« 今月の文谷数重先生 | トップページ | コペン・セロ »

マカン試乗

 天気は良くないので余り出かける気分ではなかったのですが、それは自分だけではなく他人も同じだろうと思って、軽井沢に行ってみました。
 モトテカコーヒーというカフェで、New Macan Driving Experience in Karuizawaをやっているということなので、そこを目的地にして行ってみました。
http://www.porsche.co.jp/karuizawa/
 天気が良ければ混雑しているでしょうが、今日のお天気ならすいているでしょう。雨なのでクーガです。行きの高速は予想通りすいていましたが、ナビに任せていたら軽井沢駅の近くで渋滞にはまりました。アウトレットモールがあるんですね。何せ、軽井沢行ったことがなくして知りませんでした(苦笑)。でも、ナビちゃんも渋滞回避コース示してくれてもよかったんじゃないかなあ。
 それを乗り越えて、モトテカコーヒー到着。
Motecafemakan
青のマカンと隣に白の991がいます。マカンは豊橋ナンバー、991は松本ナンバー。
Motecafemakan2
どちらも試乗出来るということでした。マカンだけじゃないんだ。991は地元ディーラーの試乗車なんでしょうね。
 ポルシェオーナーならキーを提示すればウェルカムドリンクもらえますが、まだないので自腹です(注文書を提示したらどうだったかな?)。コーヒーはおいしかったです。
Motecafecofee

店内には車の本などがたくさんあります。イベント用にポルシェ関係のもろもろも飾られています。
Motecafe
 さて、マカンの試乗です。試乗車は幸いベースモデルです。いやあ、意外とベースモデルの試乗車はないんだですよね。と言ってもオプションてんこ盛りですが。ああ、シートはノーマルかな?
 さて、ポジション調整・・・あれ?ペダルってこんなに右寄りだったかな?展示車に座っただけでは気にならなくても運転しようとすると気がつくことってありますね。左脚ブレーキはやりにくいです。今日は右足だけにしましょう。SUV系の車ですが、リアガラスが小さめで後方視界が意外と良くないです。
 さて、エンジンをかけてマニュアルモードを選んで発進。ほう、なかなか良い感じです。路面が良い場所では細かい動きはまったく感じられずフラットです。当たり前?いえ、意外とそうならない車も多いです。そのうち段差があったり、路面が悪化してきました。しかし、動きは抑えられており、乗り心地は良いです。
 そして今度は路面に穴が開いている場所を通過。雨が降っていたので水しぶきが上がる車の穴です。あえて突っ込ませてみましたが、良い感じにいなします。ボディも剛性感は高く、頼りなさや安っぽさは感じません。
 しかし、意外なことに相方が動きが大きく揺れると言います。クーガの方が揺れないと相方は言いますが、私には逆に感じられます。通常、相方の方が乗り心地の許容度が高いのですが、今回は逆です。PASMが装着されていたのでスポーツしたら良くなったと言います。更にスポーツプラスにしたらこれが一番良いと。まあ、PASMはスポーツプラスが一番乗り心地が良いのは良くあることですが。うーん、まあ、今回は私はノーマルでも良いと思いました。スポーツプラスの方が確かに動きは抑えられますが。 
 エンジンは普通です。実用上は問題はないですが、音やフィーリングは普通で、回して楽しいというようなものではありません。2000回転以下だとちょっとトルクが薄い感じがします。まあ、アクセルそれほど開けていませんのでこんなものかな?ターボとはいえ2Lエンジンで車重は1.8tですからね。
 パドルを操作しての変速動作はノーマルでもまずまず。まあ、991や981ではないので、この辺は評価基準はちょっと違います(甘い)。全体として、官能性は皆無ですが、良く出来た車だと思います。
 ただ、試乗コースが・・・・期待していたより短かったのは残念です。うーん、普通のディーラーの試乗レベルでした。

 戻ってきて降りたら・・・あれ?あれれ?体が・・・揺れている!?そんな馬鹿な。試乗中、そんなに揺れた感じはしませんでした。相方はほら、いったでしょうと。えー、そんな。なんで?運転している限りは動きは少なく乗り心地は良かったと感じたのですが・・・不思議です。相方が言うようにノーマルで動きが多かったのでしょうか・・・。先日のS660を試乗した後のようです。不思議です。

 試しに帰りにクーガで試乗コースを走ってみましたが・・・やはりクーガの方が動きは大きいです。ただ、降りて体が揺れるようなことはありません。何故でしょうね?柔らかいのではなく、硬ければそうなりますが、そこまで硬いとは思えませんでした。不思議でした。これはこれは違うコースで比較試乗してみたいです。

 例えば、NX200tと比べると値段の差なりの差を感じます。NX200tはSUVとして見れば乗り心地も良く、前に述べたようにエンジン音を除けば良く出来た車ですが、全体的なしっかり感に違いがあるというか、NX200tはどこか安っぽさが残りますが、マカンにはそれはありません。ただ、装備を考えると値段差がかなりありますよね。ポルシェらしく?600万オーバーの車なのに色々な装備はオプションです(苦笑)。NX200tと同じレベルの装備にしたらあっさり700万オーバーでしょう。
 イヴォークやまだ未試乗ですがディスカバリー・スポーツだとどうでしょう?少なくともエンジンはマカンの負けですね。このクラスの2Lターボの中では性能、音など含めてエコブーストはクラス最良です。シャシーはどうでしょう?そろそろディスカバリー・スポーツの試乗車も入りでそうです。

|

« 今月の文谷数重先生 | トップページ | コペン・セロ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

事故れ

投稿: | 2015年7月 4日 (土) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マカン試乗:

« 今月の文谷数重先生 | トップページ | コペン・セロ »