« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

その名はリデア

 雪が降りましたね。まあ、幸い交通機関に大きな影響が出るほどでもなく、我が家周辺でも路面に積もるほどではありませんでしたが・・・この肝心な時に実はクーガがいませんでした。まあ、結果的にはいなくても問題はなかったのですし、雪の降った金曜日に夕方に帰ってきました。
 先日、とまっていて他の車に当てられました。被害は軽く、自分で何かにぶつけたとしたらそのまま修理しない程度の傷ですが、相手が保険で直してくれるというので修理することにしました。それ自体でいろいろあったのですが今回は省きます。で、代車を相手の保険で出してもらう話もしたりしたのですが、変なレンタカーを持ってこられても使えないし、他にも車はありますし、修理に長期間はかからないので、結局、代車はいらないから、引き取り・納車してくださいとディーラーに頼みました。
 そうしたら、車で引き取りに行くので修理の間に置かせて欲しい、代車として使っても構わないと言われました。断る理由はないので、良いですよと返事をしました。後から、そういえば、代車の一台が初代フォーカスだとか言っていたことを思い出し、どうせだったら、フォーカス出来てと言えば良かったなあと思いましたが、元々前述の通り代車を要求した訳ではなく、足車を置いていくということでしたから、まあいいかとあえて改めて要求はしませんでした。
 当日、やってきたのは濃紺のセダン。一瞬、カリーナ?と思ったのですが、フォードのマークがついています。でも、モンデオにしては小さいです。
Lidea
  渡されたキーにはリデアと書かれたタグがついていました。リデア?そんな車フォードにあったかなあ?リアを見ると、レーザー・リデアというエンブレムが。
Lidearearout
  あー、ファミリア・セダンかあ。なるほどね。ちょっと調べてみると1998年から2000年までに正味、一年4か月程度しか販売されなかったレアな車のようです。車検証を見ると1999年式でした。ファミリアとしては最終型になるBJ型のフォード版。
 まあ、どうせ4ATだろうし、古い車だし、使うことはないかと思ったのですが、知らない車なので興味が湧いて、ちょっと乗ってみようと思いました。ドアを開いたら(リモコンキーではなく、鍵穴に差し込んで回すタイプ)、なんだかシフトレバーがMTみたいです。
Lideainte
  変わっているなあ、ファミリアは、と思ってふと足元を見たら、ペダルが3個あります・・・って、これMTやん!
Lideapedal
  いやあ、良くMTを代車においてましたね。だって、現状、フォードのラインナップにMTはムスタングしかないんですよ。そのムスタングもモデルチェンジしたから、今はMTないかも。
 まあ、ともかく、MTなら話は違います。これは「試乗」してみないと(これも今年の試乗カー・オブ・ザ・イヤーの対象です!)。古そうですが、内装は意外と綺麗です。掃除も行き届いていますし、痛みも余りありません。シートも綺麗です。ただ、横幅はありますが、座面が短めです。ポジションを合わせたら、バックレストをやや寝かす必要がありました。
Lideainte_2Lideameter
 エアコンはマニュアル、ステアリングとシフトレバーはウレタン。ドアミラーは電動リモコンです。まあ、基本的な装備はついていますね。パワーウインドウは運転席だけがオートでしたが。視界はちょっと古い車のせいもあり良好です。 ボンネットも概ね見えます。
 後部座席は十分広いです。
Lidearear
  ただし、中央はヘッドレスとなく、2点式シートベルトです。トランクはセダンなので高さはそれほどありませんが、広さは十分です。
Lideatrunk
 シートは座った感じ、後部座席の方が良い気がします。
 エンジンのヘッドカバーはちゃんとフォードになっています。
Lideaenge
  DOHCのようですね。エンジンブロックはやや大きめ。後方吸気の前方排気です。ボンネットに遮音材などはついていません。
 エンジンをかけるのにクラッチを踏む必要はありません。エンジンを当然のようにキーをひねってかけるとやや振動がありますが、音はそううるさくありません。走行距離は4万kmちょっとと意外と少ないです。オドメーターはLCDになっていました。助手席と運転席にエアバッグもついています。
 クラッチを踏んだら意外と足応えがあります。AWみたいに軽くはないです。クラッチだけで楽々発進出来ました。シフトフィールはスカスカですが、操作性は良いです。低速での乗り心地は悪くありません。脚はかなり柔らかいですが、バランスは取れている気がします。
 動力性能は意外と良くて、トルクを感じます。うーん、車重1150kgで、排気量は1.8Lくらい?と思ったのですが、後で車検証を見ると1070kgで1.5Lでした。4.39x1.69x1.41mとそんなに小さい車ではないです(このクラスの標準サイズ)から、軽いですね。エンジンは回すとうるさいはうるさいですが、余り気になりません。BPよりも1ZZ-FEに似た感じの音です。ただ、上まで引っ張ってみると正直6000回転手前が限界です。タコメーター上はレッドゾーンは6500回転でしたが。もっとも音は上は意外と悪くなかったです。記憶にあるBPより良いです。まあ、BPの方が回ることは回りましたが。
 アクセル踏むとエンジンが動きます。エンジンマウントが元々柔らかいのかへたっているのかはわかりません。まあ、ちょっと気になる程度で、運転に支障があるほどではありません。シフトダウンは意外とやりやすいです。
 ステアリングはやや重めでフィーリングも悪くはありません。まあ、遊びはやや大きい気がします。タイヤがしょぼいので(溝はそれなりにありますが、NANKANGと書かれています。
Lideatire
 175/70R14?ちょっと良く読めませんでした。)、交差点をちょっと勢いよく曲がっただけで鳴きます(苦笑)。
 乗り心地は悪くはありません。特に低速なら良好です。やや柔らか過ぎる感じもしますが、揺れ続ける訳ではなく、路面からの入力の当たりは柔らかいです。70タイヤのおかげかもしれません。また、リアはバタバタしません。トーションビームくさくないなと思ったのですが・・・これってリアストラット?
Lidearearsus
 写真は全部夜しか撮れなかったのでいまいちうまくとれていませんが・・・。ストラットだとするとだから印象が良いのかもしれません。高速走行だとちょっとざらざらした感じがしますが、これはタイヤでしょうね。
 ちょっと速度が上がると足元から音が増えます。左リアでなんとも言えない音がします。ポコポコというかそんな音。側溝にコンクリート製の蓋がされていることがありますよね?あれの上にタイヤが載ると蓋が動いて音がしますよね?あれに良く似た音です。でも、これは多分、トランクで何かががたついている音でしょう。右前ではなんか、キュキュとこすれる音がします。まあ、でも、異音はそれ位かな?
 まあ、そんな感じで、ポンコツと言えばポンコツなんですが、意外と楽しいので結構乗ってしまいました。高速走行もちょっとしてみましたが、二速で6500回転までひっぱって100km/h、5速100km/hだと3000回転位でした。その位の速度で走るとちょっと直進安定性が悪い気がしますが、アライメントが少しくるっているような気もします。ボディ剛性は、少なくとも剛性感は意外と高い(低くないというべきか)です。まあ、これは3BOXのセダンのおかげかもしれません。ああ、あくまで予想よりも低くないということであって、高いというほどではありません。日本の道路を普通に走る分には怖いとかそういうことはまったくなく普通に走れます。
 シートだけは駄目ですね。すぐに腰が痛くなりました。いつもの私の持病のあれなので、駄目なのは私だけかもしれませんけれど。ヒーターは国産車らしく良く効きます。この辺ルーテシアやクーガは見習って欲しいものです。オートエアコンでないので効きすぎて最弱でもちょっと熱すぎる気はしましたが(苦笑)。
 全体的に古いと言えば古いのですが、クルマらしい、感じもします。16年前の車ですが、年式は別にするとアルテやMR-Sと同世代です。そう考えると・・・やっぱりポンコツかな(苦笑)。相方にもちょっと乗ってもらいましたが揺れて怖いと言われました。まあ、印象が悪くないのはMTのおかげでしょうね。4ATだったらちょっと乗って終わりだったかもしれません。やはりMTは楽しいし、古さをカバーしてくれると思います。
 それでも、過去、我が家に代車できた車の中では二番目に良い車です(一番はルーテシアのナイト&デイ)。最悪はその辺一周して乗れないと返したノート。CVTが・・・。リデアはタイヤをまともなのにしてダンパー交換して(部品あるかな?)、アライメントを取り直せば、足車には十分なるでしょう。(^^)もっともそうすると中古で同じ車が二台くらい買えるかもしれませんが(笑)。なお、Gooで調べても売り物は一台も見つかりませんでしたけど(苦笑)。そういう意味ではまず乗ることが出来ない希少車に乗れて良かったです、しかもMTで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の車の話:2015年1月

NDロードスター
 発売もだいぶ近づいてきていて(それでも5月?6月??位ですが)、画像もどんどん公開されてきていますが、メーターの写真を見るとどうも7000回転からレッドゾーンのようです。うーん、1.5LのNAなのは良いのですけど、あんまり回らないのですね。まあ、元々マツダのNAエンジンなので、そんな高回転型ということはないとは思いますが、それでも7000回転とまりはさみしいです。S660に文句をつけましたが、それだけ考えればS660の方が良いなあ。まあ、でも、MR-Sも7000回らないから、MR-Sからの乗り換えであれば音が好みに合えば許容できるかな?
 3ナンバーですが、全長は4m、車重1t切っているらしいのでそれは良いのですけどね。フェリーも安いし。城ケ島の橋だけエリーゼと同様に割高ですが・・・。
 フィアットとの協業の方はアルファスパイダーはでなくて、アバルトだ、いや、フィアットのバルケッタだと情報が交錯していますが、こちらはどうせターボなんですよね。動力性能は高いとは思いますが、車が軽ければ馬力もトルクもいりません、私は。強いて言えば、フィアット版(アルファでも良いですが)だとルノーの担当営業氏から購入できる(同じ会社で扱っているので)というメリットはありますね。マツダだとこの人から車を買いたいと思える営業氏との出会いがまだないので・・。

エコスポーツ
 フォードからDMが来ていましたが・・・うーん、販売は苦戦しているようですね。限定車やお買い得情報が記載されていました。まあ、割引クーポン=値引きの案内がついているのは他のモデルも同じですが。唯一それがなかったのはフィエスタ。今のフォードの中ではやはり好調なのでしょう。エコスポーツ、クーガがいなければね。後、何度も何度も言うようにあの変速スイッチが・・・・。
 新型ムスタングもいよいよ導入ですね。今度は右ハンドルもそのうち導入されるとか。まあ、私の好みの車ではないのですけれど、ちょっと見てみたい気はします。
 エクスプローラーって、なんか割安感がありますね。限定車は3.5L V6で、ちゃんと4WD。レザーシートにグラスルーフつき。それで470万程度。でかいし、左ハンドルしかないので自分で乗ることはないのですけれど。

アルフィエーリ
 マセラッティのグラントゥーリズモよりも小型のクーペ。以下によるとジュネーブモーターショーで公開され、2016年に発売とか。
http://response.jp/article/2015/01/21/242212.html

 全長4590x全幅1930×全高1280だそうで、小型とは言えませんが、まあ、グラントゥーリズモよりは短いので乗りやすそうです。もっとも、エンジンは4.7L V8とグラントゥーリズモと基本的には同じなのでお値段も近そうです(苦笑)。というか、実質、グラントゥーリズモ後継モデルかも?もしかすると(あくまで希望的観測、というやつですが)、クワトロポルテに対するギブリのように同じプラットフォームで3L V6ターボ搭載のより安いクーペも登場するかもしれません。まあ、安いといってもF-Type位なんでしょうけど。(^^;
 車庫には幅があるので厳しいですが(乗り降り多分出来ない)、全長が短くなるので、我が家でも外ならおけます。5年落ちの中古位なら買えるかも!?マセラッティを野ざらしというのが個人的には問題があるようには思えますが、まあ、さすがに現代の車ですから、平気でしょう・・・・やっぱ、ボディカバーは必要かな?ボディカバーの弊害もありますが・・・。
 という訳で、マセラッティにいってしまった元P担当営業氏、7年ほど待ってください、中古で買うから(笑)。

1シリーズ
 欧州ではフェイスリフトしたそうで。
http://response.jp/article/2015/01/20/242055.html
 私は新しい顔の方が好きです。まあ、でも、今の我が家に1シリーズがくる可能性は低いのです。MTがあれば自分の車にすることがあるかもしれませんが、相方号には大きさとBMWというブランド(相方好きじゃない)で難しいです、残念ながら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

981は縁がないのかなあ

 981もいよいよターボ化されるです。ここに来年ではという記事が。、 http://www.autocar.jp/news/2015/01/21/107465/ 前から噂はでていましたが、どうやらついに4気筒2Lターボが採用されそうです。うーん、4気筒はともかくターボがねえ。先日、Pに行った時に営業氏にも聞いてみましたがはっきりはしないものの、981を新車で買いたいなら、MY16がラストチャンス、になりそうです、991もターボ化(こちらは6気筒)。。うーん、まあ、991を新車で買うことはないというか買えないから関係ないですが・・・・そういう時代なんですね。フェラーリもV8 MRモデルをターボ化するようですし。燃費だCO2だといわれると大排気量NAは確かにきついのですが・・・・。  あの展示車は断念した訳ですが、そうするとライムゴールドのケイマンが我が家にやってくる確率は極めて低いと言わざるを得ません。もし欲しいのなら、そう遠くない将来に生産枠を押さえないと右のMTは難しいですから。PDKならまだましでしょうが、それでも半年遅らせられるかどうか。うーん、あの展示車をどこかのお金持ちが買って、それがその後、中古車で売られて、たまたま相場が下がっていてかつあの色なので相対的に安い値段になっていたら・・・我が家にやってくるかもしれません。(^O^)  まあ、色は別にしても981(ケイマン、ボクスターによらず)が欲しいのなら状況は同じですね。ライムゴールドは高いので、色を変えればもう少し買いやすい値段になるというだけです。ボクスターの右MTなら、外装は黄色でも似合うと思うので、それなら色代はかかりません。黄色と黒だと良いコンビネーションなので、ドアミラーの下側やエアインテークなどが黒の樹脂のままでも気になりません。  最低限度必要なオプションは  フロアマット:2万  シートヒーター:7.7万  ウインドディフレクター:4.9万 なので、けちけち仕様なら、637万で収まります。これなら総額700万程度でしょう。安くはないですが、ライムゴールドにするよりはかなり安いです。とはいえ、それを遅くても来年の前半に買うというのは・・・・厳しいですねえ。それにやっぱりどうせならツートン内装にしたいし、やっぱり目が不安だからヘッドライトも・・・あー、また総額800万が見えてくる。(^^;;;  うーん、そういうことを考えると縁がないのかな、981は。非科学的ですが、良いな、欲しいなと思っても縁が無い車ってありますから。客観的に言えば、値段や仕様、性能などなどどこかでひっかかるから購入に至らないのであって、単に「縁」で決まる訳ではないのでしょうけれど。例えば、先代ルーテシアRSのゴルディーニという珍しい仕様の車は買おうと思えば買えましたが悩んだ末に逃したのはFFに踏み切れなかったからでしょう。アルフェッタGTにしても左ハンドルに踏み切れませんでした。フォーカス欲しいなと思っても歴代フォーカスどこかに問題がありました。だから、縁が無いのではなく、車の仕様が好みとあっていないのが原因です。    それでもやはり、縁というか流れというか、そういうのはあると思います。ボクスター(987、右AT)を買う直前にあの時相方が言った通りにオーセンさんに寄り道していたら、チタニウムの111S(S1)が我が家にやってきたことでしょう。あの時に行けば、入庫してまだwebに出る前でしたから、その場で少なくとも仮押さえは出来ましたから。帰ってからwebを見て翌朝電話したら3番目で、2番目の人に購入されてしまいました。  逆に最初の111Sは一度売約済になったもののローンが通らずキャンセルされて我が家に来ましたから。111Rだって、最後の最後でやっぱり無理だと思い直して購入見送った人がいたので我が家に来ました。ケイマン(右MT)にしても、ボクスター買って営業に不満言っていたら、買い取ったのが入ったので買いませんか?とwebに出す前に行ってくれたから我が家にきました。クーガにしてもああいいう車を買う気がまったくなかったのにフォーカス見に行ってたまたま相方が展示車を見て、結構いいねと気に入って、試乗して・・・。MR-Sにしても111Rに体力がついていけなくなったちょうどその時にたまたまSWの中古が付き合いの長いネッツ営業氏のお店に入ったというので見に行ったらそれは売れていて、代わりに今、我が家にるMR-Sがいたのですから。なので、やはり「縁」というのはあると思います。  改めてそういう風に書いているのにも理由はあります。実はとある理由により住宅ローンの借り換えをしました。元々最初に土地を買って、その後で家を建てているので、土地の分と家の分のローンは別々でした。それを一本化せざるを得ない事情が生じました。その時に新しいローンの額を可能な限り抑えたので、結果的に相応の額繰り上げ返済しました。しかし、借換えなのでそのまま同じ額借りることは何の問題もなく出来ました(金利差分、支払額は減少しますし)。  もし、先にあのライムゴールドのケイマンを見ていたら?多分、そのまま同じ額借りて繰り上げ返済しなかったのではないかと思います。そして、その資金を使って購入計画を。(^O^)何せ今回、借り換えて金利が下がりました(これも借換えに踏み切った理由)。今から新しい自動車ローン組んで買うよりもはるかに低い金利です。逆に言えば、そのせいで、自動車ローン組んで車を買う気がしなくなっています(苦笑)。  たらればは言っても仕方ないですが、もし、一か月前にあの展示車を見て、更に内外装はそのままで、他のオプションが少なめでもっと安ければ・・・これください!があった可能性は十分あります。それとターボ化のニュースを踏まえると、ケイマン(981)には縁が無いのかなとも思います。まあ、あの個体は別すればまだチャンスはありますが。手持ちの株が暴騰して倍にならないかなあ(無理無理、絶対無理)。  まあ、前述の通り、ケイマンよりもボクスターの方が我が家にはあっているので、縁が無かったというよりも、運良く高い衝動買いをしないで済んだと考えましょう。そろそろ「老後」というのを真面目に考えないといけませんし、そんな高い車を買う位なら老後のために蓄えるべきでしょう。  でも、やっぱり、あの色いいなあ(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

気になる車:その後

 もう一度見に行ってきました。そして、あっさりというか、とりあえずというか、今回は決着しました。結果は?高すぎて買えないことが判明しました(苦笑)。

 で、その気になる車は写真の車です。
LmcaymanLmcayman2
 なんだ!ケイマンじゃないか!?はい、現行981型ケイマンです。Sではなく、ベールモデル、右ハンドルのPDK。18インチホール(ボクスターホイールになってはいますが)。でも、この外装と内装の色を見てください。
Lmcayman3LmcaymandoorLmcaymanmeter
 ゴールドライムメタリックという色です。コンフィギュレーターでは冴えない色ですが、実物は素晴らしいです。変わった色なので、あー、あそこに展示していたあれねとわかる方も多いとは思います。内装はツートンでボディと同じライムが使われています。ドアの内張りの一部やメーターナセル上部にもレザーが貼られています。

 前回は値段とかそんなのまったく見なくて、色だけ見ていいなと思って帰ってきました。展示車ですから、これくださいといったらある程度は安くしてくれるよなと思って、総額いくら位になるのだろうか?オプション満載だったら高いよなあ、どうだろうと思ってドキドキしながら再度見に行ったのですが、装着されているオプションリストの紙の下に書かれていた値段を見て、一瞬で夢と消えました(苦笑)。だって、そこには912万円と書かれていたのですから(爆)。ベースモデルのケイマンに240万ほどのオプションがつけられています。仮にいくらどーんと値引きしてくれてもこれは手が出ません。(^^;いや、まあ、絶対買えないのかと言われると、例えば10年ローンとかなら買えなくもないですが・・・私には要らない(お金を払いたくない)オプションがたくさんついているのでそれが問題です。
 元々高くなるのは仕方ない部分もあります。まず、一番気に入ったライムゴールドメタリックは特別色なので42.6万もします!更にツートン内装にしようとしたら、レザーになってこれが30.3万。これだけで約73万かかります。で、PDKですから、それだけで、ざっと750万に達します。それに最低限度必要な(私が)オプションが
 フロアマット:2万
 シートヒーター(ケイマンだかいらないと言われるかもしれませんが、我が家は必須):7.6万
ですから、約760万。
 PDKならクルーズコントロールも欲しいですし、電動格納ドアミラーも我が家の車庫に入れることを考えれば欲しいです。から、それぞれ7万と5.5万なので、約773万。スポーツクロノも欲しくなりますが、そこは我慢しても、HIDすらついていませんが、既に800万が見えてきます(苦笑)。
 純粋に色重視だとMTにする手もあります。これだとフロアマットとシートヒーターの最低仕様で712万位で収まります。ただし、右のMTは枠が少ないので、タイミングが悪いとそれこそ一年待ち、です。まあ、お金だけ考えれば後になる方が支払が楽になるのですけれど。

 他にも困った問題?が。外装をライムメタリックにするとドアミラーの下側とエアインテークの黒い部分がどーしても気になります。
Lmcayman5kininaru
 これが例えば、外装黄色なら気にならないのですが・・・。ちょうど隣に黄色のボクスターSがありましたが、それは気になりません。まあ、ロールバーカバーの部分はこの展示車のようにボディ同色にしたくなりますが。
Lmcaymanboxter
ここをボディ同色にするとこれが高いのです!ドアミラートリム・ペイント仕上げが7.7万円、サイドエアインテイク ペイント仕上げが8万円もします!!原価は微々たるものだろうよ!と思いますが・・・。高いせいで、この二か所と更にリアの下側もボディ同色になるセットオプションのエクステリアペイントパッケージ、21.3万円が安く感じます(笑)。それだと合計で約732万です。右のMTですし、こんな色ですから、完全受注生産、値引きなんか基本無しですから、色だけけちけち仕様でも総額は800万に迫ります。うーむ、けちけち仕様でも今は難しいです・・・。なお、この色だけは個人的にはボクスターではなく、ケイマンの方がより似合うと思います。

 なお、991だとスポーツタイプのドアミラーがあり、これはボディ同色な上に恰好良く、たった?の10万円のオプションです。
Lmcayman911mirror
 ドアミラー下側をボディ同色で7.7万取られるのと比べれば安いでしょう!残念ながら981には設定がありません。これは電動格納式にならないそうですが、981の標準も電動格納式じゃないから問題ないでしょう。ついでに言えば、私はほとんどドアミラー格納しませんから。確かに狭い我が家の車庫に入れる時にはたたんだ方が楽ですけれど、出し入れの仕方でなんとかなります。もし、981を我が家の車庫に入れるとしたら、左側に頭から入れるので、その場合には一度中央よりに向けててから外側へ寄せればいいです。それよりも中での出し入れの方が大変でしょう。

 また、ツートンも良いのですけれど、ライムのレザーインテリアもなかなか良いと思います。こちらは30万じゃなくて60万円(爆)。更にそうするとスポーツシートプラスが選べるのでそれも欲しくなります。とかやっていると総額900万が見えてきます。ついてに言えば、最近目が弱っているので、オートマチックハイビームに憧れます。HIDやらとセットで37万弱。うーん、それをつけたら900万オーバーは確実。まあ、このクラスの車で37万の差は大した違いはないと言えばそうですが。(^0^)金銭感覚が段々麻痺してきます。(^^;;

 ところで、そうやってコンフィギュレーターでいろいろみていて気が付きましたが、ボクスターとケイマンの価格差は事実上無くなっていますね。じりじりと価格が上昇していて(ユーロ高を受けてということでしょうが)、ボクスターのベースモデル(MT)も600万円超えて(マカンがポルシェで一番安いと書かれていて、ボクスターじゃないの?と思ったが、実は逆転していました)、622万円からになってしまっているのですが、ケイマンも629万円からです。ボクスターには普通、ウインドウディフクレター(ケイマンには要らないというか、設定されないオプション)を付けるでしょうから、事実上627万と629万です。600万円台の車ですから、事実上同じ値段です。
 以前はケイマンが明らかに高く値付けされていましたが。いつからでしょう?981の最初からかなあ?。もちろん、価格差がなくなったこともあり、装備の差もなくなっているようです。987ではケイマンはオートエアコンが標準装備になったりして価格差を正当化していましたが、今はケイマンもオプションです。オートエアコンは要らない(987ではまったく役に立たなかった)ので、結果オーライですが。
 まあ、なんであれ、ケイマンを買いやすくはなりましたね。車としてはケイマンの方がもちろん優れていますが(屋根があるから)、我が家にはボクスターの方が適してます。クーガがいるので(クーガにも問題はあるにせよ)、長距離巡航の役割は私自身の車(AW以外のもう一台:現在はMR-S、仮に981を買うとしたらMR-Sからの乗り換え)には求められません。そして一台はオープンカーが欲しいですから、もし、981ならボクスターの方が適しているでしょう。
 例えば、相方がコペンを買ったとしたら、オープンカーですから、私がオープンカーを所有する必要はなくなるので、その時にはケイマンでも良いでしょう。ケイマンでなければならない理由はないのですけれどね。
 まあ、なんにしても好みによりボクスターとケイマンがほぼ同じ価格で買えるのは良いことです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イスラム国人質事件

 以下の文章はあくまで私の推測で何ら裏付けがあるものではないことを始めにお断りしておきます。そうに違いない、本当はそうだと強く主張するものではなく、そうではないだろうかと私は推測するというものです。

 残念ながら一人は殺害したと主張されており、残りジャーナリストが解放されるかどうかが焦点になっています。もっとも殺害されたというのが本当かどうかははっきりしません。一般に報道されている写真(動画から得た静止画)は肝心の部分にモザイクが入っているのですが、検索しまくってようやくオリジナルの画像を見ることが出来ました。しかし、それを見ると従来のイスラム国のやり方とはちょっと違うように思います。確かに胴体と首は別々にうつっていますが、その首はなぜか下側に服(オレンジ色の服)が置かれており、地面に穴をあけて首だけだしている写真と解釈することも出来るように思えます。胴体側も首を切断した断面を見せていません。ですから、首を切断して殺したように見せかけている写真のようにも思えます。
 しかしながら安倍首相は事実と断定しています。何故でしょう?以前、他の外国人が殺害された場合にはもっと簡単にその画像を見ることが出来ましたが、今回はモザイクがかかったものばかりです?私には安倍首相にとっては殺害された方が都合が良いから、真偽はどうであれ殺害されたことにしたいからではないかと思えてなりません。
 何故殺害された方が都合が良いか?それはもう交渉する必要がなくなるからです。身代金を払う訳にはいきません(これは絶対ありえない)。ですが、生きている限りはそれ以外の手法による解放を目指す必要があります。しかし、殺害されてしまえば、その必要はなくなります。残虐非道なイスラム国を非難するだけですみます。今回はそれでも国民から強い批判を受ける恐れはありません。何故なら、拘束されたのはPMCのCEOを名乗ってシリア入りしたような人物です。もう一人のジャーナリストも危険を承知で(自分でどう話す動画を残して)いっています。ですから、殺害されたとしても、言わば、危険登るなと書かれている場所へ登って落ちて死んだようなものです。それも入れないように鍵をかけていたのを無理やりこじ開けたがよじ登って入って。死んでも本人が悪いと10人いれば9人は思うでしょう(そういう風に皆が思うことの是非は別にして)。一部で批判も出るでしょうが、少数意見にとどまると思われます。拘束して殺害することはもちろん許されることではありませんが、そうなったのは本人にも大きな原因があります。所謂、自己責任というやつです。
 これが例えば難民キャンプで働いていたNGOのスタッフやら医師・看護師が拘束されたというのでは話はまったく違います。むろん、ある程度のリスクは冒していますが、それにしても「人助け」です。マスコミ、世論も解放を強くうったえ、それが出来ない政府は非難されるでしょう。ましてや殺害されたら、イスラム国よりも政府の方が強く批判されるかもしれません。

 残るジャーナリストがどうなるかはわかりませんが、状況は良くなっているともいえます(彼だけに限れば)。イスラム国は2億ドルの身代金要求からヨルダンにとらえられている死刑囚の解放に要求を変えています。また、ヨルダン人のパイロットが撃墜されて拘束されています。であれば、日本政府としては、ヨルダン人パイロットと死刑囚のいわば捕虜交換のおまけで日本人ジャーナリストが解放される、というのが最良のシナリオです。裏で働きかけるにしても、死刑囚を解放したのはヨルダンであり日本ではありません。ヨルダンへの援助や圧力は必要ですが、身代金と違って、裏でお金を出すにしてもこれは間接的にはテロとの戦いへの支出ですから問題はありませんし、国際的な批判もうけません。
 また、今回の交渉は通常と違って人質を取られている日本の方が有利です。通常は人質を取られている側に主導権はありません。人質を取った側が要求を決めて解放するかどうかを決めます。しかし、今回は前述の通り、日本政府は焦る必要はありません。解放されなくても大した問題はありません。ですから、いくらでも値切れます。極端に言えば、さっさと殺してくれ、そうすれば余計な手間が省ける、が日本政府の本音でしょう。前述の通り、多少対応で批判受けるかもしれないにせよ、殺害された方が事件が終わって楽になる位です。ですから、解放してくれるなら受け取るよ、みたいな態度でも構わないのです(表面上は別にして本音の部分では)。本気で交渉するとしても、死刑囚をヨルダンに解放させるためにはヨルダン人パイロットも解放してくれないと難しいと言えば良いのです。イスラム国は人質を殺害すればそれで終わりです。何も得ることは出来ません。ですから、何かを得るためにはそうそう簡単には殺害出来ないでしょう。
 では、何故、自称PMC CEOは何故殺害されたのか?前述の通り、それは偽装である可能性もあります。また、一般的には二人人質を取って、要求が通らなければ一人殺して、本気だ、要求飲まないともう一人も殺すぞと脅すことは良くあります。また、相対的に価値がないと判断しているでしょう。いずれにしても、この件だけに限れば、イスラム国側に選択肢はそれほどありません(常識に反して)。殺すか、何か得る代わりに解放するか、です。

 以上は現状得られる情報から私が推測したものであり、安倍首相や日本政府が人質が死んでもいい、事件が終わって楽だから、さっさと殺してくれと考えていると断定するものや強く主張するものではないことを改めてお断りします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

吾妻山の菜の花

 最近行っていなかったのですが、二宮の吾妻山公園で菜の花が見頃らしいので久しぶりに行ってきました。駐車場は近くにありませんが、休日?イベントの時?には臨時駐車場が開設されます。一回500円です。まあ、ちょっと離れているので歩かないといけませんが、良い運動にはなります。
http://www.town.ninomiya.kanagawa.jp/kyouiku/kouen/azumayama/azumayama_access.html

 信用金庫の駐車場でイベントしていたり、休憩所兼物販所があったりと菜の花に合わせて色々行われています。山の上の公園なので結構階段を上っていく必要がありますので、お年寄りには向かないでしょう。

 水仙も植えられていて綺麗に咲いていて良い香りがしました。
Suisen
 途中飲み物付きの有料足湯なんてものまで。展望台にあがると菜の花は綺麗に咲いていました。人もたくさんいましたけれど。
Nanohana
 蜂が蜜を集めていたり、メジロのつがいがいたり、写真のネタには事欠きません。
AzhachiAzmejiroMejiro2
ただし、朝は晴れていたですが段々かすんできて富士山や山の方が良く見えなかったのは残念です。

 ただ、お昼に困ります。二宮駅のすぐそばなんですが、意外と飲食店が少ないです。イタリアンのお店が複数ある場所はあるにはあるのですが、歩いて行くにはちょっと遠いです。今度はお弁当を用意していうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これほど少数の著作でこれほど大きな影響を私に与えた人がいたであろうか

 先日、作家の陳舜臣氏が他界されました。実は私は著作をそれほど多くは読んでいません。しかし、この方の「秘本三国志」には大きな影響を受けました。元々吉川三国志で三国志の世界に触れ、大好きになったのですが、劉備らがちょっと良い人過ぎるのが気になるようになりました。その時、秘本三国志とであったのです。衝撃的でしたね。そして、本当の劉備はこのような人物であったのではないかと思えるようになりました。秘本三国志の関羽なら死んでも不思議無いですし、張飛も暗殺されても自然です。吉川三国志ではどうもこの二人の最後がしっくりきませんでしたから。三国志はたくさんありますが(三国志演義含めて)、私はこれが一番です(蒼天航路も良かったですが)。
 秘本三国志はマイナーでお話もかなり違いますが、曹操は悪人ではなく英雄ですし、宗教と絡めているのも他には余りない点です。三国志読みたいがどれが良いかと言われた時に秘本三国志が良いよと・・・勧めるのにはちょっと向かないと思いますが、他の三国志を読んだ人には是非一度読んでみて欲しい作品です。と、言ったものの、今普通に入手出来るかはよくわかりません。きっと書店では陳舜臣氏の著作が並べられると思いますが(そういうものですよねえ)、そこに並ぶかというと?

 残念です。ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マカン

 相方が興味を持ったのでちょっと見るだけ見てきました。相変わらず人気で試乗車はブン回っていましたので試乗はしていません。
 展示車は売れすぎのマカンSです。オプションはいろいろてんこ盛りでした。導入があるとしたら当然クーガとの置き換えなので、まずは後部座席から。狭い、とは言いませんが、クーガと比べて広いとは言えませんね。クーガよりもシートの高さは低く、乗り降りはしやすいと言えますが、反面視界が良いとも言えません。前席のヘッドレストが結構邪魔です。まあ、普通と言えば普通なのですが、クーガがグラスルーフも含めて後部座席の視界が良く開放感がある(明るい)ので、それと比べると狭く、暗く、視界が悪く感じます。オプションでグラスルーフも選べますが(29万円)、前と後で分割されています。まあ、前は開くことが出来ますが。シートそのものはなかなか良いと思います。まあ、5人乗りですが、実際に5人乗ることはないよね?という感じではあります。後部座席用のエアコンの吹き出し口がなく、あれ?と思いましたが、オプションで用意されていました。えっと6.7万円だったかな?ポルシェのオプションにしてはリーズナブル!?シートヒーターが7万円ですから。それを付けると前席の左右と後席の3ゾーンで調整できるようになります。
 前席に座ると・・・イヴォーク同様にこりゃSUVじゃないですね。シートを高くすればクーガのようなポジションをとれますが、今度は頭上の余裕がなくなります。しっくりくるのは足を前に投げだすスポーツカー・スポーツセダンっぽいポジションです。それだけ見てもこれがどういう車かを示していると思います。ついでに言えば、相方が助手席のシートを高くしていて、後でそこにそのまま座ろうとしたら頭をぶつけました(苦笑)。ステアリングは987でいえばスポーツステアリングでパドルは標準です。パーキングブレーキのスイッチはシフトレバーの後ろ側にあります。なんで991/981は手を伸ばさないと届かないステアリングの斜め下側に配置しちゃったんでしょうね。そのうち行われるマイナーチェンジでマカンと同じ配置になるのではないかと期待しますが。シート自体は私は良いと思います。981のシートよりも好きです。相方にはちょっと緩いようですが。981(987も)のシートだと相方にはぴったりで寝やすいと言っていますが。ただ、運転席は電動だったのに助手席は手動でびっくり。マカンはともかく、マカンSでも手動とは。987/981はバックレストの調整だけはどちらも電動でしたが。
 展示車にはクルコンついていましたが、オプション。いやあ、981もそうだけど、こんな高い車なんだから標準にすべきでしょう。レーダー追尾式はオプションでもいいけど。ポルシェ商法はわかりますが、とはいえ、機能的な装備は標準にしてもいいと思うのですけどね。レインセンサーもマカン(2L直四ターボ)だとオプション。ルーテシアにもついていますが・・・。
 リアハッチはスイッチを押すと電動で開閉します。背が低い相方にも安心。トランクは広いと思いますが、高さはそれほどなく(実際には上げ底になっていて下にも物はおけます)、奥行きがかなりあるので、ちょっと使いにくいかもしれません。特に相方には開口部の位置が高め(ボディ剛性重視?)なので荷物の出し入れはやりにくいそうです。
 フロントグリルの中を見るとシャッターが閉じていました。フォーカスと同様に温度により開閉する(空気抵抗を減らすため?)のでしょう。珍しいものではありませんが、ポルシェでは見かけないような?あ、まあ、カイエンやらパナメーラがどうかはちゃんと見ていませんが。
 フロントサスペンションをのぞいたらアッパーアームにアウディマークが。ここはそのまま使っているのですね。ロアーアームはアルミと思われるごついのでしたがこちらはアウディマークがあるかは見えませんでした。
 概してカイエンよりも更にスポーティに振った車のようです。SUVを速くしてどうする?とも思いますが、ポルシェですから、速さは譲れないのでしょう。我が家にはどうか?うーん、義父が健在な限りはちょっと合わないかなあ?仮に義父が他界して(まだ十年や十五年は元気そうですが。(^^))後部座席に乗せることがなくなったら、マカンいいかもしれません。もっとその時はSUVである必要もなく、ケイマンかボクスターでも良いのですけれど。(^^;
 義父じゃなく、クーガが何等かの理由でお亡くなりになったとしたら(安全運転心がけても、例えば、信号でとまっていたら後ろから居眠り運転の車に追突されるかもしれない)?現行クーガは前に述べたようにちょっと違う気がするので、他の車が必要になりますが、その時は?うーん、イヴォークとマカンは良い勝負だと思いますが、義父を乗せることを考えたらもうすぐ発売されるディスカバリー・スポーツの方が良いでしょうね。
 まあ、あくまで後部座席の居住性・視界を比較しての話です。クーガと比較しなければマカンでも問題はないでしょう。それよりも乗り味の方が重要です。マカンターボは当然要らない(しかし、全部ターボなのに「マカンターボ」ってグレード名はおかしい気がしますが・・・)として、マカンとマカンSはどちらが良いか?は悩ましいですね。マカンSは100万高いのですけれど
・直四2LターボからV6 3Lターボ:ざっと100馬力上乗せ
・HIDが標準装備
・レインセンサーが標準装備
という違いがあるので、リセールバリューも考えるとマカンSの方がお買い得かもしれません。実際のコストは別にしてマカンをエンジン以外マカンSと同じ仕様にすると結構オプションで費用かかりますから。実際、売れすぎはマカンSで、今頼んでも年末、もしかしたら年内厳しいかもという状況だそうで。マカンなら比較的早いようですが。え?でも、その選択なら答えは出ているじゃないのか?確かに。私には3Lターボ入りません。自由に発注するとしたら、マカンに欲しいオプションつけて買います。2Lの方が軽いですし、税金も安いし、燃費も良いし。動力性能も十分です。
 まあ、どのみち、クーガが健在ならマカンにせよ、ディスカバリー・スポーツにせよ不要ですから、実際に検討するとしたら先の話(または事件が起きてから)ですが。機会があれば、その時に備えて試乗はさせてもらいたいなとは思います。クーガの乗り心地には不満はあるので・・・。でも、マカンの試乗車はあるかなあ?ああ、マカンが余っていれば、マカンSの試乗車がさっさと売られてマカンが試乗車になる・・かも!?
 しかし、ある程度の大きさの違いはあるにせよ、SUVは選択肢多いですね。国産車でもCVTは除外しても相応にあります。後部座席の話もフォード・ローバー系を除けば似たようなものです。後は安さをとるか、スポーツセダン並みの速さをとるか、オフロード性能をとるか、それで選択は変わるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる車

 あえて今は車名は出しませんが、とあるところで偶然見かけたある車が気になって仕方がありません。車種というよりもその個体、いや仕様というべきかもしれません。中古車ではなく、新車です。あるところで展示車としておかれていた車です。新車ですから、その個体そのものではなくても、同じ仕様で発注することは出来ます。ほとんど一目惚れ(苦笑)。車そのものも良い車ですが、今、乗りたい、欲しいとは必ずしも思っていませんでした。いくつか好みや私の今の生活に合わない部分がありますので。でも、そこでぱっと目に入って、「欲しい」と思いました。買えるか買えないか?不可能ではないです。容易ではありませんが、例えば、グランツーリスモの新車のようにまったく手が届かない車ではありません。
 まあ、とはいえ、今それを買えるかというとやはり難しいは難しいです。今は車にお金使うよりも他のことを考えるべき時と思っています。でも、あれ、いいなあ・・・。うーん、あの展示車だったら少しは安くなるよな。(^O^)見積もりもらおうかな・・・いや、いかんいかん。そんなことをしていたら、後先考えずに買ってしまう羽目になりそう。欲しい車が無いとしばらく前に書いたのですが、ここまで欲しいと思ったのは久しぶりです。うーん・・・エリーゼのS1以来かも?S2の111Rを買った時は、どちらかと言えば、ケイマン(987)が合わないと感じて、やっぱりエリーゼの方が合うよなと思ったのであり、その個体そのものを欲しい!と思ったのとはちょっと違いますから。E46のM3やエキシージSロードスター(V6の現行モデル)も欲しい!と思いましたが、それよりも欲しい度合いは上です。エキシージSロードスターはそれこそ今の私に合わないし、価格的にもかなり難しいです。それよりは安い(絶対的には安くないので、あくまで比較した上で、ですが)車です。
 何が気に入ったのか?ずばり見た目です。内外装の色の組み合わせ。うーむ、色でルーテシアを買った相方をとやかく言えません(苦笑)。いやあ、こんなのは初めてですね。形が好きな車というのはいくらでもありますが、普通のは「良い車」だったのが「欲しい!」に変わったのですから。欲しい車は当たり前ですが欲しいですよね(意味不明な文章)。まあ、欲しくて欲しくて、でも、結局、縁が無かった車も多いのですけれど、お金以外のハードルは高くはないんだよなあ。他の縁が無かった車は、一言で言えば、ポリシーに合致しない(いつもの条件に合わない点が多い)とか大きすぎてどうやっても車庫や敷地内に収まらないとかでしたから。

 で、新車なのでメーカーのサイトから同じような仕様だとどの位の価格になるかを調べて見たら(その個体の正確な仕様はわかりませんが、見た目を合わせて、後は自分の好みに合わせた仕様で)・・・・思ったよりもずっと高くなりました・・・やっぱ無理かも。(^^;;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

とある自動車ディーラーで

 お散歩というか、運動兼ねて歩いて出かけたある日、帰りに某自動車ディーラーの横を通るので、ちょっと見ていかない?と相方を誘いました。店頭に目的の車は置いてありました。試乗車です。ショールーム内は結構、客入りは良くにぎわっていました。しばらく見ていたのですが、相方はいいね、でも、これ以上見ると欲しくなるから帰る、といって帰りだしてしまいました。
 この間、誰も出てきません。まあ、車じゃなかったのがまずかったのかもしれませんけどね。でも、しばらく外から見ていたんですけどね。ここはいつもこんな感じ。だから、ここで車を買いたいとは思いません。そのメーカーの一番近いディーラーですが(なんせ歩いて行ける)。
 もし、見ていた時に営業なり出てきて、ドアを開けて中もどうぞとか、試乗いかがですかとか言ってくれれば、相方も試乗してくれたと思うのですよねえ。そうしたら、恐らく、車自体も気に入ってくれたと思いますし、相方としても次期相方号の有力候補にしたと思うのですが・・・。確かに忙しかったとは思いますが、なんで誰も出てこないのでしょうね。
 すぐに営業が出てきたり、もし、営業が手一杯でもサービスの人間や受付など誰かがぱっと出てきて対応してくれるところもあるのですけどね。ほんと、対応はお店によりずいぶん違います。まあ、車の誘導に三人掛かりというのは大げさだと思いますが。(^^;そういう丁寧過ぎる位のお店もあります。前にも似たようなことを書いていますが、やはり車だけではなく、対応が良いディーラーで購入したいものです。そうでないと相方が後でディーラーと喧嘩したり不愉快な思いをして、もうこんな車乗りたくないと言い出しかねませんし、私も嫌ですから。
 ただ、現状、良い営業氏がいるディーラーには買いたい車がほとんどないんですよね。良いなと思う車を売っているディーラーでは良い営業氏との出会いがないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SSD化

 義父のパソコンのHDDが遅いと言われたので、SSDと交換することにしました。自分おミスで手間取りました。ちょっと古いノートパソコンで、200GBのHDDだと思って256GBのSSDを買ってきたら、300GBでした。そのため、手持ちのHDDスタンド(裸のHDDをニ個つけてUSB接続の外付けHDDとして使えるし、HDD間でベタコピー出来るもの)でそのままべたコピーできなかったからです。これはコピー先の方が容量が大きくないと出来ないからです。
 仕方ないからSSDにリカバリーかけてデータだけコピーするかなあと思ったのですが、SSDにバックアップツールが付属しているのに気が付きました。ついてきたといってもwebからダウンロードして、アクティベートするものですが。ちょっと操作が分かりにくい部分がありますが、クローン元とクローン先で容量が違っても使用領域がクローン元の方が小さければコピー出来るので便利です。無事完了しました。速くなったと好評です。

 ついでにというとなんですが、自分のT420SのHDD(300GB)も空きがほとんど無いし、時々やたら遅く感じることがあるので、同様にSSDと交換しようかと思いました。ただ、コストパフォーマンスを考えると512GBが限度ですし、T420Sの場合、めちゃめちゃ遅い訳ではないので、じゃあ、1TBのHDDにするかと思って、買ってきました。 
 元のHDDから1TBの新しいHDDにコピーして、さてつけようとしたら・・・・入りません。あれ?と思ったら、元のHDDは厚さ7mm、1TBは9.5mmでした(苦笑)。買う前に確認しない私がわるうございました。どちらも私の事前の確認不足が原因です(反省)。で、どうもまだ1TBの7mmはないようです。という訳で、仕方ないから?512GBのSSDにしました。
 同じツール(同じメーカーの512GBのSSDなので同様にアクティベートするキーが書かれた紙が付属しています)でクローンを作成。今度は新しいSSDの方が容量が大きいのですが(元は300GB)、空き領域はCドライブの空き領域拡大につかってくれているので、残りで別のパーティションを作らなくてもすみます。
 いやあ、起動・再起動が速いですね!これまでは終わるまでしばらくほっておいて他のことをしている、という位時間がかかっていましたが、すぐに起動します。まあ、普通に使っている限りは特別早くなった気はしませんが(元々ブラウザーで見るのととテキストエディターで文章書く位の使い方ですし)。

 まあ、後は信頼性ですが、自分のはバックアップを定期的にとっているので大丈夫でしょう。義父のは外したHDDに時々バックアップしないといけないでしょうね。長期間使ったらどうなるかはまだSSDはよくわからないですから。

 こうなると会社パソコンもSSD化したくなります。何せ、一番遅いのがこいつですから。でも、私物じゃないから勝手に交換出来ないしなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

S660

 ベストカーの1・26号にも記事が出ていましたね。それから、以下のようなのも。
http://magazine.vehiclenavi.com/archives/3179
 何かの申請用データ?緒元が記載されています。

 まあ、いずれにしても発表はそう遠くないようですね。TMS2013で見たのよりなんか良い感じはしますが、問題はエンジンかなあ。ベストカーの記事だとレブリミットがたったの7700回転(なのにそこで最高出力はおかしいでしょうー>ベストカー。一般論としてはありえないとは言わないけど、最大トルクが2600回転で、7700回転で最大出力はありえないでしょう。)、上記リンクだと6000回転で最高出力。現代ではこれでも高回転型エンジンと言えるのかもしれませんが、レブリミットは排気量が倍以上ある4AGと同等、6000回転で最高出力では、軽自動車のエンジンとしてはとうてい高回転型とは言えません。ビートと比べものになりません。もちろん、実際にはこの方が実用的でしょう。MT
でビートよりも大人1人重たい830kgですから、660ccのNAエンジンではもはやスポーティーに走るのは無理でしょう。ビートですら正直、遅かったのですから。低速(2600回転:前述のリンクから)で最大トルクを発揮するこのエンジンは実際には使いやすく、速いとは思います。しかし、どうしてもビートと比較してしまいますし、私自身が高回転型を好みます。まあ、コペンが7500回転からレッドゾーンなので、本当に7700回転がレブリミットなら、それよりはましですが。トルクも12Nmも多いし。ただ、MT同士の比較で、FFとはいえメタルトップのコペンが850kgで、エリーゼ並の幌のS660が830kgというのはもう少し軽量にして欲しい気もします。もっとも、ボディ剛性重視で設計されているのならそれはよしとしましょう。また、この数字が正しいとしたら前後重量配分は46:54なので、横置きMRとしてはなかなか良い数字です。

 ボディカラーのバリエーションがベストカーの記事と違いますが、この形だと白がいいかなあ。ナンバーが黄色だから、黄色にしたいところですが、黄色だとちょっと好みに合わない感じがします。ビートは黄色が一番良かったのですけれど。白でなければ、ガンメタか黒がいいかな。

 オープンはあきらめて(幌が重たいからか、ボディ剛性重視か、その両方かは不明ですが)、タルガトップに巻き取る幌・・・って、エリーゼと同じですね。特にS2。S1はリアのガラスも外せましたから。信号でとまった間にさっとオープンに出来なくなりましたが、これはこれで良いでしょう。

 残り問題は操作性というかポジションが合うか、です。ビートは問題ありませんでしたし、概してホンダは悪くはないのですが、S2000だけはどうやってもあいませんでした。これがあるから、実車にせめて座ってみないと車は買えません。本気で買うなら早めに予約しないと納車が遅くなりそうですが、実物見る前にはやはり買えません。そしてやはり試乗してみたいです。S660はビートを超える車かどうか?そうでなければ、ビートを再び買う方が良いですから。古さは否めませんが、それでもベース車両台+修理(というかレストアか)費用はS660よりも安いでしょうから。

 それからベストカーに書かれていたS1000とか100馬力版とか本当に出るのでしょうか?色々見ると1Lのターボという噂ですし、S1000がNAじゃなければS660でも良いですけれど。100馬力は・・・さすがに660ccでは難しいのでは?あ、いや、馬力出すだけなら簡単に出るでしょうが、メーカーが市販車として出すのは難しいのではないでしょうか。自主規制は別にして元々もそこまで想定していないエンジンでしょうから、耐久性だなんだ考えたら、厳しいかなと。80馬力位なら問題ないというか、最大トルク考えたらそれが自然だとは思いますが。その場合、より上まで回して馬力を出すことになるでしょうから、個人的にはそれがいいかなあ。メーカーは違いますが、ケータハム160のエンジンが7000回転で58.8kW=80馬力、3400回転で107Nmですから、概ねこれに近い感じになると思いますから。もっとも、エンジン本体に手を入れないで、制限を取り払って、本来の能力を発揮させるだけだったら、レブリミットは変わらないかな?だと、まあ、64馬力でも私には同じですね。まあ、上の伸びは体感できるとは思いますが。

 そういえばミッションはCVTと6速MTだそうですが、この6速MTはどこから持ってきたのでしょうね。今のホンダの軽にはありません。アクティにMTはありますが、5速です。そうするとフィットRSと同じもの?軽には過大なものかもしれませんが、S1000なども本当に出るのとしたら妥当かな?

 実際に私が買う(買える)かどうかは別にしても楽しみではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MR-S復活

 MR-Sのバッテリーをやっと交換しました。パナかGS YUASAかで悩んだのですが、取っ手付きが作業がしやすいのでGS YUASAに。Unistarというまあ安やつです。40B19L。

 新旧並べて撮影すると・・・インディケーターの有無を覗けば同じものです。つまり、トヨタ・・・というか付き合いのあるネッツ純正のバッテリーはGS YUASA製でした。
Batterymrs
 気分的にAWよりもちょっと作業がしにくい気がしますが、交換完了。
Batterymrs2
 エンジンも無事にかかって久しぶりにお散歩させました。さすがトヨタ!しばらく寝ていましたが、問題なく走りました。良いことではないのですけど。(^^;街中走っているとやはり乗り心地が悪いです。やっぱりリアがばたばたします。はて、さてどうしたものか・・・。リアタイヤを前期型と同じ15インチにしたら良くなるかなあ。それともブッシュか、はたまたそもそもボディ剛性が足らないのか・・・。
 普段軽すぎると思うパワステは、人間の力が落ちている今だとちょうど良いです。AWみたいに回し遅れも出ません。乗り心地良ければ今はこっちの方がAWよりも向いています。
 ただ、ずっと乗っていなかったことと関係あるかどうかは不明ですが、臭いがまた酷くなった気がします・・・・。外気導入でヒーターつけるとそれほど酷くないので、エアコン系ではなく室内のどこかなのですけれど、いまだどこからかわかりません。乗り心地よりもこれを先にどうにかしないとなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の富士山を見に山中湖へ

 道路が空いているようだったので、山名湖に行ってきました。冬は道路が心配なので従来は余り行きませんでしたが、クーガにスタッドレスを履かせたので安心です(過信は禁物ですが)。

 行きに02の編隊に遭遇。早々お目にかかりませんね。コンパクトで良いですよね。まあ、私はターボは好みではないですけれど。
02
 乱暴が930ターボ(ターボルックかもしれないけれど)も居ました。左から抜いてそのまま一番右まで。
930t0
930t1
930t3
930t4
 事故る時は人を巻き込むなよ!確かに追い越し車線をのろのろとは言わないまでも、それほど速くないペースで走っている車は多いですけれど、とはいえ、あれは速度上げすぎだし、左から抜いて良いという理屈にはなりません。ベンツはわりとよく見かけますが(特にAMGというバッジがついているやつ)、ポルシェは昼間はあんまり暴走するのは見かけないのですけどねえ。

 それからナンバーが「1122」の車を良く見かけますが(近所にもいます)、今日は横浜700の1122を見かけました。ついに500台がつきて700台になっているんですねえ。

 さて、山中湖についたら、富士山はあいにく雲がかかっていました。でも、これはこれで富士山大噴火!みたいでなかなか良いです。湖畔のパーキングにとめて撮影。
Fuji011115
 ただ、回りに雲はほとんどないのに何時までたっても雲が晴れません。あれ?と思ったのですが、これはどうやら富士山に積もった雪が太陽の熱で溶けて蒸発し、再び冷えて雲になっているのではないかと思い当たりました。望遠で見るとそれっぽい感じがします。
Fuji011115up

だから、何時までたっても富士山の山頂付近に雲が残るのでしょう。富士山噴火に見えるのは当然です、雲は富士山からわいて出ているのですから。

 それから今度は大和の途中へ。やや離れますが、ここもお気に入りの場所です。
Fuji0111152

 夕日の時間までいないで、寒くなったので早めに引き上げました。東名は渋滞必至なので、中央道回り。小仏トンネルで既に渋滞3km。まあ、それほど酷くなかったので助かりました。東名は事故もあってかなりの渋滞だとラジオの交通情報で聞きつつ、1時間40分位で帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表現の自由と信教の自由と政教分離

 まだ容疑者は一人逃亡中ですが、フランスでの立てこもり事件は突入して解決されましたね。
 風刺画は否定しませんが、対象・内容に配慮する必要もあるでしょう。イスラム教徒が今回の銃撃事件のあの風刺週刊紙が掲載したような風刺画を書くことはないでしょう。非イスラム教徒(確率から言えば、キリスト教徒)であるが故に描けるものでしょう。権力者(政治家、大企業など)を風刺することは問題ありませんが、特定宗教を風刺するのは、いくら表現の自由が重要といっても問題でしょう。その結果、特定の宗教の信者に偏見を持つことを助長しかねません。もちろん、だからといって、武力で対抗するのは決して許されることではありません。ペンにはペンで反論すべきです。

 それからフランスの政教分離が厳格なのは良いですが、公共の場でブルカ・ニカーブを着用することを禁じるのは信教の自由に反すると思います。正確には宗教色の強いものの着用は禁止されているというべきで、ブルカ・ニカーブに限りませんが、馬鹿でかい十字架をぶら下げるキリスト教徒は少ないし、常に数珠を持っているような仏教ともまずいないでしょう。まあ、シーク教徒やユダヤ教徒くらいでしょうか?ほかにひっかかりそうなのは。なので、私にはキリスト教徒による非キリスト教徒への一種の攻撃のように受け取れます。そもそも、公共の場とはいえ、政教分離じゃないでしょう。公共の場は「政」ではありませんから。むしろ、公共の場で特定宗教を示すものを禁止する法が特定宗教の排除=政教分離に反することになりませんか?いずれにしても信教の自由を侵すものであるのは明白でしょう。
 もちろん、公序良俗に反したり公共の福祉を阻害するような行いは例え宗教に基づくものであっても禁止されるのは当然です。でも、ブルカ・ニカーブの着用はそうでしょうか?閣僚、議員、公務員に対して求めるのならそれは政教分離でしょうが。

 なお、ブルカ・ニカーブの着用禁止がどれだけ、実害がイスラム教徒にとってあるのか、それが本当にイスラム教徒にとって必要かということは別の話です。それはイスラム教徒側が考える・決める話であり、他からどうこう言う話ではありません。

 おまえは普段宗教攻撃するのに今回は何故イスラム教の肩を持つのだ?と言われるかもしれませんが、これは信教の自由に関わることであるからです。私は前にも述べたように反キリスト教、反宗教という宗教の信者と言っても良いからです。その立場は信教の自由により保障されているのですから、信教の自由は守られなければならないのです。
 それから特定人種、民族、宗教を攻撃・批判することはありますが、ある人物が特定人種、民族、宗教の信者であることだけを理由に攻撃・批判したつもりはありませんし、今後もありません。攻撃・批判するのはその人物が何をしたかによります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラレコ追加購入

 とうとう連休が終わって、明日から仕事です。
 さて、我が家で使っていたドラレコは機能は満足(値段を考えれば)しているのですが、吸盤式であるが故に寒い朝に良く落下しています(苦笑)。まあ、これは構造上仕方ありません。ですが、朝、相方を駅に送っていく途中に再び落下することが多くなったので、相方号用に別のドラレコを買いました。今度は両面テープで固定するタイプです。相方号にはこれを使って、残りの3台は乗る時に付け替えることにします(通常はクーガについていますが)。
 購入したのはTranscendのDrivePro200という機種です。
http://jp.transcend-info.com/About/press/10531
 16GBのSDカードが付属していて¥12kでした。前回のよりちょっと高いですが、SDカード込みだと逆転します。Transcend=安いフラッシュメモリデバイスメーカーというイメージですが、さてどうでしょう?本体は最初に買ったZS1080DR12よりもちょっと大きめ。スペックを比較すると

        ZS1080DR12        DrivePro200
センサー    1/2.7インチCMOS    サイズ不明、300万画素CMOS
レンズ        F2.0            F2.0
        127度            160度
ファイル形式    AVI(H.264)        .MOV(H.264)
サイズ(mm)    66.6x60.6x33    67x72x34.3
重さ(g)    70                84

 という感じで、更に広角になっています。解像度はどちらも1080x1080 30FPSですが、DrivePro200は1280x720に落としても30FPSであるのに対し、ZS1080DR12は60FPSに上がるという違いがあります。それからDrivePro200にはWi-Fi通信機能があることを買ってから気がつきました(苦笑)。スマホと連携させることが出来ますが、この機能は要らないです(我が家にスマホないので)。それがついていないDrivePro100が良かったかなあ?でも、価格差がほとんどなく、視野が130度なんですよね。160度だとゆがみまくるでしょうが、相方号につけるのは車載カメラとしてではなく、ドライブレコーダーとしてですから、広い方が良さそうだし。まあ、127度と160度の違いの比較にもなりますから、200で正解だったとします。
 ビデオ出力端子もついているので、単体でTVなどにつなげてみることも出来ます(普通のRCAのケーブルですけど)。サイズは小さいものの結構立派なカラー印刷の多国語マニュアルもついています。クイック操作ガイドとなっていますが、十分でしょう。ちゃんと日本語もあります。まで!
 固定は両面テープ方式です。予備のテープもついています。ちなみに3Mのテープ。取り付けブラケットそのものはちょっとちゃちいかな?ラッチを押して横にずらして脱着出来ます。本体は保護用の透明テープが貼られていたりして結構良い感じです。

 さて、画質ですが、正直期待外れでした。前から使っているZS1080DR12の方が良いです。まあ、画角の違いも影響しているとは思います。後、広角過ぎるせいで、取り付けたらバックミラーの付け根が映り込んでました。邪魔だから上側につけたのですが、もう少し下につけるべきだったようです。
 テストで走り回った時のある交差点の画像です。車のナンバーなどは特定出来ないようにモザイクかけて、一部だけ残しています。
 DrivePro200は解像度を落としているせいもありますが、前の車のナンバーも必ずしも鮮明とは言えません。対向車は数字は読めますがひらながは厳しいです。交差点の信号機の上の交差点名も読めません。左側のは一丁目というのは読めますが。
Tramstr1

 ZS1080DR12はいずれも問題無く読めます。解像度落としたのでちょっと不鮮明になっていますが、オリジナルサイズだともっとはっきり読めます。
Zuijitr1

 次はある駐車場。暗く、ライトをつけていているので真正面の車のナンバーは反射しているので白くなってしまっています。これは解像度を落とさずトリミングしていますが、DrivePro200はナンバーは判別出来ず、モザイクをかける必要がありません。シルバーの車のナンバーがなんとか読めそうですが、はっきりとはわかりません。
Tramsisetanp
  ZS1080DR12はライトで白くなった正面の車以外は少なくとも数字は判別出来るので下二桁モザイクかけました。左と右の端の車はさすがの読めませんが。
Zuijiisetanp

 最後は夜の自動車専用道路です。いずれも左斜め前の車のナンバーは読めませんが、全体的にはこれもDrivePro200の方がぼやっとしています。解像度は落としています。
Tramsn

  ZS1080DR12もはっきり映っているとは言いがたいですが、よりすっきししています。
Zuijin
 それからバックミラーの左側にDrivePro200、右側にZS1080DR12をつけているので、その違いはあるとは思いますが、それでも今回の比較ではZS1080DR12の方が画像は鮮明ですし、画質が良いと思います。DrivePro200の方がより広角なので解像度が同じだと対象物がより小さく映るので仕方ないかもしれませんが、それだけではない気もします。まあ、当て逃げとかでナンバーの判別が重要な時でなければ、ドライブレコーダーとしては問題ないとは思いますが、車載カメラ代わりに使うのは難しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AWの走り初め

 ようやくAWの走り初めに行ってきました。山は路面が心配、高速道路はUターンラッシュ、ということで、三浦半島へ行ってきました。何かしに行ったという訳ではなく、AWのお散歩として走り回っただけですけれど。横横をのんびり(80km/h未満)走っている限り問題は何もありません。変な振動も出ません。まあ、内装は震えて色々な音はしていますけれど(苦笑)。時々回してみますが、エンジンだけは元気です。城ヶ島まで行こうかと思いましたが、相方が風が強くて寒いというので橋は渡らずにその辺を回りしてきました。飲食店は結構混雑していましたが、道路は渋滞というほどではなく、それほどストレス感じずに済みました。ちょっとコーナーを気持ちよく回ってみたりもして。
 ざっと150km位走りましたが、後、何年こういう風に走らせることが出来るでしょう?5年は平気かな?でも、10年先はどうでしょう?最大の問題はECUでしょう。これが駄目になったらAWは走れなくなります。他は完全に壊れない限り、移動くらいは出来ますが。ECUの交換部品なんてもうないでしょうからね。電解コンデンサ位なら交換出来ますが・・・・。元々30年(後二ヶ月でちょうど30歳)も正常に動作しているなんてコンピューターとしては奇跡的に思えます。まあ、相対的にシンプルでコストもかけられてテストも色々されているおかげなのでしょうけれど。
 それよりも人間(運転手)にちょっと不安が・・・。これまで重たいと思うことは滅多になかったAWのステアリングが重たく感じる時があります。右腕の力がやはり前と比べると落ちているようです。普通に走っている分には問題はないのですが、素早い切り返しは難しいです。車庫入れなどでも力不足を感じることも・・・。これは元に戻るのかなあ・・・・。
 さて、年末年始に連休も明日で終わりです。明後日からちゃんと朝起きて会社に行けるかな(苦笑)。来週末の3連休中にはMR-Sも復活させないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨年の走行距離

 諸般の事情によりAWの走り初めにはいけませんでした。代わりに昨年の我が家の車達の走行距離を。100km未満は四捨五入しています。多い順番に述べると、
 クーガ:9800km
 ルーテシア:5700km
 MR-S:2500km
 AW:1500km
合計で約19500kmでした。
 クーガは旅行に出かけたり、週末に数百kmことが多いので伸びましたね。ルーテシアは稼働回数で言えば一番多く、クーガ導入前と比べるとペースは落ちたもののそれでも相応に乗りました。MR-Sはそのほとんどが箱根往復です。(^O^)一番少ないのはやはりAWですが、まあ、これは仕方ないでしょう。
 怪我があったので相方がルーテシアを相応に運転していますが、それでも90%以上は私が運転しています。4台あるので良いですが、1台だけだとあっという間に過走行車のできあがりですね。もっとも全盛期、AW(一号車)1台だけで年に3万km以上走っていましたが。当時は3000kmでオイル交換していましたが(高回転多用して酷使していたので)、毎月オイル交換してました。まあ、さすがにあのような走り方はもうありませんが、それでも、2万弱走っているので結構走った方でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年の始めに

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 例年、元日は義父のところで皆と過ごすのですが、普段は運転手なのであちらではお酒を飲まない私が年に一度だけ飲む日でもあります。しかし、いこうとしたら、雪が降っていて寒いので、今年は車で行きました。まあ、別に私はお酒飲まなくても平気です(どちらかといえば、年に一度位はつきあう日、なので)。幸い、路面に雪が積もるほどではありませんでしたが、うっすら雪化粧していました。

 録画しておいた(実は大晦日も義父のところに行って年越し蕎麦を食べたので)普段は紅白を見ました。理由は海外からのゲスト出演扱いの中森明菜目当てです。ネットなどではNHKが押し込んだとかいっていますが、まあともかく、久しぶりに見られるのは理由はどうであれ良いことです。歌は、うーん、まあ、最悪の時期は脱したというところでしょうか?全盛期とは比べることは出来ませんが・・・。完全復活は無理でもともかく、歌ってくれれば良いです。あ、私、昔からのファンです。(^^)しかし、紅白の選定理由は相変わらず不明確ですね。キャリアがかなり長いのに初出場、しかも、昨年なにか大ヒットがあったという訳でもない、という人(組)もちらほら。まあ、NHK枠なんでしょうけどねえ。また、新曲聞いた記憶がないのに何度も出ている人も。歌うのも昔の歌だったりするし。大人の事情、だというのはわかるのですけどねえ。まあ、おかげで中森明菜や中島みゆき大先生が出演されたので結果オーライではありますが。

 さて、今年の抱負を。まずは車ですが、AWは昨年の走行距離が1400km弱で、目標の2000kmに届きませんでした。まあ、怪我で3ヶ月近く乗っていなかったので仕方ない面もありますが、今年は1500kmは乗りたいです。MR-Sですが、どうするか悩ましいです。これまた報告していませんが、臭いがまた酷くなっていますので、まずはこれをどうにかしないと。あ、その前にバッテリー交換が必要ですね(苦笑)。臭いが解消出来たら、乗り心地の改善に着手したいと思います。ボディ剛性の強化(補強)とタイヤかなあ。ブッシュを交換するかどうか。その一方で、そんなことしてもどれだけ改善出来るかわかりませんから、だったらお金をかけずに乗り換えた方が良いのではないかとも思えます。S660やロードスターが候補ですが・・・・。ファミリーカークーガはスタッドレスを履いたので、一度位本格的な雪道を走ってみたいと思います。RZ-50は・・・傷は治してあげないと。その後は、どうするかはなんとも言えません。手放すか手元においておくか。でも、乗れないのだから、手放すべきでしょうね。

 車以外だと、生活するためには会社にいかないと(当たり前)。通勤時間が更に長くなりめげますが・・・。それから鎖骨のプレートを抜く手術も待っています。その後、本格的にスポーツドライビング出来るようにリハビリしないと。
 株は目標は昨年を超える利益ですが・・・欲をかきすぎて損しないように気をつけます。
 それから今年は怪我をしないように気をつけます。
 そしてもちろん、今年ことライオンズ優勝!西口復活!・・・最近毎年これ言っている気が(苦笑)。

 では、皆様にとって今年が良い年になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »