« LEVOLANT(ル・ボラン)CARS MEET 2014 | トップページ | 外務省に告ぐ »

ギブリ試乗

 我が家でも(超頑張れば)新車で買える(かもしれない)一番安いマセラッティであるギブリのデビューフェアの案内が来ていて、たまたま日曜日に都内に行く用事があったので帰りにマセラッティ目黒に寄ってきました。
 元ポルシェの担当営業氏は接客中でした。4組いたて、さすがに混雑していますね。奥に初代ギブリが展示されていました。
GiblioldGiblioldsideGiblioldrear

 

相方はこれが良いと。ま、言うと思いました(笑)。確かに良いですね。ちょっと大きいですけ、現代のギブリも大きいです。
 さて、展示車ですが・・・なんと既に売約済み。
Giblinew
 どうも最初に入ってきた車は全て売れてしまったようです。(^^;まあ、そんなに数が出る車ではないですし(マセラッティとしては、量産車と言えても、一般的に見ればそこまでの数ではないでしょう)、デビューフェアですから、そんなものでしょう。この元展示車は内装は赤レザーでした。
 ちょっと手が空いた営業氏が今、試乗車はあいているので別の営業が同行するので試乗してきませんか、というので乗せてもらいました。白の左ハンドル。
Giblinewtest
 こちらは、タイヤが19インチ(前245/45R19、後275/40R19)です。標準は18インチ(前後235/50R18))で、サンルーフ、8ウェイ電動シート+シートヒーターがついていますが、内装はほぼ標準仕様でした。試乗車でかつ連続して試乗されていたので、内装をじっくり見ることは出来ませんでしたが、試乗しつつ信号に止まった時に見たり触ったりしましたが・・・うーん、やっぱり安いというか、寂しい?
GiblinewinteGiblinewmeterGiblinewnaviGiblinewshift
 いや、普通に見れば、十分質感は高いのですけれど、マセラッティは普通革張り内装なので、それと比べると寂しいです。ただ、これはギブリだけではなく、ギブリシリーズ共通でオプションですが、これまで、展示車、試乗車は革張り内装のものばかりっでした。比較すれば、個々の部品の質感が低いものもちらほら。
 一番大きな違いはパドルがないことです。実はギブリSにはパドルは標準でついていなくてオプションでしたが、ギブリにはつかないそうです。あたたた、これは痛いです。ただ、カタログだと何故かギブリでも選べることになっていました。この辺は、将来は選べるようになるかもしれません。まあ、ともかく試乗です。シートを調整するとポジションはうまくあいます。ただ、ステアリングがそれほど下へ下がらないので、シートを少しあげる必要がありました。サンルーフはサンルーフなので、運転席から空を見るには首を後ろ側にそらさないといけないので、余り開放感はありません。ま、これはほとんどの車がそうです。
 さて、ミッションをDにして、Mにするには横に倒すのかなと思ったら動きません。あ、その横のMと書かれたスイッチを押すのか。マニュアルモードにして、さて発進。敷地から道路に出たら・・・あー、これはちょっと・・・。うーん、クワトロポルテでも感じましたが、乗り心地はいまいちです。19インチタイヤの悪影響もあるとは思いますが、路面の細かい凹凸を拾って小刻みに動き続けます。うーん、まあ、ベースは同じですから、似た印象であっても不思議はありませんが。乗り心地が悪くて乗っていられない、という訳ではないですし、疲れるというほどでもないのですが、ずっと細かく動いているのが好みにあいません。
 クワトロポルテと比べると、静かで振動が少ない気がします。ただし、あの時は助手席で、今回は運転席という違いがあります。遮音材、制振材は、ギブリはクワトロポルテよりも少ないそうですが、運転性にいる限りは悪くありません。
 エンジンは330馬力とギブリSやクワトロポルテSの410馬力と比べると最高出力は少ないですが、トルクは500Nmあり、ギブリSの550Nmと10%しか違いませんから、動力性能は普通に走る分は十分です。ほぼ2tですが、半分にしたら、1tで、165馬力、250Nmですから十分速いです。スポーツモードもありますが、私はノーマルで十分です。踏めば結構良い音がします。同じ日に乗り比べないとはっきりしませんけれど、クワトロポルテよりも良い気がします。まあ、少しスポーティな仕立てなのかもしれません(マフラーなどが)。
 トランスミッションは8速ATですが、変速速度は十分速いです。パドルが無いのでシフトレバーを操作しないといけませんが。
 エアコンはとりあえず効いていましたが、真夏だとどうかはわかりません。まあ、でも、フロントエンジンですし、ボクスター/ケイマンよりは効くでしょう。
 クワトロポルテよりも小さいとはいえ、4970mmx1945mmという巨体ですので、狭い道に入ると気を遣います。左ハンドルだったせいで、どうしても右側によりますが、ミラーで見るとラインぎりぎりになっていました(苦笑)。すれ違うとパーキングセンサーが反応します。
 総じて、乗り心地と大きさ以外は問題は感じません。エンジンはターボですが、これなら良いです。ただ、乗り心地だけは良くして欲しいです。なんといっても4ドアセダンですから。現状では、クーペの方が遙かに乗り心地が良いという逆転現象が生じています。ギブリSには電制サスペンションであるスカイフック・サスペンションがオプション設定されますが、ギブリにはありません。電制サスペンションと私は相性悪いですが、マセラッティのはなかなか良いように思いました。ただ、標準のままだと内装がマセラッティにしては寂しいのも事実です。834万円(税込み)という絶対的な値段を見ても、ちょっと寂しい気がします。
 ギブリとギブリSの違いは出力以外にタイヤ(リアが235/50R18から275/45R18になる)、ブレーキ(前4ポット、リアシングルから前6ポット、後ろ4ポット)になること、シートヒーターと8ウェイ電動シート、電動式チルト&テレスコ、前後パーキングセンサー+リアビューカメラ(ギブリはオプション)などなどかなりの差がありますし、選択できないオプションも多いです。動力性能、乗り味はそう変わらないと思いますが、その辺を見るとやはりギブリSが良いと思わせる構成です。
 ただ、前述のパドルのようにカタログでは選べるようになっているオプションがオプション価格表では選べなくなったりしていて、ちょっと混乱もあるというか、将来的にはこの辺は変わるかもしれません。また、どちらかにミスがあるかもしれません。カタログがきたのは金曜日の夜だったとかで、これ本当?と思ってもメーカー(インポーター)は休みだったので確認出来なかったそうです。試乗車もナンバーついたのは金曜日だったそうです。

 総じてどうか?問題は少ないのですが、うーん、乗り心地が・・・・。この値段の車に期待するものになっていません。あくまで私の好みでは、ですけれど。クワトロポルテでも生意気にも述べましたが、エンジン音以外にマセラッティらしさが薄い気がします。また、内装の質感なども低くはないものの、どうせなら・・・・という感じがするのは否めません。まあ、そこがマセラッティ商法!?ギブリSだとどうでしょう?基本的には変わらないでしょうね。もっともAクラスのようにグレードで乗り味がずいぶん違う場合もありますが。後は、スカイフック・サスペンションの効果がどうか?

 乗り味があれで問題なく、どうしても欲しいオプションが選べないということがないのなら、ギブリSの内装も標準ではやや寂しいので、ギブリにオプション満載で買う、という手もあるでしょう。下取り考えたら損ですが、マセラッティは下取り考えて買う車ではないでしょう。フェラーリじゃないんですから。

 ただ、私なら、今のギブリを買うことを考えるなら、その金額を払うなら、右ハンドルの出物があれば、ですが、グランツーリズモの中古の方が欲しいですし、満足度も高いです。長いですが、あれは良い車です。お金があれば今すぐ欲しいです(お金はありませんが)。
 逆にこのクラスの4ドアセダンを買うとしたら?エンジン音は普通ですが、私はGS250が良いです。乗り心地が良くて、値段は2/3です。パドルもついています!Eクラス、5シリーズ、GSと競合したら、乗り心地という点で厳しいのではないかと思います(繰り返しになりますが、私の評価基準・好みでは、ですが)。                              

 試乗を終えて戻ったら、担当営業氏が待ち構えていて色々会話しました。正直な感想を伝えておきました(中古のグランツーリズモの方が良い)。すると、右ハンドルのMCシフト(グランツーリズモ)が1台ありますから買いましょうといわれました。(^^;1850万の値段の数字の1を隠して、この値段にしてくれたらねと答えおきました。(^O^)

 お昼くらいまですごい人だったそうです。また、ファミリーカーとして検討する人が多いようで、子供連れ家族で来店という人も多かったとか。まあ、客層を広げるというマセラッティの意図は当たっているようです。ギブリS含めて販売も好調なようですが、オーダーするよりも、つるしで買うお客さんの方が多いそうです。まあ、すぐ乗りたいという人は当然、今あるディーラーやインピーターが見込み発注した車を買うしかないですが、まあ、価格が下がってきていますからね、自分の好きな内外装で仕立ててオーダーして待って買うというよりも、あるものを買う人が増えるのは当然なんでしょうね。
 それから、新しいクーペの話がでてきていますが(以下の)、
http://www.maserati.co.jp/maserati/jp/ja/index/maserati/news-events/2014/20140306_2.html
あれは現行のグランツーリズモの後継ではなく、新しい車だとか。ショーカーは4.7L NAですが、実際は3L V6ターボで、謂わば、ギブリベースのクーペで、値段も安く、一千万切る位だとか。それなら、我が家でも手が届く(安いグレードなら)かも!?問題は乗り心地ですけどね。まあ、早くても2年先のは話です。とりあえず何がどうなるにしても、貯金に励まないと駄目ですね。(^O^;
 彼からまた車を買いたいという気持ちはあるのですが、なにぶん、マセラッティでは、なかなか手が出ません(苦笑)。現実的には中古でしょうねえ。そういえば、SUVも出るようですが、どうせ大きくて高いのでしょうし。
 ああ、個人的には4CにマセラッティのV6載せた車が出たら一番良いですね。もっとも、手が出ない値段になるかもしれませんが(苦笑)。

|

« LEVOLANT(ル・ボラン)CARS MEET 2014 | トップページ | 外務省に告ぐ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギブリ試乗:

« LEVOLANT(ル・ボラン)CARS MEET 2014 | トップページ | 外務省に告ぐ »