮しないといけませんが、静粛性という観点ではQ3は特別優れている印象は受けません。
 乗り心地はFFよりは良いように思います。やや硬さを感じますが、タイヤの薄さは感じません。まあ、薄いといっても235の50ですからね。クーガと同じタイヤです。絶対的な厚みはあります。この乗り心地の差は何によるものかは判断尽きません。FFに対して4WDで(普通は乗り心地悪化)、150kg重く(乗り心地良くなることが多い)、タイヤ薄くなり(普通は悪化)、スポーツサスペンション(状況による)と違いが余りに多いので、どのせいか(複数あるかも)は素人には街中で試乗した位ではわかりません。S lineでなければ、駆動方式と車重だけの違いですからまだ判別出来たかもしれませんが。じゃあ、素晴らしく良いのかというと、あくまでQ3の中ではFFよりもこっちの方が良い、という程度です。極端な差はありません。
 そうそう VWだとトルク容量が小さい乾式は7速で、大きい湿式は6速なんですが、Q3は1.4Lが6速、2Lが7速です。湿式かどうかは聞いてみましたが同乗の営業氏は知りませんでした。なあ、トルク考えたら、湿式だと思いますが。これもFF同様にトルコンっぽい感じでした。
 シートはS lineなのでスポーティな仕立て。これは良かったですが、FFのシートでも問題はないです。X1のノーマルとMスポほどの差はありません。ステアリングはFF同様に軽くてスカスカ。
 車が実際重くなっていることもあり、全体としてFFほどスカスカしてはいませんし、比較すればクワトロの方が印象は良いです。これはX1と逆ですね。まあ、S lineの評価が難しいですが、値段は忘れれば、クワトロ+S lineがQ3では一番良いのかもしれません。パドルも付きますし。ただ、あくまでQ3としては、ですが。それから最低地上高さは170mmですが、S lineだと150mmになってしまいます(苦笑)。クーガは確認したら180mmでしたが、あれ?200mm位ありそうな気がしましたが・・・でっぱりがあるのかな?
 という訳で、仮にクワトロであっても、乗り味では、クーガ圧勝です(苦笑)。Q3が勝るのはパドル位。ああ、多分、空調はQ3圧勝で、燃費も上かな?でも、乗りたい、走らせたいのはクーガです。Q3だと本当に単なる実用車に過ぎません。

 担当営業氏の先客対応長引いて、私も時間切れだったので少ししか会話出来ませんでしたが、現段階でクーガをQ3に乗り換えることはないですとはっきり伝えました。この人、この販売店は良いところなのでここで車を買いたいとは思いますが、現状、欲しい車がありません。S1はちょっと興味ありますが、ボクスターから乗り換える車ではないし、フィエスタが来ましたからね。TTはあり得ないし。残念です。なお、査定は100-110万ということでした(笑)。そんなのにめげたりショックを受けていたらフォードには乗れません(ルノーもか?)。(^O^)

 という訳で、クーガが圧勝です。

 クーガvsシリーズ、現段階では唯一イヴォークが対抗出来るだけで、後は皆クーガに勝てませんね。X1のFFは良いのですが、クーガを置き換える車ではありません。Q3よりは楽しいので「欲しい」という気持ちはありますが。

 車検切れまでもう一ヶ月切りました。この分だとやっぱりクーガ継続だろうなあ。というか、もしかすると我が家は乗り換えられない車が3台になってしまったかもしれません(苦笑)。一応、クーガvsシリーズはまだ続きます。

|

« フィエスタその後 | トップページ | 資本主義の極意 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クーガ vs Q3:

« フィエスタその後 | トップページ | 資本主義の極意 »