« P340 | トップページ | トヨタ博物館弾丸ツアーその1 »

あれ?やられた!?

 帰宅したらピーからイベントのDMが来ていました。なにげに同封されていた価格表を見たらマカンが値上げされています。ああ、そういえば営業氏が今後値上げするといっていましたから価格改定されたようですね。マカンは一番安いポルシェだったはずが、ボクスターよりも高くなっています。再びボクスター(2.7のMT)が一番安いポルシェの座を奪回していま・・・せん、あれ?ケイマンの方が安い?(^^;なんででしょう?過去、ケイマンは常にボクスターよりも高かったのですが・・・。まあいいのですけれど。
 で、ふと上を見るとMY2016とあります。まあ、イヤーモデルが変わるところで価格変更は自然ですよね・・・って、書かれているエンジンの仕様、MY16と同じです。6気筒ですし、ターボとは書かれていませんし、馬力と回転数まったく同じです。まだ、NAのままです!!!やられたあ・・・・。
 よく見ると911は価格が変わっていません。タルガ4 GTS(2017万円)が追加され、GT3(1912万円)がなくなり、GT3 RS(2530万円)が追加されているだけです。エンジン仕様はやはりNAのままに見えます。

 うーん、MY16は例年よりも短期間で、まず911がターボ化(受注は今年秋以降?納車は来年??)され、その後、ボクスター、ケイマンがターボ化されるのでしょう(受注開始は年末?納車は来年春?)。NAのMY16がどれだけの期間生産されるかはわかりませんが、大きな変更が入りますから、生産が中断される期間もある程度はあるのかもしれません。だから、見込み発注された車は別にして、仕様を決めて発注出来る期間はそう長くはないのかもしれません。とはいえ、NAはMY15で終わりではありませんでした・・・。
 もちろん、ボクスターで12万値上げされているので、どうせ買うのなら、先に買って正解ではあります。正解ではありますが、もうNAは最後と思って短期間で判断したのに最後じゃなかったというのは、なんというか、「後悔」という気持ちが出てきます。結構色々無理しましたからね・・・。現実には大差ないかもしれませんが、これならS660やNDと比較した上で、うん、これで間違いない、と981を選ぶことが出来た、と思うと複雑な気持ちです。特にS660やNDが良かった(私にあっていたら)なおさらそう思うでしょうね。これだったら高い981じゃなくてこっちを買えば良かった、と思うでしょうから。
 また、値上げはされていますが、ポルシェのいつものやり方だと今までオプションだったxxが標準化されたので実質的には変わりません、ということもありえます。それが私が選択しているオプションだったら、購入価格は同じか大差ないです。まあ、私が要らないと思うオプションだったら値上げですけれど。一番ありそうなのはオートエアコンの標準装備化でしょうか?987の時代にケイマンが高い理由の一つとして、ケイマンはオートエアコンが標準だというのがあげられていましたから。12万という価格差から言えば、オートエアコン標準化すると値下げになってしまいますけれど(もちろん、コストで言えば、そんなことはないでしょう)。オートエアコン位なら要らない訳じゃないのでまだ良いですが、欲しくない装備が標準装備化されているかもしれません。それだと要らないものを無理やり買わされることになってしまいます。
 価格面の違い(少なくともMY16が安くなることはまずない)と981、ND、S660の三車の中で981が一番私に合っている可能性は高いので、結果はMY15で正解だったとは思います・・・・・でも、やっぱりなんかなあ。うーん、正式にMY16からターボですと発表されていた訳ではないですし、誰かに文句を言う話ではないのですけれど・・・なんかこうすっきりしません。

 なお、何故ケイマンは値上げ幅が少ないのかはよくわかりません。誤植かと思いましたが、Sは4万値上げされているのですよねえ。ケイマンは逆に何かをオプション化したのでしょうか??まあ、この辺はこれは正式発表を待ちたいと思います。まだConfiguratorなどもMY15のままですので。

 マカン、ボクスター、ケイマンとその他いくつかの価格を参考までに記述しておきます(単位は万円、()はMY15の価格。/の前はMT、後ろはPDK)。

マカン
 ベース 639(616)、S 744(719)、ターボ 1028(997)
ボクスター
 ベース 634/687(622/671)、S 790/843(776/825)、GTS 902/966(885/949)
ケイマン 
 ベース 629/682(629/678)、S 795/848(795/844)、GTS 915/979(915/979)
パナメーラ
 ベース 1038(1022) 4 1138)1122)、 S 1499(1463) 4S 1558(1522) GTS 1700(1658)
カイエン
 ベース 859(859)、S 1140(1128)、 S E-ハイブリッド1167(1155)、GTS 1389(1389)、 ターボ 1738(1722)
 マカンの値上げ幅が大きいですね。相対的に安いのに23-31万円上がっています。ボクスターは12-18万円、ケイマンは0-4万円、パナメーラは16-42万円(モデルによる違いが大きい)、カイエンで12-16万円。マカンは売れ行き好調で納車に時間がかかっている位だから、大きく上乗せしても売れるだろうと考えた、と思えてしまいますねえ。元々の価格を何%値上げというものじゃないのが不思議です。うーん、ケイマンはやっぱり誤植かも??それとも911とケイマンは同時に先にターボ化するのかなあ(つまりMY15とMY16はまったく同じ)??

 なお、ボクスタースパイダーは記載されていません。ケイマンGT4は登場予定車両として記載されています(1064万円のまま)。

 それからGT3 RSはレブリミット8800回転だそうで。4Lで8800回転!すんばらしいですね!買えないし、お金があっても意味がないから買わないと思いますが。ケイマンGT4 RSが8800回転だったらお金があれば欲しいです!意味がないのは同じですけれど。(^^;

|

« P340 | トップページ | トヨタ博物館弾丸ツアーその1 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

どこでどんな風に作られたのか調べて誰かに話したくなってしまいます 航空機の計器がそのまま腕時計へ転換されたと言える、とても個性的でユニークなフォルムで人気を呼びました。
航空機の計器がそのまま腕時計になったと言ってもいい、この個性的なフォルムは誕生と同時に人気を集めました。
NATO軍のパイロットやダイバー、特殊部隊などの"プロフェッショナル"に適応するべく、"視認性"、"機能性"、"防水性"を兼ね備える優れモノな時計です。
こちらからも、BR01の買い取り相場を確認できます。
ベル&ロス エアボーン2 BR01-92を買い取りました!特徴のある角型ケースで有名な、人気シリーズの"アヴィエーションBE01"を高価買取致します。
ベル&ロス(BELL&ROSS)のお買取なら、業界最高買取価格のカイトール銀座にお任せ下さい。
世界各地への物流ルートを持ち、ベル&ロス(BELL&ROSS)を他店圧倒の最高価格でお買取りさせていただきます。
岐阜・大垣の買取ウスイ商会では、ベル&ロスの個性的なデザインの時計を、中古、新品問わず、高価買取いたしております! ■ベル&ロスの時計の買取は、岐阜・大垣ではトップクラスです! ベル&ロスの時計買取のことなら、岐阜・大垣の買取ウスイ商会へどうぞ。
『時計のプロフェッショナルが行う、地域トップクラスの時計買取査定&丁寧な時計の買取説明』を行わせて頂いております! 1940年代のパイロットウォッチ"ヴィンテージBR"シリーズ時計も、しっかりと高価買取査定を致します。
このような伝統と権威を持つベル&ロスの腕時計は、世界的にも多くのファンを魅了しており、その市場価値も下がることを知りません。
ステンレスPVD加工のケースエッジに、食い込みキズが無いと高価買取査定になります。
ベル&ロス エアボーン2 BR01-92の買取査定を行いました!出張買取も致しておりますので、何なりとお尋ね下さいませ。
人気ブランドであるベル&ロス(bell&ross)の時計でしたらの出来る限り頑張らせて頂きました。
人気ブランド・モデルということもあり、高額買取につながりました!高額査定システムを導入しております。
ぜひ、この機会に買取査定を試し、また新たな腕時計を購入するのも良いプランかも知れません。

ブランドコピー https://www.cocolv8.com/watch/menu-pid-90.html

投稿: ブランドコピー | 2020年6月26日 (金) 04時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれ?やられた!?:

« P340 | トップページ | トヨタ博物館弾丸ツアーその1 »