« アメリカ人の発想? | トップページ | BMW 118i試乗 »

次期相方号決定

 突然ですが、次期相方号が決まってしまいました。フォード・フィエスタです。前回、高速試乗をさせてもらう約束をしていて試乗に行ってきました。営業氏が試乗車を抑えていた・・・はずだったんですが、手違いがあり、他で使われてしまって、試乗したのは別の個体(本来、認定中古車として売られていた車)です。
 前回は相方が運転して、私は後席に乗ったのですが、今回は私が運転、相方が助手席です。走り出すと・・・あれ?あれ?なんか乗り心地がいまいち。段差や路面の荒れた部分を通ると突き上げが強めです。前回の後席の方が今回の運転席よりも良かったです。これはどういうこと?ともかく高速道路(正確には制限速度80km/hの自動車専用道路)へ。
 料金所を出て本線への合流時の加速はいいですね。気をつけないと速度が上がりすぎる位です。高速走行の乗り心地は一般道と同じ。ちょっと突き上げが強めです。ただし、前回感じたタイヤのざらざらした感じは何故かありません。高速巡航だとロードノイズは大きめ。でも、この道路は路面の関係でどの車で走ってもロードノイズは響きます。他の音はほとんどしません。同じペースで走るとルーテシアはエンジン音が大きめ(4速ATなので実際回転数が高い)ですが、フィエスタはエンジン音は聞こえません。路面が良くなったら、ロードノイズが減ってやや風切り音が聞こえてきましたが。
 乗り心地は別にすると安定性は高く、安心感があります。長距離走っても平気そうです。ステアフィールは良好で、パワステも重すぎず軽すぎずちょうど良い感じです。クルーズコントロールはステアリングに右側に全てのボタンが有り、操作も問題はありません。速度計の数字が偶数しかなくメモリが細かくないのはちょっといあいちですが。
 親指シフトスイッチはやはりいまいち。マニュアルモードのない4ATでマニュアル運転しているのを思い出します(苦笑)。トランスミッションそのものは問題はありません。発進も特に変な感じはしませんでした。エンジンは回すと3気筒らしいビートの効いた音がしますが嫌じゃないです。それに普通に走っていると2000回転も回らないので前述の通り静かです。
 PAに入って、相方に後席に乗ってもらいました。前回素晴らしかったので、後席を体験してもらおうと思ったのです。しかし走り出すといまいちだと。うーん、前後に関係無くこの個体は前回のよりも駄目かあ。しばらく走って再度交代。今度は相方が運転し、私が後席です。走り出すと・・・うーん、確かに前回よりも揺れますね。ただ、シートの座面がちょっと硬すぎる感じがします。とはいえ、Bセグハッチバックの後席として見れば、前席と差は少なく、乗り心地は悪くはないと言えます。また、前席と同様にタイヤのざらざらした感じがありません。
 そのまま自動車専用道路を降りて一般道経由で戻りました。やはり前回ほど良くはありません。ただ、ざらざらした感じはありません。それと停止状態でエンジンの振動は前回の方が感じました。
 うーん、微妙。前回は、すんばらしいとしか言いようが良かったのですが、今回は乗り心地はクラス相応という程度。 一般道と高速道路の乗り心地の差はほとんど感じ無かったので、前回の試乗車で高速走行してもやはり乗り心地は良いと思います。問題は個体差なのか別の理由なのか。もしかしてタイヤが違う?と思いましたが同じでした。
 前回と今回のこの差はなんでしょう?一つは中古車として売られているのでほとんど動いていないということがあるでしょう。タイヤが変形は大げさにしても多少はあると思います。それに比べると前回の試乗車は試乗車として動いていますし、普段は社員の脚としても使われているそうです。頻繁に動いている車と半ば寝ている車、その差はあるでしょうね。うーん、そうすると我が家にやってくれば、今回の個体の感じではなく、試乗車に近いと推測されます。走行距離の違いもあります。今回のは1200kmほどしか走っていませんでした。この個体は過去試乗したフィエスタの中で乗り心地は最悪でしたが、まあ、条件、状態に起因していると思われるので大丈夫かなあ?
 いずれにしても決めるのは相方です。そして意外なことが決め手になりました。それは下取り査定額。今回の査定額は15万円(苦笑)。まあ、不人気なBセグハッチバックで、6年目となると値段がほとんどつかないのは不思議ではありません。これが私だと15万円だとかわいそうだから乗り続けよう・・・となるのですが、相方は次回の車検費用が査定額を超える、無駄だと考えたようです。
 もちろん、次の車検まで乗り続けてそこで乗り換えが良かったのだとは思いますが、フィエスタはその前に無くなります(まだ車検は当分先)。トゥインゴと比較した上で決めたいところですが、2ペダルは早くて夏と言われていて、フィエスタの在庫はどう見てもその前に無くなってしまいます。トゥインゴの代役としてスマートフォーフォー、フォーツー、それとコペンとフィエスタを比較してどうとそれぞれの長所短所を列挙して考えてもらいました。
 トゥインゴ/フォーフォーは、乗り心地はフォーツーやコペンよりは良いですが、先日のフィエスタの試乗車に負けます。トランスミッションも同じ6速DCTですが、フィエスタのに制御が劣ります。小回りはフォーツーに次いで出来ますし、相対的には静か。ただし、おもしろみがありません。トゥインゴはターボと思われるので動力性能はフィエスタに迫ります。
 フォーツーは小さくて小回りが聞きますが、乗り心地はフィエスタに劣り、相対的にうるさく振動があります。フォーフォー同様にトランスミッションがいまいち。ただ、運転して楽しい感じはフィエスタに匹敵します。
 コペンは一番小さく、屋根も開きますが、乗り心地が一番悪く、そして何よりもCVTが問題です。
 フィエスタは今回比較する中では一番大きいですが、それでも全長は4m切っています。乗り心地は一番良く、動力性能は高く、装備はもっとも充実しています。難点はあの変なマニュアル変速スイッチだけです。
 フィエスタを先に買って、後からトゥインゴに乗り換えることは出来ますが(お金の問題だけ)、その逆は新車はもうありません。これはスマートやコペンも同じです。どれであれ当分販売されると思いますので(トゥインゴは売れないと最初に入れたのだけで終わるかもしれないけど(苦笑)、フィエスタに実際乗ってみて問題が見つかり、他の車でそれが解消されるのなら乗り換えれば良いです。
 という訳で、相方はフィエスタを選びました。さて、我が家にくる個体はあの試乗車のような素晴らしい乗り心地だと良いのですが・・・。

|

« アメリカ人の発想? | トップページ | BMW 118i試乗 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

フィエスタ、いい車ですよね。

私はイギリスで働いていたときに、レンタカーで借りたことがあります。1250ccのヤマハとのコラボのZetecエンジンが乗っているマニュアル車でした。運転していてとても楽しい車でした。

投稿: kiseragi | 2016年2月13日 (土) 18時38分

kiseragさん、ありがとうございます。MT入れてくれたらもっと良かったのですけれど、もはやそれもかないませんね。
海外に行くことがあったらレンタカーでMT借りてみたいです。

投稿: MOY | 2016年2月14日 (日) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次期相方号決定:

« アメリカ人の発想? | トップページ | BMW 118i試乗 »