« ボクスターGTSとケイマンS試乗:補足 | トップページ | 981の2.7Lエンジン »

981まだ考え中

 家族サービスの小旅行に行ったりしたので今週末は動けませんでした。まだ、考えているというか悩んでいます。20インチタイヤの印象が悪かったのも理由の一つですが、それは多分、大丈夫だろうとは思います。主な問題点(考えるべき点)は二つ。まず、どちらがが欲しいかと言えばケイマンですが、今の我が家により適しているのはボクスターという点が一つ、もう一つはやはりお値段。この二つは単独の問題ではなく、関連しています。
 ボクスターが嫌いという訳ではないのですが、現状の仕様ではケイマンが7400回転で最大出力を発揮するのに対して、ボクスターは6700回転です。10馬力、10Nmの差はどうでもいいですが、時代遅れの高回転型エンジンが好きなので、最高出力を発揮する回転数の差は大きいです。ボクスターのエンジンがケイマンと同じなら、ケイマンか?ボクスターかはボクスターで決まります。もちろん、絶対的な乗り心地はケイマンが上ですし、荷物もより積めますが(普通ならどうでもいい話ですが、今の我が家では重要)、音はボクスターの方が良いですし、オープンに出来ます。つまり、エンジンさえ目をつぶればボクスターです。ですが、そのエンジンはやはり重要。
 絶対的に値段が高いので、今、本当にそんな額を支払って車を買わなければならないのかというのも大きな問題ですが、ケイマンにせよ、ボクスターにせよ、仮にどちらかを買って、やっぱり違う方(もう一つの方)方が良かったとなったら、と思うと大変です。買い換えることは不可能ではありませんが、NAにこだわりはあるので中古で右MTを探さないといけませんし、最初から違う選択肢をしていた時と比べると購入価格と下取り価格の差、買い直しに必要な額など(諸経費、税金などなど)かなりの追加支出が必要です。そうなると慎重に判断しなければなりません。これがもっと安い車なら、駄目なら買い換えれば良いと開き直ることも出来ますが・・・。
 絶対額が高いのもももちろん問題です。そろそろ「老後」という言葉が頭に浮かぶ年齢になってきていますから、今度は最後とは限らないのせよ、高額な車を買う、というか車へ大きな額を支出するのは今後そう何度もありません。そうなると従来よりもより間違いの無い判断をしなければなりません。
 その上、どちらにせよ981が今必要か?ということを考えると必要性はそれほどありません。以前はルーテシアで長距離巡航したくなかったので、旅行に行ける自分の車があるのは理想的でしたが、今はクーガがいます。MR-Sから981に買い換えたら、MR-Sよりは出番は増えるにせよ、以前、987が我が家にいた時ほど出番はありません。ですから、オープンカーは欲しいとしても、MR-Sの代わりは実用性がない私のオモチャ車で何ら問題はありません。だから、体力さえあれば、エリーゼで何ら問題はなかったのですが・・・。
 その点を考えれば、より安いオモチャ車にすべきではないかとも思います。S660とかNDロードスターとか。86が・・・どっちかと言えば、981よりかなあ。二人で旅行に行ける車なので。86スパイダーなら話は違いますが。
 ただ、例えば(そうするとか、そうするのが良いという意味ではなく、あくまで例えです)、S660、NDロードスター、86をそれぞれ3年で乗り換えていくのと981を9年乗り続けるのはどちらがお金がかからないかと考えると大差ないか下取り額次第では3台乗り継ぎの方が出て行く総額は多いかもしれません。点検、車検の費用は981が明らかに高いですし、3年乗り換えだと車検費用はかからないので、購入金額以外の費用は981がかなり多いとは思います。しかし、S660が総額250万、NDが330万、86が350万と仮定して合計930万に上ります。981はオプション次第ですが、700万円台後半。単純計算すれば150万位の差はあります。維持費はそこまでいかないでしょう。そう考えると981が必ずしも高いとは言えません。
 まあ、同じことの繰り返しになってしまいますが、クーガが我が家にいなければ、すんなり981だったでしょうね。というか、多分、エリーゼからMR-Sではなく、エリーゼから981に昨年乗り換えいたことでしょう。
 さて、どうするか・・・・。お金が余っていればとりあえずどっちか買えば済むのですけどね(笑)。悩んでいるうちにもう間に合わなくなるかな。(^^;;

|

« ボクスターGTSとケイマンS試乗:補足 | トップページ | 981の2.7Lエンジン »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

まず親の面倒をみることを放棄、定年したら土地家売却して郊外に引っ越す。
そして中古車ベースの車生活。あなたにはこれがベストでしょうね。
お金との引き換え記事はつまらないのでやめましょう。欲しければ買えばいいし、だめなら将来。
現在の車のメンテナンスもお忘れなく(所有車に愛が感じられないよ)。

投稿: ごろしゃん | 2015年2月23日 (月) 07時17分

 ご忠告ありがとうございます。お金の計算にはメンテナンス費用も折り込んで考えてあります。ついでに言えば、両親とも他界しており、面倒を見たくてももう見ることは出来ません。

投稿: MOY | 2015年3月 1日 (日) 20時35分

ひらきなおりましたね、ま週末ドライバーの妄想生活というこことでよしとしましょう。

投稿: ごろしゃん | 2015年3月 2日 (月) 09時51分

 遅レス失礼します。ネットを徘徊していて拝見しました。
 私は今、ケイマンGTSの納車待ち中ですが、当初の注文はボクスターGTSで、MOYさん同様、出力と回転数の件はかなり気になっていました
  レッドゾーンは双方7600回転ですが、カタログ値から想像すると、ボクスターだと7000回転以上はただ回るだけ、ケイマンだとしっかりとパワーも付いてくる ・・・・・という違いがありそうですが、各種試乗記を見てもその部分に触れているものは見当たらず。  単に戦略上のカタログ表記だけの違いなのか、本当に違うのか(ボクスターは高回転が絞ってあるのか??)わからなですね。
 ただ、カーグラフィックの今月号にケイマンGTSのテスト記事がありました。2年前に同誌のボクスターSのテスト記事がありますが、両車のテスト結果では、
 ケイマンGTS 6MT(2月にテスト)
    0~100K㎜ 5.06秒、0~400m13.10秒。
 ボクスターS:6MT(8月にテスト)、
   0~100K㎜ 5.9秒、0~400m13.9秒
 と、かなり違います。
 エンジン出力がやはりきちんと違うのか、季節の違いか、年次で実質改良されているのか、単なる個体差か、実際のところをは分かりませんが、このテストを見る限りは、高回転の出力の差はしっかりあるのかも と思えます。

 3年づつ3台を乗り継ぐご試算、ホウッと思いました。  下取り額や度々の経費、9年後の時点での残価等考えると大きく変わらない感じですね。 満足度はどちらか ですね。

 MOYさんの他の記事も楽しく拝見させて頂いています、ありがとうございます。
 

投稿: くまもと | 2015年4月 1日 (水) 12時24分

くまもとさん、こんにちは。おお、GTSをオーダーされたのですね。この後書いたようにボクスターの2.7Lエンジンは回してみるとちゃんとレブリミットまで回ったので、私は気にしないことにしました。ケイマンと乗り比べるとやっぱり上は伸びるのだとは思いますが。ただ、ケイマンの3.4とボクスターの2.7で上の伸びを比較すると感覚的にはそう違わない気もしました。同じMY15ケイマンの2.7は試乗出来ていないので不明ですが。

投稿: | 2015年4月 1日 (水) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 981まだ考え中:

« ボクスターGTSとケイマンS試乗:補足 | トップページ | 981の2.7Lエンジン »