« 入院してました | トップページ | 入院と手術まで »

転倒当日

 日曜日の夕方前に時間が出来たのでRZ50の練習に行きました。近所をぐるぐる回っているばかりだったのでちょっと遠くまでいってみることにしました。車が少ない道を選んで走ってある交差点で左折すれば自宅方向に行ったのですがもう少し走ろうと直進。ちょっとしたコーナーを走ってみたり。コーナーは直線よりもやはり楽しいです。そして運命?の場所へ。そこはちょっと上り坂になっている右コーナー。慎重にゆっくり進入したら、一気にタイヤ(多分、リアから)滑って転倒してしまいました。タイヤがアウト側へ滑ったので人間は右肩から路面へ落下しました。肩を打ちましたが、装備のおかげもあり、外傷はありません。ヘルメットの側面には後から見ると擦り傷がついていましたが。  起き上がると右肩が痛いです。こりゃ腫れるなあ、月曜日に会社いけるかなあと心配になりました。今(当時)、職場は戦力が減少しており、休むと大変なことになるのです。ともかくRZ50を起こして、帰るために押してUターンさせ、道路の端によせて、エンジンかけてみると無事にかかりました。ミラーが割れていますが、レバーなどは問題なかったので乗って帰りました。  帰ってきて、車庫にRZ50を入れて(で、最後にシャッターにひっかからないように持ち上げて押し込んで)、家に入ってヘルメットを脱いでジャケットを脱いだら激痛が・・・。肩も痛いのですがなんか他もおかしいような?左手で触ると鎖骨に段差が出来てます。あ、折れた?左を触ると当然段差なんかありません。  ともかくこれは病院にいくしかありません。打撲だけならそのうち治りますが。あいにく、日曜日なので近所の病院では診てもらえません。市の医療情報センターに電話して診てもらえる病院を紹介してもらったのですが、教えてもらった三件全てから骨折の対応は出来ないと断られました(放射線技師がいないとか、整形外科がいないとか)。隣接市の病院に電話しても駄目。電話し始めてから小一時間経過しました。再度医療情報センターに電話するもわからないと。なんの役にも立ちません。しまいには相方が相手と喧嘩になり、あきらめて119番。救急車を呼びたかったのではなく、救急車が搬送する病院を教えてもらおうと思ったのですが、わからないと言われ、痛いなら救急車を向かわせますと言われ、結局、救急車のお世話になる羽目に。  救急車はすぐきます。分署が近所にありますから。乗ったら、血圧など測定。瞳孔反応も見られました。今回は必要ないですが、対応する側は当然必要でしょう。申し訳なくてしかたありません。痛いとはいえ、行き先さえわかれば相方に車で連れて行ってもらえるのですから。で、これまでの経緯を説明したら、XX病院も駄目なの?困ったな、どうしようと。なんのことはない、救急車も特別な情報をもっている訳ではありませんでした。しかし、そこに電話すると受け入れると返事。なんだよ!だったら電話した時に診るからこいといってくれれば良いのに。  それから救急車に揺られて病院へ。いや、本当に揺られ続けたのです。酷い乗り心地でした。患者用ベッドは揺れが少なくなるようになってはいますが、それでも揺れ続け、気持ち悪くなり、また肩から鎖骨が痛みます。これは要改善では?救急隊員もきついでしょう。なお、ハイエースベースの救急車でした。到着まで22分かかりました。しかし、決して医療機関が少ない訳ではないのにこれでは救急車が何台あってもたらないでしょう。出動から帰投まで一時間以上、帰りは緊急車両じゃないから、二時間近くかかったと思います。この間に担当区域でより重傷の交通事故や急患がでたらと思うと心配でなりません。何もなかったのならよいのですが。  今日の担当の外科医は専門はガンだそうです。レントゲンを撮って見るとやはり右の鎖骨は見事におれています。破片で気胸ができているといけないからとCTも撮りました。初体験です。台の上に乗ったり降りたりがきつかったです。整形外科医を呼び出しているから待っててくれと。この間に貧血気味になり倒れかけたり。熱が38度台にまで一時あがりました。整形外科医がやってきて、鎖骨はに二カ所で折れているから手術が必要だと宣告されました。どうしよう・・・・・会社。右手は動くか、握ってみろと言われ、肘から先はなんともないので握ると力強いね、大丈夫だねと。クラビクルバンドというものをされました。それで胸をそらして骨がなるべくまっすぐになるようにするもものようです。一カ所だけの骨折ならこれをつながるまでつけておくようです。それから三角巾で右手を固定されました。これで楽にはなりました。ここは自宅から遠いので一番近い手術が出来る病院へ紹介状を書いてもらいました。  帰りは電車。タクシーも考えましたが揺れると痛いのでやめました。ただ、帰りに右腕がしびれました。これが意外ときつかったです。腕を吊ったので血流が悪くなったためか傷のせいかはわかりません。  痛み止めはもらいましたが、効いているのだか効いていないのだかわかりません。ぐぐると上半身を起こして寝ると良いらしいのでそうしてみましたが、お尻に荷重がかたより痛くなります。また右腕が妙に痛みます。傷とか腫れとかではなく、神経が刺激されているような痛みです。姿勢を変えるとふっと消えることもあります。結局、ほとんど眠れませんでした。  転倒原因は後から考えると速度を落としすぎ、回転が下がりすぎてトルクが不足して失速したのだと思います。速度はともかくもう一段ギアを下げて回転をあげるべきでした。また道路の左端を走ったのですが、結果的に逆バンクになっており、更に滑りやすくなったのだと思います。結果論から言えばもっとアクセル踏んで真ん中を走れば問題はなかったのでしょう。クルマ感覚で慎重にいったのが裏目に出ました。

|

« 入院してました | トップページ | 入院と手術まで »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転倒当日:

« 入院してました | トップページ | 入院と手術まで »