« 気になる車:その後 | トップページ | 最近の車の話:2015年1月 »

981は縁がないのかなあ

 981もいよいよターボ化されるです。ここに来年ではという記事が。、 http://www.autocar.jp/news/2015/01/21/107465/ 前から噂はでていましたが、どうやらついに4気筒2Lターボが採用されそうです。うーん、4気筒はともかくターボがねえ。先日、Pに行った時に営業氏にも聞いてみましたがはっきりはしないものの、981を新車で買いたいなら、MY16がラストチャンス、になりそうです、991もターボ化(こちらは6気筒)。。うーん、まあ、991を新車で買うことはないというか買えないから関係ないですが・・・・そういう時代なんですね。フェラーリもV8 MRモデルをターボ化するようですし。燃費だCO2だといわれると大排気量NAは確かにきついのですが・・・・。  あの展示車は断念した訳ですが、そうするとライムゴールドのケイマンが我が家にやってくる確率は極めて低いと言わざるを得ません。もし欲しいのなら、そう遠くない将来に生産枠を押さえないと右のMTは難しいですから。PDKならまだましでしょうが、それでも半年遅らせられるかどうか。うーん、あの展示車をどこかのお金持ちが買って、それがその後、中古車で売られて、たまたま相場が下がっていてかつあの色なので相対的に安い値段になっていたら・・・我が家にやってくるかもしれません。(^O^)  まあ、色は別にしても981(ケイマン、ボクスターによらず)が欲しいのなら状況は同じですね。ライムゴールドは高いので、色を変えればもう少し買いやすい値段になるというだけです。ボクスターの右MTなら、外装は黄色でも似合うと思うので、それなら色代はかかりません。黄色と黒だと良いコンビネーションなので、ドアミラーの下側やエアインテークなどが黒の樹脂のままでも気になりません。  最低限度必要なオプションは  フロアマット:2万  シートヒーター:7.7万  ウインドディフレクター:4.9万 なので、けちけち仕様なら、637万で収まります。これなら総額700万程度でしょう。安くはないですが、ライムゴールドにするよりはかなり安いです。とはいえ、それを遅くても来年の前半に買うというのは・・・・厳しいですねえ。それにやっぱりどうせならツートン内装にしたいし、やっぱり目が不安だからヘッドライトも・・・あー、また総額800万が見えてくる。(^^;;;  うーん、そういうことを考えると縁がないのかな、981は。非科学的ですが、良いな、欲しいなと思っても縁が無い車ってありますから。客観的に言えば、値段や仕様、性能などなどどこかでひっかかるから購入に至らないのであって、単に「縁」で決まる訳ではないのでしょうけれど。例えば、先代ルーテシアRSのゴルディーニという珍しい仕様の車は買おうと思えば買えましたが悩んだ末に逃したのはFFに踏み切れなかったからでしょう。アルフェッタGTにしても左ハンドルに踏み切れませんでした。フォーカス欲しいなと思っても歴代フォーカスどこかに問題がありました。だから、縁が無いのではなく、車の仕様が好みとあっていないのが原因です。    それでもやはり、縁というか流れというか、そういうのはあると思います。ボクスター(987、右AT)を買う直前にあの時相方が言った通りにオーセンさんに寄り道していたら、チタニウムの111S(S1)が我が家にやってきたことでしょう。あの時に行けば、入庫してまだwebに出る前でしたから、その場で少なくとも仮押さえは出来ましたから。帰ってからwebを見て翌朝電話したら3番目で、2番目の人に購入されてしまいました。  逆に最初の111Sは一度売約済になったもののローンが通らずキャンセルされて我が家に来ましたから。111Rだって、最後の最後でやっぱり無理だと思い直して購入見送った人がいたので我が家に来ました。ケイマン(右MT)にしても、ボクスター買って営業に不満言っていたら、買い取ったのが入ったので買いませんか?とwebに出す前に行ってくれたから我が家にきました。クーガにしてもああいいう車を買う気がまったくなかったのにフォーカス見に行ってたまたま相方が展示車を見て、結構いいねと気に入って、試乗して・・・。MR-Sにしても111Rに体力がついていけなくなったちょうどその時にたまたまSWの中古が付き合いの長いネッツ営業氏のお店に入ったというので見に行ったらそれは売れていて、代わりに今、我が家にるMR-Sがいたのですから。なので、やはり「縁」というのはあると思います。  改めてそういう風に書いているのにも理由はあります。実はとある理由により住宅ローンの借り換えをしました。元々最初に土地を買って、その後で家を建てているので、土地の分と家の分のローンは別々でした。それを一本化せざるを得ない事情が生じました。その時に新しいローンの額を可能な限り抑えたので、結果的に相応の額繰り上げ返済しました。しかし、借換えなのでそのまま同じ額借りることは何の問題もなく出来ました(金利差分、支払額は減少しますし)。  もし、先にあのライムゴールドのケイマンを見ていたら?多分、そのまま同じ額借りて繰り上げ返済しなかったのではないかと思います。そして、その資金を使って購入計画を。(^O^)何せ今回、借り換えて金利が下がりました(これも借換えに踏み切った理由)。今から新しい自動車ローン組んで買うよりもはるかに低い金利です。逆に言えば、そのせいで、自動車ローン組んで車を買う気がしなくなっています(苦笑)。  たらればは言っても仕方ないですが、もし、一か月前にあの展示車を見て、更に内外装はそのままで、他のオプションが少なめでもっと安ければ・・・これください!があった可能性は十分あります。それとターボ化のニュースを踏まえると、ケイマン(981)には縁が無いのかなとも思います。まあ、あの個体は別すればまだチャンスはありますが。手持ちの株が暴騰して倍にならないかなあ(無理無理、絶対無理)。  まあ、前述の通り、ケイマンよりもボクスターの方が我が家にはあっているので、縁が無かったというよりも、運良く高い衝動買いをしないで済んだと考えましょう。そろそろ「老後」というのを真面目に考えないといけませんし、そんな高い車を買う位なら老後のために蓄えるべきでしょう。  でも、やっぱり、あの色いいなあ(笑)。

|

« 気になる車:その後 | トップページ | 最近の車の話:2015年1月 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

そんなことありません、貴殿好車家。
次回購入はこの方から。
http://blog.le-parnass.com/

投稿: yom | 2015年1月30日 (金) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 981は縁がないのかなあ:

« 気になる車:その後 | トップページ | 最近の車の話:2015年1月 »