« クーガ、12ヶ月点検+2008プチ試乗記 | トップページ | 今朝の地震。 »

MR-S再テスト

 もう一日休暇が取れたのでまたいってきました。今度は前回となるべく違う道を走ってみました。ワインディングの印象は同じです。性能に不満はなく、むしろ、まだ、速過ぎる位です。場所によっては、脚が柔らかく感じることがあるのも前回と同じです。

 行きに御殿場まで東名でいったので、大井松田を走ってみましたが、工事していて規制されていたので余りテストになりませんでした。一部、規制なかったので高速コーナリングを少しだけ試してみましたが、ボディのねじれは感じられませんでした。ただ、ステアリングの感触がちょっとおかしかったです。路面との兼ね合いもあるとは思いますが、手ごたえが一応でないというか、まるで定期的に路面が盛り上がっているかのような感触がありました。パワステの問題かもしれません。これはまた試してみたいと思います。
 夜、相方を向かえに都内へ行ってきたのですが、時間があったので首都高をしばらく走ってみました。エリーゼと同様につなぎ目が連続すると結構疲れます。パワステありますが、やはり腕が疲れました。エリーゼよりはここの衝撃が(脚が柔らかい分)丸いのですけれど、連続するとやはりきついです。

 低速コーナー主体のある場所で直線も含むある区間の経過時間を保存しておいたドラレコなどの映像で比較してみました。絶対的なタイムに意味はなく、同じような感じで同じ人間が同じ場所を走って、車によりどれだけの違いがあるか、を確かめるためです。双方、違う日の記録で、時間を調べましたが、合計4回比較して、プラスマイナス1秒に収まっていました。エリーゼの2回目とMR-Sの1回目がほぼ同じで、エリーゼの1回目が+1秒、MR-Sの2回目がー1秒でした。これはエリーゼよりもMR-Sが速い車であることを必ずしも意味しません。体感的にMR-Sはエリーゼと比べて遅くない、同じ位の速さだったと思ったのですが、それがある区間とはいえ、実際に証明されたということです。公道で流しているペースで走っただけですから、仮に今の私の技量で可能な限り速く走らせたとしたら、エリーゼの方が当然速いでしょう。例えば、仮に同じ場所をヒルクライムが行われて、私がエリーゼとMR-Sで参加したとしたら、エリーゼの方が速いでしょう。これは、私というリミッターにより、速さが制限されていて、エリーゼとMR-Sの差が出なかったとも言えるでしょう。
 ただ、それでも圧倒的な性能差は無いとも言えます。昔、AW、SW、111Sの3台を保有していた時に同じ場所で私という同じ運転者が走らせた際には、明らかに速さの違いを感じることが出来ました。運転者の現状の技量(体力含む)、場所、状況が違うので、今回の場所でAW、SW、111Sを走らせた、また、当時と同じ場所でMR-Sと111Rを知らせたらどいう差になるかはまた別の話ですが。AWをMR-Sと111Rと比較してみれば、ある程度参考になるのではないかと思います。AWの状態が当時よりも悪いので、当時よりも差は出るのではないかと思いますので、もし、AWと111R/MR-Sの差がほとんど無ければ、それだけ運転者の能力が低下しているということになりますね。かなりの差があれば、111RとMR-Sの差はそれほど無いと言うことが出来ます。

 前回と結論は同じでやはりMR-Sはエリーゼと良く似た車です。なので、エリーゼで抱えていた問題は、MR-Sでは解消しません。MR-Sは、お手軽なオープンカーではなく、峠の戦闘機、です(軽戦ですけど)。それ以外には向いていません。
 MR-Sからエリーゼに戻ることはないでしょう。それは問題の解決にはなりません。エリーゼが欲しくなることはあるでしょうけれど、MR-Sの問題はエリーゼでは解決しない以上、それはありえません。まあ、将来的には、MR-Sから別の車に乗り換えて、更にエリーゼに戻ることがないとは言えません。より正確に言えば、エリーゼやMR-Sみたいな車(ワインディングでのみ活きる車)に戻ることはあるかもしれません。

 今というか、次、MR-Sから何かに乗り換えることを考えると、 NA、MT、前輪を駆動しない(可能な限りMR)という条件で、実用性がもっと高く(普段乗れる)、ワインディングでも相応に楽しめる車・・・候補は限られるのですよね。過去に検討した車ばかりです。そして、エリーゼを選び、MR-Sを選んだので・・・。結局、実用性を重視すれば、ボクスター・ケイマンしかありません。これらはワインディング走行に向かないという訳ではなく、性能はエリーゼに勝っていますが、性能が高すぎるが故に車を使いきれず、なんか消化不良というか、楽しくないのです。後は、86/BRZですが・・・一部改良でどれだけ乗り心地が良くなったか?MR-Sと比べると速さは上でしょうが、まあ、エリーゼやボクスター・ケイマンほどではないから、もてあますほどではないでしょう。
 街乗り、高速巡航を重視したら、ワインディングでは速過ぎる車しか思いつかないというのが皮肉です。まあ、NA、MT、前輪を駆動しない(可能な限りMR)という条件だと、MR-Sよりも遅い車って、新車では思いつきません。中古で買える車でも、ビート位しかないんですよね。街乗りは良いですけど、高速巡航は同様に駄目ですから。後はMG-Fかでしょうか。でも、MG-Fも乗り心地が良いとは言えませんし、今度はMR-Sみたいにはワインディングも走れない可能性が高いように思います。それより古いのは街乗り、高速巡航も駄目ですし。ロードスターは好みに合わないし、速さはMR-Sと同等でしょうから、やはり速過ぎます。
 そうなると三条件の一つを我慢するしかないでしょうね。2ペダルを受け入れてもほとんどかわりませんから、過給機を受け入れるか、前輪駆動を受け入れるかでしょう。
 といっても、速過ぎて困るといっているのですから、過給機を受け入れても仕方ないでしょう。まあ、S660が市販されて、乗り心地が良くて、高速巡航もNAのビートよりも無難にこなせたら、候補になりえますが。
 そうすると前輪駆動を受け入れるしかないように思えます。三条件のうち二つ我慢する気はないので、NAのMTです。となると・・・結局、また、いつもの候補になってしまいます。新車だとスイスポかオーリスRS、中古で先代ルーテシアRS。どれもまだ速そうですね。特に先代ルーテシアRSは速過ぎます。遅いというか、速過ぎないということで言えば、208もありますが・・・自分用にプジョーを買うのはちょっと・・・。まあ、1.2LのNAだと遅さは十分(速過ぎない)し、乗り心地はまずまずだし、高速巡航も悪くはないのでしょうけれど。まあ、でも、現実的にはスイスポでしょうね。オーリスRSはクラッチペダルの問題がありますから。スイスポなら、動力性能はMR-Sよりも少し落ちるから、まあ、速くなることはないでしょう。ただ、5ドアハッチバックが3台はなあ(苦笑)。
 やはりオープンが良いですね。せめてクーペ。ウインドに右ハンドルがあったらよかったですけどね。ああ、そうか。2ペダルを受け入れれば、無くもないですね。1シリーズクーペのカブリオレ。動力性能はMR-Sよりも落ちるでしょうし、FRでNAです。新車はもう無いかな?後は四代目ロードスター・・・はでも、結局、合わないかなあ。86のオープンが出てくれれば、それが一番良いように思います・・・・って、前と同じ結論ですね。速過ぎない車が良いとか言い出したので、ますます候補が減りました(苦笑)。

|

« クーガ、12ヶ月点検+2008プチ試乗記 | トップページ | 今朝の地震。 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MR-S再テスト:

« クーガ、12ヶ月点検+2008プチ試乗記 | トップページ | 今朝の地震。 »