« エリーゼ111R箱根とそして | トップページ | 大雪!! »

MR-S、第三のW一族

 MR-Sがやってきました。

ElisemrsMrsfMrsrear
  これで、AW、SWに続いて、欠落していたZZWも我が家にやってきました。今、SWも手元にあれば、三世代そろい踏みで良かったのですけれど・・・・エリーゼで駄目なのにあのSWの乗り心地はもはや耐えられないでしょう(苦笑)。
 最初から否定的なことを言うのは良くありませんが、一部路面での乗り心地に問題があるのはわかっていますし、実用上なんの問題もないとはいえ、上まで回らないので、どれだけ乗っていられるか・・・。いや、まあ、しばらく乗って問題なければ意外と長居するかもしれません。なにせ、他に乗りたい車が余りありませんから。いや、乗ってみたい車はありますけれど、MR-Sからの乗換えも結構ハードル高いのです。何せ、上まで回せないことを除けば、私が自分の車に求めるものを全て満たしていますから。後はエリーゼに戻るか(苦笑)、ボクスター・ケイマン位。ああ、後は、E46 M3の納得行く個体が見使えれば、MRじゃないけど、乗換えはありえます。
 それと既に約7万km走っている車なので、手放す時のことを考えずに気にせず乗れます。正直、エリーゼはいつかは私には乗れなくなり、別れの時がくると思って乗っていました。それはS1もS2も同じです。だから、どこか、お客さん的な接し方をしていた気もします。
 ボクスターは買った瞬間から乗換えを考えていましたが、これは例外。ケイマンは意外にも買った時にはエリーゼに戻れないし、ボクスターは乗り心地が悪いからその段階では最良だと考えていました。長時間乗ってポジションの問題が出てこなければ、まだ乗っていたかもしれません。アルテッツァは買った時はずっと乗るつもりでした。もちろん、AWは死が二人を分かつまで(笑)乗るつもりです。SW以前のもっと古い時代の車は手放すことなんかまったく考えずに買っていました。だから、距離を抑えて乗ろうとかそういうことはまったく考えもしませんでした。だから、ボクスターを例外とすると買った時にいつか手放すことになると考えていたのはエリーゼだけです。
 MR-Sは?手放すというか、後述のように我慢出来なくなるのではないかという予想はあります。ただ、手放す時のことはもう気にしても仕方ないです。買って同時に売ったとしても大した額にはなりませんから。100万しない中古車ってそんなものでしょう?だから言い方が悪いですが、駄目なら捨てる位のつもりでいます。だから、距離が出ても気にする必要はありません。気楽に乗れます。それこそ昔のように。とはいえ、現状を考えると、年5000kmも走らないでしょうね。結局、精々3000km程度かも(苦笑)。

 え?何故、最初の写真、車庫にMR-Sとエリーゼがいるのかって?それはこういうことです。

AwmrsAwmrssideAwmrsrear
 はい、AWとMR-Sを入れ替えました・・・・って、まあ、既に奥の手として話しているので誰もひっかからないでしょうね(苦笑)。入れ替えたのは事実ですが、それは単にAWで行って、車検に預けて、MR-Sに乗って帰っただけです。え?なんでエリーゼがいるのか?いやあ、最初は昨日(土曜日)にあるところに送り出すはずだったんですが、紆余曲折あり、結果的には里帰りすることになりました。ただし。お里の都合で(笑)、まだ里帰り出来ないので、しばらく我が家に居ます。AWが車検から帰ってくる位に里帰りする予定です。まあ、任意保険は切り替えてしまったので、乗るわけには行きませんが・・・ま、リスクを取れば、乗れなくもありません。法的な問題はないので。あ、いや、乗るつもりはもうないです。昨日、記念撮影に行って来たのが最後のエリーゼとの走りです。そう決めましたから。行こうと思えば、夜、再度エリーゼで出かけることは出来なくもありませんでしたが。

 保険の切り替え手続きなどしていて、MR-Sは、ABSこそあるものの、VSCとか最近の車についているものは無いことに気が付きました。古い世代の車ですね。リモコンでドアは開きますけれど(いや、今時出来ない車はまずないって(苦笑)。オートライトもありません。オーディオはMDがついています!

 そうそう、車検証の記載によると車重1010kg、前軸荷重420kg、後軸荷重590kgでした。重量比を計算すると41.6:58.4です。最初は960-970kgでしたが、改良によって重量が増加しています。AWも似たような感じでした(NA同士の比較)。ボディ剛性が向上したそうですが、さて、どうでしょう?

 エリーゼと比べると同じエンジンで価格(新車の)が2.5倍位違いますが、それだけの差がはたしてあるでしょうか?私は1ZZのエリーゼは試乗程度なので、正確な比較は無理なので、2ZZの111Rと比較して、エンジン以外にどれだけの差があるかを見たいと思います。111Rとの比較だと価格3倍ですが(苦笑)。試乗レベルではボディ剛性感以外はそれほど大きな差がないようにも思いました。ああ、勿論、エリーゼがボディ剛性は上と感じました。後は、パワステがあるのでステアフィールもエリーゼの勝ちです。ただ、エリーゼは路面から伝わりすぎて疲れるというか、路面の動きにとられすぎて疲れる感じもありましたので、長く乗るとどうでしょう?

 とりあえず、100km弱走ってみました。ダンパーは交換必要なようです。自動車専用道路、高速道路も走りましたが、やはり全体的に乗り心地の悪い印象は変わりません。疲れるという訳ではないですし、エリーゼのように道路のジョイントを乗り越える時の衝撃も小さめですが、動きが大きいというか、収まりが悪く、柔らか過ぎるような印象を受けます。恐らく、減衰力が低下しているようの思います。ブッシュは・・・微妙。正直私にはわかりません。交換すれば良くなるとは思いますが、どれだけ良くなるかは?見た目ではそれほど酷くないような気もしますが・・・・うーん、お金はかかるけど、ダンパー交換するなら一緒にやるべきでしょうか?
右前
Mrsfrontr
左前
Mrsfrontl

右後
Mrsrearr

後中央

Mrsrearlow

左後
Mrsrearl
 タイヤは横浜のS-Driveがついています。

Mrsfrontt

Mrsreart
 溝はまだありますし、とりあえずは使えそうですが、新しいタイヤとは言えないので、これも交換かなあ?まあ、でも、ダンパーの方が先でしょう。7万走れば終わっていますよ。
 ただ、正直、試乗した時よりも乗り心地が悪い気がします。それとトルク感も試乗した時よりも感じません。あの時はエリーゼでいったのですが・・・2ZZが意外と低速トルク薄すぎ??とはいえ、エンジンそのものは普通に走り分には不満はありません。逆にステアリングの軽さは途中で気にならなくなりました。シフトフィールもまあまあ。シートは素晴らしいとはいいませんが、まあ、腰は痛くなったりはしません。ただ、ポジションは私にしてはシートを倒し気味にしないと合いませんでした。
 それとボディ剛性はやはりエリーゼよりも低いですね。劣化というよりも元々かなあ?まだオープンにしていませんが、空けるともっとひどくなるかな?それとも逃げて体感的にはよくなるか?これは来週末位に試してみましょう。

 現状、このままだと駄目ですね。お金をかけるか、諦めて短期間で乗り換えるかです(苦笑)。まあ、足回りはやってから考えるべきかなあ。ただ、足回りのリフレッシュで改善出来る保障はないのですよね。それが問題。もし改善出来れば、長く付き合えると思いますので、次の乗換えは当分先ですね。しかし、思ったほど改善できなかった場合には、長くても夏の車検までしか我慢出来ないでしょう。乗り心地に悪い位にはうーん、前述の通り、エリーゼはまだ我が家にいるのですよね。だから、今ならまだエリーゼに戻れなくもありません。色々な人に迷惑かけてしまいますが・・・・。まあ、現状のMR-Sと比べるとエリーゼの方が乗り心地は良い(短時間なら)ということであって、長時間乗れば気持ち悪くなるのはかわりませんから、MR-Sへ乗り換えるのを止めるという意味しかないのですけれど。ただ。可能性の話だけ言えば、まだ可能は可能です。ルビコン川を渡ったつもりが手前にある別の川でしたので。(^O^;

|

« エリーゼ111R箱根とそして | トップページ | 大雪!! »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MR-S、第三のW一族:

« エリーゼ111R箱根とそして | トップページ | 大雪!! »