« BMW 118i試乗 | トップページ | 2016年2月号の文谷先生 »

素晴らしかったBMW車は

 最近のBMWは合わないと書いたのですけれど、ふと、過去、試乗して素晴らしい、欲しいと思ったらBMWがどれだけあったっかな?と思いました。縁が無いというのは結局、性能、乗り味、装備、価格などなどいずれかに問題があったからとも言えます。
 思い起こしてみるとそれほど多くはありません。車が古い順番に並べてみます。

・E36:320i
 試乗ではなく、知り合いが乗っていた車です。2LのAT。エンジン音は素晴らしかったです。ただし、運転させてもらったらどうにもポジションがあいませんでした。乗り心地は足回りがノーマルでなかったので評価出来ません(エンジンはノーマルだった)。

・E36:M3
 これも知り合いが乗っていた車(320iからの乗り換え)。3L直六エンジンは素晴らしいとしか言えませんでした。左ハンドルだったこともあり、これもポジションは合わず、自分で買って乗れる車ではありませんでした。ただ、エンジン音、フィーリングだけなら、E46の3.2Lよりも良かった記憶があります。

・E46:318i(前期型)
 1.9LのSOHCです。後期型の2L DOHCと比べるとスペック的には極めて平凡。ですが、試乗したら、乗り心地も良く、エンジン音、フィーリングも良く、BMWのエンジンは良いのだなあと思った車です。この318iは乗ると凄く良いよと言われて試乗させてもらったのですが、この時はまだ後部座席が必要な時代ではなく、MRから乗り換えることも出来ずに購入しませんでした。
 後期型の2Lは、ほぼ最終型をアルテッツァと比較しました。これも悪くはない車ですが、エンジンのフィーリングは本来平凡なはずの1.9Lよりも落ちました。あくまでそれと比較すればであって、2L NAエンジンとしては良かったと記憶しています。相方がほとんど同じなのに値段が倍だと言って却下されました(苦笑)。
 なお、320iはATしかなかったのでこの時には候補にしていません。試乗したかも記憶が定かでありません。のちにたまたま助手席に乗る機会があり、エンジン音は良かったです。

・E46:M3
 新車では試乗の機会はなく、以前報告したように中古を探して何台か試乗させてもらいました。その中のSMGの一台がエンジン、乗り心地とも素晴らしい車でした。ただ、SMGは問題ありで、個体の問題か、E46のSMGはそうおうものか、他も比較してそういうものだということが分かり、買うならMTにせざるを得ません。まあ、あの個体そのものは私が決める前に売れてしまったのですけれど。それ以外の車も良いことは良いのですが、エンジンと乗り心地、どれもあのSMGに比べると落ちます。

・E92:320クーペ
 これも中古車の試乗。MTでした。2L直四でしたが音は良かったです。ただし、この個体は19インチホイールがついていて価格も高かったのでしばらく考えましたが見送りました。乗り心地はそのわりには悪くなかったのですけれど。エンジンはE90最良(試乗した範囲内では)でした。逆に直6は何回か試乗させてもらったもののそれほど良かったという記憶、印象がありません。

・E87:116i
 デビュー当初乗り心地最悪で、その後、ずっと試乗していませんでしたが、116iのエンジンが良いという話を聞いて、後期型に試乗させてもらいました。乗り心地は次第に改善されていたようで、初期型とは大違いでした。そして、このエンジン、確かに素晴らしい音でした。E46の118iを思い出すような。でも、さすがに遅かったです(苦笑)。どこでも全開ぶちまわし、とまあ、まるでビート。実用燃費は悪いでしょうね。この時は相方号候補だったので、値段も安くないし、駄目でした。でも、あのエンジンは本当によかった。MTがあれば自分で買っていたでしょう。

 あれ?これで終わり?購入検討ではわずか4台だけ?うーん、イメージより良くないというか、合っていないのかなあ?多分、あの1.9Lの318と直6の320のエンジンがBMWのエンジンは素晴らしいという印象を植え付けているのであって、実際にはそれほど良くない(私の好みにはあわない)ことが多いのかもしれません。試乗記に書いているように「自動車」として駄目という意味ではなく、あくまで私の好みに合わない、ですが。

 そうするとやっぱ縁はないかあ。E46のM3は良い個体があれば今でも欲しいですが、いかんせん古くなっていますからねえ。

|

« BMW 118i試乗 | トップページ | 2016年2月号の文谷先生 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしかったBMW車は:

« BMW 118i試乗 | トップページ | 2016年2月号の文谷先生 »