« エリーゼのバッテリー交換しました | トップページ | これはマツダにとっては痛い事件 »

フィエスタ日本再導入!

 来年1月発売だそうです!
http://ford-fiesta.jp/#page=top
 フォーカスの販売がどう見ても好調とは言えず、短期間で販売終了してもおかしくないのではと思っていたので、フィエスタが導入されるとは思いませんでしたが、まさかの再導入です。このままでは引き下がれないから、再度攻勢に出たということでしょうか?
 今度はエンジンは傑作、1Lのエコブースト!フィエスタには十分な動力性能を与えられます。何せ、モンデオにも使われている位ですからね。アイドリングストップがつくかどうかはまだよくわかりませんが、もし、つけば、今度はエコカー認定してもらえるでしょう。フォーカス苦戦の原因の一つはエコカー認定されないという点にあると思います。個人的にはあの変な変速スイッチが受け入れられない・・・と思いたいですが、ほとんどの人はDレンジで走るでしょうから、それはたいした影響はないのでしょうね。もう一つはライバルと比べて割高に思われてしまう価格でしょう。内容を考えれば高いとは思えませんが、ブランドバリューが余り認められない(日本市場では)ので、割安感がないのは痛いです。最近、ナビ標準でほぼ値段据え置き(余計な18インチタイヤもついてきますが)の限定車を導入しましたが・・。トップグレードだけでの導入になったのが裏目に出ていると思います。フォーカスもより安いグレードを導入すれば、もう少し売れたかもしれません。個人的には欲しくはありませんが、エコブースト+アイドリングストップの仕様をいれれば、なんとか・・・・・。反面、あのマニュアル変速スイッチが気にならず、エコカー気にしないという人には、実質的にはお買い得車になるとは思います。多分、実際の購入価格はそれほど高くならないと思いますよ。(^O^)
 で、フィエスタ。ミッションはMT・・・ではなく、フォーカスと同じ6速DCT。価格内容含めて、ルーテシア4と正面からぶつかることになりそうです。ポロ?うーん、まあ、ポロを買う(検討する)人はフィエスタは候補にいれないでしょうねえ。ハンドリングはフィエスタですから問題ないでしょう。乗り心地はタイヤにもよりますかね。また妙に薄いタイヤを使うと・・・・。例によって我が家が欲しい装備は上位グレードにしかなく、そうすると17インチタイヤだったりするかも・・・。
 まあ、しかし、ちょっと遅いかなあ。フォーカスの代わりに先にフィエスタを導入していれば、時期相方号になった可能性が高かったのですけどね。車検通してしまったから、当分は乗るでしょうしね。後、二年弱先だと・・・フィエスタ売っているといいなあ(苦笑)。

|

« エリーゼのバッテリー交換しました | トップページ | これはマツダにとっては痛い事件 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィエスタ日本再導入!:

« エリーゼのバッテリー交換しました | トップページ | これはマツダにとっては痛い事件 »