« 最近のの文谷先生 | トップページ | TMS2015:東4・5・6、トヨタグループ以外自動車メーカー篇 »

TMS2015:トヨタグループ篇

 今回も行ってきました。過去の教訓を生かして、開場30分前に到着。開場の10時に中に入れました。いつもはサプライヤー系展示を中心に見て自動車メーカーのブースは流す程度なんですが、今回は、S-FRをまず見に行きました。開場直後だとさすがにすいています。事前にwebで写真を見た時には以前書き込んだように市販まもなくか?と思いましたが、実物を見るとまだモックアップのショーカーでした。
SfrfSfrrSfr
ただし、内装の作り込みはほぼ量産車レベルですし、外装も細かい部分は別にしてこのまま量産されてもおかしくないです。

タイヤも必要以上に大口径ホイールではなく、195/50R16でした。
SfrftSfrrt
うーむ、ぱっと見15インチに思えましたが、16インチなのは意外です。最近大きいのが多いので16インチでも小さく見えてしまいますね。個人的には15インチが良いですが。まあ、ショーカーでこの程度に抑えられているというのは良いことだと思います。
 横から見るとやはりヨタハチを思い出します。前から見ると角度によってはファニーなだけではなく、精悍さを見せることもあります。あの今のレクサス風の大きなグリルは好みではないですけれど、許せます。
 ステージ上に置かれていて、内装をじっくり見ることは出来ませんが、時々ドアを開けてくれるので望遠で撮って見ました。こんなのよりも事前に出ている写真の方が鮮明ですけれど。ドアの内側の造形はよく見るとしょっとショーカーっぽいですが、何かから流用したであろうステアリング回りなども含めて、このまま量産されてもおかしくないように思えます。ステアリングが真円なのも良いですね!
Srfinte
 ボディカラーは黄色なのですが、光の当たり具合によっては黄緑に見えます。この色も良いですね!説明員(デザイナーらしい)に話を聞きましたが、この色はソリッドな黄色なのだそうです。意外でした。本当にこの色は良いと思います。一部雑誌で発売断念とか書かれていましたが、話を聞いた限りでは、実際に発売する方向で動いているということです。車両本体価格を安くというのもありますが、維持費を安くしたいといっていました。おじさんの発想かもしれませんが、やはり若い人に乗ってもらえるには必要なことですよね。それと動力性能含めて、ほどほどの性能、でも楽しく走れる車を目指したいと。86はちょっと速すぎると思うと言ったら同感だと。良いエンジンがトヨタ似ないからなあと言ったら、それなりのに仕立てますとのこと。最初はやっぱ高回転まで気持ちよく回るのが良いなあと思ったのですが、86が現代版AE86であるとすれば、S-FRは、現代版KP61でしょう。だから、エンジンは普通でも良いかなと思うようになりました。ヴィッツRSと同じ1.5L(トヨタの普通の)でも良いでしょう。奇跡的に音、フィールが良かった(レブリミットはそれほどでもないけれど)オーリスRSの1.8Lも良いのですが、維持費ということを考えれば、レギュラーガソリン仕様が良いでしょうし、1.8Lじゃパワーありすぎるように思えます。なら、あの普通の1.5Lでも良いのはないでしょうか・・・つまらないエンジンですが。音だけはもう少しスポーティに仕立ててもらえれば。
 実際に発売されるかはわかりません。販売というのを考えたら、それほど数は出ないでしょう。86よりも少ないかもしれません。86の時はロードスターくらいしかありませんでしたが、今はS660もありますし、市場のパイの大きさと比べると競合する車は増えています。もっとも、2+2なのはロードスターがS660に対する長所ではあります。反面、オープンにはなりませんが。なので個人的にはタルガトップ仕様もあると面白いと思います。だって、そうしたら、我が家のお花見車になりますから。(^^)まあ、相方がトゥインゴではなく、コペンを選べばクーペのままでも問題ないですけどね。
 二年後、発売直前のが参考出展されることを期待します!なお、当日、説明員に話しかけていたのは「オジサン」ばかりでしたが、前日には貯金するから絶対発売してくださいという大学生もきたということでした。(^^)

 そのほかのトヨタブースの車も少し。ヴィッツ・・・ヤリスWRC。さて、どうでしょうね?なおフロントボンネットのグリルがダミーでした。
VwrcVwrc2
側にいた説明員に聞いてみましたが、わからないということ(苦笑)。何故でしょう?後で見たポロWRCも同じようにダミーでしたが・・・コースにより変えるのかなあ?
 新型プリウスは複数展示されていましたが、人が群がっていたのと興味は余りないのでちらっとしか見ていませんが、この黄色はS-FRに似ていて良いですね。
Dscn9678
 そして、KIKAI。
KikaifKikai
市販車と関係のない完全なショーカーですが、張りぼてではなく、走れそうです。そして何よりこいつはMRです!前を見てエンジンがないので、あれえ?と思ったら後ろにありました。
Kikaieng
HVのようですけどね。アクアのパワートレインを逆向きに搭載したのかな?1+2のマクラーレンF1方式のシート配置。
Kikaisheet
車高は高いし、スポーツカーではないですが、面白いです。まあ、こんな車が実際に出てくるとは思いませんが、モーターショー用の車としては楽しいし、良いと思います。

 ダイハツは・・・正直、今回、私には面白いものはほとんどありませんでした。まあ、エンジンなどのメカ系の展示もありませんし、スポーツカー系がありませんでしたし、仕方ないかなあ。コペンも普通のセロだったし。出来たら、限定車設定して展示して欲しかったですが。唯一面白かったのはこのレゴ。
Daihaturego

 レクサスは、RC F GT3が私的目玉ですね。
Rcfgt3Rcfgt3side
1250kgかあ。余計な物を省けばそれ位になるのかなあ?しかし、乗車定員1名という表示は笑えます(笑)。
Rcfgtpanel
それと・・・・でかいリヤウイングですねえ。
Rcfgt3r
まあ、格好だけじゃないのですけれど。燃料電池車のショーカーとかデビューしたRXとかありましたが。

 スバルも・・・いまいちかなあ。GT300のBRZもここじゃないと見られないものではないし、コンセプトカーも張りぼて外観だけ。唯一良かったのはS207のシートに座れたことです。既にもう完売だとか。600万円前後するのに!シートは確かに良かったです。

S207S07sheet

|

« 最近のの文谷先生 | トップページ | TMS2015:東4・5・6、トヨタグループ以外自動車メーカー篇 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TMS2015:トヨタグループ篇:

« 最近のの文谷先生 | トップページ | TMS2015:東4・5・6、トヨタグループ以外自動車メーカー篇 »