« デミオ・ディーゼルMT試乗 | トップページ | プジョー・308試乗 »

アバルト・500・MT試乗

 相方が先日のイベントでサーキットを走るのを見て、なんかアバルトいいかもとか言っていたので、ちょっと行ってきました。過去、595は試乗したことがありますが、普通のアバルトは実は試乗したことがありません。新しい車ではないので車そのものの説明はここではしません。試乗車はたまたまMTでした。ポジションは問題ありません。シートの調整つまみ・レバーなどが中央側にあるのでちょっととまどいますが(幅が狭いからでしょうね)。ステアリングは真円でないのが好みにあいません。それからシートがちょっとあいません。背中がくぼんでいて肩の辺りが飛び出しているので、ヘッドレストと頭の間に随分空間が出来ます。ヘルメットをかぶればちょうど良さそうですが(笑)。
Abartsheet
 エンジンは既にかかっていたので、さて、発進。クラッチだけで楽々発進出来ました。敷地から道路に出たら・・ほう、500とかなり違いますね。道路を走り出しても、硬いは硬いですが、不快ではありません。乗り心地が素晴らしく良い、という車ではありませんが、動きが少なく、595ほどハードでもなく、500系では一番乗り心地が良いと思います(我が家基準では)。
 エンジンはまあ普通。特別快音でもありませんが、不快な音でもありません。フィーリングはターボなので、上まで引っ張ってというエンジンではないですね。ノーマルモードだと2000回転位でシフトアップを促されます。スポーツにしてみたら急にステアリングが重たくなりました。595の時にも感じましたがなんかアシスト量が減ったというよりもわざと重くされた感じがします。そう、ゲームのハンドルのモーターにより作り出された手応えのような感じです。トルクはありますが、普通に踏んで走っている分にはパワー感はそれほどでもありません。まあ、ということはちょっと踏んだだけでがばっとスロットルは開けていないということなんでしょう。
 シフトフィールはまあまあですが、ニュートラルから1速に入れたつもりなのに3速に入ることがあり、坂道3速発進でエンストしてしまいました(苦笑)。ヒルアシストもついていますが、さすがに3速では無理でしょう。この辺は慣れかな?
 停止状態ではあわないと感じたシートは走ると意外と悪くありません。下半身は固定されてなかなか良いです。でも、頭の後ろに空間があるのはかわりませんが。うーん、万一ぶつかった時にむち打ちにならないかちょっと心配です。
 総じて、快適な車という訳ではありませんが、普通に乗れる車です。500系では一番我が家向きでしょう。反面、こうして普通に街中で乗っていると、それほど「サソリの毒」は感じません。もっと踏めば違うのでしょうけどね。595の方がその辺はやはり濃かったです。MTで自分が乗る車というよりも2ペダルで相方号に出来そうです。相方の小さい車が良いというのに適合すていますから。ただ、2ペダルだとほぼ300万という値段が問題かなあ?それと相対的に装備がシンプルなのも問題でしょう。HIDとリアパーキングソナーはありますが、オートライトもオートワイパーもクルコンもありませんから。まあ、本来、そういう車ではなく、走りを楽しむ車ですからね!エリーゼにオートライトがないといっているようなものです。そういう車を小さいからといって街乗り車にする方が問題でしょう(笑)。後は問題は色かなあ?私はブルー(水色)が好きですが、相方に受けるのはこれかな?グレーも悪くはないですけれど。595だとメタリックのグレーがあるのですけれど。

 なお、ショールームの片隅には古いアバルトも展示されていました。
Abartshowroom
Abart750
  値札などもなく非売品かと思ったら、そうでもないようです。まあ、左ハンドルなので乗れませんが、小さくで良いですね!

 何故か、バイクもおいてあります。そのうち販売を開始するとか(まだ展示だけ?)。MOTO GUZZIとかかかれたVツインのとか、Apriliaのスクーターとか。
Abartbike
まあ、バイクはもう私は関係無いですが(苦笑)。

|

« デミオ・ディーゼルMT試乗 | トップページ | プジョー・308試乗 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アバルト・500・MT試乗:

« デミオ・ディーゼルMT試乗 | トップページ | プジョー・308試乗 »