« 上がりの車 | トップページ | 創価学会と平和主義 »

デミオ試乗

 今年のCOTYを獲得したデミオにようやく試乗出来ました。なお、今回は写真は少ないです(なんとなく撮りにくかったので)。
Demir
 エクステリアは好みの問題はあると思いますが、なかなか良いと思います。現行のマツダ車の中では私は一番好きです。ガソリンとディーゼルの2台の試乗車がありました。ガソリンは13S L Packageで、ホワイトレザーの内装でした。ドアの内張やダッシュボードにも貼られています(ただし、シート以外はカタログに合成革と明記されている)。
Demiwr1DemiwrDemiwr2
  これはガソリンはL Packageだけです。ディーゼルはXD Touringでファブリックシート。こちらもドアの内張の一部ややダッシュボード部分がステッチ入りの合成革が貼られています。これはTouringの装備で、安いグレードに単なる樹脂になるようですが、なかなか良いです。Bセグの車で、こういう仕様は滅多にありません。ファブリックシートのでも十分質感高いです。もちろん、安い素材が使われている部分もありますけれど、それは価格帯を考えれば当然です。Cセグでもこのレベルの車は少ないでしょう。オーリスに設定ありましたが、オプションでした。いやあ、マツダらしくありません(マツダファンにまた怒られるかもしれませんが。(^^;)。
 装備は両者でちょっと違いがあり、ディーゼルにはパドルがついていますが、ガソリンにはありません。ガソリンは13Sにオプションで、ディーゼルはXDはオプション、Touringに標準。で、なんとヘッドアップディスプレイもついています。これがフロントガラスに投影するものではなく、ターゲットスコープ(違うって。(^^;)が立ち上がります。このタイプは初めて見ました。他にもあったかもしれませんが、私自信は見たことありません。速度が表示されます。アクティブ・ドライビング・ディスプレイというそうです。ガソリンの13S L PackageとディーゼルのXD Touringにつく装備です。そのせいか、速度計はデジタル(数字)だけで、針が動くのはタコメーターだけです。中央にタコメーターがあるというのはスポーティで良いですね。
 バニティミラーはありますが、照明は無し。まあ、Bセグではそういうものでしょう。クルーズコントールはガソリンにはなく、XDにオプション、Touringに標準。オートライトはガソリンはL Package以外はオプション、ディーゼルはTouringに標準。後部座席は広くはありませんが、普通に乗る分には十分でしょう。トランクは意外と深いです。テンパータイヤはついていません。

 さて、試乗です。ディーゼルを買うことはないので、ガソリンに試乗させてもらいました。1.3LのNAですが、なんと6速トルコンAT。国産車ではCセグでも滅多にありません(ほとんどCVTなので)。パドルはついていませんが、シフトレバーでマニュアル変速出来ます。マツダは「正しい」向きです。(^^)
 ポジションは問題ありません。チルトとテレスコついていますが、この時はチルトだけで合いました。アクセルペダルがなんとオルガン式なのが個人的にはいまいちですけれど、世間一般ではBセグでオルガン式!と評価されるでしょうね。さて、1速に入れて発進。うーん、エンジンがうるさいというか、音量が大きめですね。敷地から道路に出たら・・・乗り心地いまいちです。悪い訳ではないですが、「乗り心地」が良いというほどではありません。トーションビームのBセグの車としては平均的なものだと思います。期待ほどではなかったの残念でした。ボディ剛感も普通です。
 エンジンですが、1.3LのNAで、92馬力(68kW)/12.3kgm(121Nm)とスペック上は平均的なものです。ですが、アクセラの1.5と同様にスペックよりも力強さを感じます。もっとトルクがあるように思えます。高速巡航はわかりませんが、街乗りなら十分です。6速のトランスミッションがトルクの細さをカバーしているのかもしれませんし、アクセルペダルを少し踏んだら多めにガソリン吹いているのかもしれません。まあ、ともかく、動力性能に不満はありません。ターンパイクの上りだとアクセルベタ踏みになるのでしょうけど。トランスミッションも上々です。2速から1速へのシフトダウンもきっちりやってくれますし、下手なDCTのような空走感もありません。とパワートレインがとても良かった言いたいのですが・・・・残念ながらそうは言えません。理由は、例によって「音」です。エンジン音の音量が大きめ(Bセグなのでまあこれは普通)でかつその音質が私の好みに合いません・・・酷い音です。もちろん、私にとっては、ですので、この音が好きという人もいるでしょう。けれど、私はこのエンジン音ではとても乗れません。アクセラの1.5と音質は違いますが酷い音という評価は同じです。レザーシートは腰裏が圧迫される感じがでてきました。まあ、レザーシートといっても座面中央部と腰の後ろ位は通気口がたくさんあいているファブリックが使われたものなので(フルレザーではなく、レザーコンビシート)、外側と比べると柔らかいのですから、レザーシートだから、ということっではないかもしれません。これも私の体型に起因する問題でしょう。試乗記を読んでいただければわかるように良く起きています。
 ヘッドアップディスプレイは特に意識しなかったです。まあ、ということは良いということなのでしょうね。見にくいととか目障りとかそういうことがなかったというこですから。ステアフィールも普通です。特にステアリングインフォメーションが豊富とは言えませんが、適度な重さで嫌な感じはしません。
 という訳で、とまっていたらとても良かったのですが、走り出したら、マツダの直四だなあ(あくまでの私好みで、ですが~)で、駄目でした。内装は良いのですけれど。

 普通ならこれで「おしまい」なのですが、今回はディーゼルも試乗させてもらいました。エンジンが重たいので(ガソリンと比べると)、乗り心地に違いが出てくる可能性がありますから。前述の通り、ディーゼルにはパドルがついています。エンジンをかけて、1速を選んで発進。あれ?なんか低速からトルクもりもりという感じではないですね。105馬力(77kW)/25.5kgm(250Nm)というスペックから受ける印象よりもトルク感はありません。で、道路に出る前に一旦停止して再発進する際にアクセルを踏み込んだ時に少しカラカラ音(本当に少し)がして、ここで今乗っているのがディーゼルエンジンだということを思い出しました。アイドリングはガソリンエンジン車(13S)よりも静かな位で、そこまで忘れていました。
 道路にでて走り出しても音は静かです。回転を上げれば相応に音量は増えますが、ガソリンほどうるさくありません。そして意外なことに音が良いです。ディーゼルエンジンってこんな音するものもあるのですね。いや、これデミオに限定すればガソリンよりも遙かに音が良いです。これは意外でした。ただ、トルク感が無いというのも別の意味で意外でした。2000回転位でシフトアップして走っているとなんか力強さがなく、1.3Lのガソリン車と同じ程度です。で、試しに3000回転までひっぱたらトルクが出てきました(そういう風に感じた)。あれ?何これ?直線でひっぱたら5500回転まで軽々回りました。メーター上は5000回転から赤の点線、5500回転から赤の実線=レッドゾーンですが、5500回転超えても回っていてレブリミッターは作動しませんでした。そしてその時の音も苦しそうな(無理矢理引っ張って回している)感じはな感じはしません。なかなか良い音です。いや、なんでしょう、このエンジン。良くも悪くもディーゼルっぽくありません。ディーゼルに期待される低速からトルクもりもりという感じはありませんが、上まで回せますし、音が良いです。私が試乗した車は本当にディーゼルエンジンだったのでしょうか(笑)。慣れてくるとアイドリング中の振動がディーゼルっぽい気がしてきましたが、これより振動の多いガソリンエンジン車は珍しくありませんし、アイドリング音などもゴルフ5の初期の直噴エンジンの方がよっぽどディーゼルっぽい感じがしました。。
 トランスミッションは同じく6速AT。パドルがあるので操作はやりやすいです。速度もまずまず。まあ、さすがにシフトダウンは回転数によっては拒否されることもありました。エンジンの感じからするとシフトダウン出来るでしょ、と思えますが・・・まあ、問題というほどではありません。ゴルフ5だって拒否することはありましたし。
 乗り心地もガソリン車よりも良かったです。路面が変化しても動きが少なく、でもガツンガツンと硬い訳でもなくなかなか良いです。まあ、トーションビームですので、リアのバタバタ感じは多少ありますけれど、トーションビームの車としてはかなり良いです。フィエスタには負けますが、ポロには勝っているかもしれません(先代ブルーGTには負けます)。シートもやはりファブリックの方がよく、腰の裏の圧迫感じもありません。横も柔らかいのでより腰と密着するせいでしょうか?原因ははっきりとはわかりませんが。
 戻りにもっと長く運転してみたいと感じていました。楽しいです、この車。レンタカーで借りられないかな?ディーゼルにはMTもあるのですよね。最大トルクが22.4kgm(220Nm)と抑えられていますが(「デミオのすべて」にいるとMTのミッションの許容トルクが低いせいとか)、まあ、問題ないでしょう。

 ディスプレイにi-DMとかいうのがあり、走行のスコア(丁寧な操作をしたか=エコかなのかな??)をだしてくれましたが、ガソリンが4.6、ディーゼルが4.7でした。最初はおもしろいでしょうが、何年も乗っていたら飽きるかな?
 あ、それから今思い出しましたが、アイドリングストップついていたはずですが、作動しませんでした。試乗中信号で停止したことが少なかったのと水温が低かった(直前に誰も試乗していなかった)ので条件を満たしていなかったのでしょう。
 それからカタログを見ていたら、セーフティパッケージというのがあり、ブラインド・スポット・モニタリング、車線逸脱警報システム、それとハイ・ビーム・コントロールのセットオプションで8.64万円です。ディーゼルにつかつきませんが、Bセグでこのオプションは凄いです。必要かどうかは別にしてまず普通設定ありません。Cセグからでしょう。オートハイビームは便利ですね。

 エンジン音は別にして、ガソリンとディーゼルの乗り心地の差は何故でしょうね?タイヤはガソリンは185/65R15のヨコハマ・BlueEearth、
Demitg
ディーゼルは185/60R16のトーヨー・PROXESーR39ですので、ガソリンの方が乗り心地は良さそうです。
Demotd
  車重がガソリン1030kgに対し1130kgと100kg重たいのですが、これが良い方向に作用したのでしょう。まあ、ワインディングを楽しく走る、というのならガソリンの方が軽快に走れるかもしれません。
 それと確か教祖様(福野礼一郎氏)が試乗した車(複数車種で)のタイヤがトーヨーのPROXESだと印象が良いことが多いとか書いていたので、タイヤの差も(サイズではなく銘柄の)あるのかもしれません。でも、トーヨータイヤのサイトを見たら、PROXESといっても色々あるようです。なので、それだけではなんとも言えませんね。ついでにいえば、このデミオのサイズが見つからないので、OEM装着専用?185/60R14があればAWに履かせてみようかと思いましたがありませんでした。
 トルク感の違いは100kg重たいのとギヤ比の違いのようです。ガソリンの方がかなりローギヤードです。その二つによって、体感的にはガソリンの方がトルクがあるように感じたのでしょう。
 相方号で行ったのですが、帰りに試乗コースを比較のために走ってみたら・・・いやあ、タイヤを交換して乗り心地がましになったと思われたルーテシアの方が遙かにドタバタ、ガツンガツンという有様でデミオのガソリンと比べても乗り心地悪いです。エンジン音もなんか大きく(音質はデミオのガソリンよりは良いので気になりませんが)、Dレンジに入れてとまると振動はデミオのディーゼルよりも大きかったです(苦笑)。1-2が離れた4速ATのため発進はのろいですし。また、ステアリングも軽すぎてデミオ圧勝。

 デミオ、ガソリンは期待外れというか普通でしたが(ルーテシアよりはエンジン音以外は良いですが)、ディーゼルは楽しいです。 もし、我が家でデミオを買うとしたらATかMTかは別にしてディーゼルで決まりです。市街地での試乗の印象だけでいえば、ガソリンはCOTYか?という車でしたが、ディーゼルならCOTY納得!です。欲しい・乗りたい車が余りないと述べたばかりですが、デミオのディーゼル、良いです。欲しいです。(^^)MTの試乗車がある店舗もあるそうなので、MTにも試乗してみたいです。次期相方号にしてくれるのが一番良いのですけれど、これは相方次第ですからね。その場合、色が問題です。相方の好きなグリーンやオレンジがないので。どちらかといえば、「高級感」のある色が多いかな?メタリック・マイカばかりでソリッドな色はありません。私が選ぶならブルー系の中のどれかからかなあ。でも、ブルーマイカは好きだけど小傷が目立つのですよね。(^^;ディーゼルの試乗車がディープクリスタルブルーマイカで、これはこれで好きなんですが、アルテの色に近く、同じようになりそうです。青の中でも暗い水色というかグレーっぽいブルーリフレックスマイカならいいかな?チタニウムフラッシュマイカというのもおもしろい色ですが。もし、これを上がりの車にするのなら、アルミニウムメタリックかな?でも、相方が好きそうな色はないんですよね。Bセグということを考えたらもっと明るいポップな色があっても良いかなと思います。

 ATかMTかは別にすれば、我が家で買うならグレードはXD Touringで決まりです。L Pakacgeは悩みます。差額が5.5万円しかありません。白なので汚れが目立ちそうだし、シートはレザーじゃない方が印象が良かったので、ドアの内張はあきらめて、やはりXD Touringでしょう。AT/MTの値段差はなく、194.4万円。オプションはセーフティーパッケージとナビ関係くらいしかありません。iーELOOP(キャパシタを使った電力回収=マイルドハイブリッドといってよいのかな?)もありますが、6.48万もするので元は取れないでしょう。これは上位グレードは標準にすべきだったでしょうね。まあ、要らないものつけられないで済むので良いですが。セーフティーパッケージはつけても良いです。オートハイビームは便利だし、後方警戒レーダー(戦闘機のあれは本当はレーダーではなく、レーダー波検知システムですけれど)はあって便利・困ることはありません。が、しかし、パッケージオプションは組み合わせが決まっていて、セーフティパッケージだけというのはなく、CD/DVDプレイヤー+地上デジタルTVチューナー(3.24万円)との組み合わせだけです。まあ、CDはあった方がいいから、これはつけましょう。ナビはHWはついているのでSDカードを買ってさせば有効になるようです。3.6万円。この辺はディーラーオプションでバックモニター3.5万円、バーグアラームって価格表に書かれていたのはバックアラームかな?なら欲しいですね(個人的にはこれがあればバックモニターは要らないけど、相方は両方欲しがります)。2万円。そのほかは定番のフロアマット(2.3万円)、コーティング(とりあえず5.4万円)というところ。オプション合計すると約29万円弱!うへ。車両200万級で10%以上オプションつけるんかい。(^^;ああ、ETCが含まれていないや。ETCは別途お問い合わせくださいとしか価格表に書かれていなかったのでわかりません。このへんはディーラーオプションのカタログもらわないとわかりません。まあ、でも、それ含めても230万はいかないでしょうから安いですね。ナビ、ETC、コーティングやフロアマットは競合他車でも通常オプションですから、価格競争力は内容を考えると十分あるでしょう。 免税・減税だし、クリーンディーゼル補助金なんてもあるようです。
 フィエスタやポロと比べて装備で負けている点はポロにつくACC位です。でも、私はACCは使わないので要りません(クルコンは良く使いますが、ハンドアクセルとして使うので前者追従してくれなくてもかまいません。ただし、デミオのクルコンは30-100km/hと設定範囲は狭いですが。国産車は普通これですねえ。輸入車は使うかどうかは別にしてもっと高い速度まで設定出来ますが。)。オートライトとオートワイパーはあるし、相方の好きなHIDはないけどLEDヘッドライトだし。装備は十分以上。ああー、シートヒーターだけはないか。これがつけば相方には装備は完璧だったんですか。L-Packageにシートヒーターがついていたらなあ。フィエスタはレザーシート仕様車(もう残っていないかもしれませんが、来年また限定車が入るかもしれません))にはついていますし、ポロもアルカンタラコンビシートを選べばつきます(高いけど)。それとクルコンの設定速度範囲だけかな?装備でデミオが負けているのは。値段考えれば、デミオの装備は充実していると言えるでしょう。
 相方の好きな色があって、シートヒーターがついたら次期相方号になれるのだけどなあ。マイナーチェンジに期待・・・って、出たばかりですからね。(^^;自分でMT買えば?うん、確かにその選択はあり、です。ターボのFFがいつものように問題ですが・・・。それと5ドアのハッチバックばかり3台というのは変でしょう。(^^;;まあ、MTに試乗してみてから、です。探せしたら試乗車は少数ですが、あるにはあるようですから。

|

« 上がりの車 | トップページ | 創価学会と平和主義 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デミオ試乗:

« 上がりの車 | トップページ | 創価学会と平和主義 »