« TMS2015:西その他篇 | トップページ | 雷撃隊出動 »

スマートフォーツー試乗

 近所のディーラーに試乗車があることが分かったので相方と一緒に試乗させてもらいました。最初に入ってくるエティション1は青とオレンジの二色ですが、オレンジはなく、青だけ展示車がありました。
SftblueSftbluer
相方は新型スマートを初めて見たのですが、シートはまずまずという評価。内外装の評価も上々です。青も良いのですが、内装が暗いのでやはりオレンジでしょう!
Sftblueinte
 リアハッチの開け方が独特で上下に開くのですが、ちょっとがたつく気がします。
Sftbluetrunck2
ただ、営業氏は先代よりもがたつかなくなりました!と言ってました(苦笑)。下側にちょっとした物入れがありました。
Sftbluetrunck
トランクの床をめくると六ヶ所手で開け閉めできるねじがあり、それを外すとエンジンが見えます。
Sftenge
 さて、試乗です。試乗車は何故か白です。
Sfttr
エティション1じゃないということですが・・・まあ、細かいことは気にしないでおきましょう。内装はオレンジでした。タイヤは前165/65R15、後185/60R15のミシュランのエナジーセイバー。
SftftSftrt
TMS2015で展示されていた車と同じですね。外で聞いているとエンジンをかけた時、3気筒なので軽っぽい音はします。2シーターなのでまず相方が先に試乗に行きました。戻ってきたら、先代と全然違って良くなっている、乗り心地は問題ない、ハンドルが軽いから楽、ということでした。ほう、乗り心地良くなっていますか。ホイールベースは先代とほぼ同じで短いので物理的な条件が厳しいのですが、本当でしょうか?
 さて、今度は私です。エンジンはキーを差し込んで回すタイプです。我が家的にはこれが良いです。そのキーはボタンが一つ多い(リアハッチのロック)もののもろに「ルノー」のキーです。たまたまルーテシアでいったのでそのキーを出して比較して営業氏に見せました。
 ポジションはあいましたし、視界も良好です。エンジンをかけると外で聞いていたよりは静かです。先代のシングルクラッチAMT(それもその手の中では最悪に近い出来の)からDCTにトランスミッションが変わっています。パドルは残念ながらついていません。マニュアルモードを選んで、1速で発進・・・あれ?なんか、発進はDCTというよりはAMT見たいな感じです。ちょっとギクシャクした発進でした。
 走り出すと問題はありません。1LのNA(トゥインゴはターボ付き)ですが、街中走っている限りは動力性能に不満はありません。きつい上り坂や高速巡航中に再加速しようとしたような場合には厳しいかもしれませんが、私はこの程度で十分です。ちょっと引っ張ってみましたが嫌な音はしません。まあ、3気筒らしい音ではあり、快音というものではありませんが、音量も問題ないです。
 ただ、発進がやっぱり変です。坂になっていると発進する前にずり下がります。ヒルホード機能がついているはずなんですがなんでしょう?走り出すとDCTなんですが、発進の時だけ何故かAMT。変速動作そのものは特別素早いという訳ではありませんが、スマートという車の性格を考えるとこれで十分です。不思議です。もう一つ問題が。それはタコメーターがないということです。表示モードは色々切り替えられるのですが、回転数の表示は出来ませんでした。うーむ、まさかそういうことがあるとは。TMS2015で見た時にはそこまで気が付きませんでした。
 それから最小回転半径がきわめて小さく、やたら小回りが利きます。iQもそうでしたが、スマートフォーツーもちょっと幅が広い道路なら片側一車線でもぐるりと切り返さずにUターン出来ます。この感覚は気持ち良いです。iQがまるで戦車が信地旋回するような感覚でUターン出来ましたが、フォーツーは更に上です。最小回転半径がiQは3.9mに対してフォーツーは3.3m!まあ、RR(MR)なのでFFのiQよりは有利ですけれど(逆に言えば、iQはFFでこれは凄い)。
 さて、最大の問題の乗り心地です。結論から言えば、先代とは別物です。ホイールベースが短いので路面が荒れたり、大きな段差を乗り越えた時などに相応に車は動きますが(揺れる)、不快ではありません。脚は柔らかめで、衝撃をうまく吸収しいて、とはいえ揺れ続けて気持ち悪くなるということはありません。もちろん、絶対的に見て乗り心地が素晴らしいとまではは言えないですが、ホイールベースが短い類似の車(先代スマートやiQ)と比較すると、よくぞここまで仕立てたと言って良いでしょう。これもまた高速巡航した時にどうかはわかりませんが、街中で乗る限りは大きな不満は出ません。
 予想以上にスマートフォーツーは良かったです。発進時のクラッチのつなぎ方が下手なのだけが気になりますが、この辺は今後の制御プログラムの変更で改善されるのではないかと思います。街乗りと一時間程度の高速巡航なら問題無くこなせるでしょう。つまり、相方号に適しています。
 フォーツーがこれだけ良ければフォーフォーは要りません。フォーフォーにはオプションでシートヒーターがつけられるという長所がありますが、相方の希望はなるべく小さい車、ですし、2シーターで問題はありません。エディション1には設定がありませんが、今後発売されるフォーツーには同様にシートヒーターが設定されるかもしれません。
 ルノーの元(今はアルファなので)担当営業氏がいなければ、エディション1のオレンジを買う可能性はかなり高いです。でも、付き合いの長い営業氏から買ってあげたい(ブランド違いですけれど。(^^;)というのがあるので、決着はトゥインゴに試乗するまで持越しです。その偵察兼ねてフォーフォーの試乗車が用意されたら試乗させてもらって比較したいと思います。
 しかし、うーむ、フォーツーにMTがあったら欲しい!高回転型エンジンじゃないですけど、後は私の求める車の要件全て満たしていますから。RRというよりもRRに近いMRですし!!ショートホイールベースで相対的ワイドトレッドなので物理的には旋回性も高そうですから、面白いと思います。まあ、相対的に重心高めなのでこけないように注意は必要ですが。(^^;もし、ルノー版のフォーツーが出たら(出ないと思いますけど)、それで決まりでしょう。

|

« TMS2015:西その他篇 | トップページ | 雷撃隊出動 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォーツー試乗:

« TMS2015:西その他篇 | トップページ | 雷撃隊出動 »