« NDロードスター試乗 | トップページ | S.I.S東京スペシャルインポートカーショー »

S660試乗

 ようやく試乗出来ました。家から少し離れたところですが、MTの展示車があるようなので、その近くに行く用事があったため、帰りに寄ることにしました。電話して、S660ですがありますがというと「はい、あります、御試乗出来ます。」と。あれ?展示車じゃなかったの?聞いたら、30分後があいているということなので試乗させてもらうことにしました。展示車もあるとのことだったので時間までそれを見ていようと思いました。
 行ったら何故か、展示車はありません。うーむ、結局、展示車=試乗車だったということでしょうか?しばらくして前の試乗から戻ってきたので見せてもらいました。黄色です。
S660S660r
 聞いたら白と黄色が人気とのこと。白は日本では普通ですが、やはりナンバーが黄色なので黄色が二番人気なのだそうです。タイヤは前が165/55R15、後が195/45R16のアドバン・ネオバ!
S660tireS660tirer
 実物を見てもビートよりも尖ったデザインですね。嫌いではありませんが、比較すればビートの方がより好きですが。マフラーはセンターだし!
S660wrap
まあ、ラッパは大きめですけれど。リアサスペンションは撮影しました、フロントは忘れました。
S660rfS660rr
 フロントトランクというか幌格納場所はやはり狭く幌を納める以外にはほとんど使えません。
S660ftrunk
後ろを開けてもらいましたが、マフラーの上側、ビートのトランクだった部分は空間は空いていますが、エンジンがビートよりもターボの分大きいせいか、トランクにするほどの空間はなく、まあ、すっぱり割り切ったのは正解でしょう。
S660maffuS660enge
 室内の質感はまあロードスター並。
S660inte
ドアの内張がアルカンタラ風だったり、ダッシュボードも革張り風(ビニールレザーかな)だったりと部分的にはロードスターよりも良いと思います。
S660dash
助手席側だけにカップホルダーがついていました。
S660cuph
幌はエリーゼと似た方式ですが、幌の中に骨が入っているので、エリーゼよりは楽ですね。
S660horo
 乗り降りが大変という話を聞いていますが、乗り込んでみたら・・・なんだ、普通じゃない。肩すかしくらった気分です。まあ、一応、元エリーゼ乗りだから?ただし、乗り込んだら頭のすぐ右側に幌の端の部分(普通の車ならルーフの端)が迫っているので頭を動かすとぶつけます。乗り降りでもここだけは注意が必要です。そして、頭上の余裕もありません。でも、それ以外は乗り降りは普通ですし、乗ってしまえば狭くはないです。相方はシートリフターがといっていましたが、ヘッドレスト上部と天井の隙間がほとんどないのでこれだと無理ですね。背が低い人はクッションで対応するしかないでしょう。
 さて、試乗です。ペダルは普通(ロードスターと比べて)で違和感がありません。
S660pedal
ポジションも合わせられます。ちょっと腰の部分微妙な感じもしますがシートそのものも悪くはないでしょう。メーターもとりあえず見えます。エンジンはスタートボタン。エンジンをかけるとステアリングに結構振動が伝わってきます。メーターはタコ以外はLCDですね。速度計はデジタルしかありません。
S660meter
オプションのセンターディスプレイが装着されていて、Gメーターなどが表示されています。
S660disp
戻ってきてバックさせた時にはバックカメラになりました。後方視界はやや悪いですが、まあ、実用上は問題ないでしょう。
 さて、試乗車はMTなのでクラッチ踏んで1速に入れて、クラッチだけつないで発進。なんの問題もなくするっと発進しました。ほうほう、これはこれは。走り出して敷地から道路に出た時の感触はまあまあ。場所が違うので直接の比較は出来ませんが、感じだけからいえば、NDロードスターの方がより良かったように思います。
 普通に走れます。3000回転シフトアップで本当に普通に走ります。ビートと大違いです。ビートだと片側二車線の国道なんか走ったら常に全開に近かったですが(笑)。低回転(2000回転以下)では多少トルクが細く感じますが、ターボとはいえ660ccですから立派なものでしょう。
 ちょっと上まで回してみましたが、やはり音は普通。エンジン音で買う車ではないですね。NDと比べてどっちがいいか?微妙。人により音の好みは違うでしょうが、NDの方がいいかなあ。まあ、4気筒対3気筒の違いもありますしね。ただ、普通に走っている分にはターボくささはそれほど感じません。これならターボは我慢出来るかな?
 ステアフィールはいまいちというか、ちょっと薄いです。パワステも軽すぎる気がします。この辺はやっぱりホンダ?シフトフィールはまずまずですが、あくまで個人的な印象ですけれど、ビートの方がより良かった気はします。でも、ワイヤーリモコンでこれなら上出来でしょう。ペダル操作も何ら問題はありません。ブレーキは普通です。ああ、普通というのはビートのように圧力でコントロールするタイプではなく、ストロークでコントロールするタイプという意味です。まあ、ビートが独特ですけれど(公道用の車でビートに似ているのを他に知りません)。視界もまあ普通です。
 さて、ここまで書いていてまだ重要な点に触れていません。あえて後回しにしましたが、それは今の私にとってもっとも大事な乗り心地です。結論から言えば、試乗を終えて降りたら、疲れ果てていました(苦笑)。柔らかすぎるということはもちろんなく、じゃあ、硬すぎるのかと言えばそこまで硬いとも思えないのですが、路面の凹凸を拾って小刻みに動き続けます。リアだけがばたばたするとかではなく、前も後も同じような感じです。体感的なボディ剛性はNDよりも低い気がします(数値はわからないですが)。普通なら乗り心地酷すぎと駄目だしするのですが・・・・今回はそうは言いません。なんで駄目だと言わないかというと速度が上がれば車の挙動が落ち着きそうな気がするからです。NDもそうでしたが、街中の試乗(制限速度が40-50km/h程度)では、速度が低すぎるように思います。高速道路などもっと速度を出せる場所で走れば印象が違うのではないかと思えます。この点はNDロードスターも同じですが、S660はもっと強くそれを感じます。
 しかし、ともかく今回の試乗では、「疲れた」それにつきます。人間が更に年取って軟弱になっているのでしょうか。これならエリーゼの方がまだ街乗りは楽です。MR-Sと比べてもまだMR-Sがましです。ただ、ドタバタ感はMR-Sの方がありますが。サスペンションもあるのでしょうけど、タイヤが占める割合も多いかもしれません。なんせ、ネオバです。Sタイヤとは言いませんが、乗用車用のタイヤの中ではSタイヤよりのものですから。これをビートの純正タイヤのようなものにしたら印象はかなり違うのではないかと思います。エリーゼと違って専用サイズではないので他のタイヤに交換することは可能ですから。
 相方号としてはこの街中の乗り心地だと駄目ですね。荷物も積めませんし。NDロードスターと比較すればND圧勝。まあ、それは最初からわかっていることですけれど(苦笑)。相方号ということは忘れて、自分の車(MT)としてNDロードスター比較すると・・・乗り心地を除けばやはりS660の方が合っています。MRですし、なによりドラポジが自然です(私にとって)。NDは右側に寄りすぎているように感じます。まあ、最終的にはMTに試乗して比較しないと断言は出来ませんが。
 うーん、街乗りの乗り心地どうにかならないかなあ。意外ともっと硬くしたら良くなったりして!?

 まあ、しかし、これで結果的にはピー三郎で正解ということにはなりますね(NDロードスターのMTを試乗するまで確定しませんが)。今の私にはそれが一番合っていそうです。MY17もNAありそうな雰囲気ではありますが、まあ、結果オーライかな。

|

« NDロードスター試乗 | トップページ | S.I.S東京スペシャルインポートカーショー »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

試乗して事故ればよかったのにな!

投稿: | 2015年6月 7日 (日) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: S660試乗:

« NDロードスター試乗 | トップページ | S.I.S東京スペシャルインポートカーショー »