« ゴジラ色々 | トップページ | GLA試乗 »

ポロ試乗

 時間が出来たので、新型ポロに試乗させてもらってきました。ま、新型と言ってもフルモデルチェンジではなく、フェイスリフト・ビッグマイナーチェンジですけれど(それを言い出せば、先代も更にその前からのビッグマイナーチェンジですが・・・)。大きく代わったのはエンジンと装備です。1.2Lのターボ+7速乾式DSGに違いはありませんが、パワー・トルク共に落ちています。燃費向上が目的なのでしょうが(5%向上とのこと)・・・ゴルフとの差別化も当然あるでしょうね。
 装備は、従来、ポロはハイラインでも割合装備はシンプルでしたが、今回は、アップグレードパッケージ(従来のハイラインに相当)なら、ACC、オートライト、レインセンサー、バックカメラなどを装備。パドルもつきます。ベースのコンフォートラインにもオプションでACCを選ぶとパドルがつきます。ま、要するにACCのスイッチがついたステアリングになるので、それにはもれなくパドルがついているからなんですが。ゴルフと同じものだと思いますので、部品の共用化によるコストダウンのおかげでベースモデルでもパドルがつけられるようになった、ということです。自動ブレーキとドライバー疲労検知システムはどちらでも標準。ACCは6.5万円のオプション・
 コンフォートラインが223.9万、アップグレードパッケージが249.5万なので、差額は25.6万。ACC分を覗くと19.1万ですから、これがオートエアコン、アルミホイール、オートライト、レインセンサー、バックカメラなどの分です。まあ、割高ではないでしょう。ただ、オートライト以外は無くてもかまわない(バックカメラはコンフォートラインにもつけられる)ということを考えると現実にはコンフォートラインが売れ筋なのでしょうね。
 見た目は変わっていると思いますが、並べて比較しないとどこが違うか思いつかない程度(並べれば結構違うようですが)。室内もステアリングが変わったことを覗けば、ほとんど同じに見えます。
 まあ、ともかく、問題は乗り味です。ポジションは問題ないのですが、ポロのシートは先々代からどうも私には合いません。妙に硬くて腰の裏が痛くなってきます。エンジンをかけるとアイドリングでは静かです。さて、発進。うーん、微妙。感動的な乗り心地の良さではないですけれど、結構良いとは思います。時々妙に硬く感じますが、タイヤかもしれません。タイヤは我が家が嫌いなコンチネンタル(プレミアムコンタクト2)です。タイヤが違うとまた印象が違ったかもしれません。ゴルフ7のトーションビーム版と比較すると少なくとも前席での乗り心地は勝っているようにも思います。まあ、これは車に対する期待との差が小さいというのもあるかもしれません。絶賛するようなものではありませんが、明らかに悪い点、耐えがたいと思う部分はとりあえずありませんでした。基本的には試乗コースはゴルフと同じなので同じ日ではないということを除けば公平な比較だと思います。
 エンジンは出力の低下は街乗りではわかりません。まあ、ターンパイクを上れば違いはわかるかもしれませんが。実用上は問題ないでしょう。ただ、2000回転を超えると結構うるさいです。音量は先代も大きかったのですが、音質の違いが大きいです。これはゴルフ7も同じですが、先代の1.2Lエンジンの音は私は結構好きでした。DSGはいつもの通りです。
 ブレーキなども普通。アイドリングストップは積極的に止まります。再始動は早く、2ペダルとしては違和感はない方でしょう。自動ブレーキは作動する機会はありませんでした。
 しかし、大きな問題が二つあります。一つはシートが合わないこと。試乗だけで腰の裏が圧迫されて痛くなりました(これは良くあることで私固有の問題でしょう)。もう一つはパワステです。ポロもとうとう完全に電動化されましたが、違和感が無くなったゴルフと違い、まだ熟成されていない感じがします。切り始めの手応えがむにゅーっとした感じで気持ち悪いです。それから、アイドリングストップしていて、再始動した時にステアリングが動きます。まあ、正確には力がかかるというべきかもしれません。電動なのに何故でしょう?電圧変動??電動パワステ+アイドリングストップの車は珍しくありませんが、こういう感じがするのは他にありません。
 パワステは基本がノンパワステな私が敏感というか、気にしすぎなだけかもしれません。シートが問題無ければ、良く出来た車でしょう。自分が必要な装備が何かにより、アップグレードパッケージにするかどうかを決めれば良いと思います。ただ、80点車というか、ポロでなければならない何かがあるかというと・・・ないんですよね。昔はDSGだったのですけど、今はBセグでもDCTの車は他にもあります。普通に良く出来た車が欲しい人には合うと思いますが・・・。楽しさという点では、先代の方が楽しかったです。先代にパドルがあればね。
 先代が・・・と言えば試乗車はありませんでしたがブルーGTも残念です。値段が上がったのにパドルがオプション(=ACCパッケージ)になってしまいました。アップグレードパッケージと違いオートライトが何故かありません。先代ブルーGTの唯一の弱点はオートライトがないことでしたが、コンフォートライン・アップグレードパッケージについたので、当然。ブルーGTにもついているだろうと思ったがのですが・・・・。先代よりも20万以上(消費税分もあるにせよ)高くなったことと合わせて考えると、魅力を感じません。
 「ポロ」だったら、先代のブルーGTの中古が私にとっては最良でしょうね(オートライトはないですけれど)。色はちょっと増えてブラウンメタリックが設定されましたが、相方受けは先代の初期にあった黄色よりは落ちますし、次期相方号の候補としては弱いです。4x1.7mにきっちり収まっているので良いのですけれど・・・。

|

« ゴジラ色々 | トップページ | GLA試乗 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポロ試乗:

« ゴジラ色々 | トップページ | GLA試乗 »