« 衆議院選挙終わり | トップページ | アバルト・500・MT試乗 »

デミオ・ディーゼルMT試乗

 ディーゼルのMTに試乗させてもらってきました。基本的にはATと同じなので違いについてと新たに気がついたことだけ述べます。

 オルガン式のアクセルペダルなので合うかどうか心配でしたが、問題ありませんでした。ヒール・アンド・トゥがちょっとやりにくいですが、987よりは遙かにやりやすいです。他も違和感はなく、姿勢も無理はなく、多分、これなら長時間乗っても疲れないでしょう。シフトレバーの位置も適切です。
 さて、まずはアクセルを踏まずにクラッチをじわっとつないで発進。うん?ちょっと難しい?たまたま少し下っていたのでそのまま発進しましたが・・・・。2速にシフトアップ。ちょっとクラッチつなぐ時の感覚に違和感があります。まあ、でも、慣れでしょう。私は器用じゃないので、慣れるのに時間かかります。
 ただ、ATよりも50kg軽いのですけど、動力性能の印象は同じようなものです。やはり低速トルクが低い感じはします。3000回転回さないと元気になりません。まあ、アクセル開土度は少ないのでもっと踏めば力が出てくるのかもしれませんが、普通に走っていると低速から力がもりもり出てくるという感じではなく、どちらかと言えば、高回転型のガソリンエンジンっぽいです。なので発進もクラッチだけだとちょっとつらく、アクセル踏みつつつなげないとエンストしそうになります。音はATと同じ印象でディーゼルとは思えません。十分、良い音、です。フィーリングも良好。シフトダウンだって普通に出来ます。シフトフィールもFFとしてはかなり良いと思います。
 乗り心地も全体的に見ればATと同じような感じですが、路面がうねっているとやや動きが大きい気がしました。もう少しダンパーののび側の減衰力が高いと良いかもしれません。不快とか乗り心地が悪いというほどではなく、そうだとより良いだろうな、という程度ですが。試乗コースが違うものの、ATの方が乗り心地が良いと感じたのは50kgの重さの違いがあるかもしれません。
 MTとAT、どっちが良いか?うーん、ATの方が良いかな?MTも良いのですけれど、思ったよりも変速動作に気を遣います。まあ、慣れれば何でもないかもしれません。後、エンジンマウントが少し柔らかい感じもします。振動を抑えるためにそうしているのかもしれませんね。ATではこれはわかりませんでした。
 MR-SからデミオのMTへの乗り換えはあるか?うーん、悩ましいですね。以前述べたように5ドアハッチバックが3台は変ですからね。でも、単体で見れば、買っても良い車だとは思います。まあ、でも、やっぱり相方号の置き換えが一番良いですが。
 CX-3はどうでしょうね?後部座席の視界が良ければ、クーガの置き換えやクーガとルーテシアの統合もありえなくはないですが・・・でも、後部座席は基本的には同じ感じなんでしょうね、床と天井は高くなるとしても。

 ああ、そうだ。相方号がコペンに変わって、MR-Sがデミオというのなら、問題です。この場合、コペンは2ペダル、デミオは3ペダルでしょう。うん?でも、やっぱりデミオの存在意義が薄いかなあ。義父を乗せなければ、普段はコペンで事足りますからね。うーん、4(5)人乗りはクーガがあれば十分だし。悩ましいです。良い車なんですが・・・・。

 まあ、後は相方が気に入るかどうかですね。今度はなんとか連れて行きましょう。気に入れば、次期相方号になりえますから。

|

« 衆議院選挙終わり | トップページ | アバルト・500・MT試乗 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デミオ・ディーゼルMT試乗:

« 衆議院選挙終わり | トップページ | アバルト・500・MT試乗 »