« 銀灰のスピードスター | トップページ | 今月の文谷数重先生 »

アルマータ戦車型の砲塔

 軍事研究7月号の記事では砲弾と装薬は固定式(一体型)で、90式や10式と同じ自動装てん装置ではないかと書かれていますが、以下は違うようだと述べています。
http://obiekt.seesaa.net/article/420860705.html
 ロシア国内での推測のようですが、無人砲塔にしてはやたらでかくて不細工なのは色々上からつけられているからでそれを外せば、無人砲塔らしい本来の姿があるのではないかという意見です。なるほど、これは納得できますね。砲塔全面に大きな穴が開いていてこれ防御上問題だろうと思ったのですが、本当の砲塔がこの小さいのだとすると納得出来ます。
 まあ、砲弾と自動装てん装置はどちらが正しいかはまだわかりませんが。

|

« 銀灰のスピードスター | トップページ | 今月の文谷数重先生 »

戦史・軍事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルマータ戦車型の砲塔:

« 銀灰のスピードスター | トップページ | 今月の文谷数重先生 »