« ウルトラCはあるのか? | トップページ | ウルトラCは・・・・・ »

ドライブレコーダーをつけてみよう

 エリーゼの話はちょっとお休みして別の話を。
 別に事故にあったとか、危ない目にあった(ぶつけられそうになった)という訳ではないのですが、どういうものかの興味があるのと車載カメラとして使えないかと思って、ドライブレコーダー(以下、略して「ドラレコ」と呼びます)をつけることをしばらく前から検討しています。勿論、本来のドラレコとしての役割も期待しています。
 色々調べて、以下の点が重要だとわかりました。
1.1920x1080:30fps
 サンプルやYouTubeなどに上げられているドラレコの動画を見ましたが、やはり1280x720では厳しいです。また、10/15fpsではカクカク動くどころか、車がワープして撮影されています(苦笑)。なので、最低30fpsは必要です。
2.ファイルとファイルの間が途切れないこと
 ドラレコはビデオカメラなどと違って、あらかじめ設定された時間で区切ってファイルを作成していきます。製品によっては、そのファイルとファイルの間で映像が途切れるものがあります。ちゃんと考慮されている製品だと前のファイルの最後の映像よりも前の映像から次のファイルが開始されています。ドラレコとしては、これは本来あるべき機能でしゅう。まあ、Gセンサー付きだ通常のファイルの区切りと違うやり方で保存されるかもしれませんが。

3.吸盤式
 吸盤式だと落ちてくるから、両面テープで貼り付ける方が良いという意見があるようですが、我が家では車が複数あるので、簡単に乗せ変えられる吸盤式である必要があります。まあ、カメラのように本体に三脚などに固定するネジ穴があれば、付属の固定器具が吸盤式でなくても問題はありませんが。

 1.はカタログスペックを見ればわかる・・・といいたいのですが、必ずしもフレームレートが記載されていないものもあります。サンプル動画があればわかりますが、そういうのは見つかりません。ま、候補から外すだけなので問題はありませんが、カタログにはフレームレートを書くべきでしょうね。
 2.が最大の問題で、メーカーもサイトカタログには記述がないことが多く、誰かのレビューやクチコミ情報などを見ないとわかりません。
 3.は簡単にわかります。

 ただし、必ずしも「ドライブレーコーダー」を買う必要はないかもしれません。手持ちのコンデジの動画機能を使って、ドラドラレコとして使うことが出来ない訳ではありません。レンズ、センサーはほとんどのドラレコよりも良いものが使われていると思います。反面、それように作られていないので、SDカードがいっぱいになっても自動的に上書きさせることはできませんし、ファイルを分割して保存するというようなこともしてくれません。

 テストでコンデジをエリーゼにつけて撮影してみました。結果から言えば、画質は良いのですが、コントラスト変化が大きいと白とびしてしまうことがありました。また夜はさすがに厳しいです。そうおうの画質にはなっていますが、フォーカスが完全にあっていなかったりぶれています。ま、エリーゼだから振動が大きいせいもあるかもしれません。また、常に微妙な振動があるせいか、手振れ防止機能のせいだと思いますが、画面が微妙に常に揺れています(苦笑)。後は、問題は感じません。ドラレコのレビューを見ると音がまともに録音できないとか書かれていますが、そういうことはありません。ただ、手持ちのコンデジだと連続で30分弱しか録画できないので、終ったら、再度録画を開始しないといけません。また、車によっては固定が難しいです。フロントガラスに吸盤でつけると上下逆になってしまいますので、ダッシュボード上のどこか邪魔にならない場所につけるしかないのですが、シボがあったりソフトパッドだったりするとそのままではつけられません。AWだとシートとシートの間のコンソールボックス上に車載カメラ固定用のネジをつけているのでそこにつければ良いのですが、画面が見えないので、ちゃんと録画されているのかどうかわかりません。また、30分経過して録画が終ってもすぐにわかりません。この辺はやはりドラレコが優れています。
 では、ビデオカメラはどうでしょう?最近のはカードがなくなるまで連続で録画できるようです。さすがに何時間も連続で運転することはありませんので、停止するまで一つのファイルで保存すれば良いでしょう。ただ、当然ながら、エンジンをかけるとい自動的に録画開始ということは出来ません。毎回録画開始する必要はあります。取り付けはコンデジよりも難しいです。ただ、最近はウェラブルカメラがいくつかでています。これらなら、それほど大きくありませんので、ドラレコのように固定も出来るでしょう。

 うーん、画質や音質を考えればコンデジかビデオカメラですけれど、やはりドラレコとして使うのならドラレコが良さそうですね。

 色々見ていくつか候補を絞り込みました。

ANーR009:慶洋エンジニアリング
http://www.keiyoeng.co.jp/product/d_rec/AN-R009.html
 サンプルを見た限りは画質は悪くないように見えますが、評価は分かれるようです。良いという人もいれば、買わない方が良いという人もいます。レンズやセンサーのスペックは不明です。画角は90度。ファイルの途切れはなく、吸盤式で安い(7k程度)ので、とりあえず使って見るというのなら良いかもしれません。駄目なら、相方号につけたままにすればいいでしょう。本当のドラレコとしてだけなら壊れなければ使えると思います。車載カメラの代用や何か興味深いものが撮影できたら保存するという用途には向かないかもしれません。

ZS1080DR12:ルックイースト
http://www.lookeast.co.jp/products/zuiji/ZS1080DR12.html
、中国製ですが、サンプルを見ると画質が良さそうです。スペックもレンズはF2.0で明るく、えっと、1/2.7インチCMOSで、ビデオカメラにしては大きい方です。画角は127度で広角。値段は10k程度です。オープン価格ですが、想定小売価格は9800円とメーカーのプレスリリースにありました。けれど、実際には、価格.comの最安値でも9800円より高いです。出て間もないようですが、値段が下がっていないということはやはり良いのかもしれません。ファイルの途切れは不明ですが、重ねて保存はしていないようです。同じメーカーの前の世代のモデルではある程度途切れるという評価をされていました。
 なお、解像度を1280x720に落とすと圧縮するのではなく、中央部分だけ録画するようです。つまり、解像度は実は同じで保存されるデータが減るだけです。トリミングしているのと同じですね。だから、視界は狭くなります。まあ、用途によってはそれで十分かもしれません。広角であるが故に端は歪んでいますから。

ドライブマン1080
http://www.driveman.jp/1080/index.html
 画質の評価は高いようです。サンプルを見ても確かになかなか良さそう。レンズはF2.5でわりと明るいです。センサーのサイズは不明。ただし、画角が67度しかありません。理由ははっきりしないのですが、メーカーのサイトにセンサーの解像度が2592x1944とかか書かれているので、そのうちの1960x1080だけ保存しているのかもしれません。なので、いわば、トリミングした状態になっている可能性があります。ルックイーストの1280x720に落とした時と同じでしょう。だから、狭いのでしょう。もっとも1280x720にすると107度になるとあります。さて?まあ、ともかく、車載カメラとして使うなら良いでしょうけど、ドラレコとしてみるとどうなんでしょうね。
 ファイルの途切れは、メーカーは0.01秒だといっているので、短時間ですがあるにはあります。性能だけで見ればこれが一番良いかもしれません。ただし、ビデオカメラを越えられるのかは?値段は2万位からなので、高めですね。また、吸盤はオプションです。
 画質重視ならこれでしょうが、Gセンサーなどもないので、連続撮影できる(ファイル自動分割)のビデオカメラに近いので、ドラレコとして最適化というと疑問も残ります。2万出すなら、ビデオカメラでも良いですし。

 値段と性能を考えるとZS1080DR12が一番良いように思えますが、2を満たさないのは気になります。三つの条件を見たしているのはANーR009ですが、画質はこの中では落ちるようです。ドライブマン1080は画質は良いかもしれませんが、ドラレコとしては使い勝手が悪いようにも思えます。端はひずみがでるとは思いますが、画角が一番広いのもZS1080DR12です。
 という訳で、ZS1080DR12を買ってみることにしました。さて、どうでしょう?

|

« ウルトラCはあるのか? | トップページ | ウルトラCは・・・・・ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドライブレコーダーをつけてみよう:

« ウルトラCはあるのか? | トップページ | ウルトラCは・・・・・ »