« アウディA3 Sportback 1.8TFSI quattro試乗 | トップページ | アムラックス東京 »

結局、あわせて400両?

 防衛大綱が発表されましたが、戦車は300両に減らし、機動戦闘車を99両調達するようです。結構、戦車と機動戦闘車合計で400両になるようで・・・財務省押し切り?もっとも大綱には戦車何両という記述はありませんし、機動戦闘車が99両で調達終了という訳でもないようですが。

 防衛大綱:平成26年度から平成30年度
http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2014/pdf/chuki_seibi26-30.pdf
http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2014/pdf/20131217.pdf

 戦車は44両を調達となっていますね。10式は既に53両調達しているから、合計97両。ということは、90式が約200両。10式が約100両。九州の戦車は方面隊直轄の戦車部隊に集中するようですね。
 それと師団、旅団の内、2個師団及び2個旅団を機動運用を基本とする機動師団及び機動旅団に改編するそうです。機動戦闘車はこの機動師団及び旅団に廃部されると。
 Wikiによると90式と10式の戦車中隊は12両になっているそうなので、それを元に再度考え直すと教育用は別にして
 90式:16個中隊
 10式:8個中隊
 機動戦闘車:8個中隊
位?
 90式は全部北海道なので、第7機甲師団を現状のままとするとそれだけで15個中隊。まあ、コア部隊になっている第73戦車連隊は無くして、2個戦車連隊、1個機械化普通化連隊にするしかないでしょうね。まあ、どうなるかはわかりませんが、私だったら、2個連隊に減るので、6個中隊編成に変更。残りの4個中隊は第2師団。旅団には戦車無し。
 でも、10式は西部に8個中隊では多い気がしますね。4個中隊か6個中隊程度。ふむ、6個中隊にして、残りの2個中隊は第5旅団と第11旅団でいかが?
 機動戦闘車はとりあえず最大でも8個中隊分しかありませんから、それを3個機動師団、3個機動旅団(4個中1個は第12旅団でこれは空中機動化されているので、機動戦闘車はないでしょう)に単純にわりふると師団に1個中隊ずつで、2個師団だけ2個中隊?まあ、今後追加調達もありえなくはないのでしょうね。
 戦車関係以外で大きいのは、陸上総隊の創設。機動師団と機動旅団はそちらに隷属するようで。また、火砲も北海道以外は方面隊直轄の特科部隊への集約の方向とか。
 別表によると機動運用部隊は3個機動師団、4個機動旅団、1個機甲師団、1個空挺団、1個水陸機動団、1個ヘリコプター団で、地域配備部隊が5個師団、2個旅団だと。
 そうなると方面隊の下には少数の軽歩兵師団と軽歩兵旅団、方面特科隊(西部方面隊には戦車部隊もだけ)。単純に考えれば一個方面隊に基本1個師団だけ(旅団は沖縄と四国でしょう)。重装備の部隊は基本的には陸上総隊の直轄部隊。ということは、陸上総隊はフォースプロバイダー、方面隊がフォースユーザーということになるんでしょうか?有事には担当の方面隊に陸上総隊から部隊が派遣されるということでしょうね。
 その他、空自は、戦闘機が260機から280機に増えて、13個飛行隊になるそうなので、本当に増えるのですね。まあ、元々13個でしたからね。でも、航空偵察部隊は無くなるようなので、F-4の退役に伴い501飛行隊が解散して、戦闘機飛行隊に改編するのでしょうか?海自は護衛艦が6隻(2個護衛隊)増えますが、LCSのようなものをイメージしているようですね。しかし、なんとなく、米の真似というか、追従というか。まあ、実際の船が登場しないと分かりませんけれど。

|

« アウディA3 Sportback 1.8TFSI quattro試乗 | トップページ | アムラックス東京 »

戦史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結局、あわせて400両?:

« アウディA3 Sportback 1.8TFSI quattro試乗 | トップページ | アムラックス東京 »