« クーガ vs X1 xDrive20i | トップページ | AWを運転出来ない »

クーガ vs イヴォーク

 クーガ vs シリーズ第二弾ですが、いきなり本命登場(苦笑)。レンジローバー・イヴォークに9ATになって初めての試乗させてもらいました。9ATになった際に4WDシステムが変更されたそうで、営業氏が研修で体験したそうですが、片側がアイスバーン、片側が雪の30度の斜面をイヴォークは何事も無かったのようにまっすぐ上っていたそうです。他のレンジローバー・ランドローバーですら多少蛇行したとのこと。競合車は・・・言うまでもなく。後輪だけではなく左右もクラッチで切り離せるとか。極端に言えば前輪のどちらかだけで走れるそうです。ま、そんなシステムが機能するような場面にはまず遭遇しないとは思いますが。
 乗り込むと相変わらずSUVっぽくはありません。視点だけは高いですけれどね。後方視界はちょっといまいちかな?後は平気です。いざとなればアラウンドビューモニターもあります。
 パドルがついていて、DでもSでもマニュアル変速は出来ます。Sだと自動的にシフトアップせずリミッターが作動するそうです。おお、素晴らしい!
 試乗車はオプションの20インチタイヤ!がついていました。245/45R20!まあ、でも、20インチといってもそれほど薄い訳ではありませんね。そこはSUVですからね。
 さて、発進。敷地から道路にでたら・・・うーむ、何でもないですね。段差で大きく揺れることもなくすっと走り出しました。その後も実に滑らかです。試乗コースは路面がわりと良かったので、もっと荒れていたり、大きな段差があるとどうなるかはわかりませんが、少なくともこの試乗コースでは実に滑らかな乗り味でフラットです。SUVとは思えません。クーガとは・・・クーガもSUVにしては良いと思ったのですが・・・このイヴォークには勝てません。以前試乗した時には電子制御ダンパーがついていましたが今回の試乗車は普通のダンパーです。いやあ、イヴォークってこんなに乗り心地良かったっけ?しかも20インチですからね。これなら見栄え重視で20インチを選んでも我慢は必要ありません。
 エンジンは基本的には変わっていないようです。動力性能は十分以上。2000回転シフトアップでなんら問題ありません。ただし、音は前の方が良かったような気がします。組み合わせるトランスミッションが変わって何か音の響き方が変わったのかもしれません。それでもX1のエンジンよりはずっと好きです。
 9ATは・・・忙しいです(笑)。まあ、通常は1速に落ちず、路面状況が悪い時用という感じで、正味8速ですが、それでも十分忙しいです。2速で上まで引っ張ってみましたが、制限速度内で安心です。(^^)ミッションそのものは変速速度は十分速く不満はありませんが、1速へのシフトダウンは拒否されることが多いです。また、信号で止まる時に1速落としただけではエンジンブレーキが弱く、続けて落とさないといけませんが。
 ステアフィールはクーガには負けますがX1よりは良いでしょう。ブレーキも気になる点はありません。それからロードノイズがまったく気になりませんでした。路面タイヤの違いがあるので公平な比較ではありませんが、クーガやX1よりもずっと静かです。シートも良好。
 強いて言えば、X1もそうですが、ブレーキホールドがないのが残念です。アイドリングストップがついている2ペダルの車にはブレーキホールド機能は欲しいです。クーガにはアイドリングストップなんてものがついていませんが(苦笑)。クーガと比べると小回りが効いて取り回しは良いです。
 ハンドリング云々は街中ので試乗ではわかりませんが、体感的にはSUVにしては重視は低く、良い意味で車が軽く感じます。試乗車の仕様だと1800kgを超えているはずですが。X1は、悪く言えば「軽薄」なのに対して、イヴォークは「軽快」です。同じエンジン横置きFFベースなんですけどね。
 静かで滑らかで、上級サルーンのような走りです。いや、イヴォークって本当にここまで良かったかなあ?9ATになって車が良くなったように思います。教祖様はイヴォークはそれほど高く評価されていなかったと思いましたが。
 装備が簡素なSEで496万、恐らく売れ筋であろう装備の充実したSE Plusで587万と高いですが、X1よりも納得出来ます。装備が簡素といってもほぼ同価格のX1と比べるナビ、キセノンヘッドライト、ドライビングアシストがオプションですが、それらが必要なければ実用上必要なものはついていますし、その位の価格差は納得出来ます。
 SEだとファブリックの手動シート(電動レザーシートのオプション設定なし)で、17インチタイヤですが、手動という点を除けば、我が家的にはその方が良いです。オプションつけるとしたら
 SEテクノロジーパック:33.9万円:キセノンヘッドライトとオートハイビームが欲しいので。
 シートヒーター(フロント):5.7万円:我が家では必須
 エアコンディショナー・リアベント:1.7万円:義父用
 パノラミックグラスルーフ:16.5万円:義父用
 メタリックペイント:8.2万円
かな?ナビは・・・相変わらずDVDなのでポータブルポン付けでいきます。合計562万円。うーむ、意外と高いな(苦笑)。
 SEプラスだと587万円に
 オートハイビーム・アシスト:2.9万円
 エアコンディショナー・リアベント:1.7万円:義父用
 パノラミックグラスルーフ:16.5万円:義父用
 メタリックペイント:8.2万円
なので、616.3万円。こっちはナビと電動シートがついてきます。ただし、メモリーはないのでメモリー欲しいですね。でも、そうすると16.4万(なんか妙に高い)。それとSEテクノロジーパックにパワーテールゲートが含まれているのでそれつけると7.7万円。合計640.4万円。うーむ、高い(苦笑)。なお、タイヤは17インチに無償出来ます。ナビあきらめてSEにオプションの方が良いかもしれませんね。
 さて、クーガの問題点はどうでしょう?1の乗り心地はイヴォーク圧勝。というか、イヴォークに勝てる乗り心地の車ってどれだけあるだろう?2の小回りは最小回転半径は5.5mですから、クーガよりも小回りは効きます。体感的にはもっと最小回転半径が小さいような気がしました。3の空調は今回の試乗でははっきりわかりませんが、とりあえず寒くはありませんでした。4の燃費はスペック的にはJC08で10.6km/lですが、クーガよりは良いでしょう。5は乗り降りは微妙です。車高が低い分楽なんですが、実はイヴォークにはアシストグリップがありません。またリアドアの開口部も小さめですし、後部座席そのものもクーガより狭いです。特に天井が低いです。まあ、乗り降りだけなら踏み台を用意すれば平気ですが、それだとクーガと同じですね。
 後部座席を感が無ければイヴォーク圧勝です。では、クーガが優っている点は?それはやはり後部座席の居住性です。グラスルーフはあるのでその点はクーガと同等ですが、頭上の余裕が少なく足元も狭めです。まあ、イヴォークはそういう車ですからね。それとエンジン音もクーガの方が優っています。クーガ vs X1と似ていますが、「かけよろ」度はイヴォークが優っているでしょう。パドルもありますし。
 後部座席は義父に実際に乗ってもらわないと判断出来ませんが(私が決めることではないので)、それさえ問題無ければ、総合的に見てイヴォークの勝ちでしょう。前回はクーガが選ばれたのですが、結局は後部座席の居住性が決め手でした。それは今回も変わりません。ただし、イヴォークが改良されて更に良くなっているのであの時よりはクーガ不利です。
 年末ということもあって、在庫車で年内登録なら・・・というのが出てきてしまいました(苦笑)。クーガの下取りはそれなりですが、まあ、フォードなんでそれは最初から期待出来ません。それ以外の条件は結構良いです。禁断の残価設定ローンを使えば、実質的な追金はそう多くなく、とりあえず三年はイヴォークに乗れます。クーガと違って、イヴォークなら下取りも良いですしね。色は限られますが、嫌いじゃ無いというか好きな色のがあります。まあ、イヴォークだったら、好きな色の組み合わせでオーダーしたいところではありますが・・・・。うーむ、二回目でいきなりこんなことになってしまいました。え?いつものパターン通り、イヴォーク買うんだろう?いやあ、義父を乗せるというのがあるので、そこがねえ。ディスカバリー・スポーツだったら、後部座席の居住性はクーガ以上ですが。ただし、イヴォークやクーガよりも長いです。そこがね。

|

« クーガ vs X1 xDrive20i | トップページ | AWを運転出来ない »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クーガ vs イヴォーク:

« クーガ vs X1 xDrive20i | トップページ | AWを運転出来ない »