« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

フォード、本当に撤退するの?

 ずっと寝ていたピー三郎をお散歩させてきました。帰りにフォードにお見舞い?に寄ったのですが・・・あれ?お客さんたくさんいるぞ。駐車場混雑しています。営業氏に聞いたら、お昼過ぎは満席状態だったそうです。16時頃だったのですが、結構いました。更に目の前で契約書にサインしている人も。
 済みません、たたき売りしないといけないといったのは訂正します。(^^;そもそも輸入数が少なかったため、既に日本に入っている分と船に乗っている分以外は日本向けの出荷は取りやめられたため、在庫はそう多くないのです。クーガ(1.5/2の新型エンジン)とフォーカス(ターボ)はほとんど日本に入ってきておらず在庫僅少。エクスプローラももう在庫は余り無いそうです。比較的在庫があるのは、数が出ていたおかげでまとまった数が先に入っていたフィエスタ位。それも大量にある訳では無く、あくまで相対的に多いというだけです。
 更にフォード撤退を聞いた人が今のうちに買わないと(決めていなくても見にいこうと)多数商談にやってきたので、この盛況具合。すみません、フォードファンの熱意を軽視していました。営業氏も来年の車検でどうしようかなあ、と思っていたお客さんがあるうちにと買ってきたとか、普段よりも多く売ったとのこと。この調子だと直に売る物がなくなり、早く看板付け替えてくれないと収入が激減すると言ってました。
 という訳で、今ならお買い得、ではなく、今じゃないと買えませんよ、でした。失礼しました。ただ、ムスタングの右ハンドルはかなり手付けもらっていたそうですが、導入中止になったそうです。相応の数売れていたので入れてくれればいいのに。

 ま、と言っても日本中のフォードディラーが同じように賑わっているのなら撤退ということにはならないのでしょうね。ここは販売台数で日本一を争うディーラー(知らなかったけど)なので賑わっているというのもありそうです。地方のディーラーに残る在庫が集まってくるということもあるのでしょうね。

 新エンジンクーガは展示車はありましたが、試乗車に回せるのはなく、試乗出来ませんでした。
160131kuga2
ナビもついたんですけどね。
160131kuga
少数入って終わりだそうです。代わりに久しぶりにフィエスタに試乗させてもらいました。
160131fiesta
相方に運転させて(もう一度運転してみなよと)、私は後部座席に。なかなか後部座席で試乗する機会はありませんからね。
 発進。トーションビームなので後席だとさすがにきついかなと思ったのですが、敷地から外に出る時の段差をなんなくクリア。あれ?という位。その後も、タイヤのせいでざらざらした感じと微小振動(路面もあると思う)がお尻に伝わってくるもののマンホールを踏んだり、段差を乗り越えたりしてもへっちゃらです。Bセグの後席とはとても思えません。いや、これ凄いかも!?このクラスの小型車は前は良くても後は乗り心地が酷いことが多いのですが・・・。もちろん、空間に余裕があるとは言えませんので、長時間乗るとどうかなとは思いますが、普通に乗る分にはクーガよりも良いかもしれません。停止すると3気筒らしい振動がやや伝わっては来ますが、これは前も同じです。
 運転する相方は乗り心地に対する論評は一切なく(良いということ)、運転しやすいし、楽しいと。Dレンジのままの走行なので例の変な変速スイッチも問題なりません。タイヤだけですね。このざらつくタイヤを交換すれば、文句ありません。ビルトインナビを取り付けるキットも出来ていたので、普通につけられます。
 とりあえず乗ってみなよと相方に運転させたのですが、相方もどうしようかなあ、買わないけど見積もりもらおうかなと。凄い!相方から見積もりくれという言葉はまず出ませんよ!!戻って見積もりもらいました。相方の好きなHDIもディーラーオプションとしてつけてもらいました。値引きはある程度してくれますが、たたき売りではないので、ある意味普通です。残念なのは相方の気に入っていた葡萄色がMY16では無くなっていたことです。もし、その色が残っていたら乗り換え決定だったかもしれません。しばらく考えてまた来週いくことにして話を終えて帰ってきました。

 話が急に動き出していますが、相方かなり真剣に悩んでいます。駆け込みでフィエスタあるかもしれません!で、フォード車が気になっている方はお早めに。そうでないと買えなくなるかもしれません。しかし、残念だなあ。フィエスタがもう入ってこないのって。Bセグ最強、最良です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

718登場、最良のポルシェは最新のポルシェ?

 我が家地方は幸い雪は降りませんでした。

 さて、ちょっと前ですが、4気筒ターボの718ボクスターが発表されましたね。
http://www.porsche.com/japan/jp/aboutporsche/pressreleases/pj/?pool=japan&id=385103&lang=jp
 718ボクスターが2L、ボクスターSが2.5Lです。排気量は変えずに出力だけ変える場合もありますが、ポルシェは排気量変えてきました。エンジンを991のNAと比較すると

718ボクスター:300PS(220kW)@6500rpm、380N・m@1950-4500rpm
718ボクスターS:350PS(257kW)@6500rpm、420N・m@1950-4500rpm
ボクスター:265PS(195kW)@6700rpm、280N・m@4500-58500rpm
ボクスターS:315PS(232kW)@6700rpm、360N・m@4500-58500rpm

とどちらも35馬力(トルクは100と60N・m)アップ。まあ、ターボですし、出力の制御は容易ですから、色々考慮してこの出力なんでしょう。てきました。燃費はどちらも13%向上。PDKでボクスターが、Sで7.3L/100km=13.7km/l。NAの燃費はカタログに記載なく面倒なので省略しますが、13%低減だからわかるでしょう。

最高速度と0-100km/hはいずれもPDKで、()はスポーツクロノ装着時です。
718ボクスター:275km/h、4.9秒(4.7秒)
718ボクスターS:285km/h、4.4秒(4.2秒)
ボクスター:262km/h、5.7秒(5.5秒)
ボクスターS:277km/h、5秒(4.8秒)
とまあエンジンの出力に応じた向上です。私は元々馬力は要らない主義者ですが、どうみてもボクスターSは要りませんね。ボクスターで従来のボクスターSに匹敵するというか最高速のわずかの差を除けば優っています。より低回転からより広範囲に最大トルクを発揮することを考えれば、上まで踏んでぶち回す時以外は、718ボクスターの方が優っていてもおかしくはありません。まあ、低回転で巡行中にアクセルをぽっと踏んだ時のトルクの出方はNAのボクスターSの方が良いのでしょうけれど。
http://www.porsche.com/microsite/718/japan.aspx#models
ここに718ボクスターSのエンジン特性曲線図がありますが、7500間では回せそうです。1500回転で270N・m位なので、うーむ、NAのボクスターSと同じですね。2Lエンジンの図は何故かなかったのですけれど、まあ、低回転なら3.4LのボクスターSが2Lターボの718ボクスターに優るでしょう。でも、よりサーキットを走る機会が多いであろうケイマンは別にして、オープンカーのボクスターならSは要らないですよ。
 コンフィギュレーターがまだないので細かい装備はわかりません。特設サイトの写真(絵?)だとスポーツシートプラスがついていますが、標準なのかどうかも不明です。まあ、従来モデルよりも装備が悪いことはないでしょう。
 凄い!さすがポルシェ!最良のポルシェは最新のポルシェだ!と言いたいところなんですが、価格を見るとびっくり。

718ボクスター
 6MT:658万、PDK:710.4万
718ボクスターS
 6MT:852万、PDK:904.4万

です。(^^;;性能上げた分、しっかり値段も上げています。(^O^;2Lで出力落とした(250馬力程度)600万円切るエントリーモデルをもうけても良いと思うのですけどね。それで性能は十分でしょう。
 確かに性能は上がっていますが、ターボと比べるとNAの方が高回転型ですし、エンジンの楽しさは、NAが上です。なので、NAの内に買うという私の選択は私自身にとっては大正解でした。
 まあ、そのうち試乗はさせてもらいます。

 なお、時代は変わって、右ハンドルが標準で、左ハンドルはMY17では4月の一ヶ月間だけ予約受付だそうです。987の右MTが欲しいといったら一年待ちですとか、生産枠がいつ取れるかわかりませんと言われたのと様変わりです。これは良いこです。はい、私は日本では右ハンドル主義者ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォード、日本撤退!

 クーガvsシリーズはまだ決着していないのですが、予想もしていなかった展開になってしまいました。
 昨夜、第一報のニュースを見たのですが、今朝起きたら、社員向けのレターを入手したロイターがフォードの広報に問い合わせたところ肯定されたというのが出てきてしまいました。

 そしてとうとうフォードから発表。確定です。
https://www.ford.co.jp/servlet/Satellite?c=DFYArticle&cid=1249195654798&pagename=FJP%2Fcontroller&site=FJP
 帰ってきたら、フォードから週末のフェアの案内が来ていました。皮肉なものです。ディーラーは知らせれていなかったのでしょうね。 

 年内に販売停止し、インポーターは無くなります。昨年の販売台数は約5000だったそうです。月400台ほど。インポーターの社員は300人弱いるそうですから、一人当たり月約1.3台。うーん、これは厳しいでしょうね。フィエスタはフォードにしては売れたと思いますので、5000台の内相応の数を占めるでしょう。そうすると平均価格はそれほど高くはないですね。そうするとインポーターの利益もそれほどは多くありません。ずっと赤字だったんでしょうねえ、最近は。それなら撤退という判断もわからなくはありません。でも、残念です。クーガ以外一度途絶えていたいた欧州フォード車を再投入してくれたことを感謝すべきかもしれません。フォーカスの復活が無ければ我が家にクーガがくることは無かったのですから。
 商品に問題がある、日本市場にあった車を投入しなかったからだなどの意見を見かけますが、必ずしもそうとは思いません。実際、フィエスタは日本市場にあった車でしょう。実際、フォードとしては売れたと思います(結構見かけます)。弱点はナビだけです。しかし、それはフォードだけの問題ではなく、他の輸入車でもある問題です(導入当時のゴルフ7の方がひどいでしょう。それまではビルトインナビがあったのですから)。価格がやや高めという人もいますが、ナビを除けばこのクラスで最高の装備を有しています。割高とは思いません。
 クーガは私は先代の方が好きですが、現行モデルも先代と比較しなければ良い車だと思います。エコスポーツは華やかさに欠けているのは否定出来ません。でも、同クラスの小型SUVと比べると車そのものは良いと思います。フォーカスはなんだかんだ文句をつけましたが、年に数百台しか売れない車とは思えません。
 ターボ化したフォーカスを除いて、今の欧州フォード車に共通する最大の問題はシフトレバーにつけられたマニュアル変速スイッチですが、これも私の様に常にマニュアル運転する人以外には大した問題ではないでしょう。ぼこぼこに批判したターボ化したフォーカスもあくまで私の思うフォーカスではなくなったというだけで、一般的にはNA時代よりも商品性はあがったと思います(上級グレードはちょっと高すぎるけれど)。
 日本市場にあった車を投入しなかったと批判する人は、現在、フォードがどのような車を売っているのか理解した上でそう批判しているのでしょうか?イメージでアメ車持ってきても売れない、と思っていませんか?そのアメ車であるエクスプローラーは結構売れています(フォードとしては主力商品でしょう)。ムスタングも先代から良く見かけます。ボディサイズが大きいことを除けば、新型も良さそうです。そして、ついに待望の右ハンドルが導入される予定でした(多分、日本にもうもってきていなければ中止されて終わりでしょう)。

 じゃあ、何故フォードが売れなかったのか?結局、フォード=アメ車=日本にあっていない、というイメージが払拭されなかったことにあるのだと思います。フォード撤退と聞いて、そういうイメージで、仕方ないと評する人が多いのと同じでしょう。
 もう一つは、まあ、結果的に言えば日本市場にあった商品ではないということになってしまうのかもしれませんが、所謂、玄人受けする車が多いというのもあったのかもしれません。デザインで買うような車ではないですね、残念ながら。乗れは良さはわかると思いますが・・・・。
 細かく言えば、車種によってビルトインナビが付かないという問題もありますが、今はスマホをナビにする人も多いのでそれが致命的な問題だとも思いません。

 あー、もう残念でなりません。パドルがついていれば、またはあの変な変速スイッチでなければ、フォーカス(NA)は買っていたでしょうし、相方号の車検前にフィエスタを強く押し込んだでしょう。クーガを現行クーガの乗り換えもあったかもしれません。うーん、少し外しているということなんでしょうか?欧州フォードが好きな私がここさえというのがあって買わなかったのと同様に平均的な人もここが気になるといって買わなかったのでしょうか?でも、それを言えば、他メーカーはもっとひどいですからね。国産車なんかスポーツカーとMTを除けば、マツダ以外からコンパクトカーは買えません(CVTかHVだから)。

 新車保障があるので、少なくとも後3年程度は部品供給とサービスは維持されるでしょう。フィエスタの5年サポートキャンペーンなんてのもやっているので(3月末登録)、恐らく2021年位まではどこかでサービスしてくれるはずです。しかし、ディーラーが廃業(会社としては存続していても、その店舗は無くなる場合も含む)した場合にはそこではやってもらえません。部品はどこかに委託して供給は続くと思いますが、新車がない以上、台数が減っていきますから、いつかは供給されなくなるでしょうが、ローバーが倒産した時のようにメーカーが無くなる訳ではないので、近くにサービス拠点(現フォードディーラー)があれば当分は困らないとは思います。
 我が家の場合、クーガを買ったお店はどうなるかわかりませんが、元フォード、現プジョー(クーガを買った時に担当営業がいる)店でサービスは受けられます(ここは少なくとも存続するはずなので)。なので、クーガを乗り続けることに問題はない(10年先はわからないけれど)はずです。元々ジャガーとフォードをやっていて、ジャガーも再編成によってプジョーに転換、フォードも1店舗はプジョーに転換(その結果、異動して担当営業氏がプジョーになってしまった)。今回のこれで残り1店舗もプジョーでしょうか。

 これによって下取り価格も下がるでしょうねえ。まあ、不幸中の幸い?というか、元々フォードの下取りは安い(値落ちが大きい)ので、影響は大きくないかもしれません(苦笑)。それともう予定されている以上の車は輸入されないでしょう。パドル付きのフィエスタなんてのも望めません。当然、フォーカスやフィエスタのRSも入ってきません。

 在庫一掃たたき売りセールが始まると思います。インポーター在庫は良いですが(どうせ会社清算だし)、ディーラー在庫が問題でしょう。赤字にならない程度で売れれば良いのですが。もちろん、安く買える良い機会と考える人もいるとは思いますが、まあ、販売が低迷しているというのはフォードが良いと思ってくれる人が少ないということですから、やっぱり厳しいかなあ。

 うーん、相方号用に「とりえあずフィエスタ買おうよ、安くしてくれるし、5年保障だから、それまでは安心して乗れるよ」作戦を実施してみるかなあ。でも、相方はトゥインゴ待ちだしなあ。秋かあ。残っているかなあ。フォーカスはあるだろうけど、フィエスタは無くなるよなあ(苦笑)。
 それよりもNAのフォーカスの中古の在庫探してみるかなあ。スイッチから信号取り出して自作パドルをつければ・・・置き場がないか(苦笑)。まあ、文句はいったけど、パドル付きのターボフォーカスもそれほどひどくはないよなあ。普段乗るならNAよりもいいかもしれないしなあ。
 クーガをエコスーツにするというのは無理かなあ?うーん、高速巡航が分からないけれど、良ければ買うと言えば、高速走らせてくれるよなあ。これもパドルを自作しないと駄目だけど。
 うーん、置き場があればなあ。せめてどれか一台は買えるのだけど。あ、義父の家の駐車場に一台ならおいておける!義父の名義にすればなんの問題もありません(車庫飛ばしではない!)。義父を乗せる車をおいておけば良いのですから。自分らの車でいって入れ替えて出かけて送って行ってまた帰ってくればいいのです。
 まあ、現行クーガ、マイナーチェンジしてから試乗していないからいくだけいくかな、お見舞いも兼ねて。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

白爺冷え性?

 今日は寒かったですね。この辺は雪は降らなかったものの九州から四国は雪で、沖縄でもみぞれだたとか。車庫前の雪も無くなったのでAWを散歩させに三浦半島を一回りしてきました。
160124aw
横横は覆面さんが頑張ってお仕事していました。(^^)ここと小田原厚木道路ではいつも頑張ってお仕事していますね。
 AWの調子はまあまあなんですが、寒いせいか、水温が上がりません。冬になると水温がなかなか上がらないのはいつものことなんですが、今日は極端でした。一度水温が上がったと思ったのにしばらくとめておくとまた下がります。そして街中だったら良いのですけど、信号もない道だったり、自動専用道路を走ると水温が下がってしまいます。おかげでヒーターをつけられません。うーん、ここまで水温が上がらないのは過去無かったと思うのですけど・・・。何故だろう?
 帰ってきて、ちょっとAWに積めないものを買うためにルーテシアに乗り換えて買い物へ。車外気温系を見ると2度。日は落ちたとは言えまだ17時です。それで2度?いやあ、気温低かったんですね。水温が上がらないのもそのせい?うーん、もう少し気温が高い日に走ってみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月号の文谷先生

 軍事研究を読むのがまた滞っていました。なお。1月号は特に反論はないので省略します。

1/24/16修正
勘違いがあり、1月号と12月号と取り違えていたのでタイトル含めて訂正しました。

12月号:中国海軍の高度成長を阻む経済の崩壊 日米海軍は建艦競争で中国に圧勝

 趣旨には同意します。どんどん中国の脅威が増す、空母機動部隊も複数整備されると言っている人がいますが、本当にそうなるかは疑問です。
 中国の国防費は米についで世界第二位ですが、GDP比2%程度です(欧州主要国と同程度の割合)。アメリカが3%位。一般的な国防費以外にも国防支出はあるという意見もありますが、とりあえず、その位です。GDP比率で単純に計算すれば空母6隻程度なので、更にその2/3とすれば現在の国防費では4隻が限度でという計算になります。勿論、海軍や空母に集中投資すれば6隻の保有は不可能ではないとは思いますし、現在建造しているものは米の大型原子力空母よりは安いでしょうから、数だけなら6隻も可能だとは思います。
 とはいえ、人口と国内事情も考えれば、陸軍予算を劇的に減らすことも出来ないでしょうし、容易ではないと思います。それにそもそもそんなに空母が必要なのか(他を削ってまで整備する必要性があるのか)という疑問もあります。まさか戦前の旧帝国海軍のように対米7割必須とかあほなことは言わないでしょうし。米のように全世界に展開ということもしない(必要がない)でしょう。4隻あれば常時2隻(2個機動部隊)をすぐに投入可能に出来るでしょう。それでとりあえず十分ではないでしょうか?
 それも現在のGDPを維持出来ればの話です。もちろん、日本と違って成長がとまったといってもまだ鈍化しただけですからしばらくは成長を続けます。しかし、10年先、20年先に7%弱で鈍化、と言われるような成長を続けることは難しいと思われます。それを考えれば、6隻とかそれ以上ということはなく、3、4隻が限界ではないでしょうか?
 また今後整備される装備が高価格化していくというのもこれまでの流れから言って正しいでしょう。駆逐艦、フリゲートは全世界的にみて大型化していく傾向がずっと続いていますし(日本もアメリカも同様。ま、アメリカは途中でとまっている気がするけれど)、潜水艦もありえるでしょう。
 ですから、従来の用のどんどん大型化した上で数が増えるというのはどこかでとまると思います。という訳で、経済成長にともなって増強されてきたがこれからはそうはいかないという文谷先生の主張には基本的には同意します。

 ただし、問題点もあります。これから経済成長がとまりそうという中国が増えせず、既にほとんどとまっている日本が増やせるというのはおかしいでしょう。中国は既に述べたように今後もどんどん増額とはいかないでしょうが、陸から空海へ重点が移っていると思われますので、軍事費の総額は変わらなくても、海軍力だけ強化というのはあり得なくもないでしょう。そもそも日本が増えると言うならそれも総額は同じ中で配分を変えるおかげでしょう?なら、何故中国は同じことが出来ないのでしょう?その説明はありません。日本はゆき・きりの代艦を同じだけ建造出来るか疑問もあります。以前よりも高額化しているのは日本も同じです。
 中国の艦艇の価格の類推に米艦艇が使えるのかどうかも疑問はあります。時代も違いますしね。しかも、052C/D型OHペリー、055型がキッド級として価格が2倍というのは乱暴でしょう。どちらもスタンダード装備だったからそういう比較をしたのでしょうが、OHペリーはフリゲートで、キッドはスプルーアンス級駆逐艦を母体にしていて、船そのもの構造が違い過ぎます。アーレイバーク級とタイコンデロガ級に比定する方がまだましな気がしますが、まあ排水量はそこまで違いませんし、ぴったりあう米艦はないでしょう。しかも、その根拠の数字は、1970年代に検討していたスプルーアンス防空型が1975年度で3.3億ドルと見積もられていた、OHペリーは77年度で1.4億ドルだった、OHペリー級の低廉性を差し引いても、だいたい2倍になるって・・・なんの根拠にもならないでしょう。(^^;だいたい2倍と考えたけど根拠示さないとまずいなあと思ってひっぱった数字でしょうが、まったく根拠になっていません。
 ただし、055型が052系よりも高価になるのは確かです。それが1.5倍か2倍かはそもそも055型がどういうものかまだ良くわからないので何とも言えません。それらの価格を元に今後これ位になると色々書かれていますが、元になる価格の根拠が不明なので、余り意味はありません。

 話はそれますけれど、海自は汎用護衛艦をどうするつもりなのでしょうね。基本的に同じ性能の高額DDをそろえられないので、ハイローミックスで新型DE(とは言っていないか、高速だし)を建造するということでしょうが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海警vs海保

 中国海警の機関砲搭船が尖閣諸島に出没したとニュースなどで取り上げられて、その際に、機関砲搭載というのが強調されており、なんでわざわざそこを強調するんだ?と思ったのですが、どうやら、海警船は従来は非武装または軽武装だったんですね。
 世界の艦船で「中国海警201x」とかいう特集はなかったので、仕方ないのでWikiを参照していますが、それを見ると、新型を除けば、14.5mm機銃程度が多く、非武装のものも珍しくありません。なので、37mm機銃(海軍表現)搭載船が出没したので従来のものよりも重武装なのでわざわざ機関砲(陸軍表現)搭載と表記しているのですね。知りませんでした。
 何せ、海保巡視船は20mmから40mm機銃搭載が普通で、しかも近年建造されたものは北朝鮮の不審船のおかげでFCS付きです。もちろん、軍艦と撃ち合えば海保では勝てないでしょうが、従来の海警船では海保には対抗出来ないでしょう。だから、海警側が武装強化して海保に対抗してくるのは当然の話です。
 海警は従来いくつかあった類似機関を統合したものなので、海保ほどは統一性がないようです。元海軍艦艇と言っても話題の元フリゲートから海洋調査船だ輸送船だ揚陸艦まで様々です。それらはのほとんどは前述の通り非武装または14.5mmの軽武装です。例外が元フリゲート。
 新造船は武装強化されています。特に最近完成が伝えられた海警3901は12000tと言われる巨大なもので、76mm砲1門、37mm連装機銃2基、14.5mm連装機銃2機とこれまでの海警船と比べると重武装です。明らかにしきしま対抗でしょう。なにせ、しきしまは、35mm連装機銃(あきしまは40mm単装機銃)2基+20mmガトリング機銃2基ですからね。更に防御もそこらのフリゲートよりも強化されている可能性があります(正確には公表されていないので不明ですが)。米コーストガードのカッターには更に重武装のもありますが(一時期はほとんどフリゲート状態だったし)、それを除けばコーストガード系の船としては最大最強でしたから。そのしきしまをこれは超えますね。
 とはいえ、正直、しきしま対抗以上の意味があるとは思えません。余りに大きすぎますし、当然コストもかかっているはずです。こんなもの建造する位なら、3000t程度のを複数建造した方が有益だと思えます。まあ、精々数隻建造されるだけでしょうね。日本もあきしまなんて建造する必要なかったのに。
 主力になるであろう新造の3000t級と1500t級海警船は30mm機銃1基搭載。海保の巡視船と大差ありません。FCSも装備しているようです。
 武装を有する数を比較すれば、今でも、海保の方が多いようです。1000t以上で20mm以上を搭載するものをWikiの記述から抜き出すと(なお、排水量は総トン)以下の通りです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%B5%B7%E8%AD%A6%E5%B1%80

タイプ:数(+1は建造中1隻を示す):武装:総トン数:速度
12000t級:1+1:76mmIx1、37mmIIx2:11859t:25kt
元フリゲート2000t級(H053H2G型):3:37mmIIx4:2180t:27kt
新型3000t級:7+5:30mmI(RFS)x1:?:?
新型1500t級:9+5:30mmI(RFS)x1:1784t:25kt
元フリゲート1500t級(H053H型):2:37mmIx1:1729t:25kt
718型:1:37mmIx1:1618t:22kt
合計:23+11
 この他、新造の5000t級(3+1)にも武装がありそうですが、不明と書かれています。フリゲート改造は今回話題になったもの以外にもあるんですよね。建造中のものを除けば23隻です。元フリゲートはFCSが不明(元々対空用なので対艦用の精度は不明)です。

 1000t未満の小型だと
618A型:4::37mmIIx2:380t:33.5kt
618B型:24+1:37mmIIx2:651t:25.6kt
220B型:2::37mmIIx2:380t:33.5kt
616型:8:23mmIx1:230t:26.5t
626型:8:23mmIx1:190t:30.8t
 の46隻ですが、このサイズだとまず尖閣までくることはないでしょうね。

 一方、海保はどうでしょう?海保のサイトが不十分でまた武装を記述してくれないので、Wikiからこれも引っ張ってきます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E4%B8%8A%E4%BF%9D%E5%AE%89%E5%BA%81%E3%81%AE%E8%A3%85%E5%82%99%E5%93%81%E4%B8%80%E8%A6%A7
 そうや型:1:40mmIx1:3139t:21kt
 つがる型:9:40mmIx1+20mmIx1または40mmIx1または35mmIx1または35mmIx1+20mmGx1または35mmIx1+20mmG(RFS)x1:3221t:23kt
 みずほ型:2:35mmIx1+20mmGx1:5259t:23kt
 しきしま:1:35mmIIx2、20mG(RFS)x1:7175t:25kt
 あきしま:1:40mmx2、20mG’RFS)x1:7175t:25kt
 しれとこ型:10:35mmIx1または20mmGx1:980t:20kt
 おき型:1:20mmGx1:993t:20kt
 えりも型:7:35mmIx1または20mmGx1:1268t:20kt
 いず型:1::20mmGx1:3768t:21kt
 あそ型:3:40mmI(FCS)x1:770t:30kt+
 ひだ型:3:40mmI(FCS)x1+20mmG(RFS)x1:1800t:30kt+
 はてるま型:9:30mmI(FCS)x1:1300t:30kt
 くにがみ型:9+9:20mmG(RFS)x1、13番船(建造中)以降30mmI(FCS)x1:1700t:23kt+
 いわみ型:6:30mmI(FCS)x1:1250t:21kt+

*RFSは暗視装置付き光学FCS、なお、海保はFCSより簡易型と言っているらしい。

 以上63隻です。その半分はちゃんとしたFCSが備わっています。そして小型とはいえ、あそ型、ひだ型、はてるま型は30ktの高速です。海警船では追いつきません。小型の618A/220B/626型で追従出来るかもしれませんが、大きくて380tなので波があればおいて行かれるでしょうね。話題の元フリゲートとこれらの高速巡視船が対峙した時、どちらが有利でしょう?元軍艦だということで過大に評価されていますが、所詮旧型フリゲートです。運動性でかなわず、FCSの精度で負けて、振り回されるだけではないでしょうか?しかも数でも劣勢。
 日本からすると海警が重武装化している脅威だ、となる訳ですが、あっちから見れば、従来、大幅に劣勢(武装については)ですから、フリゲート改造巡視船や新型を投入してやっと海保に対抗できるようになりつつある(まだなっていない)というところでしょう。威嚇ならともかく、真面目に当てようとしたらFCS必須でしょう。RFSの性能は不審船自爆事件の時に証明されています。
 中国の脅威をとなえるのが悪いとは言いませんが、元軍艦が出てきたからこちらも海自の護衛艦を巡視船にして対抗だ!とか言う前に、冷静に今の巡視船の能力と比較すべきでしょう。というか、護衛艦だとむしろ中途半端で使いにくいでしょう。76mm砲は巡視船用には大きすぎます(船体に当てたら威力ありすぎる)。そしてCIWSを除けば機銃装備していません(50口径用のマウントはあったりしますが、手動)。CIWSの対艦モードもあるにはありますが・・・。どうみても、海戦するのではないのですから、護衛艦よりも巡視船の方が適切です(能力が)。
 まあ、考えてみたら北朝鮮が全部悪いんですよね(苦笑)。北朝鮮の不審船が暴れたせいで海保が重武装化して、そこに尖閣がホットになってきたので更に尖閣シフトで更に強化(笑)。ま、尖閣については中国の自業自得ですけれど。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クーガ本領発揮!

 予想通り雪が降りましたね。残念ながら?電車が動いていたので相方を始発駅までクーガ送ってきましたが、まず雪おろしから(苦笑)。
011816snow0
ルーフからフロントガラスには15cm位積もっていたのでこれをどかせないと動かせません。そうしたら体が雪まみれ(傘さしてできないので)。視界が確保されれば、スタッドレスを履いたクーガなので後は問題ありません。路面は10cmちょっと積もっていましたが、駐車場から問題なく雪を乗り越えて発進。途中ちょっと下坂でなかなか上れない車を尻目に進みます。と言っても、歩行者が車の轍を歩いているので、ゆっくりとしか走れませんが。歩行者いなくて道幅が広かったら面白そうでしたが。それを除けばほんと問題なく走りました。まあ、幅が広めの直線で強めにブレーキ踏んだらさすがにABS作動しましたけれど。  
 私は家で出来る仕事をしてから遅めにいきましたが、電車は渋滞していて普段の倍以上かかりました。ま、早くでた相方は3倍かかったそうですが。(^^;  
  帰りに都内はもう雪はほとんどありませんでしたが帰ってきたら・・・・車庫にはまだたっぷり雪が。あれだけ雨が降ったのになあ。動かさなかった相方号にはまだたっぷり乗ってました。
011816snoe
仕方ないので周辺雪かき。明日の朝は凍結するでしょうから、クーガといえどもなるべくどかしておかないと。  ああ、それから古くなっていた樹脂のプランターが割れてました(苦笑)。 
011816snowplan  
  2014年のあの大雪と比べれば大したことないですが、通勤時にくらった雪としては過去最悪でした・・・って、前はそういう時は大概自宅で仕事してましたけどね。今はPCが1人1台に規制されたので持って帰っていなかったので出社せざるを得ませんでした。毎日持って帰ると思いので。これが明日大雪だったら今日は持って帰って、もう最初から出社する気にはなりませんが。  おまじない代わりに今日はPC持って帰りましたから、明日は電車は普通に動くことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

激安エキシージSロードスターの理由

 明日は雪の予報ですが、どうなんでしょうね?まあ、今回はクーガ+スタッドレスがあるので備えは万全です!

 AUTOCARに以下の記事がありました。
http://www.autocar.jp/specialissues/2016/01/07/151510/2/
 MY14が売れ残っているのはロードスターが割高だから、というよりも(それもあるでしょうが)、ロードスターを買おうとする人が求めるものと在庫の仕様が食い違っていたと。これらはベーシックなクロスシート・・・つまり、乗り込んだら普通のエリーゼと同じです。その代わりレースパックを装備。まあ、大きなエリーゼ(走りを楽しむ)という仕様。しかし、実際にロードスターを買おうとする人はレザーシート内装をもとめ、2ペダル率も高いとか。まあ、そりゃそうですよねえ。走りを求めるならクーペがありますし、何よりもそっちの方が安いのですから。リアウイングもあるし(日本ではFSWとか大きなサーキットいかないとあっても無くても大差ないかもしれませんが)。
 私自身はエキシージSはあのレザーシートが標準だと勘違いしていたので、エリーゼとまったく同じシートが標準だというのを見て驚きました。だって、展示されていたりするエキシージSはクーペにせよロードスターにせよレザーシートでしたから。クロスでも良いのですけど、あの形状のシートじゃないのが標準とは驚きです。
 LCIも正直に読み間違えて売れ残っていると言っています。10台入れたということなので4台は売れたんですね!いやあ、これだと私も手が出ないなあ。だって、大きくて速いエリーゼは要りませんから。だったら普通のエリーゼで十分です。何度も言っているようにロードスターはエリーゼよりも快適なGTよりの車であるべきです。レザー内装も標準にすべきでしょうよ(レスオプション扱いにするか)。エンジンもSCはいらないのでNAで十分です。
 無理とは承知で言えば、NAでマツダのロードスターような開け閉めできる幌がついて、レザー内装のロードスターなら欲しいです。今の私にはそういう車が合っていますから。で、今はボクスターがある訳で・・・・ね?ボクスターの方があってますよね。まあ、乗り心地はエキシージSが優るかもしれませんが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引っ越ししなくっちゃ

 と言っても家や駐車場ではなくホームページの話です。ニフティが「@homepage」のサービスを終了するので「@niftyホームページサービス」に移行しなければなりません。
http://www.nifty.co.jp/cs/newsrelease/detail/160112004493/1.htm
 雑談室はともかく他はほとんど見られていないでしょうけれど、せっかくつくったものなので、移行させないと。まあ、大した量がある訳では無いのですが、ファイルを落としてURLを手で変更しないといけないので面倒です。自動移行のサービスがあればいいんですけどね。
 ホームページはいいですが、ブログを移行しろとか言われたら面倒です(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマートフォーフォー vs フォーツー

 フォーフォーに試乗させてもらいました。諸般の事情により前回と違う販売店なので比較のために同じコースでフォーツーも試乗させてもらいました。
 まずはフォーフォーです。TMS2015と見たのと内装がちょっと違いました。これはフォーツーと同じオレンジと黒のツートンでなかなか良いです。
011016ff
隣に展示されていたフォーツーと比べると後部座席から後ろはかなり違いますが、それよりも前はほとんど同じですね。タイヤは展示車はどちらもダンロップのsportbluesponseというものでした。
フォーフォー
011016fff_2
フォーツー
011016ftf
シートに座るとTMS2015で展示されていたフォーフォーと違って、シートはフォーツーと同じもののようです。ただ、ちょっとだけフォーツーの表皮が柔らかく感じますが、これはもしかするとフォーツーの方が長く展示されているからかもしれません。後部座席に座ると座面は短いものの、頭上の余裕はあり、見た目よりも居住性は悪くはないです。もっともここに数時間乗るのは厳しいかもしれませんが。
 さて、試乗です。試乗車のタイヤはミシュランのEnergysaverでした。
011016fftestt
エンジンをかけても静かで振動も感じません。ポジション合わせてさて、発進。うん?先日のフォーツーよりは発進が上手かも?DCTらしいがさごそと発進というよりは、依然としてシングルクラッチのAMTっぽい感じではありますが(ゆっくりクラッチつないで発進する感じ)。
 道路に出ると意外と路面の動きに合わせて車が動きます。あれ?もしかしてフォーツーよりも悪い?まあ、当たりはフォーツーよりも柔らかい感じはしますが、動きは出ますね。大きな違いはステアフィール。このフォーフォーはとにかく軽いです。フロントの荷重は軽いので、パワステのアシスト量は少なくても良いと思うのですが・・・・。フィールも何もなくただ軽いだけです。せっかくフロントを駆動しないのになあ。うーん、前回のフォーツーではこんな風には感じ無かったのですが。それからSATが弱い気がします。手で戻してあげないと手を離しただけでは直進状態に戻ってくれません。
 驚いたのはエンジンの音が良いことです。回すと結構良い音がします。3気筒の音が良いエンジンは回すとポルシェの水平対向6気筒エンジンっぽい音がしますがこれがそうです。多分、過去経験した中で最良でしょう。タコメーターがないのでどれだけ回っているかわかりませんが、回して音を聞きたくなります。動力性能はカタログスペックよりもずっと良い感じです。3速で踏んでもちゃんと加速していきます。そして前述の通り音が良く回転フィールも気持ちよいです。
 トランスミッションは走り出せば問題はありません。正直、AクラスのDCTよりもずっと良いですね(苦笑)。なお、1速で引っ張ってみましたがマニュアルモードでもオートシフトアップしました(当たり前か)。
 フォーツーほどでないにせよ、小回りは効きますね。ステアリングの切れ角が大きいです。同乗の営業氏に促されてUターンさせてみましたが、やはりぐるりと簡単に回ります。
 乗り心地も悪いというほどではないですね。路面が結構悪かったかも。ホイールベースが短いフォーツーよりは落ち着いているのではないでしょうか?同乗の相方は乗り心地が良いを連発していました。ただ、戻ってきて降りたら、ちょっと体が揺れる感じがしました。嫌な予兆です。時々あるんですよね、乗っている時は平気でも降りたらきついの。最近だとS660とかマカンがそうです。
 フォーツーとの違いが気になったので、フォーツーにも同じコースで試乗させてもらいました。こちらもタイヤは同じミシュラン。
011016fttestt
ラッキー、これで車そのもの以外は同じ条件で比較できます。タイヤが違うと乗り心地の印象がかなりかわりますからね。
 エンジンをかけると驚く位こちらの方がうるさいです。そして振動がシートとステアリングに伝わってきます。3気筒だなあと感じます。フォーフォーでは言われないと3気筒エンジンだとわからない位でしたが。
 走り出すとトランスミッションの感じは同じですね。まあ、同じものなので当然ですが。段差を乗り越えるとフォーツーの方が揺れます。その後も、相方はこっちの方が乗り心地が悪いを連発。うーむ、この試乗コースは見た目よりも路面が悪いですね。ただ、突き上げはあるものの収まりはこっちの方が良い気もします。フォーフォーの方が脚が柔らかい感じもしますね。ホイールベースが短いから少し固めないと動きが大きくなるからでしょうか?乗り心地は酷い訳では無く、許容範囲内ですし、相方評価はともかく、コペンよりもずっと良いです。
 エンジン音はぱっと見・・聞きフォーフォーよりも悪い気がしますが、良く聞いているとエンジンの音はそのものは同じです。ただ、フォーツーはエンジンの音以外に色々な音が聞こえてくるので、雑味が入ってフォーフォーよりも悪く感じるのだと思います。フォーフォーは余計な音は聞こえず、エンジンの音だけが聞こえてくるので良く感じるのだと思います。
 踏んでみたら、なんだかフォーフォーよりもちょっと遅い気がします。フォーフォーは車重が65kg重く、更に3人乗車していたのに対し、2人乗車なので、少なく見ても120kgは軽いはずなんですが、体感的な加速はさっきのフォーフォーの方が良いです。何故でしょう?まあ、何度か加速させてみたら、気のせいかなと思えてきましたが・・・でも、フォーツーの方が速く感じるはずなんですけどね。
 ああ、ステアフィールはフォーツーは普通でした。フォーフォーのように変に軽くはありません。SATが弱いのは同じでしたが(前回余り気にならなかったけれど)。
 戻ってきたら、フォーフォーと違って体が揺れる感じはしません。ああ、そうそうシートですけど、試乗車もフォーツーの方が表皮が柔らかく感じました。まあ、これもフォーフォーは下ろして間もないのに対してフォーツーは相応の期間使われているせいかもしれません。まあ、フォーツーの方が良く感じたものの、フォーフォーでも駄目という訳では無いので問題ではありませんが。
 比較するとフォーフォーの方が当然コンフォートです。静かで乗り心地も良いです。これはもう物理的な成り立ちの差そのものでしょう。エンジンが多い方が静かでしょうし、振動も減らせるでしょう。ホイールベースが長ければ動きも落ち着きます。

 動力性能は人を無視して車のスペックだけ比較すると
フォーツー:940kg、71PS、91N・m:13.2kg/PS、10.3kg/N・m
フォーフォー:1005kg、71PS、91N・m:14.2kg/PS、11.4kg/N・m
コペン: 870kg、64PS、92N・m:13.6kg/PS、9.5kg/N・m
 なので、コペンは一番速く感じても不思議有りませんが、体感的には一番遅いです。多分これはCVTとDCTの差でしょうね。やっぱりCVTはねえ。フォーツーとフォーフォーはフォーツーよりも遅いはずですが、速く感じたのは、ホイールベースが長いので相対的に後軸荷重が多くなるのとフィーツーの方が路面が悪いとはねるとで、トラクションの違いでしょうか?

 フォーフォーはオレンジ・ブラックツートンのファブリックシートが良いので、ベースのパッションを選びますが、ベーシックパッケージをつけられるのでシートヒーターとリアのパーキングソナーがつきます。現段階でフォーツーは限定車扱いですが、その二つはつきません。
 こう比較するとフォーフォー圧勝・・・なんですが、あの軽すぎるステアリングは非常に気になります。それと長時間乗ったら私はフォーツーの方がフォーフォーよりも疲れない気がします。それからフォーフォーは自動車としては良くできていると思いますが、反面おもしろみが無いようにも思います。フォーツーは自動車とはちょっと違う乗り物に感じますが、フォーフォーは良くできたコンパクトカーです。
 ただ、ステアフィールと並んで大事なエンジン音はフォーフォー圧勝なんですよね。あのステアリングが改善されたらフォーフォーでしょう。

 では、相方の本命のトゥインゴはどうでしょう?TMS2015の展示車だとタイヤが薄いので、スマートよりも乗り心地が悪化する可能性があります。ターボがつきそうなので動力性能は高いですが、スマートでも十分なので、音がどうなるか気になりますね。それとステアフィール。個人的にはそこかなあ。やはりトゥインゴを試乗しないとわかりませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士山に雪が少ない

 諸般の事情により、予定が変わり、ミュゼオ御殿場にお昼を食べに行ってきました。
011016muzeo
すいているのかなと思ったら満席に近い賑わいでした。(^^;そして、MP4-12Cスパイダーがなんと2台も来店!凄いなあ。白とオレンジというかカッパー。
011016mp412c011016mp412c2
いいな。、この色。お店の人に聞いたら普段はさすがに珍しいそうですが、FSWの走行会の帰りに集団でくることがあるとか。それは見て見たいですね。
 席から富士山が良く見えましたが・・・山頂に雪が少ないです。
011016mtfuji
暖冬ですね。感覚的には4月くらい?これから増えるのでしょうか?その後、ちょっと箱根を一回り。1月にしては記憶が高く、雪の気配はまったくありません。まあ、オープンにして走ったら、薄着だったせいもありちょっと寒かったですけれど。噴火警戒レベルが1に下がっていますが、噴煙も少なくなっていますね。それでもまだ少し吹いていました。
011016funnenn
 暖かいせいか車が多くて驚きました。芦ノ湖湖畔では両側とも大渋滞。
011016jam
いやあ、紅葉の季節並です。箱根新道から帰ろうとせず、七曲がりを下れば良かったと思っても後の祭り(苦笑)。でも、ナビも悪いんですよ。ナビ上は渋滞していない表示だったからこっちにきたんですが・・・どうなっているんだか。
011016jamnavi
そんなんで遅くなったので東名も渋滞が始まっていて海老名から圏央道へ。合流の仕方を変えてくれたおかげでここでは渋滞はありませんでした。
 今日は200kmほど走り、通算走行距離1818km、平均燃費11km/lです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロードスター、売れなかった?

 エキシージSロードスターのキャンペーンやっていますね。
http://www.lotus-cars.jp/tlc/news/news/%E3%80%8E-exige-s-new-year-special-campaign-%E3%80%8F/
 事実上50万円引き+おまけ(ナビ、バックカメラ、ETC、HIDヘッドライトなど)。エキシージSそのものは納車待ちが長いと聞きましたが(少なくとも発売当初は)、ロードスターはどうだったんでしょう?対象はMY14って書かれているので売れ残りですよね?
まあ、何せ、普通のエキシージSから屋根とウイングとって、何故か値段が高いですからねえ。もちろん、ボクスター・ケイマンを除けば通常はオープンの方が高いですが、エキシージSという車の性格を考えれば、ロードスターじゃない方を選ぶでしょうし、幌ってエリーゼと同じやつですからね。
 前にも書いたようにエキシージSロードスターそのものは好きです。妙に格好いいですし。ただ、3.5LのSCは要らないんですよね。はSC無くして、脚ももう少しコンフォートよりに降ったオープンカーらしいロードスターで、値段もその分安くしてもらえたら良いのですが。(^^)出来たら、2.5LのNAで(誰も買わないって。(^^;)。

e-mail   :akoh_1005@c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぴー三郎走り初め

 もうお正月も終わりですね。4日から仕事はちときついです。まあ、私は9連休だったので文句は言えませんが・・・。でも、やっぱり気分的には4日くらいまでは休みであって欲しいですね。
 さて、今日はぴー三郎の走り初めに行ってきました。といっても、買い物行ったりしたら遅くなってしまったので、時間がなくなり、74km走っただけです。元ルノーの担当営業氏のいるフィアットアルファロメオ店へ年賀の挨拶に行ってちょっと遠回りして帰ってきておしまい。
 駐車場とめてから降りて見たら・・・車止めぎりぎりでした。(^^;;
010316fca
 ちょっとここで書きにくい話も色々したんですが、慣れないFCAの車の販売に苦戦しているようです。ルノーに戻ればいいのになあ。彼も我が家もそれが一番良いですが。そこにあったポスターで2代目バルケッタが存在することを初めて知りました。
Barchetta2
といっても、MG-FとMG-TFのようなもので、フェイスリフトしただけのようですが。少数輸入されただけだそうです。
 ぴー三郎は相変わらず最初だけヒーターからなかなか暖かい空気が出てきませんが、後は車全体が暖かく冬は快適です。最初は温度を最高に設定しておかないと駄目ですけどね。
 さて、明日からまたしばらく頑張って仕事しますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AWの走り初め

 買い物行って近所の神社に一応初詣に行った後、AWの走り初めしてきました。目的地を決めずに走り出して、結局、宮ヶ瀬へ。相模川西岸から鳥居原へ行くコースは休日のお気に入りのドライブコースです。それほどペースを上げなくても楽しめますし、特にAWなら楽しいです。あちこちの立て付けが悪くなっていて色々な音がします。そういう音や振動によって、AWも歳を取ったなあと思います。でも、走りそのものはまだまだ元気です!4000回転前後からちょっと踏むと実に心地よい音がします。この音を聞きつつ走っている時が一番幸せです。他の車ではこれは味わえません。
Miyagase2016
 午後遅めの時間だったので余り面白い車とはあいませんでしたが、宮ヶ瀬からの帰りであろうエキシージとかセブンととすれ違いました。鳥居原の駐車場にとめてトイレにいったら売店などは休みでしまっていて中のトイレは使えず、外のトイレも凍結対策で身障者用の一つしか使えなかったので行列が出来ていてちょっと焦りました(苦笑)。
 行きと違う道からのんびり走って帰りました。往復で約60km。今日はそれほど腰は痛くなりませんでした。走り納めの時は大掃除で酷使していたからかな?
 今年は4日から仕事の人が多いせいか、Uターンラッシュで高速道路は酷い渋滞ですね。さて、明日はぴー三郎の走り初めかな?どこに行こうかな?Uターンラッシュの影響が無い道を選ばないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年の始めに

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 元日はいつものように義父のところにいって過ごしてきました。今年はそんなに寒くないので例年通り電車で行きましたが、帰りは冷えていましたね。

 さて、今年の抱負を。まずは車ですが、AWは昨年の走行距離が1205kmで、一昨年よりも約200kmほど減ってしまいました。一応今年も1500km走ることを目標にしたいと思いますが、乗ると腰が痛いのが問題です。981は昨年1545km走行。三ヶ月ですから、単純計算すると年換算で約6000kmです。まあ、これは今年もそんなものでしょうか。春には慣らし運転を終了させて、全開走行可能になるでしょう・・・けれど、全開走行させられる場所がありませんね。クーガは昨年9707kmとほぼ1万km走りました。長距離巡航はやはりクーガですね。最初のもくろみは、雪がなく、荷物が少ない場合(日帰りとか短い旅行)は981で行くつもりだったのでクーガの走行距離は減るはずでした。ですが、予想に反して高速巡航が得意ではなかったので悩みます。春前にスタッドレスからノーマルタイヤに戻しますが、タイヤの劣化が進んでいるので今年のうちに履き替えでしょうか?それとも今年一年使って、来年にするか、悩ましいところです。ああ、タイヤといえばAWのタイヤもかなり古くなってきたのでそろそろ交換すべきですね。走行距離は14000km位ですし、溝もたっぷり残っていますが、もうすぐ丸7年になってしまいますから。車庫に入っている走行距離が伸びない車のタイヤ交換は悩ましいですね。外置きなら紫外線でもっと劣化が進むので、距離が伸びなくても交換しますが。 
 今年は自分名義の車は買い換えないはずですが、981の乗り心地に不満があるのが不安要素です。下取りの金額で買える車なら買い換えは可能ですからね・・・。もっとも希望の条件を満たす中では最良が981だったので候補はないはずです。クーガの乗り換え検討は続けます(クーガvsシリーズ)が、今の感じではクーガを超える車はなさそうです。
 今年我が家で車が変わるとしたら相方号です。決めるのは相方がですが、個人的にはスマートフォツーがいいかなあ。トゥインゴでも良いのですけれど、あの驚異的小回りは魅力です。セロSは乗り心地がね。まあ、高速巡航だと逆転するかもしれませんが。まあ、全てトゥインゴの出来次第です。

 鎖骨もようやく完治するので、久しぶりにサーキットに行ってみたい気がしますが・・・・車がないですね。981は後付けロールバー無くても日光走らせてくれるかなあ?サーキットでないと全開走行無理ですが、サーキットでも性能高すぎます(苦笑)。悩ましいですね。MR-S位がちょうどよかったんですけどね。
 その前に骨折のせいで体力がかなり低下しているから、その回復が先かなあ?筋力も落ちましたしね。春前には負荷かけても平気になるはずですので、少し頑張らないと。腰の痛みも筋肉の衰えが原因かもしれません。
 今年も頑張って会社に行って通勤します。当たり前ですけれど、油断すると長距離通勤にめげますので(苦笑)。まあ、自宅勤務推進キャンペーンなんかも行われていたので週に一度程度は(無理か。月に二度くらいかな)活用して痛勤を緩和しましょう。
 それから今年はもう少し英語を勉強します。仕事でなんとか通じてはいますが、能力不足を痛感していますので、もう少しなんとかしたいです。
 株は今年は去年よりも駄目そうなので、損しないようにします。利益はまあ、昨年の半分もいけば上出来でしょうね。
 今年はもう西口復活!と言えないのが残念です。ライオンズは・・・某ホークスだけには負けて欲しくないですね。

 では、皆様にとって今年が良い年になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »