« 981まだ考え中 | トップページ | 縁はあったのか!? »

981の2.7Lエンジン

 webにはないのでカタログに記載されていたエンジン特性曲線をスキャンして転載します。
ボクスター2.7
981boxter27
ケイマン2.7
981cayman27

 見ればわかるようにボクスターは6700回転で最高出力を発揮した後、トルク、馬力ともに落ち込んでいきます。ただし、レブリミットは7800のようで、その位まで線はひかれています。一方のケイマンはそこから更に盛り上がり、7400回転で最高出力を発揮してます。その差はわずか10馬力に過ぎませんが、上まで伸びていくのでこれは体感できると思います。この差はやはり無視できません。
 とはいえ、ボクスターだけ見れば、排気量を考えると十分高回転型エンジンと言えますし、987の2.7Lよりもずっと良いです。それにエリーゼと違って981なら、二速で7800回転回し切れば高速道路ですら制限速度を超過しますから、合法的に回し切れるのは一速だけです(正確には今は何故かギヤ比が公開されていないので、確実にそうだとは言えませんが、987のギヤ比と大きく違うとは思えません)。せっかく回せるエンジンですが、987の時からあるサーキットにでも行かないと使い切れないという問題が生じます。
 そう考えるとエンジンにそれほどこだわるのは意味はないですね。今後、サーキットにもう二度と行かないということはありませんが、馬力があり過ぎ、そして重た過ぎますので、サーキットでも私の腕では持て余します。やはり使い切れません。987もそうでしたし、エリーゼもある意味そうですが、車の力を発揮させられないというのが私にはストレスになります。987は性能が高すぎて、エリーゼは状況や体力がついていかなくなったためと理由は違いますが、過去にそれで手放しています(987は違い理由もありましたが)。981でも同じことが起きる可能性は高いです。いや、性能が上がっている分より確率も高くなっていると言えるでしょう。
 元々パワーと速さはそれほど求めません。111Rでも速すぎましたし、パワーも余っていました。AWだとちょっとパワーが足りませんが、MR-Sはちょうど良くて、86ですらまだパワーがありすぎる気がします。そういうことを考えたら、ターボを我慢して、S660の方が私に向いているのでしょうね。もしくはFRを我慢してNDロードスターか・・・。
 とはいえ、右ハンドルのMTで、NAの高回転型エンジン搭載のMRという私の基本条件合致する車はもう他にはないのですよね。そして、981もMY15が最後で、MY16からは条件に合わない部分が増えます。悩ましいです。

|

« 981まだ考え中 | トップページ | 縁はあったのか!? »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 981の2.7Lエンジン:

« 981まだ考え中 | トップページ | 縁はあったのか!? »