« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

RZ50がやっとやってきました

 やっとRZ50が我が家にやってきました。修理は土曜日の夕方にとりあえず終わり、日曜日に迎えに行ってきました。直前で雨が降ってまた延期か?と思いましたが、激しかったものの、比較的短時間で雨が上がったので、なんとか連れて帰ってくることが出来ました。
 前回こけた(苦笑)ので、装備を充実させました。相方には原付なのに大げさとか言われましたが(とか言いつつ、危ない危ないとも言うから矛盾しています)。
 まずジャケット。最初は夏用のメッシュのものをと思いましたが、確かに涼しそうなのですが、ひよわな感じがして、メッシュ部分もあるものの取り外し可能なインナーと肘、肩、背中、胸にポロテクターが入っている3シーズンジャケットにしました。seool’s SLB-635と書かれています。
Jacket072714
 それと前回膝の下をぶつけたこともなり、インナープロテクターも買いました。コミネというメーカーのSK-638です。
Protector072714
 外装型の方が防御力は高いと思いますが、見た目が余りにごつくて、その格好で街中で原付乗るはさすがに・・・。(^^;いや、見た目よりも安全性重視でいくべきだとは思いますが・・・。
 問題は靴です。ブーツが良いのはわかっていますが、試着したところどうも違和感があってうまくありません。何せ、このような履物は、小学校の時の長靴以来です(苦笑)。また、どうも底が厚いものが多く、感触がよくありません。ブレーキペダルを踏むのにこれではどれくらい踏んでいるのかが良くわからない気がしました。クルマなら底は薄いのが良いですし、レーシングシューズも薄いですが、バイクだとレーシングブーツなるものも売られていましたが、見る限り、装甲重視でした。
 色々試して悩んだのですが、防御力が低下するのは承知の上で機動力を取りました。現物があってすぐ買えるものの中で履いた感じが良かった、エルフのsynthese13というものです。
Shoes072714
 普通のスニーカーよりちょっとましという程度の代物ですが、それでもつま先かかかとなどは強化されています。くるぶしまでは装甲はありますが、その上はありません。この点が万一の時に弱点になるとは思います。ただ、通気性が良いものなので、暑い夏場用という口実にして選びました。エルフというのがちょっと気に入らないのですが、仕方ありません。実際、エルフが作っている訳ではなく、どこかの靴屋さんに作らせているものですし。もう少し上まで装甲があるタイプもありましたが、値段も高くなりますし、だったら、ブーツで良いじゃないかという気もしたのでやめました。
 これで慣れて、秋を過ぎてまだ乗っていられるようならブーツを改めて買います。二重投資になると言えばそうなんですが、操作性を重視しました。ジェットランド沖海戦の英巡洋戦艦にならなければ良いですけれど(苦笑)。まあ、それでも初回と比べれば、金剛の近代化改装前と後の違いよりははるかに防御力は強化されたはずです。
 なお、頭から足まで、ブランドは全部ばらばらです(苦笑)。同じブランドで揃えるのも手だと思いますが、それを言うとヘルメットを出しているところではないと無理で、まあ、バイクがヤマハだから、全部ヤマハ(Y’s Gear)も良いかなとも思いますが、結局、合うサイズの現物があるものの中で選んでいったのでばらばらになってしまいました。せめてバイクが青なので全部青系にしてみようかとも思いましたが、ヘルメットがそもそも青がなかったので、あきらめました。まあ、ジャケットとグローブが好きな緑色になったので良しとしましょう。
 余談ながら、なんで黒系ばかりなんでしょうね?ジャケットも夏用のメッシュのものも黒基調のものばかりです。暑いのに不思議です。買ったのも緑は入っているものの結局、黒基調のものです。

 さて、装備も揃って、修理が終わったRZ50を受け取りに行ってきました。ただ、試運転したらフロントのブレーキディスクにも若干ゆがみが見つかったそうですが、とりあえず止まるという機能には支障はないし、練習が先だろうというバイク屋おじさんに言われました。まあ、またこけて壊すかもしれないから、とりあえず走る状態にしておいたから、それで練習せよということなのでしょう。(^^;
 なお、CDI交換されていて、リミッター解除されていたといわれてしまいました。え?ノーマルじゃなかったの?(^^;なお、バイク屋のおじさんがどのように試運転したのかは細かいことは聞かないでおきます。(^O^;
 ちょっとだけバイク屋の周辺で走ってみて、感覚は失われていないので、帰ることにしました。バイク屋のおじさんからは、飛ばせは言わないけど、スポーツ系バイクだからたまにはもっと回してねと言われました。前回はおじさんが忙しくて、若い衆が教えてくれたのでおじさんは見ていません。いや、前回、パワーバンドに入れてみろといわれたので、1万以上回して乗ってこけたので、今日は敢えてパワーバンド以下に抑えていますというと、ちょっと驚いたようでしたが、まあ、ならいいかという感じで送り出してくれました。
 前回は交通量の少ない道路で、クルマはほとんど通らず、もし、クルマが来たら、止まってやり過ごしていたのですが、いよいよクルマが行きかう大海原?に乗り出しました。何故か、前回(初回)と比べると低速トルクが薄く感じられます。よく見るとアイドリング回転数が1500回転くらいですが、前回は2000回転弱あった気がします。どうも前回が高すぎたので調整されたようです。だから、前回はクラッチだけでも発進できたのでしょう。何度かエンストしてしまいました。ちゃんと回せば大丈夫です。
 パワーバンドに入れないように7000回転弱まで抑えて走ると・・・やはり遅いです。普通の原付という感じがします。安全運転でゆっくり回しているので、なおさら遅いです。速度は30km/h程度まではちゃんと出していますが、前回よりもそこまで出る時間がかかっています。まあ、パワーバンドに入れて走ってみてといわれたので、各ギア1万以上まで回していましたからねえ(苦笑)。とはいえ、また、バイクが突進して(制御できずに)こけたら困るので、パワーバンドに入れないで走りました。
 余り回さなかったせいか、なんかエンジンの調子もこの前より悪い気もします。やはりある程度回さないと駄目なんでしょうか?それから、振動が増えた気がしますが、これはこけたせいでしょうね・・・。本当にRZ50に悪いことをしました。
 靴がかわったので、やはり感触が違い、右足のブレーキがよくわかりません。走行中にもペダルに触れているような気がしてなりません。それで、やや後ろよりに足をずらせましたが、これだといざという時にそのままブレーキが踏めません。左足のシフトレバーは大差ないと思っていたのですが、前回よりも更にどこに入っているのかわかりません。また、ニュートラルと1速の間違いも前回よりも多く、知らない間にニュートラルに入っていてアクセル回したらいっきに回転があがって驚くということが何度もありました。バイクはそういうものなのかもしれませんが、やはり私には2速ーニュートラルー1速という並びは理解できませんし、実際に問題が起き易いです。停止する際にもニュートラルではなく、1速に入っていることが多々あり、再度インディケーターを見つつ1速からニュートラルに入れなおすことも多いです。
 フロントブレーキの違和感はわかりませんでした。それがわかる領域にはまだ達していません。前回よりはちゃんとフロントブレーキも使うようにして走りました。それから、1速は発進だけにして、なるべく早めに2速に入れました。信号でとまってすぐに曲がる際も曲がる前に2速に入れてみました。でも、今度は曲がりだしてから2速に入れることになる場合もあり(距離によります)、どちらが良いのか悩みます。
 普通の交差点でエンストはしませんでしたが、住宅街に入り込んで、視界の悪い一旦停止の交差点でそろそろと発進する時にしばしばエンストしました。半クラッチをもう少しつかうべきなのでしょうね。
 で、運転そのものは、まあなんとか普通に走れるのですけれど、クルマガ多い道を走ると大きな問題が。30km/h程度で走っていると当然のように車が追いついてきます。抜かれる分にはまだ良いのですけれど、ずっと後ろにつかれるのが気になって気になって。迷惑かけているのが悪いですし、かといって、速度をそんなに上げる訳にもいきません。直線ならクルマと同じ速度で走ることも出来なくはないですが、制限速度を大幅に超えますし、まだ、初心者なのでやはり危険です。
 なるべく大通りは避けましたが、とはいえ、住宅街の中ばかり走る訳にもいきません。それにナビもないので、知らない道を通ると道に迷います。実際、ここを曲がればあの辺に出るはずと、普段、クルマでは通らない道を通ったら、見立てと違って道に迷ってしまいました(苦笑)。

  今回は50分くらいでした。クルマで帰ったら、多分、30分かからないでしょう。まあ、道に迷った分の入っていますけれど。MR-Sを車検に出したので、とりあえず車庫にどんととまっていますが、MR-Sが帰ってきたらどう納めるか考えないと。
Rz50072714
 帰ってから、ミラーの視界が調整範囲内ではいまいち狭かったので、固定ねじを回して更に調整しました。今度は更に視界が広がったはずです。
 とにかくもっと練習しないといけないのですが・・・うーん、30km/hで走るのは精神的につらいです。後ろに迷惑かかるのが・・・。単独で30km/hで走るのは何ら問題ないのですけれど(遅いとは思わないし、3速までならそれでも1万以上回せますから)。困りました。とはいえ、技量は別にしても、50km/hで走る訳にはいきませんからね。バイクの性能は問題ありませんが・・・。これはやはり免許取った方が良いかもしれません。後ろを気にして走ると他への注意が散って危険かもしれません。だったら、練習を兼ねて、自動二輪、この場合、比較的短時間でとれる小型、を取得しに教習所へ行くのが良いようにも思えていました。免許が取り、RZ50を二種登録すれば、少なくともクルマがいても法的には普通に走れます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バイク(RZ50)についてわかったこと

 1時間半乗ってこけて(苦笑)終わったのですが、それまでに、バイクという未知の乗り物についてわかったことを述べます。より正確に言えば、バイク全般というよりも、私が買ったRZ50のある個体に乗ってわかったこと、というべきでしょう。ただ、自分の技量未熟を棚に上げてバイク全体への批判もありますが、現段階での感想ですのでご容赦ください。

・当たり前ながら、速度をある程度出さないとまともに走らない
 二輪しかありませんから、自転車と同じで、ある程度速度を出さないと安定しません。なので、何かあった時にとりあえずとまれば良い、というやり方が通用しません。より正確に言えば、足をついて立っていられる程度にまで減速出来ないとこけるというべきでしょうか。これは四輪とまったく違います。

・とにかく怖い
 慣れないせいもありますし、ほっとくとこけるというのもありますし、また、体感速度が高いというのもあります。なにせ30km/hでも、クルマに換算すると倍以上(いや3倍くらいかも)速度が出ている感じがします。

・操作が難しいというか、クルマより操作性が悪い
 これは不慣れなだけなのでしょうけれど、アクセルにしても、ブレーキにしても、シフトレバーにしても、クルマと操作性が悪く、やりにくいですし、操作間違いを引き起こしやすいです。唯一クラッチだけは足でやるよりも良いのですけれど、ハンドルについているので何らかの理由でハンドルが右へ曲がるとクラッチを切っていた手が離れてしまいます。
 また、体が固定されていないので、体を支えつつ各種操作をするので、難しいです。腕に力をいれたらいけないと思いつつもつい腕支えるような力が入ってしまいます。
 ウインカーもレバーではなく、スイッチですし、自動で戻りません(スイッチを横に動かすとウインカーが出て押し込むと消える)ので、気がついたら出しっぱなしになっていることもあります。
 ブレーキを前後別々に操作出来るのはそれはそれで良いことですし、使い分ければ自由にブレーキをかけられる(クルマだと精々ブレーキバランスを変えられる程度だし、それもレーシングカーはともかく、普通のクルマでは出来ない)のですけれど、パニックブレーキのような場合にはとにかくブレーキペダルを踏めばよいクルマと違って、手でレバーを引くのと足でペダルを押すという全然違う操作が必要です。
 これらは、慣れの問題ではあるとは思いますが、クルマよりも慣れるのに必要な時間が長いのではないかとも思います。もちろん、私が長年クルマの操作に慣れているというのも大きいとは思いますが。

・何速に入っているのかわかりにくい
 操作性とあえて分けました。クルマだとシフトレバーに触れば今何速かわかるのですが、バイクはわかりません。唯一ニュートラルはランプがつくのでわかりますが、それ以外は覚えていないと3速なのか、2速なのか、1速なのかわかりません。ともかく落とせば1速に入るはずですが、ニュートラルだったこともあります(前を見ていたのでランプは見ていなかった)。
 理由はあるのでしょうけれど、2速ー>ニュートラルー>1速という順番なのもなじめません。今回は低速での練習だったので、1速から3速まで使って走っていましたが、バイク乗りの知り合いは普通、発進以外では1速は使わないと言います。まあ、だから、それで良いのかもしれません。間違ってニュートラルに入ると失速するから危ないので、最低1速に入るようにしているのだという人もいますがそれには同意できません。クラッチ切っているのとニュートラルはほぼ同じ状態です。クラッチつないでもまだつながらないので回転だけあがりますから、そこでニュートラルだとわかります。改めて、変速すればよいでしょう。失速といっても、じゃあ、クラッチ切ったらいけないのかという疑問も出ます。今の私にはまだよくわかりませんが、慣れれば、クラッチつないでいくときにニュートラルかどうかはわかるでしょう。逆に2速のつもりが1速に入っていた方が危険でしょう。半クラでも駆動力は伝わりますから、オーバーレブの可能性もあると思います。
 まあ、発進以外1速を使わないから、分けている、というのが正しいのかなあとも思います。

 それはそれにしても、落ちているかどうかわかればよいのにとも思います。3速から2速にちゃんと入っているのか、操作が甘くて3速のままなのか、それもよくわかりません。新しいバイクだと何速に入っているか表示されるものもあるようですから、バイクの作り手も表示するのが良い・便利という意識はあるのだとは思います。

・発進は楽
 車体が軽いというのもあると思いますし、手で操作するクラッチは足よりも半クラッチが簡単というのもあると思いますが、発進は楽です。いきなり2ストは難しい、発進できないかもと脅されましたが(一部の人に)、そんなことはありません。先日も述べたように4AGのAWを最初に運転した時と比べればはるかに簡単です。3速発進しなければ(それも1速のつもりで)発進でエンストすることもありません。実際に乗ってみるまではここが一番心配でしたがなんら問題ありません。2ストは低速トルクがないというのはいったいどこから出てきた話なのでしょうか?

・低速トルクがあり、更に上で伸びる
 2ストの高回転型エンジンは低速トルクがないから発進が難しいと脅されましたが、実際には低速から十分なトルクがあり、扱いやすいです。そして、パワーバンドに入ると(7000回転くらいか)更に伸びてきます。4AGだとまわしてやっとトルクが出てくるという感じですが、このエンジンは上乗せされる感じです。そうですね、2ZZ-GEに近いですが、あれもここまで上で伸びません。他のバイク(同じRZ50の他個体も含む)はわかりませんが、このエンジンは素晴らしいです。理想的です。
 ただし、初心者にはパワーバンドに入れるとパワーありすぎます(苦笑)。あくまでカタログスペックの比較に過ぎませんが、排気量が倍のエイプ100とほぼ同等の馬力、トルクですから。車重もNSR50よりはやや重いものの、軽い部類ですし、どうも直線だけなら、最速クラスの原付のようです。8.8馬力という話のアプリリアRS50はもっと速いかもしれませんが。

・パワーバンドに入ると燃料タンクから振動が伝わってくる
 他に体の固定方法がないのでひざでタンクをはさんでいる訳ですが(多分、正しいやり方だと思います)、概ね7000回転くらいから燃料タンクから動が伝わってきます。なので、タコメーターを見なくても、この振動でだいたいの回転数はわかります。もっとも、加速感や音でもわかるのですけれど。この振動はこういうものなのか、この個体の問題なのかは今の私にはわかりません。

・後方視界は思ったよりも良い
 クルマで言えばバックミラーがなく、ドアミラーだけですが、車体の幅が狭いので、思ったよりもミラーで見えます。とはいえ、発進時は振り返って確認すべきでしょうけれど。少なくとも後ろにクルマが追いついてくればわかるはずです、ミラーを見ていれば。

・うるさい
 2スト独特の排気音もあり、ノーマル(のはず)ですが、回すとかなりうるさいです。これじゃあ、排ガス規制の問題は別にしても、今、新車では売れないでしょうね。

・コーナーは難しい?
 まだ、コーナリングといえるような領域に達していませんが(その入り口でこけたので・・・・)、難しそうです。

・意外と疲れない?
 1時間半乗り続けていましたが、疲労感はありませんでした。まあ、最後こけたせいもあるかもしれませんが、思ったよりも疲れないです。

・操作の自由度は高い
 操作は難しいですが、前後のブレーキが別々に調整できますし、曲がるのも体を使って荷重移動させれば色々できそうです(その領域には到底達成していません)。クルマだと前後の荷重移動とアクセル、ブレーキ、それとステアリングを切るタイミング位ですけれど(サイドブレーキを引いたりはとりあえず別にして)。

 現状では以上です。うーん、まあ、バイクに乗ってみようと思った、目的のほとんどは達成出来た気もします。後ろは見ていれば見えます。また、現実にはほぼ不可能でしょうけれど、クルマとバイクの性能を数値化出来て、同じ性能のものを1台ずつ用意し、同じレベルの乗り手が乗れば、コーナーではクルマが速いと思われます。より安定してより簡単に曲がれますから。乗り手のレベルや車体(タイヤも含む)の性能が違えば話は違うでしょうけれど、四輪と二輪という違い以外の条件が同じなら、当然のように四輪の方がコーナーは速いでしょう。直線は性能次第でしょうけれど。
 バイクはどのようなものなのだろう?というのは、入り口から覗き込んだだけですが、知りたかったことはだいたいわかりました。であれば、ここでやめるのも一つの方法でしょう。もっと上達しなければわからないことはたくさんあるとは思いますが、リスクがクルマよりも高いと思います。こけて学ぶというのには同意出来ませんが、奥へ奥へ行けば、その段階で必要な技術(操作だけではなく、状況の判断力も含む)が伴わないとこけます。バイクも壊れますし、人間も怪我をする可能性が高いです。練習して出来なかったことが出来るようになるのはうれしいし、楽しいですが、うーん、もう若くない私がやるにはやはりリスクが高すぎる気がします。
 公道で練習するのはやめて、教習所にまず行くというのも一つの方法でしょう。原付を乗るために自動二輪(中免)を取りに行くというのはおかしいかもしれませんが、基本からきちんと教えてもらえますし、ついでに免許も取れます( もちろん、最後まで行けば、ですが)。別に中免を取ったからといって、125cc以上のバイクに乗らないといけないという訳ではありません。RZ50に所定の処置を施して、原付二種登録しなおして乗るという方法もあるでしょう(世の中に実例は結構ある)。構造上、二人乗りは出来ませんが(二人乗りする気はそもそもありません)、原付二種並の動力性能は50ccのままでも十分ある位ですから、性能は問題ないでしょう。現状でも、性能に不満はありませんから。排気量増やしたらパワーがまたあまりそうな位(苦笑)。もちろん、違うバイクを買って乗っても良いです。教習所で教える乗り方は時代遅れだったり、公道の実態にそぐわない面があるかもしれませんが、きちんと教育・訓練を受ける意味はあります。バイク屋やバイク乗りの知人の教え方が悪いとは言いませんが、正しいとも限りません。
 なお、小型は中型よりも短い時間で免許が取れますが、中途半端なので、考えていません。RZ50を買ってしまいましたから、今からわざわざたとえばGROMを買って乗るために小型免許を取ろうとは思いません。まあ、小型とって、RZ50を二種登録という方法はあるにはありますが、そうそう教習所に行く時間は取れませんから、また将来、再度中型取りに行くことを考えたら、最初から中型の方が良いでしょう。
 まだたった1時間半乗っただけですから、予定通りRZ50にしばらく乗り続けるというのも、もちろんあります。そして、RZ50(というか原付一種)に物足らなくなれば(なれれば、ですが)、中免を取りに行くのが良いでしょう。現状、RZ50の性能は私の技量をはるかに超えているので、原付一種の制限を除けば、性能に不満が出るとは思えません。慣れればパワーが物足らなくなるよと色々な人に言われましたが、元々パワーは求めないので、多分、平気です。唯一、高速巡航だけは無理ですが。純粋に性能面だけで考えて(法的な規制はとりあえずおいといて)、さすがに6速全開でやっと100km/hというギヤ比率では、法的規制が撤廃されたとしても無理です。しかし、原付二種としてみれば性能は十分でこれ以上の速さはりませんし、原付一種としてみれば性能は過剰です。ずっとRZ50だけを乗るのだとしたら、小型とって、二種登録して乗るのも良いかもしれません。どうせ、125cc以上のバイクに乗らないのなら、小型で異なりますから(まあ、でも、やはり、せっかく取るなら、中免かなあとは思いますが)。
 いずれにしても、RZ50に乗り続けるのなら装備に投資しなければなりません。今はヘルメットとグローブという最低限度の装備しかありませんので。靴は当然として、膝のプロテクターと各種プロテクター内蔵のジャケットもいるでしょう。肘のプロテクターはジャケットがあればとりあえず要らないかなあ。あればより良いですが、余りに重装備で見た目で驚かれるかも(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RZ50は・・・・・

 未だ我が家に来ていません。(^^;雨で迎えに行けなかった?確かに一時雨が降ってどうかなと思いましたが、雨は一時的なものでした。受け取って、バイク屋さんの指導でその辺で練習していたのですが・・・転けました(苦笑)。ミラー、クラッチレバーなどが破損し、せっかく交換したフロントタイヤも駄目にして、そのまま入院。いや、まったく申し訳ないというか、バイクに可愛そうなことをしました。落ち込んでいるというか、なんというか。人間は左足打撲程度で、病院に行くような怪我ではありませんが、バイクは全治一週間。
 いきなり転けてといっても、練習初めて即転けた訳では無く、ある程度慣れてきた時にやりました。ありがちだと思いますが・・・。いやあ、それが初日だとはさすがに思っていませんでした。しばらく乗って、慣れてきたら危ないなとは思っていたのですけれど・・・。
 なお、発進出来ないのではないかとか言っていましたが、発進は何ら問題なく出来ました。半クラッチもクルマよりもやりやすい位です。2ストで高回転型だから低速トルクが無い・・・・ということもなく、2000回転で半クラからそのまま発進楽々出来ます。クルマで言えば、アイドリング状態からクラッチをそっとつないで発進するのと同じか、それよりも優しい位です。最初にAWに乗った時の方が発進は遙かに難しかったです。何度も発進でエンストしましたし。今回、発進のエンストは1速に落とし忘れて3速発進をやった時が2回あっただけでした。ただし、バイク屋曰く、低回転ばかり使っているとプラグがかぶるから良くはないとのこと。ただ、今日は練習なので気にしないでやれ、かぶったらプラグはすぐに交換するからと。結果的にはかぶらせたりはしませでした。
 なんで2ストは発進が難しい難しいと言われるのでしょうね?その点だけはなんら問題ありません。やはり、4AG乗りだから?操作方法が違うだけで、低速トルクの無い高回転型エンジンになれているから、気にならなかったのでしょうか?低速トルクが無くて上まで回さないと駄目なのには慣れています。回るのは嬉しいですし、ついつい回してしまいます。ギヤが低いから、それでも30km/hすけれど。でも、さすがバイク、慣れないというのもありますが、30km/hでもかなりの速度に感じます。
 転けたのは、曲がる時にそれまでほとんど程度して曲がっていたのをギヤを落として曲がってみようとしていて、何度か目にどうも1速に落ちていなかったようでクラッチつないだら、思ったよりも加速して(シフトダウンのために回転あげたからでしょう。これもど素人なんだから、そんなことをせずに半クラッチで回転ごまかせばよかった)、慌ててクラッチ切って(これも良くなかったのでしょう)、そうしたら、バイクが更に加速したように感じて転けました。実際には転け始めて手が離れて加速して人間よりも前に行ったのだと思いますが。
 いや、そうじゃないか、1速に落ちていたものの、回転をあげすぎていて急加速し、クラッチ切ってブレーキ踏んで止まるべきところ、パニックブレーキの操作が未熟でまったくできず、曲がらないとと思ってクラッチだけきって曲がろうとして転けて、手が離れてバイクだけが離れていった、こちらの方が正しいかもしれません。
 やるべきことはクラッチ切って、前後ブレーキを使うこと、だったはずです。少なくとも右足で後ろブレーキは踏むべきでした。それが出来ないのにシフトダウンで回転合わせて・・・なんてやろうとしたのがそもそもの間違いでした。思ったよりもうまく乗れたのが行けなかったのだと思います。うまくいくと人間、欲が出ます。つい、シフトダウンに挑戦してみようなんてことをするから。ある程度基本操作ができたら、そのまま普通に家に帰った方が良かったのかもしれません。その辺で気がついたら1時間半も練習していましたから、集中力も落ちてきていたのかもしれません。

 色々な意味で、40万のNS-1にしなくて良かったです。RZ50だからまだ部品はありますし、直せますが、カウルのついたNS-1だったら、それで再起不能になっていた(か直せてもみっともなくなった)可能性もあります。いや、RZ50だから転けて良いという訳ではないし、一生転けないのが一番良いとは思います。クルマをこすったりぶつけたりするのと違って、バイクと人間が平等に怪我をしますし。二度目は一生無いことを目指さないといけないでしょう。転けるのも練習のうち・・・というのは精神論に近いように思います。

 しかし、RZ50はやはりパワー、トルクともにあります。低速トルクも十分ありますし、パワーバンドに乗ったら加速も体感的にはかなりのものです。ギヤが低いから速度はたかがしれていますが。うーん、もっとパワーのないのにやはりしておくべきだったように思います。4ストのMTにタコメーターさえあればなあ・・・。YB-1にタコメーター後付けしてもらうという方が良かったかな。本当にRZ50には申し訳ないことをしていまいました。

 ついでにいうとやはり2ストはうるさいですね。つい回してしまいますし、周囲にかなり騒音まき散らしている気がします。練習するにしても、もっと人が居ない、住宅が無いような場所でやらないと迷惑かけてしまいます。この点からも4ストの回らないバイクの方が良かったかなあ・・・。

P.S.今日は写真は無しです。撮影はしていますが・・・。自戒のために載せても良いのですけれど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RZ50が・・・

 まだやってきていません(苦笑)。土曜日は行こうととしたら雨が降り出し中止。でも、上がって、路面も乾いてきたので再度行こうと思ったら・・また雨。日曜日は出かけて帰ってきてから行くつもりが、予定外の渋滞などに阻まれて帰ってきたのが遅く、バイク屋と相談したら、一時間くらい練習してもらうつもりなのでちょっともう遅いと言われてしまいました。(^^;;明日は大丈夫・・・・なはずです・・・たぶん。(^^;今、外は激しい雷雨ですが、明日、以降としたらまたこんな天気にもしなったら・・・。

 装備は予定通り、ヘルメットとグローブだけ買ってきました。後は無事に乗って帰ってこれてから考えます。ヘルメットはワイズギアのYF-7 Roll Bahnにしました。これを選んだ理由はサンバイザーを内蔵していることにつきます。
Yf7
  便利だと思いますし、戦闘機のヘルメットっぽいでしょ!(^O^)ただ、青が良かったのですが、在庫のサイズが合わず、シルバーになってしまいました。まあ、原付だし、とりあえずこれで十分だと思います。次はアライかショウエイかな?
 グローブは夏用のメッシュのでラフ&ロードというブランドのにしてみました。
Grove
  定価¥5kの夏物セールで2割引だったかな?その位のです。もっと安いのもありますが、一応それなりのプロテクションが入ったのが欲しかったのと通気性がよさそうなので選んでみました。善し悪しは使ってみないとわかりません。
 全然乗れないとか、乗って帰っただけで嫌になるとかなければ、冬物のグローブもそのうち必要になります。靴とジャケットは前述の通り、どうやらなんとか乗れることが確認出来たら調達予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイクは装備が必要

 四輪と違って、二輪は乗るのに色々と装備が必要ですね。ヘルメットは必須(法的規制)です。それにグローブも必要ですし、靴もまあ原付とはいえ、やはりそれ相応のものが必要でしょう。最近、エアバッグ内蔵ジャケットのようなものもあります。30km/h規制の原付ですから、とりあえずはそこまではいらないのかもしれませんが、あって悪いものではないでしょう。

 ともかくヘルメットは買わないといけません。原付なのでお皿みたいなヘルメットでも法的にはかまわないのですけれど、そんなヘルメットは警察につかまらないだけで、ほとんど意味はないでしょう。ジェット型とフルフェイスがありますが、安全性を考えれば、フルフェイスでしょう。ジェット型なら多少は楽だし、夏も相対的には涼しいかもしれませんが、万一の時の顔面への被害を考えればやはりフルフェイスでしょう。
 最初は原付だし、まあ、四輪用のでも・・・と思いましたが、法的にはまずいようですし(でも、あのお皿よりもはるかに安全だと思いますが・・・)、何よりも暑いです。四輪用のフルフェイスは防炎という意味が強いと思いますので、当然、通気性はありません。だから、今、この季節にそれは無理でしょう(苦笑)。ちゃんと二輪用のフルフェイスを買います。ただ、まあ、さすがに原付なので、定価で2万くらいのでいいかなと思っています。
 グローブはこれもサーキット用があるのですけど、冬はともかく、夏は暑いので、メッシュの二輪用が必要でしょう。で、見ると関節の外側にプロテクターがついているのと付いていないのもあり、値段もピンキリです。ここは悩ましいのですけれど、夏だし、まだ練習中だから、これはメッシュの安いのでいいかなあ?もし、適正があって、うまく運転出来るようになったら、調子にこいて走り出すでしょうから、その時にはより安全性の高いものを買う必要があるかもしれません。
 エアバッグまでいかなくても、プロテクターが部分的に入ったジャケット(春夏用)もあった方が良いでしょうね。暑いといえば暑いですけれど、もし、転倒したら・・と思うと欲しいです。
 靴もレーシングシューズは大げさにしてもくるぶしが覆われる靴は必要です。当然、もし、二輪に適正があって、自動二輪の免許をとることになれば、それに使えるものにしておくべきでしょうね。
 物の収納が無いに等しいので運転に邪魔にならない小さな鞄も必要ですね。いつものようにログをつけるつもりでしたが、それを納める場所すらありませんから。あ、ログ用の手帳も無いな・・・うん?あ、あった!前にポルシェでもらった手帳が転がっていました。これを使おう!もの手帳が一杯になるほど乗れるかどうかはわかりませんけれど(苦笑)。

 まあ、全部をいきなり揃えなくてもいいとは思います。まずは、ヘルメットとグローブがあれば良いでしょう。靴は手持ちの中で一番ましなの(バイクにあっているの)にしておきます。適正があるかどうかまだわかりません。もしかしたら、全然駄目(運転が出来ない、運転・乗るのが嫌になるかもしれない)で、早々に手放すことになるかもしれませんから、いきなり装備一式に投資したくありません(苦笑)。日曜日の夕方に決めて、納車が土曜日なので、装備を買いに行く暇がありませんでした。通販も考えたのですが、在庫・納期が発注前にわからないのばかりで、間に合わないと思えたのでやめました。
 納車は今日ですが、雨だと延期だねとバイク屋には言われています(笑)。朝の予報だと昼間はなんとかなりそうですね。午前中は降らない
が、午後雨とかだと、ヘルメットとグローブを買いに行く時間がないのでつらいですが、これなら、買ってからバイク屋にいけそうです。幸い、バイク用品店がそれほど遠くないところにあるので、先にそちらに行って買ってから、バイク屋にいきましょう。相方にクルマで送ってくれるように頼んであります。といっても、行きの運転は私でしょうけれど(笑)。
 さて、ちゃんと乗れるかな?発進出来ないとどうにもなりませんからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マレーシア航空機撃墜?

 SA11で親ロシア派が撃墜したと報道されていますが・・・SA11はわかります。高度11000mを飛行している旅客機を撃墜するのにはちゃんとした防空部隊が装備する対空ミサイルが必要ですから。ただ、本当に親ロシア派なのか?といのは疑問が残ります。
 誤射の可能性はありますが、意図的に旅客機を撃墜する理由がありません。デメリットばかりです。国際的な批判を受けますし、今回でいえば、マレーシアやその友好国を敵に回します。ロシアも同様に理由がありません。では、ウクライナは?これは親ロシア派が撃墜したことにすればメリットばかりです。国際的な批判は親ロシア派とロシアに向かいますから。むろん、ばれたらウクライナは大変ですが、明確な証拠を残さないようにすることは不可能ではないでしょう。
 ウクライナの陰謀に違いない!といっている訳ではありません。理屈で考えれば(推理小説の犯人捜しのように)ウクライナにもっともメリットがあるように思えるというだけです。実施にやったのは親ロシア派で誤射だったという可能性もあるとは思います。
 マレーシア航空機は先日の行方不明(結局、見つかっていませんね)に続いての惨劇です。亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイク買いました

 ちょっと突然ですが、バイク決まりました。来週末に納車されます。買ったのはヤマハのRZ50です。古い方ではなく、新しい方です。ヤマハの日本で売っていたスポーツ系の最後の2スト 50cc MTのバイクです。
Rz501
発表時のニュースがまだ見られます。
http://global.yamaha-motor.com/jp/news/1998/0518/rz50.html
 これです。まあ、元々リアがドラムということを除けば、最初に乗るバイクにちょうど良いかなとも思っていましたが、余り良い(値段との兼ね合いで)のがありませんでした。しかし、今日、一度無くなったと思っていた比較的近所のバイク屋(大きいところではなく、家族経営の街のバイク屋みたいなところ)のRZ50がGoo Bikeで復活していたので、電話してあるというので見に行きました。結論から言えば、一度無くなった=売れたものの、もう一台同じ色で入っていました。最初に見つけたのは売約済みとしておいてありました。色が同じだったので混同してしまいました。(^^;
 原付バイクで年式は不明。カラーリングからすると2000年から2005年の前半のクルマでしょう。だから、古くて約15年前、新しくて約10年前のものでしょう。
2000年のカラーリング変更のニュース
http://global.yamaha-motor.com/jp/news/2000/0120/rz50.html#r=s&r=s
これでしょう。
2005年に最後の変更をされていますが、
http://global.yamaha-motor.com/jp/news/2005/0914/rz50.html#r=s&r=s
この柄ではありません。

 走行距離は、メーター上で1.7万kmほど。
Rz50meter
  バイクのメーターなんていくらでも交換出来る(される)ので本当にそうかはわかりません。ただ、見た目、そのくらいかなと思えました。
 細かい傷や部分的に錆が出ている部分もありますが、だいたい10年前後前のバイクということを考えればきれいな方でしょう(今までも見てきた経験からいえば)。
Rz50sheet
Rz50engineRz50radiater
  メーターやハンドル回りもまずまず。大きな問題は感じません。そして、なんというか、たたずまいが良いです。
  燃料タンクのキャップやラベルなどもちょっと劣化しています。
Rz50tank
  リアのサスペンションの付け根部分はちょっと劣化している気もします。
Rz50reardumper
 フロントタイヤは2007年製で溝はありますが、ひび割れています。
Rz50frontRz50fronttire
  リアは2010年製なので、一度交換されているようです。
Rz50rear
  こっちはひび割れは無く、まあ、まだ使えそうです。どちらも溝はあるので、とりあえずは走れそうですが、さすがにフロントタイヤは交換しないとつらいでしょう。
 大きな問題点はそれ位です。カウルはありませんし、ステップなども大きな傷はなく、ゴム類もまずまずです。フロントフォークの筒部分(銀色に見える部分。正式になんというか知りません)に錆も余りありません。
Rz50frontfoke
  マフラーもノーマルと思われます(ヤマハの文字と型番が書かれていました)。
 エンジンをかけてくれました。キックではなく、スターターです。普通にかかりました。チョークをひいていたようで、後で戻していました。アクセルあおると軽くふけ上がっていました。しばらくすると安定してアイドリング始めました。変な振動も無いようです。キャブのバイクなんてまったくわかりませんが、雰囲気良い感じです。またがってみましたが、姿勢に無理な感じもなく、乗れそうです。
 良い感じです。値段は総額(自賠責保険なども含めて)で21万弱。41万のNS-1と比べると細かい傷やらやれは多いようには思いますが、値段は半分です。最初に見に行ったお店にあったRZ50も値段はほぼ同じでしたが、程度は雲泥の差でした。
 TZM/TZRやNSR/NS-1と比べると作りは安い部分もあります。フレームも相対的には華奢ですし、リアブレーキもドラムです。カウルもありません。でも、値段の差を考えれば納得出来ます。買ったRZ50の新車時の価格は約27万ですので、本体の価格はこれでも新車の2/3です。しかし、NSR/NS-1だと新車よりも高いです。TZMはタマ数が少なすぎて判断つきにくいですが、TZRも程度が良いのは20万円台半ばですから、NS-1ほどではないにせよ、新車に近い価格です。それから比べたらまだ割安でしょう。
 それに何より雰囲気が良いです。この感覚は四輪では過去、ほとんど当たっています。なのでその自分の感覚を信じることにしました。まだ買うつもりではなく、とりあえず見に行ってみただけでしたが、今、決めないと売れてしまうような気がしたので、決めました。さて、どうなるでしょう?
 急に買ってしまったので、ヘルメットを始め道具がそろってません。(^^;納車までになんとかしないと。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

W一族は自分にやはりあっている

 台風はまだきませんが、風が強くて電車が止まるのが怖かったので今日は早めに帰ってきました。明日はどうなることでしょう?最悪、自宅勤務かな?それが可能な体制にはしてきましたが、夜の間に抜けてしまうでしょうか?被害がないことを祈ります。

 さて、休暇明けから雨が増えて、AWもZZWも出番がなく車庫の中で寝ています。何度か書いていますが、ZZWはやはりW一族であり、私にあった車だと思います。 W一族は長く我が家にいます。

 過去、W一族の中で一番短かったのは最初に買った1号車(5型のAW)ですが、これは私が殺しました。5歳になったばかりでした・・・・。もし、あの時、死んでいなければ、20万km近く走って今でも我が家にいたことでしょう。最初の車で、走行距離を伸ばすことも楽しかったです。何も気にせずひたすら走り回っていました。
 2号車(1型のAW)は、1号車を失ってから数ヶ月探してようやくめぐり合った車です。当初は1号車と同様に走り回っていましたが、次第に年齢が気になりだし、また、何かあるともう同程度のAWは入手できないかもと思うようにもなり、サーキット走行も気がひけてきました。その結果、我が家にきてから、19年で7万km程度しか走っていません。もちろん、このままずっと(私がこのAWが)死ぬまでいることでしょう。
 3号車(4型のSW)は、2号車でサーキット走行するのに気が引けてきたので、思い切り走らせるために追加しました。この車は2台(後3台)体制だったこともあり、1号車ほど距離は伸びず、9年で5万kmでした。しかし、その過半はサーキットやお山往復です(笑)。結婚したりしなければ、多分、いまでも我が家にいたことでしょう。走行距離は10万kmくらいかなあ?若いと思っていたSWも年寄りになっていたことでしょう。
 幻の4号車(5型のSWに乗り換え未遂:決心する前にオーダーストップになってしまったため)をはやさんで、随分時間があいてから、ZZWがやってきましたが、当初は色々と思ったものの、気楽に思い切り走らせることが出来る車として気に入りました。当分、ZZWも居座るでしょう。若いように見えて、もうすぐ9歳ですから、私が元気なら、ZZWも思い切り走らせることが出来なくなる日がくるかもしれません。その時までは今のままでしょう。私が先に思い切り走らせることができなくなったら?その時はそのままかもしれませんね。 

 バイクにもし乗るのなら、やはりW一族のようなバイクを選びたいです。単なる練習用ではなく、他に問題がなければ(そして、私が殺してしまったりしなければ)ずっと我が家にいるような、そういうバイクにしたいと思います。ただ、50ccのMTだと国内メーカーの新車はエイプやモンキーしかないので、中古車、それも比較的古いものになってしまいそうです。2号車やZZWよりももっと古いものがほとんどです。好みにあうものは一部の例外を除けば15年以上前のものばかりですから。
 やはり新車の方が良いですね。もし、新車にこだわるとApriliaRS4 50しか考えにくいです。でも、250ccクラスと同じ価格です(苦笑)。TZR50の並行物もあるにはありますが・・・やはり高いです。
 後は免許をとって、50cc超のものにするか。高速走れることを考えれば250ccクラスが良いですけれど、小型軽量でいえば、125ccクラスです。もっとも125ccクラスにしても、国内メーカーだと今は好みにあうのはホンダだけしかなく、後はApriliaとKTM(Duke)しかないのですけれど・・・。さすがに250ccクラスだと選択肢は広がりますが、でも、現状、ヤマハには希望にあうMTはありません。4輪同様に2輪もMTのライトウェイトスポーツは少なくなってしまっていますね。
  250ccはヤマハから復活するようですが(海外では既に売られている)、日本導入はしばらく先ですし、いきなり250ccはちょっと。最初は50ccか125cc位にしたいです。150ccなら法的には高速走れますからそのくらいでも良いです。ああ、そういう意味ではDuke200は良いかもしれません。もっとも値段は普通の250ccと同じですけれど(KTMにしては安い?)。
  好みから言えば、やはりTZM50かNSR50(爆)。その次がTZR50かNS-1ですね。最初の1台にTZMやNSRは無茶と言えば無茶ですが、好みがそういう方向だから仕方ないです。実用性が低いということから言えば、AWのようなものですね。TZR50やNS-はそういう比喩で言えばAE86かな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

バイクも似たようなものだった?

 生まれて初めてバイク屋周りをしました。最初は相方に頼まれた買い物に行ったお店の近くのバイク屋です。NSRとRZ、TZRがありました。が、いずれもぼろぼろ。いや、まあ、中古のバイクってこういうもので、特に走行に支障はないのかもしれませんが・・・・でも・・・・クルマに例えるなら、タイヤは溝はあるけど、賞味期限切れで交換必要(ひび割れだらけ)、ブッシュ終わっている、ダンパー抜けている、タイミングベルトも納車前に交換してもらわないと怖い、内外装問題多数・・・という感じです。5,6万でないと買えません。NSRは27万。NSRにしては安いかもしれませんが、これらを買って、ちゃんとまともな状態にするにには+20万位かかっても不思議ないです(バイクなので正確にはわかりませんけれど)。レストアベースに近く、素人は手を出せません。しかし、バイクの中古ってこういうのが普通?だとしたらとても買えません。新車でないと無理です。そうするともうエイプしかないのですが・・・。
 次に行ったのはホンダのディーラー。ここにあったのは程度の差はありますが、普通の中古車でした。あー、良かった。さっきのが酷いだけでした。ここではNS-1を中心に見たのですが・・・NS-1、いいですね。エイプと比べると本当はどうかわかりませんが、NS-1の方が遙かにコストがかかっている印象を受けます。フレームもかなり違う感じですし。空冷4速のエイプに対して液冷6速ですし。もちろん、古いです。おおざっぱに言えば20年位前のバイク、一番新しくても15年前です。クルマで言えば、AWやAE86ほどは古くないにしても、NA型ロードスターくらいです。ですが、値段は高いです。ここにあったので30万円台の半ばから後半で、良さそうに思えた1台は総額41万。20年前の原付にしてはやはり高すぎます。ここには、CBR250の新車、限定一台40万弱というのがありました。総額ほとんど同じです。免許がないので乗れませんが、自動二輪とってそっちに乗った方がお金はかからないでしょう。新車ですから、トラブルも少ないですし、部品の供給にも不安はありません。NS-1は部品がなくなってきているのでおすすめ出来ないと言われました。ただ、趣味で乗るのなら、初心者でもいいかもしれませんとも言われました。でも、やはりエイプを勧められました。タコメーターが欲しいという話をしたら、ちょうど後付けされている個体もありました。ただ、これは色々いじられていて、好みに合わない部分もあります。そして、エイプはなんか違う気がします。好きになれません。タコメーターをつければ、最初の1台には適しているようには思いますが・・・。
 更にもう一件。ここでは、YB-1というヤマハのがちょっと気になりました。クラシックバイクのような姿形をしていますが、4ストで比較的最近まで製造されていたもののようです。12万円位と値段も安いです。これ位ならまあ練習用にはいいかもしれませんが、タイヤも細く薄くコーナーの練習には向かないようです。ここは広くて在庫数も多かったのですが、最初から終わりまで誰も店員が出てきて相手してくれなかったのでそのまま帰りました。
 その後、別の小さい中古屋でまたNS-1を見ました。4台ありましたが、3台は対象外(いじりすぎ)。1台だけほぼノーマルで検討するならこれでしょう。価格は総額28万円位。ホンダでみたのよりはかなり安いです。が、程度はその値段なりのものです(苦笑)。まあ、走行に関する部分は支障はないかもしれませんが・・・。ライトが角目だったので、前期型ですね、つまり20年以上前のでしょう。ホンダのは丸目2灯でしたから、後期型でしたが。アプリリアのRS4もあったので見ましたが、これはかなり大きいですね。値段はNS-1よりは安かったです。ただ、やはりいきなりイタ車は。(^^;
 このバイク屋の店員は良い感じの人で色々教えてくれました。バイクはとにかく素人なので参考になりますし、楽しく会話出来ました。ただ、物がいまいちで・・・残念。後、このお店は都内なので、さすがに配送してもらわないと我が家にたどり着くのは大変でしょう(苦笑)。
 最後(現段階での)に行ったのは各メーカーの新車と中古車の両方を扱っている大きなお店。原付MTはエイプやGS50、YB-1などありましたが、やはりなんかね。で、250などの中古や新車などなどを見せてもらいました。色々見ていたら、エイプがなんで気に入らないかわかりました。それはフロントフェンダーの位置です。エイプは上にあってオフロードバイクみたいです。ブロックパターンのタイヤがそれに輪をかけています。GROMという125ccのホンダのバイクが隣においてありましたが(新車)、これならいいです。ただし、50ccではないので今回の対象になりません。これの50cc版があればなあ。なお、GROMは30万位で安いのですが、タコメーターもついていますし、前後ディスクブレーキです。ただし、4速でした。
 色々見るとフレームの違いにも気がつきます。良くあるのはパイプを鋼板曲げてつくった箱につないだものですが、アルミダイカストらしいのもあります(前はパイプですが)。クルマ(四輪)乗りの視点で考えても、コストかかっているように見えるのは値段がやはり高いですし、割安だなと思うものはやはり造りもコストがそれほどかかっていない印象を受けます。エイプは作りのわりに値段が高い印象をどうしても受けてそいまいます。

 原付でMTで、タコメーターがあってディスクブレーキのバイク・・・なんて条件で探すと古い2ストしかありません。右ハンドルのMT、NAで後輪を駆動せず、高回転まで回るエンジンで比較的小さいクルマが好きですが、新車ではほとんど候補がなく、必然的に中古車を探すしかなくなっているのと同じです。四輪であれ、二輪であれ、世間の主流から外れた変わり者(嗜好)のようです(苦笑)。

 練習なんだから、何でもいいじゃないかという意見もあると思います。ただ、練習用に買って、運転に慣れてから、乗りたいのに乗り換えて・・・というやり方がどうにもあいません。練習のためだけに買って、用が済んだら手放すというのに抵抗があるのです。それに乗りたくないのに練習用だからといって乗るというのも気に入りません。だから、練習だろうとなんだろうと、乗りたいと思うもの、これが良いと思うものにしたいです。

 こうなってくるといっそ自動二輪とって250ccか、高速断念して125ccを買った乗ってみた方が良いかもしれません。それらなら、MTで、タコメーターがあってディスクブレーキのバイクはまだ新車が複数ありますから。また、125ccの方が軽いし、好みにあっている気がします。これで高速走れると良いのですけれどね。教習所に行くといくとして近場のをいくつか見たら、11万位(最短で)のようです。うーん、中古の250+11万と2スト原付MTの値段は大差ないですね(苦笑)。
 でも、免許は取れました、乗りました、やっぱりバイクは合わない、ということになるかもしれません。免許もっていても使わないので、更新しないで終わりになってしまうかもしれません。やはりそれだともったいないでしょう。そして、原付で練習しておくことはやはり意義はあると思います。それに教習所にいく時間をどう捻出するか。基本的には週末にしか行けませんから、なかなか難しいです。
 そうなってくると、まあ、古いとは言え、手に入るうちに希望の原付を探して買う方が良いのかもしれないとも思います。それで適正があれば、教習にいく気にもなるでしょうし、時間を作ろうとも思うでしょう。それにNS-1などであれば、ずっと持っていることも出来ると思います(というか、バイクの適正があったら、手放せない。(^^;)。でも、原付に40万。うーん・・・・。(^^;それにいきなり、ビートやカプチーノ、AZ-1に乗るようなものですよね。それもどうかなあ。
 まあ、でも、あくまで乗ることが目的であり、移動手段ではないから、古くてもいいのかなあ?峠を攻める訳ではありませんし。適正があれば、その後で、走り回っても平気なバイクを買うという手もありますしね。
 はてさてどうしましょうか?NS-1よりも小型のNSRの方が好みにあっています。どうせ、初心者向きでないのを買うのなら、いっそNSRでも・・・とも思ってしまいます。4AG絡みもあって、ヤマハの方が良いのですけれど、NSRのライバルのTZMはタマがほとんどないのですにょね。TZRも良いのはネットで見た段階で見つかりませんでした。フランス製の並行輸入品はたくさんありますけれど。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

原付MT

 バイク(2輪)は今までほとんど興味を払っていなかったので、知識がありません。今回、ちょっと乗ってみようかなと思って色々調べています。前述の通り、原付しか免許はないので、対象はMTの原付です。
 先日も述べたように今のバイクは基本4ストで、2スト時代のだいたい半分程度の馬力しかありません。ギヤ比もそれにあわせたものになっていて、例えば、7.2馬力時代のレーサーレプリカで6速ミッションのものは、ギヤ比率を見ると6速で12000回転回しきれれば100km/h近く計算上は出ます(車種により多少の違いはある)。しかし、今、新車で買える事実上唯一の選択肢であるエイプだと5速で9000回転回せて、やっと60km/hです。タコメーターがないのでレブリミットは良くわかりませんが、最大出力の回転数は8000ですから、低いギヤなら9000回転は回るかもしれませんが、5速だとどうでしょう?
 ノーマルで7.2馬力とはいえ、12000回転回るか(回しきれるか)という話はあるにせよ、例えば、吸排気系などいじったりすれば、そのくらいは出てもおかしくはないでしょう。法的な話は別にしてバイクの性能として(クローズドコースなら合法ですし)は、です。でも、エイプだとエンジン本体に手を入れて、10000回転以上回せるようにしない限りは、せいぜい、60km/h程度しか出ません。
 もちろん、公道で乗る限りは、原付の制限速度は30km/hですから、エイプですら余裕はあります。まあ、加速性能も馬力、トルク相応に遅いでしょうから、「余裕がある」とは言いすぎかもしれませんが、30km/h+で走る能力は十分ありますので、原付としてはエイプが普通で、7.2馬力のレーサーレプリカがおかしいというべきでしょう。
 とはいえ、性能差があるのは明らかです。30km/hで走行するにしても、カタログスペックだけから言えば、昔の2ストのバイクの方が余裕があります。6速で比較的低回転で走れますから。また、そこまでの加速も相応に速いでしょう。
 ということを考えれば、やはり馬力のある2ストの方が何かと良いのかなあとも思ってしまいます。超初心者には危ないと思いもしましたが、ギヤ比や馬力過重などを見ると、直線に限って言えば、それでも、例えば、ビートよりもはるかに遅いはずです。まあ、なら、大差ないかなとも思います。後は直線でどれだけ自制出来るかですが(走ろうと思えば、60km/h超に到達できるのは明らか)、まあ、二段階右折なんて話もありますし、片側二車線以上の道路を走るのは怖いので、まあ、30km/h程度で走ることは出来るかなという気はします(変な言い方ですけど)。
 興味があるのはコーナーですからね。バイクで曲がるというのはどういうことか?それが最大の興味です。直線30km/h、コーナーも30km/h(笑)。車だと30km/hだと登りのきついヘアピンくらいですが、そういうところで、どうでしょう?
 直線はともかく、コーナーの速さというか性能はエイプよりも昔のレーサーレプリカの方が良さそうです。それとやはり私は・・・高回転型エンジンが好きなので!1万回転オーバー・・・回してみたいなあ・・・30km/hでいいから(笑)。
 で、値段も踏まえて候補を考えるとホンダのNS-1というのが良さそうです。NSR50よりは安いようです。ヘルメット入れる空間があるのも便利でしょう。NSR50の方が小さくてよいのですけれど、さすがにいきなりType-Rに乗るようなものでしょう。こけて壊したらもったいないですし(値段も高いから痛いし。(^^;)
 それとヤマハのTZR50か50R。NSRよりは安いですが、でも、やはりまともそうなのは高いですね。安くて20万円台なので。TZM50Rというのもありますが、これはNSR50のライバルのようですから、やめておきましょう。
 もう一つはヤマハのRZ50のようなタイプです。レーサーレプリカではなく、普通のバイクタイプ。これはリアブレーキがドラムなのが個人的にひっかかりますが、まあ、直線30km/hならドラムでも平気か。フェードするような走りにはならないでしょうからね。程度はともかく、10万円台からあるので、こっちの方が現実的でしょうか?
 川崎は原付はないようですね。スズキはGS50というのが比較的新しいのですが、タコメーターがありません。後はちょっと古すぎるように思います。やはりせめて、1990年代のにしておきたいです。(^^;
 アプリリアというイタリアのRS4 50というのもありますが、値段が高いですし、重たいです。更にあちらも規制で馬力が落ちているので、エイプよりもノーマルだと遅いでしょう(いじれば速くなるでしょうけど)し、意味はないです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダイハツ・コペン試乗

 相方が気になっている次期相方号の最有力候補の一つであるコペンに試乗してきました。試乗車はオレンジのCVT。
Copen_2
Copenside
 マフラーが二本出しですが、下を向いているのがおもしろいですね。
Copenrear_2

CopenrlCopenrr
 タイヤはポテンザRE050A。
Copenre050
Copeninte
 さすがにすぐに試乗は出来ず、しばらく待ちました。2シーターなので、一人ずつでしか試乗出来ませんが、相方号なので、まずは相方から。見ていたら、なんかいきなり踏んで出て行きました(笑)。しばらくして戻ってきましたが、楽しいと喜んでいます。シートもいいと。ちょっとタイヤが薄いかなと。まあ、165/50R16ですから仕方ないでしょう。それ以外はDレンジで走ってもそれほどCVTっぽくなかったとのことです。ただし、背が低い相方にはシートの高さ調節が欲しかったとのこと。少し低すぎるそうです。
 さて、私です。乗り込んだら・・・うーん、相方とは逆にもう少しシートを下げたいです。頭がつかえるということはありませんが、余裕は余りありません。背が高い人だとつらいかもしれませんね。ポジションそのものは問題はありません。ヘッドレストにロールバーを内蔵しているので幅があり、バックミラーの視界はやや狭いですけれど。
 エンジンをかけて、Mレンジを選んで、パドルで・・・・あれ?えー、ないの!?がーん。あると思い込んでいたパドルシフトがついていません。国産車のスポーティなモデルなら普通ついているのに何故ないのでしょうか?
Copeninte2
 まあ、ともかく発進。うーん、確かにタイヤのエアボリュームが少ない感じはしますね。路面が悪くなければ乗り心地は悪くはありません。ただ、ちょっとMR-Sに似た感じもします。街中ではMR-Sよりは乗り心地は良く、ぎりぎり合格でしょう。乗り心地の良さで評価出来るほとではないですけれど。ボディ剛性はオープンカーということを考えれば悪くはないと思います。ただし、良いとか高い剛性感、というほどではありませんが。まあ、体感ならMR-Sよりは上でしょうか。
 動力性能は普通に走る分には問題はないでしょう。後で上まで回してみましたが、主に排気系でチューンしたのだと思いますが、それなりに良い音がします。エンジンそのものは普通ですけれど、3気筒の安っぽい音でもないです。タコメーター上は7500回転がレブリミットのようです。ちょっと残念ですが、まあ、相方号としてなら問題はありません。
 CVTをマニュアル変速して何が良いかと言われるかもしれませんが、出来るなら当然やります。反応もまずまずで、これなら良いです。ただし、パドルがないのは本当に残念です。更に引いてダウン、押してアップなので、逆です。ルーテシアで慣れているだろうと言われればそれまでですが、クーガが正しい方向でありかつ、クーガに乗っていったので、試乗中に二度間違えて逆に操作してしまいました。(^^;
 ハンドリングうんぬんはわかりませんが、ステアフィールは意外と良かったです。うーん、こういう表現が良いかどうかわかりませんが、重厚感を何故か感じます。FFで電動パワステには上出来です。ちょっとフォードっぽい位です。ブレーキは街中では問題は感じません。下りを攻め込んだらどうなるかはわかりませんけれど。時々小雨が降っていたのでオープンには残念ながら出来ませんでした。
 値段も考えれば上出来でしょう。軽自動車!という感じはしません。内装の質感もまずまずです。シートも悪くはありません。タイヤを個人的には14インチで60位にしたいですけれど。
 シートヒーターがついているのは相方的にはポイントが高いです。オートライトやクルーズコントロールはありませんが・・・。クルコンはともかく、オートライトはオプションで良いから設定して欲しかったですね。後、標準ではスピーカーはついているもののオーディオレスです。で、それはまあよくあることなのですが、何かつけようと思ったら、オーディオ装着アップグレードパックが必要でこれはメーカーオプションです・・・・っというか、これつけない人いるのかな?ナビはともかく、さすがにラジオも無しなんて、スーパーセブンじゃないですから。どこかにスピーカーへの入力端子があるのなら話は別ですが、ここだけ意味不明です。インパネのデザイン優先したら場所が無くなったのでしょうけれど、ここはマイナーチェンジで改善して欲しいですね。
 荷物は大して積めませんが、オープンにしなければ普段は問題はないでしょう。シートが大きめなので(軽にしては)室内空間に余裕はありませんが、逆にエアコンの効きは良かったです。
 相方は気に入ったようです。色もオレンジ色がありますしね。次期相方号になる可能性はかなり高いです。来年出てくるらしい丸目(先代風)のデザインの方がより好みのようですし、ルーテシアの車検が来年なので、まあ、そこまではルーテシアかな?トウィンゴとの一騎打ちになりそうですが・・・さてどうでしょう?S660がその間に割って入るかもしれませんが、相方はホンダ嫌いですから、よほど出来が良くないと無理でしょうね。
 私は・・・パドルがなかったのがなあ・・・あると思い込んでいただけに残念です。パドルあれば乗り換えた時にシフトダウンとアップを間違えることも無くなるので良かったのですけれど。ルーテシアとどっちが良いかと言われればコペンです。街乗りは乗り心地がもう少し良いとうれしいですね。最悪は私のお金でホイールとタイヤ交換かな?
 なお、MTの方が高いのですよね、コペンは。装備は多くなる訳ではないですが。強いて言えばMTだとLSDがオプションで装着出来ますがそれだけです。ついにMTの方が高い時代がきてしまったのでしょうか・・・。まあ、相方号なのでMTは今回は要らないのですけれど。
 あ、そうそう。今なら納車は7月中に間に合うそうです。話題にはなっても2シーターなので爆発的に売れるということはないのでしょうね、残念ながら。それもあって、新鮮差を維持するために皮を変えたモデルを順次だすのでしょうね。今、出そうと思えば、外装違い3種類同時に発売することも不可能ではないでしょうから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »