« クーガとフィエスタ近況 | トップページ | 国体の本義 »

森野恭行氏の事故

 昨日、ターンパイクで、自動車評論家の森野恭行氏がポルシェで事故死したというニュースに接しました。時々記事を読んだことはありますが、特別な印象は残っていません。信頼している何人かの自動車評論家の1人ではなく、また逆に駄目認定(色々な意味で)している評論家でもありません。原因はなんであれ、ご冥福をお祈りいたします。

 911GT3のようです。出版社から借りてとありますが、出版社がGT3を所有している可能性は低いのでどこかの雑誌か何かの取材で出版社が借りた広報車に乗っていたのでしょうね・・・・と思ったのですが、
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160412-00000013-jnn-soci
 これを見ると、997のようですね。だとすると広報車ではないのでしょう。中古車か誰かからの借り物か。それはわかりませんが。
 事故原因については、断定出来る情報はありませんので、「わかりません」としか言えません。下りでアウト側にはらんでガードレールにぶつかって跳ね返ってイン側に木に激突したそうですが、それは必ずしも「無謀運転」が根本原因であることを意味しません。

 最初に示したニュース動画で現場を見ましたが、左コーナーと言っても直線に近く見えましたが、
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160412-00000013-ann-soci
 こっちを見るとどうやら最初のは向きが悪くて、逆から撮影していたようです。これならコーナーの出口ではらんでいますね。ただ、「思ったよりも道路の曲率が低くて曲がりきれなかった・減速が足らなかった」とは必ずしも言い切れません。自動車評論家ならターンパイクは走り慣れているでしょう。無茶したのだとしても、あの曲率で電子制御満載の今時の車(GT3だし、PSMを解除して乗っていたかもしれませんが)でそこまで飛び出すのってのは相当の無茶をしたということを意味します。手前で何か起きたのかもしれません。例えば、タイヤに問題が生じたとか。また車両そのものに不具合が生じた可能性もありますし、運転手に何かがあって操作不能になった(心臓発作を起こしたなど。実際、大阪で歩道に突っ込んだ事故など事例はいくらでもありますあります。)可能性もあります。もちろん、操作ミスの可能性も十分あります。

 いずれにしても私には森野恭行氏の技量はわかりませんし(ただ、下りで踏めるということはそれなりのレベルのはずです。単に無謀なだけなら50歳代になる前に死んでいることでしょう。)より正確な状況もわかりませんので判断はしませんが、警察的には他に明確な原因が見つけられなければ、速度超過で運転操作を誤っての事故ということにはなるでしょう。制限速度を超えていたのは明らかですから(50km/hだったかな?それで飛び出して死ぬほど今の車は柔じゃないですから)、速度超過が原因の一つなのはそれはそれで間違いではないでしょう。死亡事故に至った原因は速度超過なのは明らかです。最初のURLの動画を見ると右側はそれなりに原型をとどめていますが、左側はぐちゃぐちゃ。ロールバーも見えますのでGT3RS?それでこれですからね。相当な速度だったのは明らかです。ただ、事故そのものの発生原因は速度超過とは限らないと言いたいだけです。

 評論家の先生が車ぶつけたとかサーキットでコースアウトして廃車にしたとかそういう話は時々漏れ聞きますが、事故死したと聞いたのは記憶している範囲内では私は初めてです。無茶する人も少なくないようないので、これまで起きなかったのが不思議な位ですが(繰り返しになりますが、森野恭行氏が無茶したかどうかは私にはわからないので判断はしません)。
 ターンパイクは平日、休暇をとって遊びに行くとメーカー主催の試乗会や媒体の取材・試乗を良くやっています。大人しく制限速度を守って走っているのは見たことありませんね。もっとも「暴走」レベルの走りをしているのも直接見たことはありません。警察からすると十分「暴走」かもしれませんが(苦笑)。
 さすがに死亡事故が起きたとなると何かしらの規制が入る可能性はありますね。まあ、ターンパイクでの死亡事故自体は珍しくないと言えば言い過ぎでしょうが、時々起きていますから、これだけで警察がどうこうはないかもしれません。今回は広報車ではなさそうですが、もし広報車でこういうことがあるとメーカー側が困るので、何か対応するのではないでしょうか?例えばデータロガーを搭載して明らかにサーキット以外で無茶な走り(速度やG)をした人には今後貸さない、乗せないとか。いや、まあ、良く書いて欲しいからそんなことはしないのかな?

 今回の事故の原因は何であれ、ターンパイクは「真面目に」走ると恐ろしい速度が出てしまう道なのは確かです。なので私は無茶しませんというか、それほど面白くないです。走りを楽しむ道路というよりも通過する道路です。もっともピー三郎の能力を発揮させようとすると(仮定の話です)、ターンパイク位じゃないと役不足なんですよね。伊豆スカイラインもありますけれど。芦ノ湖・箱根スカイラインだとやっぱり役不足。ほとんどずっと2速に入れたままになってしまいます。だから、つまらないんですよねえ、性能が高すぎる車は。我が家の2.7L NAのボクスターですらそれですから、SがついたりGTなんちゃらだったら尚更でしょう。MR-S位だとターンパイクや伊豆スカイラインを真面目に走ると今度は役者不足ですが、その位の性能が私にはやはり向いています。今、新車で買えるスポーツカーだとやっぱりNDかな?エリーゼでもまだ速すぎますから。

|

« クーガとフィエスタ近況 | トップページ | 国体の本義 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

幼少期より自動車評論家の記事を読んでいると、限界を引き出すことでその車の本質を探ろうとする評論家がいることに気つ゛きます。

逆にこの人、真面目に交通ルール守って記事を書いてるなって思う方も私の知るかぎり数名います。

前者の場合、いつかはこんなことになるかなと正直、思っていました。

いくら運転スキルがあっても、それなりの常識内で公道を走行しなければ最悪の結果を招くということだと思います。

もちろん事故の詳細な真実はわかりません。しかし、自動車評論家と称する方々が一部のマニア読者のためにとんでもない速度で箱根辺りを攻めてるのは周知の事実だと思います。

このような事故を二度とおこさないためにも、自動車評論家の在り方をもう一度見直してもいいころではないでしょうか?

イチ自動車大好き人間として、今回のニュースは衝撃でした。そして悲しいです。

森野さんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: 自動車評論家評論 | 2016年4月12日 (火) 23時05分

繧医≧縺吶k縺ォ隧戊ォ門ョカ縺ェ繧薙※縺セ繧上j縺ョ霑キ諠代↑縺ゥ縺九∴繧翫∩縺ェ縺�繧阪¥縺ェ莠コ遞ョ縺倥c縺ェ縺�縺ィ縺�縺�縺薙→縺縺ェ

投稿: 迥ャ | 2016年4月12日 (火) 23時14分

無謀運転していたかや運転スキルとは別に、封鎖していない状況のターンパイクであれほどポルシェがぐしゃぐしゃになるほどの速度で走るっていうのは、自動車評論家のモラルとしてどうなんだとおもいますね。
対向車いたら巻き込みで大惨事にる可能性もあったし

マージンとって走ってたとか、テクニックはあったといったところで事故は起きたし、すれ違った対向車がいて、インリフトさせながらコーナリングしていたのですれ違うときは恐怖を感じだとネット上に上げてますからね(当日のターンパイクの画像あげたるため信憑性はかなり高い)


やっぱ、自動車評論家だからポルシェだから走行性能がちがうとか言い訳しても、モラルとしては許せませんね

投稿: 犬 | 2016年4月13日 (水) 11時42分

自動車評論家評論さん、犬さん、
 おっしゃる通り、肯定出来る行為ではありません。私はミスではない、森野氏に非はないと主張するつもりもありません。色々な可能性があり、原因は断定は出来ないと述べたに過ぎません。
 このような事態が生じて、何も対策が取られないとしたら、それは大きな問題だと思います。私がメーカー、インポーターの広報担当なら書いたようにデータロガーをつけて、無謀運転する媒体には貸し出さないようにします。AJAJでも対策を取ると言っているようです(全ての自動車評論家が加盟している訳ではないでしょうが)。他にも暴走していたとい苦情が入っている話は聞きます。
http://blogs.yahoo.co.jp/matusita_blog
AJAJには訃報としか書かれていませんが。
https://www.ajaj.gr.jp/
 
気になるのは一般メディアは取り上げているのですが、自動車系メディアのサイトなどでは見た限りニュースになっていない点です。これはいかがなものでしょうか?
 

投稿: MOY | 2016年4月13日 (水) 22時36分

あのような状態になるほどの速度を、あの場所で出していた事自体が批判される行為では?
はっきり言って暴走行為です。

・・・暴走族と大差無いってことですよね。

投稿: | 2016年12月 1日 (木) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528857/63477454

この記事へのトラックバック一覧です: 森野恭行氏の事故:

« クーガとフィエスタ近況 | トップページ | 国体の本義 »