« TMS2015:東その他車両篇 | トップページ | TMS2015:スマート篇 »

TMS2015:東サプライヤー篇

 タイヤメーカーは国内各社はブースがありましたが、今回はグッドイヤーはいませんでした。ダンロップのブースは半分はファルケンになっていて、ショーカー用のタイヤも展示されていました。
Dunlopshowcartire
ファルケンは以前、AWとSWでGR-βを愛用していましたが、最近、もうなくなるのかなあと思ってましたが、まだまだやるようですね!でも、どちらかというとハイパフォーマンス系用・・・つまり薄くてでかいタイヤ中心で、我が家の車には難しいです。シーリングタイヤのデモもあり、タイヤにとがったものを差し込んでいましたが、前回コンチネンタルでもみたような?
 ブリジストン(と他にもあった気が)にパンクしないタイヤが展示していました。
Bsnoairtire
えっとリアカーのタイヤと同じ(笑)。いや、ホイールの構造も含めてのようです。
 豊田紡織ではいつも色々な車のシートを展示していて実際に座ることが出来ます。RC Fに座ってみましたが、なかなか良いですね。
Rcfsheet
でも、シャア専用オーリスもなかなか良かったです。
Aurissheet
新型プリウスもだいぶましになっていました。乗り心地は不明ですけれど。
 座るのに長い行列に並ばないといけないシビックType-Rもシートだけならすぐに座れます。
Civicrsheet
TS-Techにありました。歴代のType-Rのシートはここだとか。これもなかなか良いです。
 豊田自動織機はディーゼルエンジンが色々展示されていました。どんどん改良されていて、Nox排出量が1982年の0.7から2015年では0.008にまで減少したそうです。
V8d
可変ノズルターボ。
Vvt
 東海理化にウッドステアリングが展示されていましたが、断面を見ると表面にはっているという訳ではなく、ウッドに芯を入れているのですね。
TorikawoodsTorikabumb
 トヨタ合成のスケルトンモデルに後突エアバッグがついていて珍しいなと思って聞いたら、iQ用だということです。
Rab
すると前にもあったのかなあ?気が付きませんでした。ただ、後でデモしていた時に世界初とか言っていたのでマイナーチェンジで追加したのかもしれません。そこは聞き忘れました。
 日立オートモーティブの体験のは長い行列。まあこういうのはいいや、パス。ここにスーパーフォーミュラとINDYCARTが展示されていました。
Indycart
INDYCARTってでかくなっていないかなあ?気のせいかなあ?最近見ていないので(中継もないか?)気が付きませんでしたが。
 マーレのブースもピストンなどはちょっとだけで電気系部品が過半を占めていました。年かさの説明員の人に話かけたら、やはりさみしそうでした。でも、そのピストンも色々と進化しているようです。
MaleMale2
 SCHAEFFLER。電動アクティブ・ロール・スタビライザー(48V向け)がありましがが、開発段階。
Schafflerstabi
電動モジュールとか電動アクスルはあったがDCT系はちょっとだけ。なんかDCTの波が引いている気がします。結局、多段ATの方が良いというのが市場の判断なんでしょうか?BMWのB38エンジン(3気筒)の展示もありましたが。EVのフォーミュラも。
 JTEKTにMIRAIのカットモデルがありました。
Miraicut
水素タンクは黄色いのですね。トルセンLSDも展示されてました。
Jtekktlsd
NTN。中空タイプのドライブシャフト。
Ntndriveshaft
エリーゼS3に白い布をかぶせてプロジェクトマッピングの台にしているのもありましたが、何故にエリーゼ?。
Ntnelise
その横には別のS3に絵を描いたものもありました。
Ntnelisecolor
アイシンもスケルトンモデル。
AsisinskeltonAisinskel2
なんだろう?ハリヤーHV?アウディのナビもアイシンなんですね。あのTTのメーターも。
Aisinttnavi
ボディーシーラーとかもありました。
Aisinsheet
もちろん、ミッションも。8AT、6MT FF用、CVTと。説明員曰く、ATFフの交換は要らないそうです。耐久試験やるとエンジンが先に壊れるそうで(笑)。「アルミ浮動型キャリパ パッド、ロータ」と書かれていて、え!アルミのロータ!と思ったら、聞いたらアルミはキャリパだけでした。(^^;
Aisinalumi
 ニッパツにCFRPコイルバネがありました。
Cfrpcoil
中空バネもありました。色々開発されますね。それから前にも基板は見たのですが、放熱性の高い基板のデモがされていました。
Nippatupcb2Nippatupcb
従来品が60.3度、開発品が46.4度と14度低いです。基板の裏に放熱用の金属板があり、基板そのものも放熱性を高めるための素材が混ぜ込まれているそうです。どういう素材かは教えてくれませんでした。
 それと前回はトランスミッションやら色々展示していたZFが小さなブースでやる気がなさそうでした。なんでだろう?つまらないなあ。
 各所で中国自動車メーカー向け部品の展示が増えていますね。日本企業も多数供給している、ということですね。

|

« TMS2015:東その他車両篇 | トップページ | TMS2015:スマート篇 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TMS2015:東サプライヤー篇:

« TMS2015:東その他車両篇 | トップページ | TMS2015:スマート篇 »