« 三郎 | トップページ | ポルシェセンター青山オープニングフェア »

これで3対3

 ピー三郎がやってくると、ピーが3台目でロータスに並んでしまいます(まだやってきていないし、何等かの理由で予定していたMY15、右MTが来ないことも可能性としては無くもないですが)。自分の車(ファミリーカーのクーガは除く)はこれで13台目(アルテもファミリーカーではあるものの、MTだったし、高回転型NAなので自分の車に含めています)。多いか、少ないか?まあ、少なくはないですね。運転歴を台数で割れば2年に1台買っている計算になりますから(苦笑)。メーカー別に分けると
5台:トヨタ(AW1号、AW2号=白爺、SW、アルテッツァ、ZZW
3台:ロータス(ヨーロッパ、111S、111R)、ポルシェ(987ボクスター、987ケイマン、981ボクスター)
1台:ホンダ(ビート)、マツダ(NA8C)
です。13台中MRが11台、FRが2台。うむ、あの誤って?NA8Cを買ってしまったというのが無ければ、アルテをファミリーカーに分類して、自分の車は全部MRだと言い張れたのですが。(^O^)

 今後、もう全く車を買うことはない、ということはないと思いますが、MRは今回が最後かもしれません。少なくとも新車だと条件を満たす車は現状ありません。981はパワステがついていて、サイドブレーキが無いことを除けば、現在新車で販売されている中では最良のMRです。今後、問題が発覚したり(運転して疲れるとか、乗り心地が我慢できなくなるとか)、事件が無ければ(また怪我して運転出来なくなるとか)長く乗れると思っています。現状、車そのものに気になる点はなく、問題はお金(苦笑)と乗り降り位ですから、短期間で乗り換えることはないはずです。過去、嫌になった場合には、実は購入前にその問題点には気が付いていたことがほとんどですから。例外は987ケイマンかな。あれがあんなに疲れるというのは最初わかりませんでしたから。その点も今回は大丈夫そうというのを確認済です。乗り心地は同じ仕様を確認できていないのでちょっと不安が残りますが、じゃあ、981のボクスターよりも乗り心地が良いMRはあるのかというとケイマン位ですから、まあ、大丈夫でしょう。少なくとも987のボクスターのようなことはないはずです。という訳で、今後は車よりも人間がやばそうな気がします(苦笑)。怪我したりしないようにしないと。

 まあ、後は今後は事件がなればピーの初代担当営業氏次第かなあ。いかんせん、マセラッティでは買える車がありませんが、もし、何か頑張れる車が出たら、買い換えることもあるかもしれません。まあ、車庫に収まるサイズのは出ると思えないから、それもないでしょうね。その時はMRではなくFRだから、やっぱり最後の新車MRになると思います。4CのシャシーつかったNAの小型マセラッティなんてでたら話は別ですが・・・新車じゃ買えません(苦笑)。

 エキシージSロードスター(V6)のNA版が出たり、エヴォーラにNA版が復活してポジションと乗り心地が改善されたり、S660にNAエンジン搭載したS1000とかS1300とか出たら話は違うかもしれませんが、でも、エンジンで負けるだろうなあ。トヨタ系V6はそんなに高回転型じゃないし、今のホンダに高回転型エンジンはありませんから。
 フェラーリもターボ化される時代ですし、ポルシェ自身も一部を除けば今後はターボ化されるようですから、今の981は最後の高回転型NAエンジン搭載量産MR車になる可能性が十分あると思います。そうなると新車じゃ981には誰ももう勝てませんね。
 世の中高回転型NAエンジンは絶滅危惧種です。マツダは良く7500まで回るエンジンをNDロードスターに選んでくれました。それと86/BRZ。でも、そのこちらもケイマンどころか、ボクスターにすらかないません。

 だから、もし、別のMRに乗り換えることがあるとしたら、それは中古でしょう。怪我が完治して体力が回復して、また元気にお山で遊んだり、サーキット走行に行けるようになったらありえます。もちろん、981でも性能は十分ですが、使い切れない病がまた発生しますから、その時はエリーゼだ!・・・・ま、もう無理ですね。でも、S1にまた乗ってみたい気持ちはあります。暑さを除けば乗り心地はS2よりも良いですから意外といける?そんなわけないですね。

 MRでなくて、より欲しい、乗ってみたい車が現れたら買い換えることもあると思いますが、先日述べたように現状、そういう車は見当たりません。近い将来もほとんどありません。ああ、単に欲しい車ならありますが、「買える車」ではありませんから。

 うん、どうやら、981は長居しそうです。人間に問題が起きたり(111Rパターン)、お金の問題が起きたりしなければ(ヨーロッパパターン)。ただ、車庫に入れたら何故か乗り降り困難だったというオチがあるかも(苦笑)。大丈夫なはずですが、実際にはやっていないので、それが一番心配です。

 ああ、そうだ、今後我が家(私の車ではなく)に新車のMRがやってこないとは限りません。S660を相方が気に入れば、次期相方号として2ペダルのS660がやってくる可能性は・・・ゼロではないです。(^O^)

|

« 三郎 | トップページ | ポルシェセンター青山オープニングフェア »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これで3対3:

« 三郎 | トップページ | ポルシェセンター青山オープニングフェア »