« スタッドレス、実戦投入!? | トップページ | 試乗カーオブザイヤー2014 »

ルノー・ルーテシア ゼン 0.9L MT試乗

 年末の挨拶に?出かけた帰りにルノーに寄ってみました。ここはブラック企業(笑)で、年末年始もほとんど休まず営業しています。(^O^;
 ちょうど営業氏もいて、まずトゥインゴの話を聞いたのですが、話題にしたとたんに浮かない顔。あれ?悪い話がありそうです。聞いたら、2015年の導入はどうも無くなったということ。2016年1月はあるかもしれないけれどと。あらら、MT先にそろそろ導入されるんじゃなかったんですか!?日本の法規に適合させるのに手間取っているとかで。相方がジャポン(ルノー・ジャポン)は売る気ないじゃないのというと、一日も早く導入したいと言っていると。あらまあ。それは残念。
 で、同じエンジンを搭載している発表したばかりのルーテシアの0.9L MTの試乗車がもうあったので試乗させてもらいました。暗くなっていたので写真はありません。
 エンジンは、三気筒のターボ。つまり、1.2Lから一気筒落としたようなものです。エンジンがかかった状態で外から音を聞くと音量やや大きめですが、三気筒っぽいというよりもインジェクターの音?っぽいのが気になります。
 乗ってしまうと気になりません。中間グレードですが、マニュアルエアコンになって、バックソナーが無くなる程度で装備は充実していますし、見た目も悪くはありません。シートなどは普通のルーテシアそのまんまです。ゼンなので、タイヤは195/55R16です。ABCペダルの配置は適切で操作はやりやすいです。ルノーの右MTはいつもちゃんと出来ています。
 さて、低速トルクがやや薄いと言われたので、アクセルも少し踏みつつクラッチをつないで発進。うーん、ちょっとクラッチのつながり方が良くわかりません。半クラッチの領域が広めというかなんというか。エンストしたりはしないのですけれど。足を話しても平気かどうか感覚的にわかり難いです。
 動力性能は十分です。上まで回すと3気筒の音が当然しますけれど、悪い音ではないです。アイドリングの音量はやや多めですが、アイドリングストップがついているので気になりません。営業氏は回さないとトルクが・・・と言っていましたが、結構下からトルクが出ている感じがします。低速に限ればデミオのディーゼルよりもトルク感があります。ただし、そのまま踏んでいっても上の伸びはありませんが。まあ、元々
66kw(90馬力)、135nmですからね。日本の道路で普通に乗るのなら何の問題もないと思います。
 タイヤが厚くなっているので乗り心地も穏やかになっています。まあ、やはりこれが適切なサイズでしょう。15インチでもいいと思います。乗り心地の比較で言えば、GT、インテンス、ゼンで比較すれば、GT>ゼン>>>インテンス、でしょうか。ゼンも穏やかですが、動きがGTよりも大きいのでGTの方がすっきりしていて、我が家的には好きです。
 後は普通のルーテシアと同じです。これで208万だからMTで良ければなかなか良いのではないでしょうか?もっとも、デミオのディーゼルもこれに近い価格ですから、それを考えると悩ましいですが。ただ、MT同士で比較すれば、ルーテシアの方が乗りやすい気がします。MTに慣れない人でも運転は難しくはないでしょう。
 エンジンは相方的にも悪くなかったので、とりあえずルーテシアは車検通してトゥインゴを待ちたいとのことです。うーん、どうなるのでしょう。

|

« スタッドレス、実戦投入!? | トップページ | 試乗カーオブザイヤー2014 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルノー・ルーテシア ゼン 0.9L MT試乗:

« スタッドレス、実戦投入!? | トップページ | 試乗カーオブザイヤー2014 »