« トヨタ博物館:国産車篇その5 | トップページ | MR-Sでリハビリ »

トヨタ博物館:新館篇

 今日も高速道路の渋滞は凄かったですね!GWらしいです!我が家はのんびり過ごしています。

 さて、今回で最後です。 3階から一度1階へ。ちょっと変わったミニカーが展示されていました。マットヴィハイクルとかボンドカーとか、そういう映像作品に登場したミニカーたちです。
Minicar1Minicar12Minicar2

 渡り廊下を通って新館へ。ここは生活と車の展示。二階から入ります。前にも来たはずですが余り記憶がありません。時間がなくさっと流したせいだでしょう。大八車や人力車も展示されていますが、確かにこれらも車ですね。ロコモビル スチーマー1899は蒸気自動車。
Sceamer
戦前の古い日本の車はさすがに実物はなく模型ですが、オートモ号 1925は、約300台製造。

Otomo

1925年に上海に輸出、国産車初の輸出車両だそうです。これは実物のシボレーフェートン 1931はノックダウン生産車です。
Faton
兵462っていうことは軍用車なんでしょうね。
FatonflFatonrlFatoninte
この時代の車ってポジキャンなんですよね。国産吉山式”タクリー号”1907年の模型。国産初のガソリン自動車。

Takury

有栖川宮威仁親王がつくられたそうです。
 1階に降りたらある程度記憶していました。マツダ 三輪トラック 1953は好きです。
Msanrin
前にも紹介しましたが、三輪車でハンドルやペダルなどはバイク風(というかほぼバイクで二台を引っ張っている構造)ですが、このシフトレバーは車式で格好良いです。
Msanrininte
PXを通して輸入されたアメ車が軍人の帰国時に中古で出回ったそうで、PXの様子を再現した展示も。
Px
 消防自動車 1959は当時の雰囲気を出す展示。
Fireworks
ホンダ カブF 1952は自転車にエンジンをつけただけという感じです。
Cab
 生活と車という展示なので車以外の展示も多く、オモチャや雑誌の表紙など、ファッションやカメラや携帯TVなどの展示もありました。携帯TVといっても当然ながらブラウン管です。でも、なかなか格好良いデザインのもあります。

Portabletv
 ホンダ シビック2ドア 1972はATでした。

CivicatCivicat2

トヨタ カリーナ TA12型 1970。

Ta12

リアがかわっていますね。

Ta122Ta12frTa12flowTa12flTa12rlow

そして、トヨタ セリカリフトバック 1973。だるまセリカの方が好きですが、これはこれで良いですよね。

CelicalbCelicalbfrCelicalbflowCelicalbflCelicalbrlow
 外にでるとスイフト9HP 1905がおいてあり、これは乗ることが出来ます。

ShiftShifthandle

シートに座ると随分位置が高く見晴らしは良いですが、ちょっと怖い位です。ミュージアムショップは特に珍しいものは無かったのは残念です。最後に出口にトヨタ i-REAL 2009が展示されていました。

Ireal
 以上、見終わったら、16時を過ぎていて、ついたのが11時前でしたから、5時間半くらいいました。飲まず食わずです(苦笑)。輸入車展示フロアでは動かした様子の動画を流したりしていましたが全部を見る時間はありませんでした。じっくり見ようと思ったら二日かけないと駄目ですね。もしくは開館から閉館までいるか。もう少しいることは出来ましたが(弾丸ツアーとはいえ)、正直疲れたので無理でした。しゃがんだり立ったりを繰り返したこともあり、脚が痛くなってしまいました(苦笑)。
 またみたい特別展が行われたら見に行きましょう。その時は特別展をじっくりみて、後は好きな車をもっとじっくり見てみたいです。

|

« トヨタ博物館:国産車篇その5 | トップページ | MR-Sでリハビリ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ博物館:新館篇:

« トヨタ博物館:国産車篇その5 | トップページ | MR-Sでリハビリ »