« エリーゼ、久しぶりに箱根に行く | トップページ | 新型「ギブリ」&マセラティ全車種展示会 »

ルーテシア(4)RS試乗

 先週、日曜日にルノーに遊びに行ったら大賑わいで、担当営業氏は商談の山場で話もできませんでしたが、他の人から話を聞いて、また、試乗車も空いた時間があったので試乗させてもらいました。
 まず見た目。先代と比べるとRSと普通のルーテシアの差はどちらも5ドアであり、幅も同じということもあり、減った気がします。勿論、フロント周りは違いますし、リアも違いますけれど。
Lt3rsLt4rsenbelmLt4rsfrontfog
 タイヤはスポールは205/45R17でサイズはインテンスと同じですが、試乗車はカップなので、205/40R18と一回り薄いタイヤです。銘柄はダンロップのSPORTMAXX・・・ということは、VWポロブルーGTと同じ銘柄です。サイズは少し違いますが。
Lt4rstire
 フロントサスペンションは先代と違って、普通のストラットです。リアはインテンス以下はドラムに対し、ディスクになってますが、先代は全てディスクでした。フロントのブレーキもキャリパーは赤いものの、普通で、ブレーキディスクは大きくなってはいるものの、特別さは薄れています。リアのディフューザーと左右2本出しマフラーは明らかに違う点ですが。
Lr4rsrappa
また、そのため、リアを下から覗いてもカバーされているのでサスペンションは余り見えません。
左前
Lt4rsfl
右前
Lt4rsfr
左後
Lt4rsrl
右後
Lt4rsrr
後ろ下側(スタビが見える)。
Lt4rsrstab
 内装ですが、シートはよりサポート性の高いバケットシートになっています。これは良いものです。先代と比べると着座位置も下がっています。これはインテンス以下も同じですが。2ペダルになったこともあり、ポジションは問題はありません。
Lt4rsinteria
 ステアリングにルノースポールのマークとパドル(樹脂ではなく、金属のようで、なかなか良いです)、それと赤ステッチを覗けば、内装はインテンスとそう変わりません。リアは赤ステッチ以外は違いはないようです。
Lt4rsrearsheet
ああ、RSドライブのスイッチも追加されています。
Lt4rsrddrive
ペダルはアルミ
Lt4rspedal
 さて、試乗です。ポジションは前述の通り問題ありません。左足ブレーキはやややりにくいですが(オフセットが少ないので)実用上は問題ありません(これは先代の2ペダルも同じ)。視界も特に問題は感じませんが、やや後方視界は悪い(視野が狭い)気はしますが、これはインテンス以下も同じです(リアガラスが小さいように思えます)。
 エンジンをかけると・・・普通です。他の人が試乗で発進した際に外から聞いていたら排気音はそれっぽい音でしたが、中だと普通です。Dからマニュアルモードに入れて、アクセルを踏んで発進。DCTのがさごそ感じはありません。敷地から道路にでたら・・・あー、やっぱり、インテンスよりは乗り心地は良さそうです。走り出して、相方もこの方が良いねと。
 ただし、カップなので相応の硬さはあります。路面から大きな入力(例えば、橋と道路のつなぎ目など)を受けるとかなり激しい突き上げがあります。40の18インチタイヤに硬い脚ですから、当然でしょう。それを考えれば、乗り心地は悪くありません。リアだけばたばたするようなこともありませんし、荒れた路面でもここには相応にガツンガツンきますが、収まりは良いので不快感はありません。勿論、荒れた路面を走り続ける、ガツンガツンが続きますので、快適な乗り心地とは言えませんが・・・でも、現状でも、インテンスと比べてどっちか選べと言われたら悩みます。恐らく、スポーツだとインテンスよりも良いでしょう。
 3ドアだった先代と比べると5ドアになった訳ですが、ボディ剛性は先代と比べてどうこう言えませんが、不足は当然感じません。もっとも、インテンスや我が家にいる先代の普通のルーテシアでもボディ剛性は悪くはありません。ただ、RSらしい特別さは感じにくいです。先代は3ドアと5ドアの違いもあり、RSの方が剛性感は高い気がしました。
 ミッションはインテンス以下と基本的には同じ6速DCT。標準モードでは、これまたインテンスと同じような感じで、問題だというほどではないですが、DCTらしい切れ味はなく、どちらかというと良く出来た今時のトルコンAT並みに過ぎません。
RSドライブのスイッチを押してスポーツにするとだいぶ速くなります。とはいえ、ガツンガツンつながる訳ではなく、変速時間が短くなったという程度です。RSということを考えると不満が残ります。レースにすれば良いのかもしれませんが・・・試乗中はその存在を忘れていました。ボタンを押すと標準とスポーツが切り替わるだけでした。後で、長押しするとレースになることがわかりました。まあ、だから、レースでの変速速度は試せていませんが、一般道を走るにしてもスポーツは必須でしょう。ま、ポルシェのPDKみたいに高いオプションかわないとスポーツプラスにセットできないのよりははるかに良心的です。
 エンジンは1.6Lターボ。先代は2L NAで、どちらも最高出力は200馬力ですが、トルクは違います。ただ・・・・普通なんですよね。1速(試乗コースの制限速度が低めなので)で上まで回しても、ややもっさりしていますし、音も気になる音という訳ではないのですけれど、快音とは言えず、普通です。RSというよりも実用車のエンジンです。ターボらしさ(臭さ)は無いので良いと言えば良いのですけれど、盛り上がりに欠けます。動力性能に不足はありませんが、速い!と感じるほどではありません。ここが先代との最大の違いです。先代は、高回転まで軽々と吹け上がり、素晴らしい音を奏でます。そして、高回転型エンジンですが、低速トルクも十分あり、中速から踏んでも気持ちよく加速します。街乗り、試乗でも、エンジンを堪能出来ます。でも、このエンジンは、普通です。性能に不足はないでしょうが、官能性能は大幅に落ちます。
 ハンドリングうんぬんを試せる試乗ではないので、その評価はしませんが、まあ、それはRSですから、問題はないでしょう。速さも申し分ないでしょう。また、ステアフィールもインテンスよりも良いと思います。まあ、ルーテシアで行ったので、基準がちょっと下がっているかもしれません。クーガかAWで行っていたら、評価が下がるかもしれません。
 まあ、もう、結論はお分かりかと思いますが、カップらしい硬さを除けば、普通です。特に悪い点はありませんが、この車でなければならないという魅力もこの低速の試乗では感じられません。これは本当に、「RS」なんでしょうか?先代はエンジンは別物でスポーツカーらしい素晴らしいもので、シャシーもリアフェンダーを拡大し、タイヤサイズも異なり、3ドアで、ぱっと見れば明らかにRSとRS以外は区別できました。でも、今回は見た目は、前後のバンパーの形状の違いとホイールのデザインの違い程度。乗っても、普通です。乗り心地も先代は標準グレードと天と地ほどの違いがありました(RSの方が素晴らしい)が、標準グレードが良くなったこともあり、差が減った気がします。
 さすがにカップだと街乗りには硬いですけれど、恐らく、スポールならシート(我が家向き)も含めて、快適性はインテンスよりも高いでしょう。そういう意味では、「RS」というよりもこれは「GT」だと思います。相方号の候補としてみるとスポールならインテンスよりも優れている可能性が高い(実際には試乗しないと断言は出来ませんが)です。
 でも、ルーテシアGTというのも出るそうです(前にもその話は聞きましたが)。中身はまだよくわかりませんが、考えられるものは
1.インテンスにパドルをつけて、サスペンションをもう少し硬めにセット。もしかすると18インチタイヤ
2.RSのエンジンを普通と同じ1.2Lターボに変更。シート含めて、後は概ねRSに準じる
3.インテンスのエンジンを1.6Lターボに変更。後はインテンスと同じ。パドルはつくかも。
というあたりでしょうか?個人的には2であれば良いと思いますが、ありがちなのは1でしょうねえ。最悪、18インチタイヤでしょう(見た目重視で)。
 2なら相方号に最適。1だと最悪でしょうね。他のGTを見るとGT Lineだとエンジンは同じ、GTだとエンジンが違うことがあるようです。そうするとGT Lineではなく、GTだとすると3かもしれません。見た目重視で18インチタイヤということもあるかもしれませんが。ただ、これだとRSとの差が少なすぎるから、価格差も考えると1か2、多分、1かなあと思えます。
 なお、試乗車がカップだったのは、最初に入ってきたのが全部カップだったためのようです。言い換えるとルノージャポン(またはルノー)の意向によるものとも言えるでしょう。後、黄色(ジョンシリウス)は限定車扱いなので、最初に入ってきたもので終わりだとか。まあ、将来、スポールで黄色が出る可能性もありますし、限定車として今無い色の車も入るかもしれませんが。

 とりあえずまだよくわからないGTは別にして、ルーテシアRSのスポールなら前述の通り、相方号には適しているでしょう。でも、298万円という値段を見ると、ポロブルーGTがその前に立ちはだかります。あちらはシートが普通で、オートライトがありませんが、後は、正直、全ての点でルーテシアRSを上回っています。ああ、勿論、サーキットでの速さはRSが上でしょう。でも、公道で普通に乗るなら、相方号としてみるのなら、ブルーGTが上です。それはRSだから、実用性・日常性に欠けるからではありません。RSらしくなく、実用性・日常性があるにもかかわらず、です。
 ルーテシアRSの性能、車の出来に問題があるのではありません。性能は十分です。ただ、楽しさ、わくわく感に欠けるのです。先代のルーテシアRSは、ちょっと試乗しただけでも楽しく、わくわくして、普通のルーテシアとは違う特別な車だということを感じました。でも、それがありません。ブルーGTの方が運転して楽しいです。
 例えば、相方がずっと今のルーテシアに乗ると決めたとしましょう(つまり、私にとってのAWのように)。クーガがあるので、基本的にはクーガに乗れば良いのですけれど、クーガ自体はやはり大きすぎると感じる時がありますし、燃費も気になってしまいます(ああ、少し説明すると燃費が悪いこと自体は致命的ではないのですけれど、クーガの場合、何故か、なるべく燃費が悪化しないように走らせるからです。)。またエリーゼは車庫で寝ていることが多くなっています。であれば、エリーゼを普段乗れる車に乗り換える、といことも考えられるでしょう。その際に、もし、先代ルーテシアRSがまだ新車で販売されていれば、MRにこだわらないのなら、筆頭候補になったでしょう。でも、このルーテシアRSを自分の車として買うことはないでしょう(MTかどうかは別にして)。まだ、ブルーGTの方が可能性が高いです。

 先代RSに乗っている人がこの車に乗り換えることは少ないでしょうね。MTはもう疲れたから、2ペダルでということでない限り、そもそも2ペダルになったので、それだけで厳しいでしょうし、余りに普通です。速さを追求するのならこのRSの方が早いでしょうけど、それを言えば、メガーヌがありますからね。先代RSの中古車相場は高騰するかもしれませんね。今でも十分、高値維持していますから・・・。車はどんどん古くなっているのに去年、一昨年と価格はほとんど同じです。さすがに
割高感がありますね。でも、その価値はあると思います。あのエンジンを味わえるだけでも・・・。比較的小排気量のNAエンジンで素晴らしいといえるものはほとんど無くなってしまいました。今、日本で新車で普通に買える車だとフォーカス位です。でも、これは普通の車としては良いというもので、先代ルーテシアRSの様なスポーツカー向けのエンジンではありません。スイスポも音やフィーリングが普通ですしね。オーリスRSのエンジンが良かったといっても高回転まで回せる訳ではありません。あー、もう絶滅したかも。フィットRSで使っている1.5Lがわりと良さそうですが、それも7000回転回りませんからね。そう考えると、2ZZは捨てがたいので、2ZZのためにエリーゼに乗り続けるかもしれません(笑)。中速でもっと音が良いといいのですけどね。中低速だと1ZZと同じなので、2ZZを味わうには6000回転以上回さないと駄目です(苦笑)。
 まあ、ターボでも音が良いものもありますけどね。例えば、ポロやゴルフ6の1.2Lターボ(SOHCの旧型の方)とか、意外なところではAクラスの1.6Lターボ。これがベンツらしくなく?結構良い音です。そう、ルーテシアRSの1.6Lターボと比べれば、ブルーGTの1.4Lターボの方がまだ良いです。

 念のために再度述べます。この試乗記は、ルーテシアRSに否定的な評価をしているように見えるかもしれませんが、性能や車の出来に問題があるのではなく、あくまで、私の好みに合わない、ということに過ぎません。カップはさすがに無理ですが、スポールなら恐らく、実用車として何ら問題はないでしょう。私がルノーのRSに期待するものとは方向性が違ってきている、というだけです。

|

« エリーゼ、久しぶりに箱根に行く | トップページ | 新型「ギブリ」&マセラティ全車種展示会 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

当地には RSの試乗車がないので乗れません。

以前 Autocar 動画でザトクリフが言ったように 「今度のスポールは よくない」の意味が Auto Express 動画ではっきりわかりました。

 208GTI フィエスタST との参車比較で、フィエスタ 5 208 4  クリオ 3点の評価がありました。
彼らも 208が クリオより良いのに少し驚いたようです。

クリオ3のようにこった脚を奢らなかったせいでしょうか?

個人的には RRの次期TWINGOもしくはツインクラッチATのスマートが 気になってきました。

では


投稿: tame | 2013年11月20日 (水) 10時57分

tameさん、こんにちは。
 それはまた辛い評価ですね。残念ながらフィエスタにはまだ試乗のしようがありませんが、208GTiと比べると・・・うーん、MTと2ペダルなので、直接比べにくいですが、自分の車としてどっちか選べといわれると、208GTiですね、私も。あの真円でないステアリングだけは気に入りませんが。あー、同じ評価か。208 4、クリオ=ルーテシア 3というのは確かにそうでしょう。フィエスタは5かどうかわかりませんが。次のトゥインゴがRRとなのは前輪を駆動するのが嫌いな私にはちょうどいいです。RSがあるかどうかはよくわかりませんが。後はエンジンかなあ。

投稿: MOY | 2013年11月21日 (木) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルーテシア(4)RS試乗:

« エリーゼ、久しぶりに箱根に行く | トップページ | 新型「ギブリ」&マセラティ全車種展示会 »