« エリーゼ、エリーゼと会う | トップページ | 生まれて初めて »

エリーゼ乗り換え問題、決着!?

 まず、ゴルディーニRSが最初に脱落しました。理由はやはりFFであること。その壁がどうしても越えられません。私自身の勝手な希望だけで言えば、相方号をRSに乗り換えれば一番良いのですが・・・。まあ、ただ、ゴルディーニは野ざらしに出来ないかなあ。それに毎朝、駅まで送っていくのがRSというのもね(苦笑)。そうなるとやはりエリーゼと入れ替えしかないので、結局、これまでと同様(インテR、MG-ZT、フォーカス、スイスポ、オーリスRSなどなど)にFFの壁を越えられませんでした。クーガさえいなければ、同様に家族の車とか、私が買って運転するけど、相方号その2として買うとか、色々手はあったと思いますが・・・。まあ、でも、その時はむしろ普通のRSの方が良かったかな。車庫には入れられないですから。二台、ルーテシアが並ぶというのは面白かったのですけど。(^O^;残念。
 もう一つ、ヒーターの問題も気になりました。ルーテシアが冬場は駄目ですので、RSでもやはり駄目でしょう。エリーゼは暖めるのは得意ですから、冬場だけ比較すれば、足元寒く、顔だけ暑い車が増えるのかあと思うとそれに気になってしまいました。 
 まあ、やはり縁がないのでしょう。それにゴルディーニRSもやはり仏(ラテン)車ファンのところに行くのが良いでしょう。私自身は仏車は本来は嫌いですしね(ルノーはロータスとの関係上、許容出来ますが)。

 そうなると、残りはエリーゼ111R対MR-Sです。普通ならこの勝負は一発でけりがつきます。エリーゼ圧勝です。MR-Sが勝る点は夏に暑くないこととすぐに幌を開けたり閉めたり出来ること位です。後は維持費が安いことでしょうか(燃費含めて)。速さ、エンジン、ハンドリングなどなど、スポーツカーとしてみれば、エリーゼ圧勝です。ついでに言えば、トランクの広さもなんとエリーゼが勝ります!エリーゼがトランクの広さで勝てるなんて、ビート位だと思っていましたが(笑)。まあ、エリーゼのトランクは熱いので有効的に使えるかは別の話ですけれど。(^^;

 しかし、そもそも、エリーゼが宝の持ち腐れになっているので、乗換えを考えたのです。エリーゼの長所であるスポーツカーらしさは、今の私には余り意味がありません。それよりも街乗り、高速巡航などの方が優先されます。そうすると一部の路面での乗り心地以外はMR-Sが勝ります。

 とはいえ、上まで回すエンジンを捨てられるでしょうか?S1に戻れなかったのは、111Sの出物がなかったからです。普通のS1であれば、何度か買おうと思えば買える(程度値段などなど条件があう)ものはありました。が、エンジンが回らない、その一点がどうにも我慢出来ませんでした。S2も同様です。1ZZのエリーゼでは、実際問題として何ら問題はないでしょうが、上まで回せないという理由で、わざわざ2ZZのエリーゼにしたのです。MR-Sはその回らなかったので買えなかったエリーゼと同じ1ZZです。仮に乗り換えたとしていつまで耐えられるでしょうか?

 ポイントはAWの存在でしょう。エリーゼが宝の持ち腐れなのは解消出来ないとしても、一人の時はエリーゼ、二人の時はAWと乗り分ければ、エリーゼに相方が乗りたがらなくても何ら問題はありません。一方、エリーゼをMR-Sに乗り換えたとしても、AWがいれば、上まで回せる良い音のエンジンは残ります。エンジンを楽しみたい時はAWに乗り、それ以外はMR-Sにすれば問題ないでしょう。AWが元気なら、どちらを選択しても問題ありません。しかし、現実にはAWの老化はとめられません。そもそもAWが元気なら、「欲しい」というのは別にして、「必要性」という観点から言えば、MR-Sもエリーゼもオープンにしたい時以外には必要はありません。元気なAWなら、街乗り、高速巡航、ワインディング、全てこなせます。巡航時のエンジン回転数は高めではありますけれど、何せ、九州まで何度も往復した実績があります。
 現実には、今のAWは、問題が多くあり、街乗りには耐えますが、真面目にお山を走ったり、長距離高速巡航には耐えられません。いや、大丈夫かもしれないですが、不安が残ります。エンジンだけは元気ですが・・・。だから、動態保存は言いすぎですけれど、時々中距離乗る程度です。エンジンは楽しめますが、連続して全開にすると何がどうなるかわかりません。
 ということは、時々エンジンの音を楽しむ程度なら問題ないものの、エリーゼの代わりにワインディング走行を楽しむのは無理です。同様に相方と休日遠出するのも無理です。つまり、今のAWは、エリーゼ、MR-S、どちらの場合でも、それらの車の問題点を補うことは事実上出来ない、ということです。
 エリーゼ、MR-S以外に何か候補は無いのかを改めて確認してみます。この件は、何度も何度も検討した話です。MTで前輪を駆動せず、NAで、ある程度高回転まで回せて、街乗り、高速巡航をこなせて、相方が快適に乗れる車、可能なら、オープンに出来るもの、これが条件でしょう。が、そんな車は、私は買える車の中にはほとんどありません。
 オープンに出来るというのを外さないともっとも近いのはボクスターとロードスターでしょう。ビートは相方が怖いというし、高速巡航は得意といえず、そもそも、AWよりは若いとはいえ、もう年寄りというべき車でしょう。前輪を駆動しないMTのオープンカーがそもそも他にありません(高くて買えない車、日本に正規輸入されていない車、古くて難しい車を除けば)。形式的にはセブンも該当するかもしれませんが、高速巡航に向いているとは思えませんし、相方が快適に乗れる車ではないでしょう。それならビートの方がまだましです。
 ボクスターとロードスターだとボクスター圧勝です。ロードスターのエンジンは音が良いとは言えない(好みに合わない)ですし、FRです。ボクスターも音が良いとは言えませんが、MRです。乗り心地もロードスターは好みでありません。ボクスターは年式により異なるという問題はありますが、選べば乗り心地が良いものはあります。
 ただし、ボクスターを選ぶとしたら、さすがに981は今は手が出ません。クーガを買っていなければ話は違うのですが・・・・。987でもMY10(もしかしたらMY11)以降でないと駄目なのでやはり今すぐはつらいです。981は値段以外に車庫の問題とサイドブレーキの問題もあります。更にMTだとポジションが合わない問題もあります。いずれにしても、ボクスターを選択すると、それはエリーゼを乗り続けて、しばらく先に乗り換えることになるでしょう。
 オープンを断念しても、今、新車で買えるものは、86/BRZしか事実上ありません。ケイマンも該当しますけれど、ケイマンだったらボクスターでしょうから、除外します。NAのMRはスーパースポーツを除けば他になく、FRにしても、MTを前提にするとターボしかありません。比較的年式が新しい中古を含めても、M3位でしょう。高回転を捨てて、E91の320。M3はE46でないと車庫に入りませんが、なかなか良いのはありません。時々見に行ったりはしますが、納得出来るものはありません。
 86/BRZは何度も述べているので簡単に済ませますが、自分で買える・買えない(選べる・選べない)を言えば、マイナーチェンジでの改良待ちです。86スパイダーが発売されれば有力候補になりえるでしょうが、現段階ではまだ未定です。
 考え直しても違う答えが見つかりはずはありませんが、オープンにこだわれば、MR-Sを超える候補はありません。ボクスターはポジション問題が解決出来ないでしょう。981のMTは実際に乗ってみないとわかりませんが、右のPDKに試乗した感じから言えば、987と同じよようなものである可能性があります。MTを諦めてPDKなら問題は少ないでしょうが。高回転を捨てたとしても、オープンだと現行エリーゼが候補になる位です(笑)。前輪を駆動しないMTのオープンカーが少ないですから。オープンを捨てても、E46のM3位です、納得して乗り換えられるのは。
 前輪を駆動しないを諦めれば?それはルーテシアRSでしょう。しかし、この選択は既に断念しています。そう、まだ見ぬ86スパイダーに可能性はあるものの、結局、エリーゼかMR-Sか、その二択です。MR-Sは条件の中の高回転まで回るという点を満たしていません。エリーゼは、相方が快適に乗れるという点を満たしていません。ただし、タイヤ、足回りをリフレッシュしたら、街中の乗り心地、高速巡航(特にジョイントを乗り越えた時の挙動)が改善されたとしたら、問題は乗り降りだけになるかもしれません。

 それと、ある意味下らない、でも、ある意味大事な問題にぶつかります。それは、お金、です。普通は乗換えを考えるとき、乗り換えないでそのまま乗り続ける方がお金はかかりません。アルテッツァー>ボクスター、ボクスターー>ケイマン、ケイマンー>エリーゼ、いずれもお金がかかっています。しかし、今回だけは逆です。MR-Sは中古で、そう高いものではありません。エリーゼの下取り(現実は買取りというべきか)価格は正確には査定してもらわないとわかりませんが、少なくとも、お釣りが出るのは確実です。少なく見ても、今考えているMR-Sをもう1台買える以上のお釣りは出るでしょう。乗り続けたら?少なくともタイヤの交換は必要です。それで十分な改善が見られなければ、ブッシュなどの交換を主とした足回りのリフレッシュが必要です。大雑把に見てもかなりの費用がかかります。12月に車検を迎えますが、前回、次に車検に先送りしている整備項目が結構あるので、他に無くても、相応の費用はかかるでしょう。MR-Sも足回りのリフレッシュは必要かもしれませんが、それはお釣りで十分まかなえます。保険や燃費、通常の点検などなどもMR-Sの方が安いでしょう。だから、お金を考えたら、エリーゼを乗り続けるよりも、MR-Sに乗り換えた方が負担は下がります。

 まあ、でも、それはおまけというとおかしいですが、それだけで決めるべきことではないでしょう。安物買いの銭失いという言葉もあります。MR-Sが安物だとは言いませんが、安いというだけで選択すると後悔する可能性はあります。また、今は安くあがったとしても、将来、結局、またエリーゼが欲しくなり、MR-Sからエリーゼ(S2の2ZZか、S1の111S)にまた乗り換えることになれば、将来かなりのお金がかかります。MR-Sの下取りはほとんど無いに等しいでしょう(エリーゼの値段と比べると)。将来まで考えれば、必ずしもMR-Sが安いとは言えない面もあります。過去の経験から言えば、エリーゼを手放せば、またエリーゼに乗りたくなる確率はかなり高いです(苦笑)。ま、そしてまた宝の持ち腐れになり、手放してしまうかもしれません。同じことを繰り返すのは一種の病気でしょう。

 前回は、仕方ない事情もあったのですが(家の建替えで置き場所がなくなった)、111Sを手放していなければ、多分、クーガの代わりに雨の中でも乗れる=外においておけるMTの車を買っていたでしょうね。E46のM3なのか、320のMTなのか、それとも86なのかは別にして。もし、SWをアルテッツァではなく、フォーカス(1)に乗り換えていたら、相方号は不要で、乗り換えることも出来ず、ずっとそのままだったかもしれません。またはE46の318(MT)に乗り換えてもそのまま乗り続けていたかもしれません。もし、ボクスターではなく、エリーゼRを買っていたら・・・これは同じかな?宝の持ち腐れになって乗換えを考えていたのでしょうね。もし、あの時逃した111Rではなく、S1の111Sを買っていたら?宝の持ち腐れになるのは同じですけど、乗換えは考えず、やはりクーガの代わりに別のMTを買っていたでしょうね。クーガの代わりにルーテシアRSの出物があって買っていたら?エリーゼは手放さずにそのままにしておけるかもしれません。または、相方がルーテシアを買わずにゴルフ6の梅を買っていたら?クーガは不要なので、そのままかもしれませんし、今回、ルーテシアRSを追加したかもしれません。ルーテシアを乗り心地が良い別の車に乗り換えてくれた場合も同じでしょう。
 全て、タラレバ、です。もはや過去は変えられません。何故、タラレバの話をしたのか?それは、また、タラレバの元ネタを作ったかもしれないからです。はい、MR-Sを買うことにしました。

 MR-Sを選んだ理由は、既に述べたものに加えて、もう二つあります。一つは、AW、SWと乗ってきて、唯一ZZWには乗っていないので、一度は乗ってみたいのです。新車がある時代に何度か検討はしたのですが、そのうち2ZZ搭載版が出るのではないかと思って後回しにしたりして、結局、買えませんでした。その後、AWの老化にともない、何度か中古を見ましたが、なかなか良い車はなく、今回、過去見た中で飛びぬけて良い個体でしたので、MR-Sを買うとしたらこれが最後の機会かもしれないと思いました。もちろん、今後も程度の良い出物が出てこない訳ではないでしょうけれど、保証はありません。車はどんどん古くなっていきますから。
 もう一つは付き合いが一番長い(約25年)ネッツの営業氏から車を買う最後の機会かもしれないと思ったからです。仕事が変わって、今はネッツの中古車担当です。ネッツで販売されるであろう中古車で、私が欲しいと思う車は、MR-S位しかありません。86もありますけど、86なら新車で買えます。新車で買える車なら、新車で買います。まあ、後は、スープラもあるのですけれど、NAのMTで程度の良いものなんかはもうほとんど無いでしょう。付き合いは長いものの、AW、SW、アルテッツァと3台新車を買っただけです。そこに欠けているのはMR-S。前述の通り、今回の個体を越える車が出てくる可能性は低い(しかも、この営業氏のお店で)です。なので、今回のMR-Sは、合計で4台目。そして、多分、最後の1台になるでしょう。ま、確率を無視すれば、例えば、ワンオーナー、車庫保管、程度良好のNAの5型AW11の売り物があれば、買いますけどね。(^O^)

 ただし、確かにMR-Sを買うことには決めました。しかし、まだ、エリーゼを手放すとは決めていません(爆)。

|

« エリーゼ、エリーゼと会う | トップページ | 生まれて初めて »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エリーゼ乗り換え問題、決着!?:

« エリーゼ、エリーゼと会う | トップページ | 生まれて初めて »