« 筑波海軍航空隊記念館 | トップページ | ポロ試乗 »

ゴジラ色々

 八月に映画に関連して、NHKとテレビ東京がゴジラを色々放送していたので、録画していくつか見てみました。感想を書く時間がとれず、随分遅くなってしまいました。ゴジラシリーズそのものは、ミニラとかでてきた辺りで見る気がなくなり、1984年の新ゴジラに失望して、その後はほとんど見ていません(いくつかTVで放送された時に見たのがありますが)でした。全部見る時間はなく、一部を見ただけです。以下、見た順番通りです。

1.ゴジラ(初代):デジタルリマスター版
 結局、一番良いのはこの最初のゴジラでしょうね。古いので特撮が多少ちゃちに見える部分もありますけれど、この作品のかもし出す雰囲気はすばらしいと思います。やはり戦争がまだ記憶に新しい時期だからこそできた作品なのでしょう。ほめる語彙に乏しいので出来が良いと感想が短くなってしまいます(苦笑)。

2.ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
 タイトルから余り期待はしていなかったのですが・・・なんだ、ちゃんとしているではありませんか。一部、おいおいと思う部分もありますが(やたら泳ぐの速いとか(笑)。敬礼はもうあきらめています。)、思っていたのと違ってよかったです。防衛軍のフランカーが撃墜された後、その機体の一部が民家に墜落するシーンなんかすばらしいですね。巡洋艦あいずがVLSではないのは、多分、特撮がVLSだと難しいからでしょうね(CG使わないと)。一部CGもあったようですけれど、特撮はやはり良いなと思いました。
 しかし、バラゴン、作中でも影が薄かったですが、タイトルにも名前が出てこないのですね。(^^;

3.ゴジラ対デストロイア
 うーん、2.を見て、新しいゴジラまともじゃないと思って、次に見たのですが・・・。いや、駄目じゃないのですけどね。でも、2.と比べるとかなり落ちます。まあ、製作された年がこちらの方が古いというのもあるとは思いますが。デストロイアがねえ。まあ、個人的な趣味・好みの問題でもあるのですけれど・・・なんか、TVをつけたら偶然やっていた最近の仮面ライダーとかウルトラマンの敵みたいで・・・。生物っぽくないのですよね。スーパーX3もあれだけの性能があるのなら、もっと早く使えば良いと思いますし。メーサー車もちょっとなあ。好みの問題ではあります、ありますが・・・・。2.だとドキっとするというか、思わず目をつぶってしまうような場面があるのですが、これにはそういうのがありません。
 それから、リトルがねえ。どうもうこういうの駄目なんですよね。ゴジラは人に牙をむく存在であって欲しいです。なので、「がんばれ、ゴジラ」みたいなのはねえ。まあ、これも好みの問題だとは思います。ミニラよりははるかにましですしね。
興味深い論文書いただけで一大学生があそこまで取り立てられるのもちょっと。あれじゃ、他の学者が馬鹿みたいです。
 デストロイアも火器使うなといって結局、博士がそれを説明してやめさせるシーンもなかったし(編集でカットされ?)。デストロイアの数が増えていくのももうちょっと説明あっても良いかなとも思います。
 設定(除くリトラ)や基本的なストーリーは良いと思うのですけれど・・・もうこうちょっと違う感じに作り上げられなかったのかなあとも思います。バース島の説明もなかったし(前作を見ていればわかるのでしょうけど)、なんか、説明不足な感じがしました。上映の都合か何かでかなり短く編集されてしまっているのではないかと思えるくらいです(本当にそうなのかもしれません)。

4.平成ガメラ
 ゴジラの後にやっていたので録画して久しぶりに見ました。問題点がないとはいいませんが、やはり平成ガメラは良いですね。特撮は特技監督が違うので雰囲気が色々違います。81式短SAMがあれじゃまるでSSMですが、まあ、それくらいかな?昭和ガメラと違って子供の頑張れガメラはないし(草薙 浅黄は「子供」ではないので問題ありません)。感想が短い=好評価です。(^^)。ああ、中山忍の台詞回しがこの頃は下手だったんだなあと思いました。念のために申し上げておきますが、中山忍は好きな女優の一人ですので、悪口ではありません。久しぶりに見てそうだったんだなあと思っただけです。当時はひいき目に見ていて気にしなかったのでしょう。

5.ゴジラ対モスラ
 1992年の新しい(比較的)モスラです。まあ、悪くはないのですけれど、何故か、艦船の特撮だけがやたらちゃちです。何故でしょうね?バトラの造形が・・・デストロイアと同じ感じでどうも好みにあいません。
 メーサー攻撃機がいきなり出てきますが、未来の超兵器っぽいのがいまいち。エネルギーをどう供給するのだろう?あのサイズですからね。スーパーX3はまだわかりますが。
 それから後半だけですが、子供が出てくるのもねえ。どうも子供のモスラ頑張れ、みたいなのが・・・。
 初期のみなとみらいがでてくるのはおもしろかったです。今はある色々なビルがまだありませんし。旧お家(以前、一時住んでいたマンション)のあたりでゴジラとモスラ、バトラ戦っているし。(^O^)このころは、まだ空き地だったんですね。

6.空の大怪獣 ラドン
 あれ?ラドンって放送していた?と思われたかもしれませんが、これはDVDです。東宝の色々な作品が期間限定プライス版として2500円(税別)で売られていて、その中の1作です。色々見ていて、今、我が家は怪獣ブームで相方がラドン見てみたいというので買ってきました。
 東宝特撮の最初のカラー怪獣映画なんだそうですね。特典映像の予告編で総天然色とあるのが時代を感じます。ついでにいえば、陸海空三軍がとかありましたが・・・いいのか、三軍で(笑)。ついでにいえば、海軍はでなかったような?まあ、1956と戦争からまだ10年程度だから、自然に三軍になったのかな?
 古い作品ですけれど、非常に良く出来ていたと思います。ワイヤーがはっきり見えることもありますが、「空中戦」しています。何故か途中で米軍のF-86の実写映像が混ざるのは不思議ですが。空自から映像提供してもらえなかったのでしょうか?まあ、発射する武器が謎のミサイル(片翼に3発ずつ搭載)だったり、ロケットランチャー(要するに花火が出る=ウルトラマンシリーズでもよくあったやつ)だったりしますけれど。
 陸はM24の実物映像が嬉しいです。アメリカ戦車の中で一番格好良いと個人的には思っています(戦車としてどうよ?と言われると別ですが・・)。ミニチュアは妙に幅が広いのが残念です。装輪式の多連装ロケットランチャーはソ連のをイメージしたのでしょうか?地対地ミサイルも登場しますが、これらは当時装備していたものではないですよね。まあ、メーサーよりは現実的です。
 最後の溶岩は数年前にみた特撮展の時に溶かした鉄を流したものだと説明があったと記憶しています。これも実は熱くない、色だけ似たものを流している訳ではないので、良いですね。
 「特撮」というだけでいえば、例えば、5と比べて遜色ないどころか、むしろ上回っている部分もあるように思います。予算の違いもあるかもしれませんが。
 ま、最大の難点は地上のラドンがどうみてもプテラノドンに見えないことかな(笑)。

7.ゴジラ FINAL WARS
 これもラドンと一緒に買ってきたものです。あまり期待していなかったのですが、「映画」としては面白かったですし、良かったと思います。ただ、ゴジラなのか?というと・・・うーん、ゴジラよりミュータントとX星人の戦いが主になってしまっていました。特撮は良くできていましたし、シナリオそのものも良かったとは思います。ゴジラ映画として考えなければ高く評価できます。

8.ゴジラ(1984)
  何度見ても駄作ですね。良いところはどこだろう?ああ、冒頭部分は良かったかなあ?それと、まあ、ゴジラシリーズが再開され、この作品だけで途切れなかったことでしょうか。個人的に沢口靖子が大嫌いだというのもありますけれど。

9.ゴジラ×メカゴジラ
 録画したものに戻って、所謂、釈ゴジラです。あー、まあー、なんと申しましょうか・・・・シナリオが・・・。メカゴジラの中に乗り込んであれだけ動いて無事って・・・・。このメカゴジラも軽いんだか重たいんだかわからないですし。批判する箇所はいくらでもあるのですけれど、書くのも疲れるし、面倒なので省略します。

10.ゴジラvsスペースゴジラ
 連敗(苦笑)。めちゃめちゃでしょう。指揮官がゴリ押しして抜擢したのに命令違反でむちゃくちゃやりまくりって・・・。それと空飛んでいるのに地上をあちこち壊しながら歩いているゴジラよりも遅いのも理解不能。そのゴジラもなんであんなに寄り道するのでしょうね。まっすぐ鹿児島から福岡へいけば良いのに。スペースゴジラもなんかどかっと陣取って動かないし。
 ベビーもねえ・・・。ああいうのやっぱり好きじゃないです。

11.ゴジラ2000ミレニアム
 期待していませんでしたが、予想に反して良かったです。子供が出てくるのは嫌いですけれど、この扱いなら問題ないです。特撮も良かったですし、シナリオも良いです。楽しめました。ネットにつなげて情報収集するあたりはちょっと無理がある感じもしますが、まあ、この流れなら良いでしょう。初代ゴジラは不動の一番ですが、今まで見たゴジラ作品の中では2に続いて3目です。

12.ガメラ(初代)
 DVDブックで売られていたのを買ってみました。時代と聞いている予算を考えれば特撮は良く出来ていたと思います。しかし・・・シナリオが・・・。子供が出てくるのも好みじゃないですし、発電所のそばまできてから攻撃する自衛隊も変でしょう。最後の最後も島に誘導するのに海面に油を流して火をつけるというのは無理がありますし(常時流さないと消える)。上陸前に火が消えたら、ダメだ・・・って、最初から島で火を燃やすようになんでしないんでしょう?たまたま噴火して助かったのですが・・・最後のシーンまで一晩経過しているような?特撮は良かったですけれど、とにかくシナリオが残念でした。

13.平成ガメラ2
 CGが一部使われているのが残念です。それと子供の頑張れガメラが途中ででてくるのが好みに合いませんけれど、それ以外は文句ありません。
 出撃シーンには90式が出ていたのに実際にやられたのが74式なのは陸自の意向でしょうか?

14.平成ガメラ3
 CGが増えているのが残念ですが、それ以外は文句ありません。子供出てきますが、小学生じゃないし、頑張れガメラでもないですから。最後、明確な終わり方をしないことには人によっては批判もあるかもしれませんが。

                                                                                                         

 2.の金子監督って、平成ガメラと同じ人でした。なるほど、どうやらあの感じが私は好きなようです。平成ガメラシリーズは本当に良くできていると思います。他のゴジラと雰囲気、志向が違う気がするのも監督の好みの違い(=私にあっている)ということかもしれません。2のゴジラと平成ガメラはは特技監督が違うので、特撮そのものちょっと違いますけれど、

 3・11を経験した今の日本でなら、初代ゴジラに近い作品が作れるのではないかとも思いますが、まだ生々し過ぎて上映が難しくなるかもしれませんね。現段階では日本でゴジラ作品が作られる予定はないようですが、やるなら、ぜひ、金子監督で!

|

« 筑波海軍航空隊記念館 | トップページ | ポロ試乗 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴジラ色々:

« 筑波海軍航空隊記念館 | トップページ | ポロ試乗 »