« クーガの一年点検とムスタング | トップページ | 銀灰のスピードスター »

S660と高速道路で遭遇

 都内へ向かって東名を走っていたらS660に遭遇しました。白に赤幌なので、例の限定車ですね。しばらく後ろにつけて観察しましたが、東名だと動きは良い感じです。つなぎ目を乗り越えて車が突き上げられても収まりは良いように見えます。あくまで外から見た感じでは、ですが、先日の試乗のような細かく動き続ける感じはしません。やはり速度領域が高くなると動きは落ち着くようです。
 そして首都高3号線に入って、速度が落ちたら・・・動きが激しくなりました。もちろん、路面の違いもあるにはあるのですが、速度が落ちたら車が落ち着かなくなってきて上下に細かく揺れ出しました。予想したように速度が低く、負荷が軽いと駄目みたいです。高速巡航やワインディングでGかけて走れば乗り心地は悪くはないのでしょう。そういう車なのだと思います。
 MR-Sにも似ていますが、MR-Sは高速巡航は駄目なので、そういう意味ではS660の方が良いですね。もっとも低速走行時の乗り心地の悪さはMR-Sよりも遙かに酷いですが。まあ、なんにしてもS660は私にとっては、エリーゼやMR-Sと同類です。
 街乗り:エリーゼ111S > エリーゼ111R > MR-S > S660
 高速巡航:エリーゼ111R=S660? > エリーゼ111S > MR-S
 ワインディング:エリーゼ111S > エリーゼ111R=MR-S=S660
という感じです。S660はあくまでの先日の試乗と今回外から見た印象だけでの判断ですが。111Sって乗り心地そんなに良いか?という疑問はあるでしょうが、硬いのは事実ですが、ガツン、一発で収まるので疲れません。まあ、今の私が乗ったらどうかはわかりませんが当時はそうでした。111Rだと、ガツンウン位。MR-Sは街中高速だとウワンワウン。S660は街中だとコツコツコツコツです。擬音で表せば。街乗りで振幅はエリーゼの方が絶対的には大きいかもしれませんが、一発かつ短時間で収まるので単位時間での面積は一番狭いです。MR-Sは振幅はエリーゼほどではないですが収まりが悪いので振幅の面積は広いです。S660は振幅はMR-Sやエリーゼよりも狭いものの周波数が高いというか、揺れる頻度が高いので結果的に面積が一番広い=揺れるエネルギーが大きいです。それで疲れます。

 レンタカーでS660があればワインディングを走って確認してみたいです。まあ、何にしても、週末の夜に雨が降らなければ箱根に行っていた時代ならS660は良い車でしょうが、今の生活と体力ではやはり厳しいです。残念ですが。ビートの方が向いています。もっとも相方は乗り心地に私よりも鈍感なので意外と平気かもしれませんし、ビートよりは普通に走れるの怖がらないかもしれませんが。とはいえ、前回述べたように相方号にはなりえませんが。

 そうそう、フェアの案内がきていたので久しぶりにピー青山に行ってきました。一部でださいとの声もあるAWです。
150614p
ここまで古くてぼろい車だと堂々と乗り付けられます(笑)。
150614p2
担当営業氏は忙しく長時間会話する暇は残念ながらありませんでしたが、ピー三郎は結局、MY16の初期生産。納車は9月に入ってからということでした。結局、MY16なのか。うーん、まあいいか。NAで右MTなら問題ないです。ターボ化されると普通のボクスターのMTが無くなるかもと言っていましたし。
 この黒メタは光の当たり具合で色合いが変わり面白かったです。ただ、黒メタなので小傷が目立ちますが。
150614p3

|

« クーガの一年点検とムスタング | トップページ | 銀灰のスピードスター »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: S660と高速道路で遭遇:

« クーガの一年点検とムスタング | トップページ | 銀灰のスピードスター »